スポンサーリンク

2015年10月30日

【枠順確定】アルテミスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年10月31日東京芝1600馬齢

1枠1番 ジープルメリア 牝2 54.0 和田竜二【B】

坂路単走。迫力に乏しく、右にぶれる一完歩はあったが、関節のやわらかさは目を引く。後脚は一切流れず、小刻みに首を上下させながらリズム良く駆けられている。

2枠2番 クナウ 牝2 54.0 大野拓弥【C】

W単走。カーブの走りはバタバタ。進行方向への推進力を得られず、上に跳ねるような動きになった。直線はある程度ましになったが。

2枠3番 ウインクルサルーテ 牝2 54.0 柴田善臣【B】

W3頭併せの内。2馬身前を行かせた2頭の内に入れ、1馬身後ろから追走。合図をしてから伸びてゴール地点で中の馬にアタマ差遅れ。その後一緒に伸びて抜け出すところまではやった。

3枠4番 ペプチドサプル 牝2 54.0 四位洋文【B-】

坂路単走なのか併せなのか。少し離れた隣に馬は居たが、気にせず登坂。体に厚みがあり、パワフルそうではあるが、脚元はばたばたした印象。

3枠5番 ビービーバーレル 牝2 54.0 戸崎圭太【A】

W併せ。頭を引く保つフォームで馬場の外目で内から馬体を合わせ、突き放して1馬身半先着。前腕と管が一直線にならず、前膝を高く上げるフォームであり、飛節の角度も深いため、伸びやかな印象は受けないのだが、動きに鋭さがある。


4枠6番 マシェリガール 牝2 54.0 横山典弘【B-】

ポリトラック単走。芝コースとの境目ぎりぎりを馬なりで流した。首の可動域が狭く、四肢も大きく使えていない。

4枠7番 トモジャクール 牝2 54.0 田中勝春【B-】

W3頭併せの内。馬場の外目で直線に入り、中の馬は相手にしなかったが、外にアタマ差遅れた。その後交わすところまではやった。頭の高い走りで、飛節が硬く四肢の可動域もいまいち。

5枠8番 ウインファビラス 牝2 54.0 松岡正海【-】

映像なし

5枠9番 テイケイレーヴ 牝2 54.0 内田博幸【B】

坂路単走。ラチ沿いを若干左右にぶれながらではあるが、しっかりとした動きで駆けた。首の使い方は及第点レベルにあり、それと前膝から繋にかけての連動もできている。

6枠10番 クロコスミア 牝2 54.0 勝浦正樹【B】

坂路単走。前半は馬なりでバタバタ。後脚が流れる一完歩も見られたが、徐々にペースアップすると体の使い方は改善された。

6枠11番 エスティタート 牝2 54.0 武豊【B+】

坂路単走。体の向きは安定せず、着地点も進行方向のライン上にないが、軽やかな動き。弾むような手ごたえで、テンポよく坂を駆け上がってきた。


7枠12番 シトロン 牝2 54.0 嘉藤貴行【B】

坂路3頭併せ。最もラチ沿いを進み、隣に1馬身、最左にさらに1馬身の差をつけた。首ではなく頭でリズムを刻むような走り方になっており、頭も高いのだが、脚元の動きは伸びやか。肩の出も良い。

7枠13番 カイザーバル 牝2 54.0 デムーロ【B+】

CW3頭併せの内。頭を低く保つ好フォームで、手ごたえ良く伸びやかに前へ出て、そのまま中にアタマ差、外にクビ差先着。その後もリードを保ち、きれいに駆けた。

8枠14番 デンコウアンジュ 牝2 54.0 田辺裕信【-】

映像なし

8枠15番 メジャーエンブレム 牝2 54.0 ルメール【B】

坂路単走。首の安定した使い方と、それと連動する前脚の動きは良い。一方、後脚は若干流れ、力強さにも欠ける。

【枠順確定】毎日放送賞スワンステークス(GII)追い切り評価最終版-2015年10月31日京都芝1400別定

1枠1番 サトノルパン 牡4 56.0 浜中俊【B】

坂路単走。頭の位置と前脚を上げる角度は安定しないものの、脚元の回転は鋭い。後脚の動きは良い。終い1Fのタイムが悪いのは、ゴール前にゆるめ、最後までしっかりと追われなかったため。

2枠2番 サンライズメジャー 牡6 56.0 池添謙一【B-】

坂路単走。脚元の力強さはあるのだが、頭は終始右を向き、体は左のラチ側へ流れて行った。

2枠3番 バクシンテイオー 牡6 56.0 シュタル【B-】

W併せ。動きそのものは悪くないのだが、馬体を合わせても抜けず。ゴール地点でクビ差遅れ、その後もずるずると後退した。

3枠4番 フミノムーン 牡3 54.0 幸英明【C】

坂路単走。イヤイヤをするように、首をかしげたり頭を左右に振ったりと、やる気の感じられない走り。そのせいで前脚が左右に振られ、まっすぐに走れていない。

3枠5番 ベルルミエール 牝4 54.0 川島信二【-】

映像なし


4枠6番 エーシントップ 牡5 56.0 武幸四郎【-】

映像なし

4枠7番 コパノリチャード 牡5 57.0 藤岡康太【A】

坂路併せ。チップをかき上げる量からもわかるとおり、脚元の力強さはすばらしい。そこまで強く追っていないが、併走馬に格の違いを見せつけて抜け出し、2馬身先着した。

5枠8番 ローブティサージュ 牝5 54.0 福永祐一【B-】

坂路単走。馬体が小さく映り、パワフルさに欠けるものの、素軽い動きではある。飛節が硬く、後脚は若干流れる。

5枠9番 オメガヴェンデッタ セ4 56.0 岩田康誠【B】

坂路単走。手前を替えて遊ぶところがある。まじめに走るは数完歩で、そのときの気配と動きの鋭さは申し分ないのだが、すぐに気を抜いてしまう。タイムは出ている。

6枠10番 テイエムタイホー 牡6 56.0 松田大作【-】

映像なし

6枠11番 アルビアーノ 牝3 52.0 柴山雄一【B+】

W単走。四肢の可動域は広く、躍動感にあふれる動き。繋もきれいに返り、ゴール後もさらに脚を伸ばした。ただ、この馬を見て初めて管が細いように感じられたので、体は少々太いかもしれない。


7枠12番 リトルゲルダ 牝6 54.0 松山弘平【B-】

坂路単走。体が進行方向の右を向いている。首の可動域が狭く、頭の位置も安定しない。

7枠13番 ダイワマッジョーレ 牡6 56.0 蛯名正義【B+】

坂路併せ。頭が右を向く数完歩はあったものの、それを除くとバランスの良い動き。相手は悠々と離し、最後は右隣に居た関係ない馬まで交わした。関節のやわらかさは十分。

8枠14番 フィエロ 牡6 56.0 デムーロ【A】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに自分のペースで進めた。テンポが均一で、後ろから猛然と追う関係ない馬が迫っても全く動じない。四肢の可動域は広く、首も上手に使えている。

8枠15番 ティーハーフ 牡5 56.0 国分優作【B-】

坂路単走。前半は軽く流し、後半は尻ステッキの連発で追われた。追われてからの動きは若干鋭くなったが、前脚の可動域が狭い。

【枠順確定】天皇賞・秋(GI)追い切り評価最終版-2015年11月1日東京芝2000定量

1枠1番 ディサイファ 牡6 58.0 四位洋文【B】

坂路単走。肩の出が良く、前腕を高く上げてしっかりと地面をつかめている。後脚もほぼまっすぐで、躍動感を感じられる。一方、頭が高く、体の使い方がシンメトリーでないため、ばたばたした印象も受ける。【1週前追い評価:B】

1枠2番 アンビシャス 牡3 56.0 デムーロ【B-】

坂路併せ。相手とは馬体を離して、馬の多い時間帯に追い、1馬身先着。前半後脚が流れたが、気合いをつけてからはまっすぐになった。ところが、そうなると顔が右を向く。アンバランスな印象。【1週前映像なし】

2枠3番 サトノクラウン 牡3 56.0 ルメール【B】

W併せ。馬場の真ん中あたりで馬体を合わせ、前半は行き脚がつかずに引き離されたが、軽い合図で持ち直してアタマ差遅れ。ゴール後にまずまず伸びてアタマ差程度先行するところまではやった。【1週前追い評価:B-】

2枠4番 ダコール 牡7 58.0 三浦皇成【C】

坂路併せ。尻ステッキを左から2発、続いて右から2発入れたが、反応せず。最後は脚が上がって1馬身遅れた。【1週前映像なし】

3枠5番 クラレント 牡6 58.0 田辺裕信【B】

坂路併せ。きれいに前脚を回転させる相手と合わせてクビ差先着。首は使えているが、頭は高く、動きそのものは見劣る一方、先着は評価できる。【1週前映像なし】

3枠6番 カレンミロティック セ7 58.0 福永祐一【B】

坂路単走。動きはバラバラで、まっすぐに前を向かない。ただ、まともに走った中盤と最後の3完歩が極めて良かった。1週前の映像がなく前半ひどかったため、この追い切りだけでB以上の評価はできないが、後半は馬なりの内容からするとかなり良い。関節のやわらかさも十分。【1週前映像なし】



4枠7番 ラストインパクト 牡5 58.0 菱田裕二【B+】

CW単走。馬の多い時間帯で、直線大外を追う馬に交わされたため印象はそこまで良くないが、馬なりにきれいに伸びられている。後脚の可動域は絶好調時に少々劣るものの、四肢は伸びやかで馬体のシルエットが美しい。【1週前映像なし】

4枠8番 ラブリーデイ 牡5 58.0 浜中俊【B-】

CW併せ。馬場の真ん中外目でずっと馬体を合わせ、そのまま抜け出さずにアタマ差遅れ。ゴール後、追う相手を気にせず馬体を離した。四肢の可動域は好調時に劣る。【1週前映像なし】

5枠9番 エイシンヒカリ 牡4 58.0 武豊【B】

CW単走。馬場の外目を馬なりに駆けた。首全体を使うのでなく、頭だけでリズムを取る一完歩が見られ、後脚の可動域ももの足りない。ただ、脚元の回転は良く、動きに鋭さはある。【1週前映像なし】

5枠10番 ペルーサ 牡8 58.0 柴山雄一【C】

坂路併せ。アタマ差先着も、相手が手加減してくれただけ。頭は高く、首を上手に使えていない。脚元の力強さはあるのだが、回転が遅い。【1週前追い評価:C】

6枠11番 ワンアンドオンリー 牡4 58.0 内田博幸【B+】

坂路併せ。前半だけならA。脚元に力強さがあり、馬体のバランスも動きの安定性もすばらしかった。中盤、相手と馬体を合わせに行く勝負根性も高評価。最後に左右から見せムチを使って気を抜かせず走らせ、4分の3馬身先着も、脚色が鈍ったところだけマイナス。【1週前映像なし】

