スポンサーリンク

ab

2017年8月18日

【枠順確定】札幌記念(GII)追い切り評価最終版-2017年8月20日札幌芝2000定量

1枠1番 サクラアンプルール 牡6 57.0 蛯名【B+】

函館W併せの内。直線半馬身差追走し、持ったままで前へ出ると終い追って3馬身以上先着した。ゴーサインが出てから回転力が高まり、首もキビキビと使えるようになった。

2枠2番 ナリタハリケーン 牡8 57.0 藤岡康【B+】

札幌ダート単走。ゆったりとカーブし、直線尻ステッキ2発でびっしり追った。藤岡康太騎手のゴーサインに見事にこたえ、反応は極めて良い。映像は切れたがゴール後もしっかり負荷をかけている。

3枠3番 ヤマカツエース 牡5 57.0 池添【B+】

函館芝単走。内ラチ沿いを勢いよく駆けられた。四肢の可動域は十分にあり、脚元も力強い。ゴール付近で右手前に戻したことだけ割引も、仕上がりは良さそう。

【枠順確定】テレビ西日本賞北九州記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月20日小倉芝1200ハンデ

1枠1番 ラヴァーズポイント 牝7 52.0 川須【B】

栗東CW単走。カーブはキャンターレベル。馬場の真ん中外目を通って直線へ。鞍上の頭がフラフラしているため重心が安定していないように見えてしまうが、きちんと見ると馬の動きは安定している。終いにかけて自ら伸びたことは評価。鞍上の意図が不明で追い切り内容を評価できないため評価は据え置くが、体にも丸みがあり好調そう。

1枠2番 アクティブミノル 牡5 56.0 酒井【C】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。ずっと外ラチの方を見ながら駆けてきた。鞍上が促してもほとんど反応せず、脚元の動きはスローなままだった。内容もかなり軽い。

2枠3番 トウカイセンス 牝6 52.0 荻野極【B】

栗東坂路単走。後脚の運びに若干の非力さを感じてしまうが、前はパワフル。首の上下動も良く、動きに活気はある。軽ハンデを生かせれば。

2017年8月17日

【水曜追い】テレビ西日本賞北九州記念(GIII)追い切り評価-2017年8月20日小倉芝1200ハンデ

アクティブミノル 56.0 【C】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。ずっと外ラチの方を見ながら駆けてきた。鞍上が促してもほとんど反応せず、脚元の動きはスローなままだった。内容もかなり軽い。

アルティマブラッド 53.0 【B】

栗東坂路併せ。気合いをつけて尻ステッキも入れるとぐっと伸び、2馬身先着した。頭を低く保てているのも良い。脚元の力強さがもう少しあればプラス評価できる。軽ハンデを生かせれば。

エイシンブルズアイ 56.0 【A】

栗東坂路単走。前脚と後脚は同一ライン上にあり、脚元の力強さも十分。首を使ってリズム良く、まっすぐに坂を駆け上がってきた。

2017年8月16日

【水曜追い】札幌記念(GII)追い切り評価-2017年8月20日札幌芝2000定量

アングライフェン 57.0 【B】

札幌芝併せの外。口を割って掛かり気味に相手を追い、直線は1馬身差追走。見せムチから強い尻ステッキを数発入れて一杯に追った。十分に負荷をかけたがやりすぎかもしれない。動きはまずまず。

エアスピネル 57.0 【B】

函館W単走。首の角度は良く、馬も走る気を見せている。体はゆるめで前さばきが少し硬いものの、後脚は弾力性をもって蹴れており、背中も安定している。

サウンズオブアース 57.0 【B】

函館W併せの内。もう1頭内に関係ない馬が居たため、3頭併せの中のような形で直線に入ったが、内の馬はスルスルと逃げていってしまった。鞍上は手綱を引っ張って行かせないようにしていたが、馬が自ら進み、半馬身先着。前脚の着地が軽く、ペタペタと着地することは割引。

関屋記念の反省と全着順-2017年8月13日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
13マルターズアポジー牡5571:32.2B+7
215ウインガニオン牡5571:32.4B4
310ダノンリバティ牡5561:32.4A5
411ヤングマンパワー牡5571:32.5B-6
51ダノンプラチナ牡5561:32.5B+8
614ロードクエスト牡4561:32.5B-2
75ロサギガンティア牡6571:32.7C14
82レッドレイヴン牡7561:32.7B-15
97ショウナンバッハ牡6561:32.7-16
1016ウキヨノカゼ牝7551:32.7B11
114トーセンデューク牡6561:32.9-13
126メートルダール牡4561:33.3B1
138オールザゴー牡3531:33.3B-10
1413マイネルハニー牡4561:33.3A9
1512ブラックムーン牡5561:33.6B-3
169クラリティスカイ牡5561:33.7B-12


