スポンサーリンク

2014年10月31日

20141102 天皇賞(秋)

B+ 1-1 ジェンティルドンナ(牝5、戸崎圭太・石坂正)
坂路をまっすぐに駆け上がってきた。脚のさばきは美しく、バランスは取れている。鞍上が合図を出してからのスパートが物足りないのと、頭が高いのがマイナスポイント。

C 1-2 ヒットザターゲット(牡6、武豊・加藤敬二)
坂路で首がまっすぐ向いていない。それも右を向いている。全体的にバタバタした印象。
B+ 2-3 デニムアンドルビー(牝4、浜中俊・角居勝彦)
3頭併せの中でじっと我慢。追う内を突き放さず、じっと待ちながらハナ差先着した。外には遅れたが、好調教。

B 2-4 スピルバーグ(牡5、北村宏司・藤沢和雄)
併せた馬に馬体をぶつけても引かず、気合いは十分。走り方は若干ぎこちなく、頭も高い。

B 3-5 エピファネイア(牡4、福永祐一・角居勝彦)
CW単走で真ん中を走ってきた。体全体を使えて動きは素軽く、ゴールを過ぎてからも追った。ただ、力強さは感じられない。とりあえず仕上がった、というレベルか。

C 3-6 ダークシャドウ(牡7、F.ベリー・堀宣行)
流しているだけ。ある一完歩では、後ろ脚が同時に着地する妙なフォームになったりするほど適当だ。

B 4-7 サトノノブレス(牡4、岩田康誠・池江泰寿)
もっさりと直線に入ってきてどうなるかと思ったが、軽い合図で突き放した。前脚の躍動感はすばらしい。ただ、その後追っても思ったほど伸びない。

B- 4-8 ディサイファ(牡5、四位洋文・小島太)
首をまっすぐに使えていない。が、その割にタイムも出ていて脚さばきは悪くない。

B- 5-9 フェノーメノ(牡5、蛯名正義・戸田博文)
Wでそこまで負荷をかけない調教。鞍上は特に指示を出さず、馬の走りたいように走らせ、直線最後に若干合図。軽やかだが力強さはない。

C 5-10 ペルーサ(牡7、柴田善臣・藤沢和雄)
坂路で評価できるところの全くない調教。追っても伸びず、脚元は弱く、頭も高い。


C 6-11 ラブイズブーシェ(牡5、古川吉洋・村山明)
2頭併せの外。直線に向いたところで相手の鞍上が振り返る。待ってもらったわけだが、ずっと抑えていたこの相手にクビ差追いつけなかった。

B 6-12 フラガラッハ(牡7、高倉稜・松永幹夫)
おそらく2馬身ほど前を行く馬と並んで突き放すイメージだったのだろうが、前の鞍上が後ろを確認したときに、馬が横に逃げてしまった。よって事実上単走。この馬自身は坂路のラチ沿いをいい動きでまっすぐ駆け上がってきたが。

B+ 7-13 カレンブラックヒル(牡5、秋山真一郎・平田修)
坂路で前を行く馬が進路を防ぎそうになっても動じずラチ沿いをまっすぐ駆け上がってきた。最後まで動きは衰えず、かなりの好調教。Aにするか迷ったくらい。

B- 7-14 マーティンボロ(牡5、川田将雅・友道康夫)
3頭併せの内で、きれいにコーナーを曲がってきたが、直線に入ってからいまいち伸びない。迫力にも欠ける。

B+ 7-15 イスラボニータ(牡3、C.ルメール・栗田博憲)
直線に入るまでは馬なり。入ってからも流すのかと見ていると一気に加速してはるか前を行く馬をとらえてしまった。

B- 8-16 トーセンジョーダン(牡8、P.ブドー・池江泰寿)
併せの内でブドーが乗り、かなり外を回ったのでタイムは十分。ただ、頭が高く首の使い方も下手で、相手を突き放せなかった。

B- 8-17 アスカクリチャン(牡7、三浦皇成・須貝尚介)
華麗に舌を舞わせる坂路調教。最後もバテた。とはいえ、中間5秒ほど力強い脚さばきを見られたのでCにはしなかった。

A 8-18 マイネルラクリマ(牡6、柴田大知・上原博之)
コーナーの美しい回り方、首の使い方、全身の連動、ゴールを過ぎてからも追われてしっかり伸びた点。すべて高く評価できる。力強さより素軽さのある馬で、B+と迷ったがAにした。


2014年10月24日

20141026 菊花賞

B- 1枠1番 マイネルフロスト 柴田大
3頭併せの最内で、はるか前を行く2頭を捉えきった。しかし、追走時のバタバタした走り方は全く評価できない。

C 1枠2番 トーホウジャッカル 酒井
坂路単走。どうしようもないほど頭が高い。脚元も非力に見える。

C 2枠3番 サングラス 古川
CW単走で馬場の真ん中あたり。軽すぎる走りで馬体も小さく見える。GIレベルにない。

B 2枠4番 サウンズオブアース 蛯名
2頭併せの内。直線で一気に突き放したかったがそこでブレーキ。もう一度の合図で伸びた。馬体は美しいが。

C 3枠5番 シャンパーニュ 松山
頭が高い以前の問題で、クビを使えていない。クビを使えないから全身運動ができない。

B 3枠6番 ショウナンラグーン 吉田豊
走りは悪いわけではなく、最後の1Fはなかなかの迫力。しかし、ちょっと待ってくれた併走馬にハナ差程度遅れ。Wの内側なのでタイムほど走れていない。