6枠12番 ダービーフィズ 牡5 58.0 デムーロ【B+】

坂路単走。前半ラチ側に流れたが、その後はラチ沿いをまっすぐに登坂。前膝から繋にかけてのやわらかさには見るべきものがあり、首を使ってリズムを刻み、均等なペースで駆けられた。【1週前追い評価:B】



7枠13番 ヴァンセンヌ 牡6 58.0 横山典弘【B+】

坂路単走。しっかりと前を向き、首を上手に使ってまっすぐに駆けられた。後脚が全く流れず、前脚と同じライン上を動くのは好印象。尻ステッキを強めに入れて最後までしっかり追った。舌を出しているところだけマイナス。【1週前映像なし】

7枠14番 ステファノス 牡4 58.0 戸崎圭太【B】

CW併せ。1馬身前を行かせた馬の内に入れ、直線で合図。すっと伸びてきれいに交わし、3馬身以上先着した。追われてからの伸びは良いが、ゴール前に脚色が少し鈍った。【1週前映像なし】

7枠15番 ショウナンパンドラ 牝4 56.0 池添謙一【A】

坂路単走。1週前より頭は高いが、それは流してるためで問題はない。馬なりできれいなフォームを保ち、首でリズムを刻みながらまっすぐに登坂できた。脚も全く流れない。好仕上がり。【1週前追い評価:A】

8枠16番 イスラボニータ 牡4 58.0 蛯名正義【B-】

W併せ。2馬身前を行かせた馬の内にショートカットして、直線は1馬身後方からスタート。並びかけるスピードは良く、格の違いを見せつけるかと思われたが、そこからの伸びがいまいち。ゴール地点で併入、その後1馬身ほど離すまではやったが、動きにキレが不足している。尻の発汗もある。【1週前映像なし】

8枠17番 スピルバーグ 牡6 58.0 北村宏司【B-】

坂路併せ。馬体をきれいに合わせてアタマ差先着したが、この馬も相手も動けていない。頭が高く、首を上下でなく前後に使っている。【1週前追い評価:B-】

8枠18番 アドマイヤデウス 牡4 58.0 岩田康誠【B-】

坂路単走。体の使い方はまっすぐなのだが、徐々に右側へ流れた。脚元の力強さは物足りず、前脚の可動域がもう一息。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/TennoShoAutumn1W.html

2015年10月29日

【水曜追い】アルテミスステークス(GIII)追い切り評価-2015年10月31日東京芝1600馬齢

ウインクルサルーテ 54.0 【B】

W3頭併せの内。2馬身前を行かせた2頭の内に入れ、1馬身後ろから追走。合図をしてから伸びてゴール地点で中の馬にアタマ差遅れ。その後一緒に伸びて抜け出すところまではやった。

エスティタート 54.0 【B+】

坂路単走。体の向きは安定せず、着地点も進行方向のライン上にないが、軽やかな動き。弾むような手ごたえで、テンポよく坂を駆け上がってきた。

カイザーバル 54.0 【B+】

CW3頭併せの内。頭を低く保つ好フォームで、手ごたえ良く伸びやかに前へ出て、そのまま中にアタマ差、外にクビ差先着。その後もリードを保ち、きれいに駆けた。

クナウ 54.0 【C】

W単走。カーブの走りはバタバタ。進行方向への推進力を得られず、上に跳ねるような動きになった。直線はある程度ましになったが。



クロコスミア 54.0 【B】

坂路単走。前半は馬なりでバタバタ。後脚が流れる一完歩も見られたが、徐々にペースアップすると体の使い方は改善された。

シトロン 54.0 【B】

坂路3頭併せ。最もラチ沿いを進み、隣に1馬身、最左にさらに1馬身の差をつけた。首ではなく頭でリズムを刻むような走り方になっており、頭も高いのだが、脚元の動きは伸びやか。肩の出も良い。

テイケイレーヴ 54.0 【B】

坂路単走。ラチ沿いを若干左右にぶれながらではあるが、しっかりとした動きで駆けた。首の使い方は及第点レベルにあり、それと前膝から繋にかけての連動もできている。

トモジャクール 54.0 【B-】

W3頭併せの内。馬場の外目で直線に入り、中の馬は相手にしなかったが、外にアタマ差遅れた。その後交わすところまではやった。頭の高い走りで、飛節が硬く四肢の可動域もいまいち。



ビービーバーレル 54.0 【A】

W併せ。頭を引く保つフォームで馬場の外目で内から馬体を合わせ、突き放して1馬身半先着。前腕と管が一直線にならず、前膝を高く上げるフォームであり、飛節の角度も深いため、伸びやかな印象は受けないのだが、動きに鋭さがある。

ペプチドサプル 54.0 【B-】

坂路単走なのか併せなのか。少し離れた隣に馬は居たが、気にせず登坂。体に厚みがあり、パワフルそうではあるが、脚元はばたばたした印象。

マシェリガール 54.0 【B-】

ポリトラック単走。芝コースとの境目ぎりぎりを馬なりで流した。首の可動域が狭く、四肢も大きく使えていない。

メジャーエンブレム 54.0 【B】

坂路単走。首の安定した使い方と、それと連動する前脚の動きは良い。一方、後脚は若干流れ、力強さにも欠ける。


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】毎日放送賞スワンステークス(GII)追い切り評価-2015年10月31日京都芝1400別定

アルビアーノ 52.0 【B+】

W単走。四肢の可動域は広く、躍動感にあふれる動き。繋もきれいに返り、ゴール後もさらに脚を伸ばした。ただ、この馬を見て初めて管が細いように感じられたので、体は少々太いかもしれない。

オメガヴェンデッタ 56.0 【B】

坂路単走。手前を替えて遊ぶところがある。まじめに走るは数完歩で、そのときの気配と動きの鋭さは申し分ないのだが、すぐに気を抜いてしまう。タイムは出ている。

コパノリチャード 57.0 【A】

坂路併せ。チップをかき上げる量からもわかるとおり、脚元の力強さはすばらしい。そこまで強く追っていないが、併走馬に格の違いを見せつけて抜け出し、2馬身先着した。

サトノルパン 56.0 【B】

坂路単走。頭の位置と前脚を上げる角度は安定しないものの、脚元の回転は鋭い。後脚の動きは良い。終い1Fのタイムが悪いのは、ゴール前にゆるめ、最後までしっかりと追われなかったため。



サンライズメジャー 56.0 【B-】

坂路単走。脚元の力強さはあるのだが、頭は終始右を向き、体は左のラチ側へ流れて行った。

ダイワマッジョーレ 56.0 【B+】

坂路併せ。頭が右を向く数完歩はあったものの、それを除くとバランスの良い動き。相手は悠々と離し、最後は右隣に居た関係ない馬まで交わした。関節のやわらかさは十分。

ティーハーフ 56.0 【B-】

坂路単走。前半は軽く流し、後半は尻ステッキの連発で追われた。追われてからの動きは若干鋭くなったが、前脚の可動域が狭い。

バクシンテイオー 56.0 【B-】

W併せ。動きそのものは悪くないのだが、馬体を合わせても抜けず。ゴール地点でクビ差遅れ、その後もずるずると後退した。



フィエロ 56.0 【A】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに自分のペースで進めた。テンポが均一で、後ろから猛然と追う関係ない馬が迫っても全く動じない。四肢の可動域は広く、首も上手に使えている。

フミノムーン 54.0 【C】

坂路単走。イヤイヤをするように、首をかしげたり頭を左右に振ったりと、やる気の感じられない走り。そのせいで前脚が左右に振られ、まっすぐに走れていない。

リトルゲルダ 54.0 【B-】

坂路単走。体が進行方向の右を向いている。首の可動域が狭く、頭の位置も安定しない。

ローブティサージュ 54.0 【B-】

坂路単走。馬体が小さく映り、パワフルさに欠けるものの、素軽い動きではある。飛節が硬く、後脚は若干流れる。


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】天皇賞・秋(GI)追い切り評価-2015年11月1日東京芝2000定量

アドマイヤデウス 58.0 【B-】

坂路単走。体の使い方はまっすぐなのだが、徐々に右側へ流れた。脚元の力強さは物足りず、前脚の可動域がもう一息。【1週前映像なし】

アンビシャス 56.0 【B-】

坂路併せ。相手とは馬体を離して、馬の多い時間帯に追い、1馬身先着。前半後脚が流れたが、気合いをつけてからはまっすぐになった。ところが、そうなると顔が右を向く。アンバランスな印象。【1週前映像なし】

イスラボニータ 58.0 【B-】

W併せ。2馬身前を行かせた馬の内にショートカットして、直線は1馬身後方からスタート。並びかけるスピードは良く、格の違いを見せつけるかと思われたが、そこからの伸びがいまいち。ゴール地点で併入、その後1馬身ほど離すまではやったが、動きにキレが不足している。尻の発汗もある。【1週前映像なし】

ヴァンセンヌ 58.0 【B+】

坂路単走。しっかりと前を向き、首を上手に使ってまっすぐに駆けられた。後脚が全く流れず、前脚と同じライン上を動くのは好印象。尻ステッキを強めに入れて最後までしっかり追った。舌を出しているところだけマイナス。【1週前映像なし】

エイシンヒカリ 58.0 【B】

CW単走。馬場の外目を馬なりに駆けた。首全体を使うのでなく、頭だけでリズムを取る一完歩が見られ、後脚の可動域ももの足りない。ただ、脚元の回転は良く、動きに鋭さはある。【1週前映像なし】



カレンミロティック 58.0 【B】

坂路単走。動きはバラバラで、まっすぐに前を向かない。ただ、まともに走った中盤と最後の3完歩が極めて良かった。1週前の映像がないのでこの追い切りだけでB以上の評価はできないが、馬なりの内容からするとかなり良い。関節のやわらかさも十分。【1週前映像なし】

クラレント 58.0 【B】

坂路併せ。きれいに前脚を回転させる相手と合わせてクビ差先着。首は使えているが、頭は高く、動きそのものは見劣る一方、先着は評価できる。【1週前映像なし】

ショウナンパンドラ 56.0 【A】

坂路単走。1週前より頭は高いが、それは流してるためで問題はない。馬なりできれいなフォームを保ち、首でリズムを刻みながらまっすぐに登坂できた。脚も全く流れない。好仕上がり。【1週前追い評価:A】

ステファノス 58.0 【B】

CW併せ。1馬身前を行かせた馬の内に入れ、直線で合図。すっと伸びてきれいに交わし、3馬身以上先着した。追われてからの伸びは良いが、ゴール前に脚色が少し鈍った。【1週前映像なし】

スピルバーグ 58.0 【B-】

坂路併せ。馬体をきれいに合わせてアタマ差先着したが、この馬も相手も動けていない。頭が高く、首を上下でなく前後に使っている。【1週前追い評価:B-】

ダコール 58.0 【C】

坂路併せ。尻ステッキを左から2発、続いて右から2発入れたが、反応せず。最後は脚が上がって1馬身遅れた。【1週前映像なし】



ディサイファ 58.0 【B】

坂路単走。肩の出が良く、前腕を高く上げてしっかりと地面をつかめている。後脚もほぼまっすぐで、躍動感を感じられる。一方、頭が高く、体の使い方がシンメトリーでないため、ばたばたした印象も受ける。【1週前追い評価:B】