総評
追い切りA評価2頭、B+評価2頭。2着ウインガニオンはB評価だったが、A評価ダノンリバティが3着、勝ったのはB+評価マルターズアポジーであり、まずまず参考になったかもしれない。

エルムステークスの反省と全着順-2017年8月13日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12ロンドンタウン牡4571:40.9C4
24テイエムジンソク牡5561:41.0B+1
33ドリームキラリ牡5561:41.0B8
41コスモカナディアン牡4561:41.4B-6
514ショウナンアポロン牡7561:41.5B13
66リッカルドせん6571:41.5B-10
79ピオネロ牡6561:42.2B2
85オヤコダカ牡5561:42.3B+7
98ラインハート牝6541:42.4-12
1010モンドクラッセ牡6561:42.7B3
1113メイショウスミトモ牡6561:42.7-9
1211クリノスターオー牡7561:43.2D5
1312リーゼントロック牡6561:43.3B11
147タマモホルン牡6561:45.7-14


総評
A評価なし、B+評価2頭。うち1頭のテイエムジンソクは2着に来たものの1番人気。マイナス評価は3頭で、C評価のロンドンタウンが1着に入ってしまった。

2017年8月11日

【枠順確定】エルムステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月13日札幌ダ1700別定

1枠1番 コスモカナディアン 牡4 56.0 丹内【B-】

函館W併せの内。直線1馬身差追走し、2馬身遅れた。動きも重い。体は余分なところがなくシルエットはきれいなのだが、前の鞍上が振り返って待ってくれての遅れは印象が悪い。

2枠2番 ロンドンタウン 牡4 57.0 岩田【C】

函館W単走。染め分け帽の鞍上が大きく手を動かして追ったが、動きは全く変わらず。頭は高いままで、四肢の可動域も狭い。状態に疑問。

3枠3番 ドリームキラリ 牡5 56.0 三浦【B】

札幌ダート併せの外。カーブから前を行き、直線も1馬身差追走。並ばれても鞍上は一切手を動かさず、馬なりにアタマ差先着した。後脚の動きに少し硬さが見られるが、しっかり折り合いをつけて駆けられている。

【枠順確定】関屋記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月13日新潟芝1600別定

1枠1番 ダノンプラチナ 牡5 56.0 蛯名【B+】

美浦坂路併せ。前脚を大きく前へと伸ばし、躍動感のある動き。最後までしっかり伸びてクビ差先着した。

1枠2番 レッドレイヴン 牡7 56.0 北村宏【B-】

美浦芝単走。軽い内容である程度リラックスして動けてはいる。ただ、肩が硬く、前脚が伸びやかに前へ出てこない。

2枠3番 マルターズアポジー 牡5 57.0 武士沢【B+】

美浦W併せの外。ラチ側を深く入って直線2馬身差追走。1本調子で並ぶ間もなく交わし、ゴール地点でクビ差先着。その後完全に前に出た。発汗は目立つがかちっと動けている。

2017年8月10日

【追い切り短評】黒潮盃(SII)―2017年8月11日大井ダ1800外

1枠1番 ブラウンレガート 的場文(大井)

【B+】大井単走。シルエットの美しい馬で、首の使い方も良く、体は引き締まっている。手前を決めきれていないことだけ気がかりだが、状態は良さそう。

1枠2番 シェアハッピー 和田譲(大井)

【B】大井単走。頭は高めだが首は使えており、軽く促してきちんと伸びている。四肢の可動域も及第点レベル。体幹もまずまず。

2枠3番 ビエンコビアンコ 本橋孝(船橋)

【映像なし】

【水曜追い】関屋記念(GIII)追い切り評価-2017年8月13日新潟芝1600別定

ウインガニオン 57.0 【B】

栗東坂路単走。首の動かし方に活気は感じられる。前は左右が若干アンバランスではあるものの、気にしなくてもいいレベルで、さばけてはいる。一方、後脚の動きは硬い。

ウキヨノカゼ 55.0 【B】

美浦坂路併せ。相手と間隔を開けて坂に入り、相手が馬体を合わせてきたあたりですっと抜け出し、最後はゆるめて4分の3馬身先着した。発汗は目立つが脚元の回転力はあり、動ける仕上がり。

オールザゴー 53.0 【B-】

栗東CW3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。前の2頭が左右に開いたところで軽く促し、内と同入、外に半馬身先着した。タイムはまずまず出ているが、仕掛けてからの反応はいまいち。ずぶずぶと伸びてはいるが。