B- 4枠7番 トーセンスターダム 武豊
併走馬がはちゃめちゃになったので先着は参考外としても、躍動感に乏しく流しただけのように見える。わざわざ武が調教に乗ったのをどう見るか。

B 4枠8番 ワールドインパクト ブドー
突き抜けられなかったのはマイナスだが、動きそのものは悪くない。鞍上も抑えたままで、乗り味が良さそうに見える。

B- 5枠9番 ハギノハイブリッド 福永
CWの外なのでタイム以上のデキだが、動きがもっさりうつる。アップアップしている併走馬とほぼ同入なのも気になる。

C 5枠10番 ゴールドアクター 吉田隼
併走遅れ。突き抜ける脚はない。


B- 6枠11番 アドマイヤランディ 藤岡康
坂路で併走馬に先着。よれず馬体を併せた。しかしクビが曲がっていて、脚の力強さも微妙。

B 6枠12番 タガノグランパ 菱田
直線に入ったところで右を走る併走馬の鞍上がムチを取り出すと、左によれた。トラウマが心配だ。こういう馬にはブリンカーをつけた方がいい。ピッチ走法の走りは悪くない

B+ 7枠13番 ミヤビジャスパー 池添
CW単走としては申し分のない動き。躍動感もある。気になるのは、鞍上がかなりムチを入れていたところ。頭がよくないのかもしれない。

A 7枠14番 トゥザワールド 川田
直線でじっくりと目標を見定め、長い脚を使って最後は置き去りに。いい状態に仕上がった。

C 7枠15番 ワンアンドオンリー 横山典
最悪のデキ。頭は高く、顔は左を向き、脚元もバラバラ。

B+ 8枠16番 サトノアラジン 浜中
長くいい脚を使って併走馬を抜き去った。頭が高くゴールを過ぎてから伸びなかったが、脚の回転はすばらしい。

B 8枠17番 ヴォルシェーブ 岩田
長距離馬らしい体型。直線に入ったときに手ごたえが怪しくなり、隣の馬から心配されたがもう一度伸びて先着。内なのでタイムほどでもない。

B- 8枠18番 メイショウスミトモ 武幸
外を回しているのでタイム以上にいいが、脚の回転が物足りない。併走馬にもやや遅れた。

2014年10月17日

20141019 秋華賞

B+ (1)1ブランネージュ   55秋 山
鞍上が抑えめに騎乗しながら好タイム。前脚の動きは硬いが、後ろ脚の柔軟性からくる推進力でカバーしている。調子はいい。

B- (1)2レーヴデトワール  55川 田
懸命に首を使って全身運動しようとしているが、バランスが良くない。はずむような手ごたえは感じられない。

B (2)3バウンスシャッセ  55北村宏
併走馬にクビ差ほど遅れたことと、頭が高いことの2点を除くと優れた内容。下半身の力強さを感じられる。

B+ (2)4ヌーヴォレコルト  55岩 田
単走できれいな走りを見せてくれた。ただ、オークス時の素晴らしい調教に比べると落ちる。

A (3)5マーブルカテドラル 55田 辺
馬なりながら全身を使ってすばらしい動き。躍動感があるので体も大きく見える。

B+ (3)6ショウナンパンドラ 55浜 中
単走で坂路をしっかりと駆け上がってきた。クビの動きの迫力が完璧でない点と後半少し流したところをマイナスする。

B- (4)7ディルガ      55武 豊
好き嫌いが分かれそうな調教。併走馬を相手にせず全体のタイムはまとめたが、脚の運びがバランス悪く見えてしまう。

B (4)8レッドリヴェール  55福 永
坂路で及第点の調教。ただ、脚元の力強さは好調時に及ばない。後半も流している。

C (5)9アドマイヤビジン  55四 位
坂路を気分良く駆け上がってきたが、前を行く馬に並びかけたときに馬体を併せに行かずラチ側に逃げた。

B+ (5)10マイネグレヴィル  55柴田大
馬なりだが、全身をきれいに使えている。力強さというより、素軽くさわやかな印象の調教で、実力以上を出せる仕上がりにある。


A (6)11ペイシャフェリス  55川 島
迫力満点の動きで絶好調。ゴール板を過ぎて鞍上が追う力を緩めてもしっかり伸びた。単走なのでAで止めたが、A+にするかどうか迷うくらいの好調教。

B+ (6)12タガノエトワール  55小 牧
一瞬の切れ味は鋭く、全身を使った動きに躍動感もある。迫力に若干だけ欠けるのでAにしなかったが、限りなくAに近いB+。

B- (7)13パシフィックギャル 55勝 浦
返し馬レベルの走りで、併走馬を抜こうとすることもない。トモの筋肉はいい感じについているので、春より成長はしているはず。

B (7)14サングレアル    55戸 崎
まあまあな動きを見せた外のタガノグランパに先着したが、クビの使い方がいまひとつ。

B (7)15ハピネスダンサー  55藤岡康
単走の坂路調教としては、お手本のようなコース取り。ラチにまどわされず真っ直ぐ走れた。一方、砂のかき上げ=蹴り出す迫力が不足している。

B (8)16オメガハートロック 55ベリー
併せ馬の影になってあまりよく見えなかったが動きは悪くなさそう。遅れたのはマイナス、ベリーがわざわざ調教にまたがったのはプラス。

B- (8)17リラヴァティ    55松 山
2頭併せに見えたが、前を行く1頭の鞍上がしきりに後ろを気にしていたので、予定では前にも追いつくはずだったと考えられる。追いついていない。

B (8)18セウアズール    55北村友
すごくいい一完歩とだめな一完歩の差が大きい。いいときは全身が連動しているが、悪いときはクビがぎこちなくなる。