ペルーサ 58.0 【C】

坂路併せ。アタマ差先着も、相手が手加減してくれただけ。頭は高く、首を上手に使えていない。脚元の力強さはあるのだが、回転が遅い。【1週前追い評価:C】

マイネルフロスト 58.0 【C】

W併せ。直線で1馬身後ろから並ぼうとしたが、アタマ差遅れ。その後並ぶところまではやった。手前の替え方のスムースさに欠け、手ごたえはいまいち。【1週前追い評価:C】

ラストインパクト 58.0 【B+】

CW単走。馬の多い時間帯で、直線大外を追う馬に交わされたため印象はそこまで良くないが、馬なりにきれいに伸びられている。後脚の可動域は絶好調時に少々劣るものの、四肢は伸びやかで馬体のシルエットが美しい。【1週前映像なし】

ラブリーデイ 58.0 【B-】

CW併せ。馬場の真ん中外目でずっと馬体を合わせ、そのまま抜け出さずにアタマ差遅れ。ゴール後、追う相手を気にせず馬体を離した。四肢の可動域は好調時に劣る。【1週前映像なし】

ワンアンドオンリー 58.0 【B+】

坂路併せ。前半だけならA。脚元に力強さがあり、馬体のバランスも動きの安定性もすばらしかった。中盤、相手と馬体を合わせに行く勝負根性も高評価。最後に左右から見せムチを使って気を抜かせず走らせ、4分の3馬身先着も、脚色が鈍ったところだけマイナス。

1週前追い評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/TennoShoAutumn1W.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年10月25日

菊花賞の反省と全着順-2015年10月25日のレース

1着【B+:5人気】4番 キタサンブラック 3:03.9
2着【B:2人気】11番 リアルスティール 3:03.9
3着【B+:1人気】17番 リアファル 3:04.0
4着【B+:6人気】3番 タンタアレグリア 3:04.2
5着【C:3人気】2番 サトノラーゼン 3:04.4
6着【B:7人気】5番 ベルーフ 3:04.5
7着【B:8人気】10番 ブライトエンブレム 3:04.5
8着【A:11人気】8番 ミュゼエイリアン 3:04.8
9着【B:10人気】14番 マッサビエル 3:04.8
10着【C:12人気】15番 ジュンツバサ 3:04.9
11着【A:4人気】7番 スティーグリッツ 3:05.1
12着【D:13人気】9番 アルバートドック 3:05.3
13着【C:18人気】16番 タガノエスプレッソ 3:05.3
14着【B-:9人気】12番 ワンダーアツレッタ 3:05.8
15着【C:15人気】18番 スピリッツミノル 3:06.1
16着【B-:17人気】1番 ミコラソン 3:06.5
17着【B+:14人気】6番 レッドソロモン 3:06.8
18着【B+:16人気】13番 マサハヤドリーム 3:07.5

A評価2頭、B+評価5頭。結果はB+→B→B+で決まったが、これだけ印を打ったのだから、全く自慢にならない。しかも、個人的なレースは、開始1秒で終了した。すべての馬券をスティーグリッツを絡めて買っていたのだ。あれだけ出遅れたらどうしようもない。最後の直線はいい位置まで押し上げてきたのだが、みんなが歩いているときにある程度まじめに走ったわけで、フレッシュな馬たちとヨーイドン決着になったらさすがに分が悪い。この馬がきちんとゲートを出ていればどれだけやれたのか。それはわからない。賞金を重ねて重賞戦線に出てきて、また追い切りを見せてほしいものだ。


パドックは映像で確認した。3000メートルの長距離線なので、のんびり歩いている馬の方が良く、障害戦などではそういう馬が走ったりする。しかし、さすがにGIだけあって、やる気のなさそうな馬はいなかった。では、人気どころから。1番人気リアファルは、尻っぱねをするなどお行儀が悪かった。さらに、この馬はゲートイン前のもう馬券を買えないときに、かなり発汗していた。入れ込みは強かったのだろう。2番人気リアルスティールは、終始よだれを出していた。よだれを出す馬はカリカリしていることが多いのだが、そういうわけでもない。2人引きである程度落ち着いていた。3番人気サトノラーゼンは、なんとも思わなかった。そもそも追い切りC評価で切りたかった馬。相当良く映らなければ目に入らない。

最も良く見えたのは、タンタアレグリア。頭は低く首は曲がっておらず、すらりとしていかにも長距離に向きそう。全く入れ込んでもいない。関節もやわらかそうだ。最後迫ったが、4着までだった。続いて、マッサビエル。この2頭は2週連続で併せ馬をこなし、どちらも動きはタンタアレグリアが勝った。こういうケースでは、動きのいい方を高く評価してしまうので、先入観なく2頭を比べたら、どちらを上に見たか疑問ではある。それくらい、良いパドックだった。結果は9着。素人のパドック解説ほど、当てにならぬものはない。

A評価の2頭。スティーグリッツは入れ込み気味だが馬体と踏み込みは良し。ミュゼエイリアンは甘える仕草を見せ、トモも寂しく映り、あまり良いパドックではなかった。しかし川田騎手がいなければ、A評価は買うのである。そのほか、不思議な存在感を示していたのがアルバートドック。踏み込み良く、首をテンポ良く使って歩き、適度に物見をする。長距離なら買いたくなる要素だ。追い切りはD評価。DはC-以下ではなく、評価不能という意味なので、とりあえずワイドで押さえることにした。結果は12着。そんなものである。

レースは、スティーグリッツの大出遅れでスタート。単勝10倍以上ついていたとはいえ4番人気馬の不幸を喜び、ぐひひとほくそ笑んだ人の方が多かったかもしれない。一方、私は泣いた。まあそれはいいとして、先行争い。酒井騎手の大外だから行くだろうと予想していたとおり、スピリッツミノルが先頭へ。しかし、ここでリアファルも行きたがってしまう。これがなければ最後は違っていたかもしれない。とりあえずルメール騎手がなだめてリアファルは2番手で落ち着く。続いてミュゼエイリアン、レッドソロモンあたり。その後ろにキタサンブラックはつけた。

スティーグリッツがようやく長い列に追いついたのは、1コーナーのあたり。隊列はそれほど変わらず、みなさん歩く。昨年のようなペースを刻まず、中盤は1F14秒くらいで流れたのではないだろうか。2週目の3コーナーを前に、各馬が動き出す。スピリッツミノルは遅れ、ミュゼエイリアンが前を伺う。順位は大きく変動したが、ここで動いた馬は4コーナーから直線で総崩れ。最後はヨーイドンでリアファルが抜け、内からキタサンブラック、外からリアルスティールが差してきて、3頭で決まった。全滅した前に居ながらきちんと残ったリアファルは、着差以上に能力が高そうだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/KikukaSho.html

2015年10月24日

富士ステークスの反省と全着順-2015年10月24日のレース

1着【B+:4人気】3番 ダノンプラチナ 1:32.7
2着【B+:1人気】11番 サトノアラジン 1:32.7
3着【A:3人気】14番 ロゴタイプ 1:32.9
4着【映像なし:12人気】7番 シェルビー 1:33.0
5着【映像なし:2人気】16番 フルーキー 1:33.1
6着【B:5人気】15番 グランシルク 1:33.1
7着【A:9人気】2番 シャイニープリンス 1:33.3
8着【B:10人気】9番 カレンブラックヒル 1:33.3
9着【B-:11人気】13番 ワールドエース 1:33.3
10着【B:15人気】12番 アルバタックス 1:33.3
11着【映像なし:16人気】1番 ブレイズアトレイル 1:33.5
12着【B:8人気】5番 ヤングマンパワー 1:33.5
13着【B-:7人気】8番 ヤマカツエース 1:33.6
14着【A:13人気】4番 マイネルホウオウ 1:33.6
15着【B-:6人気】6番 クラリティスカイ 1:33.7
16着【B-:14人気】10番 アルマワイオリ 1:33.8

A評価3頭、B+評価2頭で、B+→B+→Aの決着。そして4、5着は映像なし。この結果はいいのか悪いのか。いちおう、読者の参考にはなったのかもしれないが、個人的には残念なレースになった。

パドックは映像で確認。最も良く見えたのはロゴタイプだった。踏み込みは深く、後脚の可動域が広い。繋もきれいに返っていて、気合いも十分。58キロでも信頼の軸にした。これが失敗だった。続いてサトノアラジン。尾をまっすぐに垂らして、後脚に巻き込むような動き。好調の証だ。おとなしく馬連ワイドでこの1点にしておけばよかったのだが。

追い切り映像のなかった2番人気、フルーキーも見なければならない。この馬は、マイネルホウオウと一緒に、前走のパドックも確認した。JRAレーシングビューアーは、こういうときに役に立つ。結論。状態は前走時以下。トモがパンとしておらず、甘える仕草も見せていた。自信を持って、切り捨てた。結果は5着。最後の伸び脚は良かった。やはり能力は高い。一方、マイネルホウオウは前走時と同様にうるさい面を見せていた。追い切りA評価なので押さえることにしたが、結果は外を回して伸びず14着。前走のような積極的なレース運びを期待したのだが、メンバーのそろったここでは前へ行けなかったか。

レースは、カレンブラックヒルが先頭に。半馬身差の外にロゴタイプ、後ろからクラリティスカイにつつかれる。ペースは前3F35.1秒と平均より若干早めで、先頭は息の入らない厳しい展開になった。直線坂の頂上でロゴタイプが抜け出すが、最後は後ろから飛んできたサトノアラジンとダノンプラチナの叩き合いに屈した。前に行った馬にとっては厳しい流れの中、3着に残ったロゴタイプは、強さを見せてくれたことになる。A評価シャイニープリンスは、前が詰まってしまった。最後は伸びてきたのだが、位置取りが悪すぎた。力負けではないと考えたい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/FujiStakes.html

【1週前追い】天皇賞・秋(GI)追い切り評価-2015年11月1日東京芝2000定量

サトノクラウン 56.0 【B-】

W3頭併せの内。きれいに馬体を並べて外にハナ差、中にアタマ差先着した。しかし動きはいまいち。進行方向に対して体がまっすぐ向かず、左右にぶれる。首の使い方もぎこちない。追われてからもそれほど伸びず、ゴール後も脚が続かなかった。

ショウナンパンドラ 56.0 【A】

坂路併せ。相手から馬体を寄せられても全く動じることなく、前脚と後脚が同じライン上を保ち、まっすぐに駆けた。追われてからは一完歩ごとに相手との差を広げ、最後は3馬身差をつけた。首も上手に使い、きれいな全身運動をできている。

