スポンサーリンク

ab

2015年3月5日

チューリップ賞(GIII)追い切り評価-2015年3月7日阪神芝1600馬齢

1枠1番 アンドリエッテ 牝3 54.0 川田将雅
【B】坂路併せ。並んで入った馬をアタマ差しのいだ。坂路では珍しいほど頭の位置が低い一完歩があり、首の使い方も上手だが、後半タイム以上にへばった。

1枠2番 レッドカーラ 牝3 54.0 川須栄彦
【-】映像なし

2枠3番 クルミナル 牝3 54.0 池添謙一
【B+】坂路併せ。ほぼ馬なりでタイムも出したが、ずっと並んでいた馬に最後抜けられ、半馬身の遅れ。ディープインパクト産駒に見えないほど馬格があり、馬体の幅は広く、力強い。気になるのは遅れた事実だけ。

2枠4番 アスカビレン 牝3 54.0 秋山真一
【B】坂路併せ。馬場の真ん中から入って、ラチ沿いを走る相手に馬体を合わせに行き、ハナ差程度遅れ。首の動かし方が安定しないことを除けば動きは悪くなく、タイムも出た。

3枠5番 マイティティー 牝3 54.0 太宰啓介
【B-】CW単走。カーブはばたばた走っていたが、直線に向いて幾分ましになった。しかし、首の可動域が狭いためダイナミックな全身運動ができず、後脚も大きく動かせず、推進力に乏しい。

3枠6番 ティーエスクライ 牝3 54.0 和田竜二
【-】映像なし

4枠7番 コンテッサトゥーレ 牝3 54.0 北村友一
【A】坂路併せ。前半頭が左右を向いたシーンもあったが、気合をつけられ前を向いてからは抜群の走り。頭は低く、首を上手に使って徐々にスピードを上げ、相手を置き去りにした。

4枠8番 ウインソワレ 牝3 54.0 松山弘平
【B+】坂路を事実上単走。かなり前を行った馬と併せる予定だったようで、鞍上が何度も振り返り、待ってくれたが、差はかなりあり、追いつけず。この馬は体の軸がしっかりしており、猛然と追い込んだ動きはすばらしかったが、予定通りの流れではないと見て評価を下げた。動きだけならAをつけられる。

5枠9番 タッチングスピーチ 牝3 54.0 福永祐一
【B】坂路併せ。下手くそな首の使い方から若さを感じる一方、脚元の力強さはかなりのもので、併走馬は相手にならず。しかし後半脚色が鈍り、ステッキを入れられてもスピードは戻らなかった。




5枠10番 ノーブルリーズン 牝3 54.0 浜中俊
【C】坂路併せ。頭は高く、首を使うというより顎を使ってリズムを取る。そんなバタバタした走り方で、半馬身遅れ。厳しい。

6枠11番 オデッタ 牝3 54.0 シュタル
【B】坂路併せ。ラチ沿いをまっすぐに駆け、アタマ差先着。寄られても動じず、馬なりのまままっすぐに走れた。ただ、首を上下でなく、前後に振る癖があるようで、そのために本来のスピードが出ない印象。形は良く、一皮むければ面白い存在になりそう。

6枠12番 ロカ 牝3 54.0 デムーロ
【B+】坂路併せ。離れた併せ馬だったが、最後に馬体を合わせに行ってクビ差及ばず。この馬は形が美しく、いつも伸びるので良く見える。遅れたのと、頭が高いのでAはつけないが、今回も軸がしっかりして、すばらしい推進力だ。ゲートさえ出れば。

7枠13番 オリエンタルダンス 牝3 54.0 藤岡康太
【B-】坂路併せ。半馬身先着したが、致命的なほど頭が高い。ピッチ走法で頭が高いので、おもちゃの木馬のような、かわいらしくコミカルな動きだ。残念ながら、強そうではない。

7枠14番 ココロノアイ 牝3 54.0 横山典弘
【B-】坂路単走。体の使い方はきれいで、ラチ沿いをまっすぐ走れているが、動きが重い。肩にステッキを何度も入れたが反応せず。タイムも悪い。

8枠15番 レッツゴードンキ 牝3 54.0 岩田康誠
【B】坂路単走。頭が終始右を向いている。ただ、動くのを嫌がっているようではなく、馬なりのまま終いのタイムは悪くない。評価は難しいが、阪神JF時より落ちるのでBに。

8枠16番 ウインアキレア 牝3 54.0 バルジュ
【B+】CW併せ。内の馬が動かず、外からハードに追って2馬身先着。ゴール前で緩みそうになったが、そこから鞍上が手を動かすと、馬もきちんとそれにこたえてゴール過ぎてからも伸びた。

8枠17番 ブチコ 牝3 54.0 武豊
【B】坂路併せ。前膝の動きはダイナミックだが、後脚の可動域が狭く、飛節が硬い。クビ差遅れたこともマイナス。芝がどうかという視点も大切なので、フォトパドックを見てみた。白毛なので馬体を見るのは難しいが、繋はある程度寝ていて、芝の方が合いそう。


今週のその他の重賞へ

オーシャンステークス
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/03/OceanStakes.html

弥生賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/03/YayoiAward.html