スポンサーリンク

ab

2017年12月15日

【枠順確定】朝日杯フューチュリティステークス(GI)追い切り評価最終版-2017年12月17日阪神芝1600馬齢

1枠1番 ダノンプレミアム 牡2 55.0 川田【A】

栗東CW単走。馬場の真ん中を通って直線へ。体を大きくやわらかに使い、オカルト的な表現になるが、馬からもオーラが出ている。軽い内容だがタイムは出ており、加速した最後の数完歩はすばらしかった。【1週前追い評価:A】

1枠2番 フロンティア 牡2 55.0 岩田【A】

栗東CW単走。馬場の真ん中を通って直線へ。周囲を4頭の関係ない馬に囲まれた中、自分のリズムでしっかり追い切れた。四肢の可動域はまずまずあり、動きのやわらかさも十分。そして、背中の安定性が高いことはこの馬の最も優れた点だろう。終いの伸びには見るべきところがあった。【1週前追い評価:B】

2枠3番 タワーオブロンドン 牡2 55.0 ルメール【A】

美浦坂路併せ。目の前を行かせた馬の横にすっと出すと、回転力と力強さを備えた脚元で一完歩ごとに差を詰め、アタマ差先着した。鞍上もやりすぎないように注意した好騎乗で仕上げてきた印象。毛ヅヤも良い。【1週前追い評価:A】

【枠順確定】ターコイズステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年12月16日中山芝1600ハンデ

1枠1番 リーサルウェポン 牝6 48.0 武藤【B】

美浦坂路単走。前脚の着地ポイントが若干外にあるためバタバタした動きに見えるが左右のバランスは取れている。手前の替え方は上手で動きのぶれは少なく、左右に流れることもない。小さくまとまった印象ではあるが、軽ハンデを生かせれば一発あってもおかしくない。

1枠2番 ワンブレスアウェイ 牝4 54.0 戸崎圭【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は2馬身差追走。すっと伸びてすぐに追いつくと、並んで折り合いクビ差先着。ゴール後も長くいい脚を使えた。

2枠3番 オートクレール 牝6 53.0 黛【B+】

美浦W単走。馬場の外側を深く入って直線へ。カーブから意欲的な走りで直線は首の角度も良くなった。四肢の可動域もまずまず。首の上下動幅は若干ぶれるが活気十分なためプラス評価としたい。

2017年12月13日

【水曜追い】朝日杯フューチュリティステークス(GI)追い切り評価-2017年12月17日阪神芝1600馬齢

アイアンクロー 55.0 【B】

栗東坂路単走。頭は高く顔も左右を向き、集中力はいまいち。前の馬がぶれたせいでもあるのだろうが、着地も左右にぶれる。ただ、脚元はキビキビと力強く動けているため、評価は据え置きたい。【1週前映像なし】

アサクサゲンキ 55.0 【B】

栗東坂路併せ。押してハナ差先着した。前脚はある程度やわらかに使えているが、首の使い方がいまいち。ただ、1週前に比べると動けている。【1週前追い評価:B-】

カシアス 55.0 【B】

栗東坂路単走。頭は高めだが、脚元はまずまず力強い。弾力性も豊富。全体として見ると未完成な動きで、ここでどうかはわからないが将来性は高そう。【1週前映像なし】

【水曜追い】ターコイズステークス(GIII)追い切り評価-2017年12月16日中山芝1600ハンデ

アスカビレン 55.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向をほぼまっすぐに向いているが、頭が右に出る。脚元は回転力豊富で推進力も前を向いている。着地のバランスが少しぶれる完歩があり、終い脚色が若干鈍ったものの、全体的に見れば悪くない内容。

アッラサルーテ 51.0 【B-】

美浦W3頭併せの外。馬場の外側を深く入り、直線は外のこの馬から1馬身ずつ先行する形に。中の馬に並ばれたタイミングで軽く促し、アタマ差遅れ。動きはそれほど悪くないのだが相手のためにやったような内容。

アールブリュット 50.0 【B-】

美浦ダート併せの内。相手と1頭分の間隔を空け、並走して直線へ。軽く促し前へ出たが差し返されハナ差遅れ。その後も追いつけなかった。脚元はバランス良く回転できている。軽ハンデを生かしてどこまでやれるか。

阪神ジュベナイルフィリーズの反省と全着順-2017年12月10日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111ラッキーライラック牝2541:34.3B+2
27リリーノーブル牝2541:34.4B-3
34マウレア牝2541:34.5B4
48トーセンブレス牝2541:34.9B7
516モルトアレグロ牝2541:35.0A10
62ラテュロス牝2541:35.2B9
73グリエルマ牝2541:35.2B13
812ソシアルクラブ牝2541:35.3A5
918ロックディスタウン牝2541:35.4B-1
106マドモアゼル牝2541:35.5B+11
1114ノーブルアース牝2541:35.5B+15
1213トーセンアンバー牝2541:35.6C14
1317コーディエライト牝2541:35.8C6
141サヤカチャン牝2541:35.8B-8
159レグルドール牝2541:36.0B18
1610ハイヒール牝2541:36.0C17
175ラスエモーショネス牝2541:36.2B16
1815ナディア牝2541:36.5B-12