スピルバーグ 58.0 【B-】

坂路3頭併せの中。左右から馬体を寄せられても気にするそぶりもなくアタマ差のリードを最後まで保った。気配だけは悪くないが、タイムは最悪で動きももっさりしている。

ダービーフィズ 58.0 【B】

坂路単走。前半から精力的に追われ、若干脚元がばたばたした印象はあるものの、最後まで脚色は衰えなかった。ただ、体は進行方向より若干右を向いている。



ディサイファ 58.0 【B】

坂路単走。肩の出は良い。前脚が伸びきらないフォームのため、弾ける印象は受けないが、ダイナミックな動きではある。頭の位置が一完歩ごとに変わることは気になるが、脚元の動きは良い。

ペルーサ 58.0 【C】

芝3頭併せの中。直線で外の馬を交わして半馬身前でリードを保ち、内から差されるのをがまんする内容。ゴール地点では内外にアタマ程度のリードを保った。馬なりとはいえ手ごたえはあやしく、気配はいまいち。500キロを超えるはずだが、体も小さく映る。

マイネルフロスト 58.0 【C】

W単走だが、外に関係ない併せ馬が居たので、3頭併せの内のような状態に。追っても伸びないどころか頭を上げて走る気のない仕草を見せ、強めの尻ステッキを入れて矯正するも動かず。ゴール後に鞍上が中途半端な焼きそば乗りをしてようやくある程度まともに走り、外の2頭を交わすところまでやった。


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年10月23日

【枠順確定】富士ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年10月24日東京芝1600別定

1枠1番 ブレイズアトレイル 牡6 56.0 柴山雄一【-】

映像なし

1枠2番 シャイニープリンス 牡5 56.0 田辺裕信【A】

W併せ。馬場の真ん中あたりをカーブしてきて、直線だけ外から来た馬と馬体を合わせ、最後に追い出すと好反応ですっと抜け出し、1馬身先着した。首の使い方も上手だ。

2枠3番 ダノンプラチナ 牡3 54.0 蛯名正義【B+】

W併せ。馬場の外目を通って3馬身ほど前を行かせた馬を、直線で射程圏にとらえ、追い出しを開始。いい推進力を見せて後ろにつけると、さらに合図してきっちりと差しきりアタマ差先着した。

2枠4番 マイネルホウオウ 牡5 58.0 柴田大知【A】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに、極めて安定したフォームで駆けてきた。前脚と後脚が同一ライン上に着地し、きれいに前への推進力を生んでいる。

3枠5番 ヤングマンパワー 牡3 55.0 松岡正海【B】

W併せ。馬場の真ん中あたりで直線に入り、軽く気合いをつけただけで並んだ相手を突き放した。手前を替えるスムースさに欠けるが、伸びは良く、馬体の張りも良好。発汗が少し気になる。

3枠6番 クラリティスカイ 牡3 57.0 横山典弘【B-】

坂路単走。小さくまとまった追い切り。大跳びでゆったり駆ける脚元は、前への推進力を生み出すきれいな動きだが、パワーが不足しているのか着地点が左右にぶれる。



4枠7番 シェルビー 牡6 56.0 戸崎圭太【-】

映像なし

4枠8番 ヤマカツエース 牡3 56.0 池添謙一【B-】

CW単走。素軽い動きだが、首をほとんど使わず走るためか、地面をきちんととらえず、脚だけが回っているような印象。頭も高い。

5枠9番 カレンブラックヒル 牡6 58.0 秋山真一【B】

坂路単走。バランスのいいフォームで、きれいにラチ側を駆けたが、若干体が右を向いている。好調時ほどの手ごたえはないものの、頭は低く首で刻むリズムも安定している。

5枠10番 アルマワイオリ 牡3 54.0 勝浦正樹【B-】

坂路併せ。前脚の回転は良いが、一直線に走れていない。頭を上げて苦しそうにするところで何度も強めの尻ステッキを入れ、気を抜かせず最後までびっしり負荷をかけた。

6枠11番 サトノアラジン 牡4 56.0 ルメール【B+】

CW単走。馬なりで脚を伸ばし、ゴール前で軽く合図をすると、すっと伸び、ゴールを過ぎてからもいいペースで脚を伸ばせた。四肢の可動域は広く、背中も安定している。

6枠12番 アルバタックス 牡5 56.0 岩田康誠【B】

坂路併せ。前半頭の位置が安定しなかったが、後半はまともに。ただ、体は完全に進行方向を向いていない。脚元は軽やかな中に力強さもあって良い。手ごたえは相手に見劣り、クビ差遅れた。



7枠13番 ワールドエース 牡6 57.0 北村宏司【B-】

坂路併せ。頭の位置が安定せず、抜け出すのに時間がかかった。着地点も左右にぶれる。最後は追ってもそれほど伸びず、アタマ差先着まで。

7枠14番 ロゴタイプ 牡5 58.0 デムーロ【A】

W併せ。馬体を合わせた相手を問題にせず、悠然と抜け出して1馬身先着。その後もゆるめず追われて、さらに脚を伸ばした。尾に若干力は入っているが、文句のつけようのない動き。

8枠15番 グランシルク 牡3 54.0 福永祐一【B】

W単走。馬なりで流したため、四肢の可動域は一息も、腹の筋肉が盛り上がって馬体はいい状態。手前もある程度スムースに替えられた。トモは若干ゆるい。

8枠16番 フルーキー 牡5 56.0 内田博幸【-】

映像なし

2015年10月22日

【枠順確定】菊花賞(GI)追い切り評価最終版-2015年10月25日京都芝3000馬齢

1枠1番 ミコラソン 牡3 57.0 武幸四郎【B-】

CW併せ。馬場の外目で馬体を合わせ、じっくり並走。鞍上の合図への反応は良く、最後はハナ差先着。その後は追われず交わされた。馬体は小さく映る。【1週前映像なし】

1枠2番 サトノラーゼン 牡3 57.0 岩田康誠【C】

CW併せ。馬場の外目を通り、直線はショートカットして内で馬体を合わせた。しかし、そのまま併入。手ごたえでは見劣った。ゴール後に交わすことすらできなかった。【1週前追い評価:B-】

2枠3番 タンタアレグリア 牡3 57.0 蛯名正義【B+】

CW併せ。相手のマッサビエルを悠々と突き放して1馬身先着。首を上手に使い、四肢の可動域も広い。長距離に向く胴長な体も好印象。【1週前追い評価:B】

2枠4番 キタサンブラック 牡3 57.0 北村宏司【B+】

CW併せ。ラチ沿いを深く入って、直線ではきれいに並ぶ。アタマ差のリードを保ち、いつもの馬格を生かした走りで馬なりのままゴール。きれいに仕上がった。【1週前追い評価:B+】

3枠5番 ベルーフ 牡3 57.0 浜中俊【B】

CW3頭併せの内。中の馬を1馬身追いかける展開で、最後は伸びて一瞬抜けたが差し返され、ハナ差遅れ。ゴール後も交わせなかった。印象は良くないが、頭が高いことを除けば関節のやわらかさがあるいい動きで、馬体の張りも良い。【1週前追い評価:B】

3枠6番 レッドソロモン 牡3 57.0 武豊【B+】

坂路併せ。相手ときれいに馬体を合わせてじっくり登坂。最後に鞍上がステッキを抜くだけでスッと反応し、4分の3馬身先着した。若干後脚は流れるが、そこまで気にしなくても良いレベルで、体がしっかり前を向いていることに好印象。【1週前映像なし】



4枠7番 スティーグリッツ 牡3 57.0 内田博幸【A】

坂路単走。馬の少ない時間帯なのか、1頭だけ悠然と馬場の真ん中を美しい走りで登坂した。毛ヅヤは最高。前膝から繋への連動がたまらない。タイムはそこそこだが、動きは文句なくA評価できる。【1週前映像なし】

4枠8番 ミュゼエイリアン 牡3 57.0 横山典弘【A】

W単走。首を上手に使う、伸びやかなフォーム。四肢の可動域は広く、大跳びながら背中は安定している。馬体の張りも良好。好仕上がりだ。【1週前追い評価:B】

5枠9番 アルバートドック 牡3 57.0 藤岡康太【D】

CW。追い切りの模様を撮影できなかったとのことで、キャンターの映像がアップされていた。馬体だけを見ると、前は筋肉が盛り上がって肩の動きもいいが、トモから腹にかけての肉付きはいかにも寂しい。【1週前追い評価:C】

5枠10番 ブライトエンブレム 牡3 57.0 田辺裕信【B】

CW3頭併せの内。馬場の外目を2馬身追走し、ショートカットして並んで直線へ。馬なりに抜け出して1馬身先着した。頭を低く保つ良いフォームだが、四肢の可動域は及第点レベル。【1週前映像なし】

6枠11番 リアルスティール 牡3 57.0 福永祐一【B】

坂路併せ。目の前を行かせた馬に並びかける動きはバタバタ。体が進行方向を向かず、口向きも悪かった。しかし、追われてからはしっかり。相手を問題にせず、最後までしっかり伸びて3馬身程度先着した。【1週前追い評価:B】

6枠12番 ワンダーアツレッタ 牡3 57.0 デムーロ【B-】

CW単走。カーブから直線にかけては流していただけ。直線を向いたときに口向きの悪さを見せたが、そこをクリアすると、馬なりのまま徐々に脚を伸ばした。四肢の可動域は及第点レベル。大跳びでゆったりと駆けられている。内容は軽い。【1週前映像なし】



7枠13番 マサハヤドリーム 牡3 57.0 和田竜二【B+】

CW3頭併せの外。ラチ一杯を深く入って長めを追った。内に3馬身、中に1馬身差をつけられて直線に入り、最後だけ強めに追って内に1馬身、中に半馬身遅れた。遅れの印象は良くないが、首を上手に使うフォームは美しい。肩の出も良く、前脚を伸びやかに使えている。【1週前映像なし】

7枠14番 マッサビエル 牡3 57.0 戸崎圭太【B】

CW併せ。相手のタンタアレグリアに1馬身遅れたが、頭を低く保ったフォームは良く、四肢の可動域も広い。【1週前追い評価:C】

7枠15番 ジュンツバサ 牡3 57.0 石橋脩【C】

W併せ。馬場の真ん中あたりでショートカットしすぎて相手が追いつけず。そのために追い出しを待ち、結局ゴールまで追えずに半馬身先着してしまった。予定どおりの追い切りではなさそうだ。ゴール後も追わず。内容は軽すぎる。【1週前追い評価:B】

8枠16番 タガノエスプレッソ 牡3 57.0 菱田裕二【C】

CW3頭併せの外。ラチ沿いを深く入って、前を行く2頭を追いかける展開になったが、伸びず。1馬身半遅れた。【1週前映像なし】

8枠17番 リアファル 牡3 57.0 ルメール【B+】

坂路併せ。前半後肢が流れる一完歩があったが、追われてからはしっかり。好タイムでラチ沿いを駆け、最後は軽く流してハナ差先着した。【1週前追い評価:B】

8枠18番 スピリッツミノル 牡3 57.0 酒井学【C】

CW併せ。見所は全くなし。内に合わせてステッキも入れて追ったが馬なりの相手に半馬身遅れ。厳しい。【1週前映像なし】


1週前追い評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/10/KikukaSho1W.html



【水曜追い】富士ステークス(GIII)追い切り評価-2015年10月24日東京芝1600別定

アルバタックス 56.0 【B】

坂路併せ。前半頭の位置が安定しなかったが、後半はまともに。ただ、体は完全に進行方向を向いていない。脚元は軽やかな中に力強さもあって良い。手ごたえは相手に見劣り、クビ差遅れた。

アルマワイオリ 54.0 【B-】

坂路併せ。前脚の回転は良いが、一直線に走れていない。頭を上げて苦しそうにするところで何度も強めの尻ステッキを入れ、気を抜かせず最後までびっしり負荷をかけた。

カレンブラックヒル 58.0 【B】

坂路単走。バランスのいいフォームで、きれいにラチ側を駆けたが、若干体が右を向いている。好調時ほどの手ごたえはないものの、頭は低く首で刻むリズムも安定している。

クラリティスカイ 57.0 【B-】

坂路単走。小さくまとまった追い切り。大跳びでゆったり駆ける脚元は、前への推進力を生み出すきれいな動きだが、パワーが不足しているのか着地点が左右にぶれる。

グランシルク 54.0 【B】

W単走。馬なりで流したため、四肢の可動域は一息も、腹の筋肉が盛り上がって馬体はいい状態。手前もある程度スムースに替えられた。トモは若干ゆるい。



サトノアラジン 56.0 【B+】

CW単走。馬なりで脚を伸ばし、ゴール前で軽く合図をすると、すっと伸び、ゴールを過ぎてからもいいペースで脚を伸ばせた。四肢の可動域は広く、背中も安定している。

シャイニープリンス 56.0 【A】

W併せ。馬場の真ん中あたりをカーブしてきて、直線だけ外から来た馬と馬体を合わせ、最後に追い出すと好反応ですっと抜け出し、1馬身先着した。首の使い方も上手だ。

ダノンプラチナ 54.0 【B+】

W併せ。馬場の外目を通って3馬身ほど前を行かせた馬を、直線で射程圏にとらえ、追い出しを開始。いい推進力を見せて後ろにつけると、さらに合図してきっちりと差しきりアタマ差先着した。

マイネルホウオウ 58.0 【A】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに、極めて安定したフォームで駆けてきた。前脚と後脚が同一ライン上に着地し、きれいに前への推進力を生んでいる。

ヤマカツエース 56.0 【B-】

CW単走。素軽い動きだが、首をほとんど使わず走るためか、地面をきちんととらえず、脚だけが回っているような印象。頭も高い。



ヤングマンパワー 55.0 【B】

W併せ。馬場の真ん中あたりで直線に入り、軽く気合いをつけただけで並んだ相手を突き放した。手前を替えるスムースさに欠けるが、伸びは良く、馬体の張りも良好。発汗が少し気になる。

ロゴタイプ 58.0 【A】

W併せ。馬体を合わせた相手を問題にせず、悠然と抜け出して1馬身先着。その後もゆるめず追われて、さらに脚を伸ばした。尾に若干力は入っているが、文句のつけようのない動き。

ワールドエース 57.0 【B-】

坂路併せ。頭の位置が安定せず、抜け出すのに時間がかかった。着地点も左右にぶれる。最後は追ってもそれほど伸びず、アタマ差先着まで。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2015年10月25日京都芝3000馬齢

キタサンブラック 57.0 【B+】

CW併せ。ラチ沿いを深く入って、直線ではきれいに並ぶ。アタマ差のリードを保ち、いつもの馬格を生かした走りで馬なりのままゴール。きれいに仕上がった。【1週前追い評価:B+】

サトノラーゼン 57.0 【C】

CW併せ。馬場の外目を通り、直線はショートカットして内で馬体を合わせた。しかし、そのまま併入。手ごたえでは見劣った。ゴール後に交わすことすらできなかった。【1週前追い評価:B-】

ジュンツバサ 57.0 【C】

W併せ。馬場の真ん中あたりでショートカットしすぎて相手が追いつけず。そのために追い出しを待ち、結局ゴールまで追えずに半馬身先着してしまった。予定どおりの追い切りではなさそうだ。ゴール後も追わず。内容は軽すぎる。【1週前追い評価:B】

スティーグリッツ 57.0 【A】

坂路単走。馬の少ない時間帯なのか、1頭だけ悠然と馬場の真ん中を美しい走りで登坂した。毛ヅヤは最高。前膝から繋への連動がたまらない。タイムはそこそこだが、動きは文句なくA評価できる。【1週前映像なし】

スピリッツミノル 57.0 【C】

CW併せ。見所は全くなし。内に合わせてステッキも入れて追ったが馬なりの相手に半馬身遅れ。厳しい。【1週前映像なし】



タガノエスプレッソ 57.0 【C】

CW3頭併せの外。ラチ沿いを深く入って、前を行く2頭を追いかける展開になったが、伸びず。1馬身半遅れた。【1週前映像なし】

ブライトエンブレム 57.0 【B】

CW3頭併せの内。馬場の外目を2馬身追走し、ショートカットして並んで直線へ。馬なりに抜け出して1馬身先着した。頭を低く保つ良いフォームだが、四肢の可動域は及第点レベル。【1週前映像なし】

ベルーフ 57.0 【B】

CW3頭併せの内。中の馬を1馬身追いかける展開で、最後は伸びて一瞬抜けたが差し返され、ハナ差遅れ。ゴール後も交わせなかった。印象は良くないが、頭が高いことを除けば関節のやわらかさがあるいい動きで、馬体の張りも良い。【1週前追い評価:B】

マサハヤドリーム 57.0 【B+】

CW3頭併せの外。ラチ一杯を深く入って長めを追った。内に3馬身、中に1馬身差をつけられて直線に入り、最後だけ強めに追って内に1馬身、中に半馬身遅れた。遅れの印象は良くないが、首を上手に使うフォームは美しい。肩の出も良く、前脚を伸びやかに使えている。【1週前映像なし】



ミコラソン 57.0 【B-】

CW併せ。馬場の外目で馬体を合わせ、じっくり並走。鞍上の合図への反応は良く、最後はハナ差先着。その後は追われず交わされた。馬体は小さく映る。【1週前映像なし】

ミュゼエイリアン 57.0 【A】

W単走。首を上手に使う、伸びやかなフォーム。四肢の可動域は広く、大跳びながら背中は安定している。馬体の張りも良好。好仕上がりだ。【1週前追い評価:B】

リアファル 57.0 【B+】

坂路併せ。前半後肢が流れる一完歩があったが、追われてからはしっかり。好タイムでラチ沿いを駆け、最後は軽く流してハナ差先着した。【1週前追い評価:B】

リアルスティール 57.0 【B】

坂路併せ。目の前を行かせた馬に並びかける動きはバタバタ。体が進行方向を向かず、口向きも悪かった。しかし、追われてからはしっかり。相手を問題にせず、最後までしっかり伸びて3馬身程度先着した。【1週前追い評価:B】

レッドソロモン 57.0 【B+】

坂路併せ。相手ときれいに馬体を合わせてじっくり登坂。最後に鞍上がステッキを抜くだけでスッと反応し、4分の3馬身先着した。若干後脚は流れるが、そこまで気にしなくても良いレベルで、体がしっかり前を向いていることに好印象。【1週前映像なし】

ワンダーアツレッタ 57.0 【B-】

CW単走。カーブから直線にかけては流していただけ。直線を向いたときに口向きの悪さを見せたが、そこをクリアすると、馬なりのまま徐々に脚を伸ばした。四肢の可動域は及第点レベル。大跳びでゆったりと駆けられている。内容は軽い。【1週前映像なし】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/10/KikukaSho1W.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

※10/23追記 タンタアレグリアの追い切り評価(削除)は、ブライトエンブレムの下書きが反映されたものでした。謹んでお詫びします。最終版では、正しい評価になっています。

2015年10月18日

秋華賞の反省と全着順-2015年10月18日のレース

1着【A:1人気】18番 ミッキークイーン 1:56.9
2着【B:5人気】9番 クイーンズリング 1:56.9
3着【C:8人気】6番 マキシマムドパリ 1:57.1
4着【B+:7人気】12番 アンドリエッテ 1:57.2
5着【C:16人気】17番 アースライズ 1:57.2
6着【B+:2人気】11番 タッチングスピーチ 1:57.2
7着【B:12人気】13番 アスカビレン 1:57.2
8着【B-:4人気】7番 トーセンビクトリー 1:57.4
9着【C:9人気】2番 クインズミラーグロ 1:57.6
10着【B+:15人気】5番 シングウィズジョイ 1:57.7
11着【B:10人気】8番 ホワイトエレガンス 1:57.8
12着【B-:11人気】3番 ディープジュエリー 1:57.8
13着【B:13人気】4番 ディアマイダーリン 1:57.9
14着【B+:6人気】1番 ココロノアイ 1:58.0
15着【B+:17人気】16番 ノットフォーマル 1:58.2
16着【B:14人気】14番 キャットコイン 1:58.4
17着【B:3人気】10番 レッツゴードンキ 1:59.8
18着【B-:18人気】15番 テンダリーヴォイス 2:00.9

唯一のA評価、ミッキークイーンが見事に勝利。1番人気なので、全く自慢にはならないけれど。B+評価は5頭に打ったが、1頭も3着以内に入らなかった。ただ、川田騎手に手綱が戻った喜びに打ち震えていたであろうB+評価アンドリエッテは、勝つまではいかなくとも、不利がなければ間違いなく3着以内に来たはずだ。2着のクイーンズリングはB評価、3着のマキシマムドパリは、本追い切りが軽く、C評価したが、1週前にきちんと追ってB評価をしていたので、最終追いは調整だったのだろう。こういう馬が増えてくれば、評価は難しくなる。


パドックは映像で。気をつけて見たのは、トーセンビクトリー。良ければ、この馬だけ買い目に加える予定だったためだ。パドックでは、踏み込みが深く、関節もやわらかい。頭の角度も良いし、前後のバランスも整っている。しかしどうも雰囲気がない。最終追いで感じたのと同様の、静かな印象を受けた。踏み込みは深いが軽く、前後のバランスは良いけれど馬体は小さく映った。結果は8着だった。この馬の今後が気になる。

良く見えたのは、タッチングスピーチだった。馬体を大きく見せ、踏み込みも良し。外を回って四肢の可動域は広く、好気配を漂わせていた。B+評価の中では、ココロノアイの評価を下げた。踏み込みが浅く、GIではさすがに厳しそうだった。A評価ミッキークイーンは問題なし。ふつうなら軸だろう。しかしながら、今回は川田騎手が乗るアンドリエッテが軸になる。そのアンドリエッテも悪くない。遊びで買う3連単3連複を除き、すべての予算を12-18の馬連ワイドに投入した。