総評
A評価2頭、B+評価3頭。1週前に4頭をプラス評価していたが、本追い切りと重なっていないのはラテュロスのみ。期待は2週連続A評価のモルトアレグロで、人気薄ながら5着にがんばった。

カペラステークスの反省と全着順-2017年12月10日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
116ディオスコリダー牡3551:11.0C4
215スノードラゴン牡9581:11.1B8
38ブルドッグボス牡5571:11.3B+2
410ドラゴンゲート牡5561:11.5B11
54ニットウスバル牡5561:11.5B5
612キクノストーム牡8561:11.6-9
75モンドクラッセ牡6561:11.6B16
87ノボバカラ牡5571:11.7A6
92グレイスフルリープ牡7581:11.7B13
1014ブルミラコロ牡5561:11.9B1
1111ナンチンノン牡6561:11.9-15
123キタサンサジン牡5571:12.1-14
136ショコラブラン牡5561:12.3B10
141キャプテンシップ牡5561:12.5-12
1513サイタスリーレッド牡4571:13.2B+3
169コーリンベリー牝6561:14.1B+7


総評
A評価1頭、B+評価3頭。B+評価ブルドックボスは3着に来たのだが、C評価のディオスコリダーが勝った。申し訳ない結果になってしまった。

中日新聞杯の反省と全着順-2017年12月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
113メートルダール牡4551:59.3A2
210ミッキーロケット牡457.51:59.5B1
312ロードヴァンドール牡4561:59.6B+5
417ショウナンバッハ牡6541:59.6B9
511マキシマムドパリ牝5551:59.6B+4
64マウントロブソン牡457.51:59.6B-3
75バンドワゴン牡6541:59.8B-11
814ケントオー牡5561:59.8B-17
92スズカデヴィアス牡656.51:59.9B-6
108パドルウィール牡6541:59.9-14
117ヴォージュ牡4542:00.0-13
1216クィーンチャーム牝5522:00.1-15
133タイセイサミット牡4562:00.1B10
146フェルメッツァ牡6552:00.3B8
159ストーンウェア牡5542:00.3-7
1618レコンダイト牡7552:00.3B-16
171フルーキー牡7572:00.4B12
1815サラトガスピリット牡5532:01.0-18


総評
A評価1頭、B+評価2頭。人気サイドで決まり、結局すべての高評価馬が5番人気以内になったとはいえ、全頭掲示板に載ったので個人的には満足の結果になった。2着はB評価の1番人気ミッキーロケットであり、まずまず参考になったかもしれない。

2017年12月9日

【1週前追い】朝日杯フューチュリティステークス(GI)追い切り評価-2017年12月17日阪神芝1600馬齢

アサクサゲンキ 55.0 【B-】

栗東坂路併せ。走り方そのものはもっさりして見栄えしないが、終い突き放して2馬身先着した。首の使い方はいまいちで、すべての動きがスローで重い印象。これでほぐれてくれば。

イシマツ 55.0 【B-】

栗東坂路併せ。体は進行方向をまっすぐに向いているが、後脚の動きに安定感がない。タイムは出ているがふわふわと走っており、頭も高い。評価しづらい動きだが、タイムは出ていて2馬身先着した。

ケイアイノーテック 55.0 【B】

栗東坂路単走。長所と短所がはっきりしているため評価は据え置く。良い点は弾力性。着地はやわらかで、各関節のクッションが効いている。一方、推進力は上に逃げ、左右にぶれながら走り、舌を出している。

2017年12月8日

【枠順確定】阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)追い切り評価最終版-2017年12月10日阪神芝1600馬齢

1枠1番 サヤカチャン 牝2 54.0 松岡【B-】

栗東CW単走。通ったコースは馬場の真ん中外目。直線ではまず左手前に替え、その後右手前に戻し、再び左手前に替えようとしたが替えられずそのままゴール。タイムは出ており四肢の可動域もまずまずあるのだが、この走りは高く評価できない。【1週前追い評価:B】

1枠2番 ラテュロス 牝2 54.0 北村友【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。持ったまま並走して折り合い、最後仕掛けたが反応は鈍くゴール地点ではアタマ差遅れ。ゴール後もそこまで伸びなかった。タイムは出ているが気がかりな内容ではある。1週前が良く、馬体の丸みもあるのでマイナス評価はしないが。【1週前追い評価:A】

2枠3番 グリエルマ 牝2 54.0 小牧【B】

栗東坂路併せ。1週前の内容とほぼ変わらず、体の使い方も一緒。体は進行方向より若干右で、活気だけは十分。今週は2馬身先着したので1週前より状態を上げてきたと見て良さそう。未完成な印象は残るものの、勝負根性もありそうで評価は据え置きたい。【1週前追い評価:B】

【枠順確定】カペラステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年12月10日中山ダ1200別定

1枠1番 キャプテンシップ 牡5 56.0 江田照【-】

映像なし

1枠2番 グレイスフルリープ 牡7 58.0 三浦【B】

栗東CW併せの外。カーブではゆったり先行し、馬場の外側を深く入って相手にショートカットさせ、並走して直線へ。並んでから軽く促して前に出て、そのまま1馬身半先着した。手前を替えなかったが、問題ない調整だろう。

2枠3番 キタサンサジン 牡5 57.0 柴山【-】

映像なし