レースは、ノットフォーマルが異常なペースで逃げた。はじめの1000メートルを57.4秒。いまの高速コースであってもさすがに無理なペースである。レッツゴードンキは理想的な場所へ。しかし失速した。これで躊躇なく短距離路線へ向かえるだろう。第3コーナー、アンドリエッテとタッチングスピーチが進出を開始する。長くいい脚を使える2頭が上がってきた。鞍上はどちらも名手。ぞくぞくする展開だ。しかし直線に入って、アンドリエッテはシングウィズジョイとアスカビレンに前をカットされ、致命的な不利を受けてしまった。大外を回したタッチングスピーチが届かなかったことからもわかるとおり、ひいき目を抜きにしても、勝つならあの位置がギリギリという判断は仕方がなかった。そこから再びエンジンに点火して4着まで持ってきたわけで、悔いの残る敗戦になった。これで川田騎手は2週間の騎乗停止期間に入ってしまう。11月3日の大井競馬場、JBCクラシックのクリソライトで復帰する予定だ。

最後にノットフォーマルについて。この馬は、本追い切りでB+評価したが、1週前追いが無残な内容でC評価。何度も強烈なステッキを入れられも動かなかった。ムチの使用制限うんぬんではない。馬に合図を送り、気を抜かさず走らせたり、進路を導いたりするステッキは、いいステッキだ。しかし、1週前追いのステッキからは、「走らんかいアホボケカス」という怒りしか感じ取れなかった。さぞ苦しかったろう。競走馬は、人が世話をしなければ生きられず、繁殖もできない存在かもしれない。とはいえ、馬もまた生き物であり、生きているうちは少しでも幸せに暮らしてほしい。あの1週前追い切りは、本当にかわいそうだった。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/ShukaSho.html

2015年10月17日

府中牝馬ステークスの反省と全着順-2015年10月17日のレース

1着【映像なし:11人気】15番 ノボリディアーナ 1:46.3
2着【映像なし:1人気】4番 スマートレイアー 1:46.5
3着【B-:5人気】17番 カフェブリリアント 1:46.5
4着【映像なし:17人気】6番 フレイムコード 1:46.5
5着【B:15人気】8番 リメインサイレント 1:46.5
6着【映像なし:14人気】14番 トーセンソレイユ 1:46.7
7着【B:4人気】12番 スイートサルサ 1:46.7
8着【B+:7人気】16番 カレンケカリーナ 1:46.7
9着【B+:3人気】1番 ケイアイエレガント 1:46.7
10着【B:12人気】9番 ゴールデンナンバー 1:46.8
11着【B:16人気】5番 ケイティバローズ 1:46.9
12着【A:6人気】2番 シャトーブランシュ 1:47.1
13着【B-:9人気】11番 パワースポット 1:47.1
14着【C:8人気】7番 メイショウマンボ 1:47.4
15着【B:2人気】3番 レッドリヴェール 1:47.4
16着【B-:10人気】13番 イリュミナンス 1:47.5
17着【C:13人気】10番 ミナレット 1:48.6

A評価1頭、B+評価2頭。ただし、1番人気スマートレイヤーの映像がなく、パドックを見るしかない。残念ながら今日は淀に居たので映像で確認。最も良かったのはやはりスマートレイヤーだった。外を回って踏み込み良し。気合い乗りも良く、つかなくても買わなければならない雰囲気だ。続いて、リメインサイレント。頭を低く、それでいて入れ込んでおらず、トモの送りがすばらしい。追い切り高評価の馬も軒並み悪くはなかった。

結果、スマートレイヤーは2着で、大穴ノボリディアーナがまさかの差しで飛んできた。レースは、ミナレットが逃げると思い込んでいた。しかし、B+評価のケイアイエレガントが飛ばして先頭へ。1000メートルを約59秒という無理なペースで逃げ、直線は粘ったもののつかまってしまった。A評価のシャトーブランシュは後方で伸びず。カレンケカリーナは直線でいい位置につけ、伸びそうだったが相手が強かった。ただ、この馬はまだ成長する余地がありそうだ。5歳だがそれほど使われておらず、初めての重賞挑戦で勝ち馬と0.4秒差なら悪くない。今回は追い切りが中途半端だったため、次走も注目したい。ぜひ重賞に出てきてほしい。

ともあれ、映像なしが1、2着で、4着も映像なし。追い切りを見てきちんと評価できたかどうかはわからないが、消化不良のレースになった。レーシングビューアーに月額500円といえどもお金を払っているのだから、重賞は全馬の追い切りを見せてほしい。スマートレイヤーは追い切りを月曜にやったらしいので、撮影準備をしていなかったのかもしれないが。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/10/FuchuHimbaStakes.html

2015年10月16日

【1週前追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2015年10月25日京都芝3000馬齢

アルバートドック 57.0 【C】

CW3頭併せの外。ラチ沿いを長く追われたが、一切追わず。中の馬が抜け出して1馬身差をつけ、内の馬にも若干遅れた。

キタサンブラック 57.0 【B+】

CW併せ。鞍上は手綱を引っ張り気味で、内の相手と馬体を合わせて併入。ゴール後も同じペースで伸びた。いつもの馬格を生かした走りで、動きは悪くない。順調に来ている。

サトノラーゼン 57.0 【B-】

CW3頭併せの中。頭は低いものの首の使い方がぎこちなく、四肢の可動域もそれなり。直線真ん中でがまんさせ、鞍上がステッキを抜いてからの反応が悪く、軽い肩ステッキでも伸びない。外は話したが、内に1馬身遅れた。

ジュンツバサ 57.0 【B】

W併せの内。内外に関係ない馬がいたので、変則4頭併せの内から2頭目のような展開に。カーブで3馬身前を行かせた馬を、内からつつかれながらとらえかけたところがゴール。ゴール時は半馬身遅れも、その後並ぶところまでやった。仕掛けられてからの動きは悪くない。

タンタアレグリア 57.0 【B】

CW併せの内。相手はマッサビエル。カーブから並んで直線へ。内から合わせて馬場の外目で手綱を抑えたまま、直線に入ってすぐ若干リードし、ゴール地点で半馬身先着した。馬なりで好気配。ただ、3馬身後ろに居た関係ない単走馬が、直線凄まじい勢いで内から抜き去っていったので、印象は良くない。その関係ない馬の単勝を買いたいくらいだが、だれなのかわからない。興味のある方はぜひ調べてください。



ベルーフ 57.0 【B】

CW3頭併せの内。外から半馬身ずつ差をつけて直線に入り、かなり中の馬と近いところで馬体を合わせに行った。中が追い出すと、追走。この馬側も右から肩ステッキを入れてもひるまずについていき、ゴール地点ではアタマ差遅れまで迫った。その後、きちんと長く追ったが、追いつくところまでは行かず。遅れたが調教内容は良く、気配は悪くない。

マッサビエル 57.0 【C】

CW併せの外。相手はタンタアレグリア。カーブから並んで直線へ。直線に入ってすぐ若干のリードをゆるした相手に、直線半ばから仕掛けて追いすがるもハナを並べることができず、ゴール地点で半馬身差をつけられた。その後も追いつけず。

ミュゼエイリアン 57.0 【B】

W併せ。馬場のかなり外目を長く馬なりに駆けた。強めに追う外の相手を視界にとらえ、鞍上が軽く合図をするだけで伸び、ゴール地点でアタマ差遅れ。その後きちんと交わすところまでやった。四肢の可動域はなかなか広く、動きは素軽い。

リアファル 57.0 【B】

坂路併せ。クビ差先着も、最後は相手が動かず流してしまったため、おそらく思い通りの調教になっていない。相手が馬体を寄せてきたときに、若干ひるんだことはマイナスも、鞍上がステッキを抜いただけで動きがしゃきっとする頭の良さは見せた。後脚がほんの少し流れることと、前膝のやわらさかが前走ほどないことは気がかりだが、1週前なのでこの程度で十分か。全体のタイムはまとめた。

リアルスティール 57.0 【B】

CW併せ。カーブで目の前を行かせた馬の内にもぐりこみ、馬場の真ん中内目で直線へ。馬体を合わせて少し遊んだが、抜け出してからは強く、2馬身先着した。ただ、動きは前走時の方が相当に良い。今回は首の可動範囲が一完歩ごとに異なり、四肢の可動域もこの馬にしてはいまいち。1週前なのでこの程度でいいのかもしれないが、前走の1週前はすばらしい動きだった。


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【枠順確定】府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価最終版-2015年10月17日東京芝1800別定

1枠1番 ケイアイエレガント 牝6 54.0 吉田豊【B+】

坂路単走。ラチ沿いをしっかりした脚元で、まっすぐに駆けた。フォームの安定性は良く、首を上手に使って伸びやかに動けている。

1枠2番 シャトーブランシュ 牝5 54.0 藤岡康太【A】

CW単走。藤岡康太騎手を背に(派手なジャンパーなのでだれでもわかる)、馬場の外目をある程度深く入って追われたが、きちんと走ったのは最後だけ。前半は頭が左を向き、流しただけなのでタイムは悪いが、追われてからは一変。すっと姿勢を正してからの動きは申し分なく、ゴール後もぐいぐい伸びた。

2枠3番 レッドリヴェール 牝4 54.0 戸崎圭太【B】

坂路併せ。軽い尻ステッキも使って強めに追う相手を見ながら、馬なりのままクビ差先着。手ごたえはそこまでなく、脚元にも特筆すべき評価ポイントはないが、軽い内容で余裕の先着は評価できる。

2枠4番 スマートレイアー 牝5 54.0 デムーロ【-】

映像なし

3枠5番 ケイティバローズ 牝5 54.0 石橋脩【B】

坂路単走。前脚の出方が一完歩ごとに異なるが、迫力のある動きを見せてくれた。頭は低く、首は使えている。

3枠6番 フレイムコード 牝6 54.0 菱田裕二【-】

映像なし



4枠7番 メイショウマンボ 牝5 55.0 武幸四郎【C】

坂路単走。まっすぐに走れてはいるが、頭は高く、四肢の可動域は狭い。前膝と飛節にやわらかさがまるでなく、割り箸で作る精霊馬のよう。故障が心配になる。

4枠8番 リメインサイレント 牝5 54.0 柴山雄一【B】

坂路単走。ラチ一杯をまっすぐに駆けた。頭が右を向いていて、体も進行方向にまっすぐ向いていないが、前膝がやわらかく、前の繋もきれいに返っている。

5枠9番 ゴールデンナンバー 牝6 54.0 秋山真一【B】

W単走。全身を大きく使う雄大なフォームで、ラチ一杯を深く入って長めに追われた。四肢の可動域も広い。一方、尾に余計な力が入っている。

5枠10番 ミナレット 牝5 54.0 江田照男【C】

W単走。馬場のど真ん中を馬なりに駆けた。手前を替えるところから、肩の出が悪くなり、前脚の可動域が異常なほど狭く、尾を振りながらの走りになった。首は動かしているが、全身の動きはチグハグ。

6枠11番 パワースポット 牝7 54.0 大野拓弥【B-】

坂路単走。頭が終始右を向いていて、体も若干右にずれている。ラチ沿いをまっすぐに駆けたが、ラチを頼った走りとも取れる。頭は高いが、意外と脚元はしっかりしている。

6枠12番 スイートサルサ 牝5 54.0 田中勝春【B】

馬場の真ん中外目で直線へ。曲がりきれなかったのか、少しラチ側へ流れた。四肢の可動域は広く、動きは悪くない。馬体は太く映り、トモも若干ゆるいか。



7枠13番 イリュミナンス 牝5 54.0 横山典弘【B-】

坂路併せ。頭が高く、脚元が安定しない。たまにいい意味で跳ぶ一完歩があるのだが、それが継続しないのは問題だ。

7枠14番 トーセンソレイユ 牝5 54.0 内田博幸【-】

映像なし

8枠15番 ノボリディアーナ 牝5 54.0 ルメール【-】

映像なし

8枠16番 カレンケカリーナ 牝5 54.0 津村明秀【B+】

坂路併せ。前半はキャンター。この馬の鞍上が振り返って相手を見たくらいで、相手が動かず思いどおりの調教ができていないはずだ。しかし、そののんびりした走りの中にも前膝から繋にかけてのやわらかさに光るものは見えた。最後にようやく相手が動き、それに合わせて加速。追われたのは最後の1F未満だが、一瞬で加速する賢さがあり、動きは良い。さすがにAはつけられないが、まともな走りを見てみたい思いも込めて、B+をつける。

8枠17番 カフェブリリアント 牝5 55.0 岩田康誠【B-】

W併せ。鞍上がずっと手綱を引っ張っているので頭は高いが問題ない。ただ、直線で並んでも引っ張ったまま。ゴールまでそのままでアタマ差遅れ。ゴール後にようやくゆるめたが、並ぶくらいまでしか伸びなかった。馬の機嫌を損ねていなければいいのだが。

【枠順確定】秋華賞(GI)追い切り評価最終版-2015年10月18日京都芝2000馬齢

1枠1番 ココロノアイ 牝3 55.0 横山典弘【B+】

W単走。馬場の外目を力強く駆けてきた。今週も汗取りをしていてトモの雰囲気は見えなかったが、1週前で体は細く見えたので、さらに絞り込む予定なのか、それともこの中間も大量に食べたのか。動きはパワフルで、中でも左前肢で地面をつかむ雰囲気がとても良い。首も上手に使えている。【1週前追い評価B】

1枠2番 クインズミラーグロ 牝3 55.0 吉田豊【C】

ポリトラック単走。馬場の真ん中あたりを馬なりで徐々に加速した。カーブの動きは頭が右を向いていたことを除けば良かったのだが、問題は直線。前脚は手前を変えながら遊び、右後肢と左後肢の地面をとらえるタイミングが近すぎる。トモも寂しく映る。【1週前追い評価B-】

2枠3番 ディープジュエリー 牝3 55.0 柴山雄一【B-】

CW併せの内。相手はホワイトエレガンス。カーブで1馬身前を行かせた相手に直線で並び、一瞬抜け出したがすぐに並ばれた。最後はある程度追ったが、ハナ差遅れ。手ごたえに見劣る。【1週前追い評価B-】

2枠4番 ディアマイダーリン 牝3 55.0 福永祐一【B】

坂路単走。カーブからスムースに坂に入り、安定したフォームでまっすぐに駆けられた。じっくりと馬なりながら、安定したペースを刻み、気配は悪くない。首の使い方も上手だ。【1週前追い評価B-】

3枠5番 シングウィズジョイ 牝3 55.0 内田博幸【B+】

CW併せ。馬場の真ん中あたりで直線すぐに並び、馬なりで手ごたえ良く抜け出し4分の3馬身先着。鞍上が追い出す相手を見ながら合図すると、自ら伸びやかに動いて伸びた。カーブで遊んでいたことと、前脚の可動域が若干見劣るのでAはつけないが、好調。【1週前追い評価B】

3枠6番 マキシマムドパリ 牝3 55.0 幸英明【C】

坂路単走。馬の多い時間帯に、周囲のペースに合わせてのんびりと登坂。左右に流れても気にせず馬なりで。1週前で仕上がったと見たにしても、かなり軽い内容だ。【1週前追い評価B】



4枠7番 トーセンビクトリー 牝3 55.0 武豊【B-】

CW単走。1週前は良かったのだが、不思議なほど気配がない。終いだけまともに走らせ、そのときの動きはシャープなのだが、馬体が小さく映るためか、静かな印象の最終追いになった。【1週前追い評価B+】

4枠8番 ホワイトエレガンス 牝3 55.0 丸田恭介【B】

CW併せ。相手はディープジュエリー。ある程度追う相手に対して、こちらは手綱を抑えめ。それでもハナ差先着でゴールした。ゴール後もきちんと脚を伸ばしている。【1週前追い評価B】

5枠9番 クイーンズリング 牝3 55.0 デムーロ【B】

坂路単走。極めて安定したフォームで、まっすぐに駆けられた。体はごつごつしていて、いかにもパワフル。飛節は若干硬く、後脚の動きはいまいちだが、前脚のパワフルさでそれを十分に補っている。【1週前映像なし】

5枠10番 レッツゴードンキ 牝3 55.0 岩田康誠【B】

坂路単走。1週前が抜群だったので期待していたが、今週は坂をまっすぐに走れないところでマイナス。左右にぶれる一完歩があり、徐々に左側へ流れてしまった。脚元の迫力は変わらずあり、1週前で仕上げているのなら問題ないのかもしれない。タイムは良い。【1週前追い評価A】

6枠11番 タッチングスピーチ 牝3 55.0 ルメール【B+】

坂路併せ。頭が若干右を向いているが、動きはパワフル。強めのステッキを入れて追う相手を問題にせず、馬なりに悠然と抜け出して1馬身差をつけた。動きに流れるような美しさはないので荒削りな印象だが、力は出せる仕上がり。【1週前追い評価B-】

6枠12番 アンドリエッテ 牝3 55.0 川田将雅【B+】

CW併せ。2馬身前を行かせた馬の内へ入れ、じっとがまん。相手の鞍上が振り返ったちょうとそのときに合図を出して並び、そこでまたがまんさせた。相手が追い出すとようやく軽く合図をして馬なりに抜け出し、半馬身先着した。調教は好内容で、馬も賢い。【1週前映像なし】



7枠13番 アスカビレン 牝3 55.0 池添謙一【B】

坂路単走。頭が終始若干右を向いていて、体も完全に進行方向を向いていない。前脚の回転は鈍く、後脚は若干流れる。ただ、その割にはチップを大量にかき上げるパワフルさが見られる。【1週前追い評価B】

7枠14番 キャットコイン 牝3 55.0 柴田善臣【B】

ポリトラック併せ。カーブで2馬身前を行かせた相手に直線に入ってすぐに並び、抜け出した。そこで強く追われた相手に差し返されたが、馬なりで抜け出しクビ差先着。2週連続でポリトラック追いであることと、後脚の可動域が狭いことは割引も、調教内容は良い。【1週前追い評価B+】

7枠15番 テンダリーヴォイス 牝3 55.0 松山弘平【B-】

CW単走。馬場の外目を通ってある程度深く入り、直線は徐々にペースアップできた。ただ、後脚の使い方がいまひとつで、推進力が上に逃げ、背中が安定しない。首でリズムを刻むのは上手だが、頭は高い。一方、牝馬らしいふっくらときれいな馬体は目を引く。【1週前映像なし】

8枠16番 ノットフォーマル 牝3 55.0 黛弘人【B+】

W併せ。カーブから先行させ、外の相手にあおらせる内容。どれだけあおられても動じず、馬なりでクビ差をキープし、そのままゴール。ゴール後も長く同じリードを保って最後まで抜かせなかった。1週前のハード追いが効いたのか、好気配。【1週前追い評価C】

8枠17番 アースライズ 牝3 55.0 川須栄彦【C】

坂路単走。馬場の真ん中あたりをまっすぐ駆けられたが、脚元の回転が遅く、動きがスローモーションのようだ。タイムも出ていない。【1週前映像なし】

8枠18番 ミッキークイーン 牝3 55.0 浜中俊【A】

CW単走。カーブから直線にかけての動きは好調時になく、四肢の可動域も狭い。タイムも悪い。と見ていると、動かしたのはゴール手前から。ゴール後に、大きな動きで四肢を連動させ、弾けた。きれいに仕上がっている。【1週前追い評価B+】


1週前追い評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/ShukaSho1W.html


2015年10月15日

【水曜追い】府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価-2015年10月17日東京芝1800別定

イリュミナンス 54.0 【B-】

坂路併せ。頭が高く、脚元が安定しない。たまにいい意味で跳ぶ一完歩があるのだが、それが継続しないのは問題だ。

カレンケカリーナ 54.0 【B+】

坂路併せ。前半はキャンター。この馬の鞍上が振り返って相手を見たくらいで、相手が動かず思いどおりの調教ができていないはずだ。しかし、そののんびりした走りの中にも前膝から繋にかけてのやわらかさに光るものは見えた。最後にようやく相手が動き、それに合わせて加速。追われたのは最後の1F未満だが、一瞬で加速する賢さがあり、動きは良い。さすがにAはつけられないが、まともな走りを見てみたい思いも込めて、B+をつける。

ケイティバローズ 54.0 【B】

坂路単走。前脚の出方が一完歩ごとに異なるが、迫力のある動きを見せてくれた。頭は低く、首は使えている。

ゴールデンナンバー 54.0 【B】

W単走。全身を大きく使う雄大なフォームで、ラチ一杯を深く入って長めに追われた。四肢の可動域も広い。一方、尾に余計な力が入っている。



シャトーブランシュ 54.0 【A】

CW単走。藤岡康太騎手を背に(派手なジャンパーなのでだれでもわかる)、馬場の外目をある程度深く入って追われたが、きちんと走ったのは最後だけ。前半は頭が左を向き、流しただけなのでタイムは悪いが、追われてからは一変。すっと姿勢を正してからの動きは申し分なく、ゴール後もぐいぐい伸びた。

スイートサルサ 54.0 【B】

馬場の真ん中外目で直線へ。曲がりきれなかったのか、少しラチ側へ流れた。四肢の可動域は広く、動きは悪くない。馬体は太く映り、トモも若干ゆるいか。

セキショウ 54.0 【B+】

ポリトラック併せ。2馬身前を行かせた相手の鞍上が直線で振り返るほど手ごたえに乏しかったが、軽い合図で一変。鋭く伸びてきっちり差しきり、半馬身先着した。ゴール後もさらにペースアップして伸びた。ポリトラックとはいえ好内容。

パワースポット 54.0 【B-】

坂路単走。頭が終始右を向いていて、体も若干右にずれている。ラチ沿いをまっすぐに駆けたが、ラチを頼った走りとも取れる。頭は高いが、意外と脚元はしっかりしている。



ミナレット 54.0 【C】

W単走。馬場のど真ん中を馬なりに駆けた。手前を替えるところから、肩の出が悪くなり、前脚の可動域が異常なほど狭く、尾を振りながらの走りになった。首は動かしているが、全身の動きはチグハグ。

メイショウマンボ 55.0 【C】

坂路単走。まっすぐに走れてはいるが、頭は高く、四肢の可動域は狭い。前膝と飛節にやわらかさがまるでなく、割り箸で作る精霊馬のよう。故障が心配になる。

レッドリヴェール 54.0 【B】

坂路併せ。軽い尻ステッキも使って強めに追う相手を見ながら、馬なりのままクビ差先着。手ごたえはそこまでなく、脚元にも特筆すべき評価ポイントはないが、軽い内容で余裕の先着は評価できる。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2015年10月18日京都芝2000馬齢

キャットコイン 55.0 【B】

ポリトラック併せ。カーブで2馬身前を行かせた相手に直線に入ってすぐに並び、抜け出した。そこで強く追われた相手に差し返されたが、馬なりで抜け出しクビ差先着。2週連続でポリトラック追いであることと、後脚の可動域が狭いことは割引も、調教内容は良い。【1週前追い評価B+】

クインズミラーグロ 55.0 【C】

ポリトラック単走。馬場の真ん中あたりを馬なりで徐々に加速した。カーブの動きは頭が右を向いていたことを除けば良かったのだが、問題は直線。前脚は手前を変えながら遊び、右後肢と左後肢の地面をとらえるタイミングが近すぎる。トモも寂しく映る。【1週前追い評価B-】

ココロノアイ 55.0 【B+】

W単走。馬場の外目を力強く駆けてきた。今週も汗取りをしていてトモの雰囲気は見えなかったが、1週前で体は細く見えたので、さらに絞り込む予定なのか、それともこの中間も大量に食べたのか。動きはパワフルで、中でも左前肢で地面をつかむ雰囲気がとても良い。首も上手に使えている。【1週前追い評価B】

ディアマイダーリン 55.0 【B】

坂路単走。カーブからスムースに坂に入り、安定したフォームでまっすぐに駆けられた。じっくりと馬なりながら、安定したペースを刻み、気配は悪くない。首の使い方も上手だ。【1週前追い評価B-】



テンダリーヴォイス 55.0 【B-】

CW単走。馬場の外目を通ってある程度深く入り、直線は徐々にペースアップできた。ただ、後脚の使い方がいまひとつで、推進力が上に逃げ、背中が安定しない。首でリズムを刻むのは上手だが、頭は高い。一方、牝馬らしいふっくらときれいな馬体は目を引く。【1週前映像なし】

ノットフォーマル 55.0 【B+】

W併せ。カーブから先行させ、外の相手にあおらせる内容。どれだけあおられても動じず、馬なりでクビ差をキープし、そのままゴール。ゴール後も長く同じリードを保って最後まで抜かせなかった。1週前のハード追いが効いたのか、好気配。【1週前追い評価C】

マキシマムドパリ 55.0 【C】

坂路単走。馬の多い時間帯に、周囲のペースに合わせてのんびりと登坂。左右に流れても気にせず馬なりで。1週前で仕上がったと見たにしても、かなり軽い内容だ。【1週前追い評価B】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/ShukaSho1W.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年10月13日

【1週前追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2015年10月18日京都芝2000馬齢

アスカビレン 55.0 【B】

坂路単走。頭は高く右を向いていて、体も進行方向をまっすぐ向いていないが、前脚の回転、後脚の力強さは高評価。中でも前膝から繋にかけてのやわらかさは目を引く。

キャットコイン 55.0 【B+】

ポリトラック併せ。カーブで目の前を行かせた相手に、直線で内からすっと並ぶと並走させ、少しの合図で抜け出して半馬身先着。賢い馬だ。毛ヅヤも良い。

クインズミラーグロ 55.0 【B-】

ポリトラック単走。馬なりに気分良く駆けさせた。動きは平凡で、四肢の可動域は狭い。トモもゆるい。この1週間でどこまで変われるか。

ココロノアイ 55.0 【B】

W単走。ラチ沿いを深く入って、長く緩めず追われた。前脚の可動域が広く、動きに躍動感がある。後脚は及第点。体が寂しく映る点が気がかり。

シングウィズジョイ 55.0 【B】

CW併せ。相手はマーティンボロ(毎日王冠)。カーブはもっさりと走っていたが、直線は勝負根性を見せて馬なりだが抜かせない。少し前にいた相手をゴール前とらえて、きっちり併入した。



タッチングスピーチ 55.0 【B-】

坂路併せ。この馬の動きは決して悪くないのだが、ある程度追われたにもかかわらず1馬身遅れ。口を開けて走るのは問題だ。前脚のかき込みは良く、これからどこまで変われるか。

ディアマイダーリン 55.0 【B-】

W単走。馬場の外目を走り、直線への入り方はスムース。ただ、首の可動域は狭く、追われてからの伸びももの足りない。安定したフォームであることは確かだが。

ディープジュエリー 55.0 【B-】

CW併せ。相手はホワイトエレガンス。馬場の真ん中外目で1馬身前を行き、カーブはキャンター。直線で並び、相手と呼吸を合わせながら軽く仕掛け、馬なりに加速したが半馬身遅れた。内容は軽い。

トーセンビクトリー 55.0 【B+】

CW併せ。ラチ一杯を深く入ったが、カーブはキャンターなので実質長い直線追い。後ろから来た相手を内で先行させると、馬なりのまま並びかけ、そのまま並走。同じ脚色をキープしてゴールはアタマ差遅れ。ただし、ゴール後に交わすところまでやっているので気にしなくて良い。好調教。

ノットフォーマル 55.0 【C】

W3頭併せの外。カーブから直線の入り口にかけて猛然と追い上げ、直線に入ってすぐに見せムチ。さらに見ていてかわいそうになるくらいの痛々しい強烈なステッキを何度も入れられてハードに追われた。しかし、動きは変わらず。中の馬は置き去りにしたが内の馬に1馬身半遅れた。



ホワイトエレガンス 55.0 【B】

CW併せ。相手はディープジュエリー。カーブはキャンターで1馬身前を行かせ、直線入り口で並ぶ。そこで相手と呼吸を合わせながら軽く仕掛けると、内から力強い脚で常に前をキープし、半馬身先着した。

マキシマムドパリ 55.0 【B】

坂路併せ。軽い合図で、馬体を合わせていた相手を突き放し、そのまま3馬身ほど先着。最後に脚色が鈍りかけたが、そこで鞍上が手を動かして追い、なんとか最後まで脚色を保てた。

ミッキークイーン 55.0 【B+】

CW併せ。直線の前半は前腕だけが前に出る走り方で、このまま並走遅れになるかもしれないと感じさせたが、最後に軽い合図でフォームがいつもどおりの躍動感にあふれたものになると一気に伸び、半馬身先着した。内容はかなり軽いが、1週前なら十分。

レッツゴードンキ 55.0 【A】

坂路単走。前半頭が右を向いていたが、そんなことは無視してAをつける。脚元が絶品。回転は美しく、前脚と後脚が同じライン上にあり、前への推進力がある。位置もぶれず、まっすぐに均等なペースで駆けられた。

※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

京都大賞典の反省と全着順-2015年10月12日のレース

1着【A:1人気】1番 ラブリーデイ 2:23.6
2着【A:2人気】10番 サウンズオブアース 2:23.8
3着【B:5人気】7番 カレンミロティック 2:23.9
4着【B-:3人気】8番 ラキシス 2:24.0
5着【B-:7人気】6番 フーラブライド 2:24.0
6着【B:4人気】2番 ワンアンドオンリー 2:24.3
7着【B-:8人気】4番 ニューダイナスティ 2:24.3
8着【C:6人気】5番 レコンダイト 2:24.7
9着【B:9人気】3番 メイショウカンパク 2:25.3
10着【B+:10人気】9番 フォントルロイ 2:25.3

2頭のA評価が1,2着。ただ、最終的に1,2番人気になってしまったので、そこまで自慢できない。B+評価した最低人気の格上挑戦、フォントルロイは最下位。B+評価はこの1頭のみでひそかに期待していたのだが、さすがに相手が強すぎた。馬券は、B評価3頭の中からカレンミロティックを3着に拾い上げれば取れる。3連単で65倍くらい。おいしい配当だった。

このレースは、府中から映像でパドックを確認した。最も良く見えたのはラブリーデイ。踏み込みがしっかりしていて、頭を低く保ち、しっかりと歩けていた。追い切りAで、鞍上は川田騎手。ためらわずに1着固定である。気になったのはラキシス。馬体重の大幅マイナスは、春から夏にかけての増量が元に戻っただけで、どちらかと言えば高評価したいところだが、見た目が細いのだ。トモも寂しく映った。今回の減量で、馬体重はヌーヴォレコルトを破った昨年のエリザベス女王杯時とそれほど変わらなくなったのだが、馬体が別馬のようになっていた。これは良かったのか悪かったのか。4着に来たのはさすがだ。

レースは、前に行った馬が全滅した。後方からまくっていったメイショウカンパクは、先頭に並ぶことさえできずに失速。8着でも御の字というギャンブルだったのだろうが、9着ではどうしようもない。最後はラブリーデイが58キロのトップハンデを背負いながら、川田騎手の見事な騎乗にこたえ、上がり最速32.3で突き抜けた。パドックで不安だったラキシスが、上がり2番手の32.5。脚をなくしたメイショウカンパクでも34.6で、残りの9頭はすべて33秒台以下にまとめた。エアレーションを行ったと発表された馬場だが、かなり高速なのだろう。

勝ち時計の2分23秒6は、2000年からの過去15年と照らし合わせると、3番目タイの好タイム。2012年、メイショウカンパクは今回より良い2分23秒4で勝っている。だが、その後は、一度も掲示板に届いていない。1年半の休養開けは、2桁着順ばかりだ。きれいな走りをする馬なので、もう一花咲かせてほしいのだが。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/KyotoDaishoten.html

毎日王冠の反省と全着順-2015年10月11日のレース

1着【B-:1人気】13番 エイシンヒカリ 1:45.6
2着【B:4人気】4番 ディサイファ 1:45.8
3着【B:7人気】6番 イスラボニータ 1:45.8
4着【B+:10人気】9番 ダノンシャーク 1:45.9
5着【映像なし:11人気】8番 トーセンスターダム 1:46.0
6着【C:2人気】7番 アンビシャス 1:46.1
7着【B+:6人気】11番 ステファノス 1:46.1
8着【B:9人気】3番 クラレント 1:46.3
9着【B+:3人気】5番 ヴァンセンヌ 1:46.3
10着【A:5人気】12番 スピルバーグ 1:46.4
11着【C:8人気】1番 グランデッツァ 1:46.4
12着【B-:12人気】10番 リアルインパクト 1:46.6
13着【B-:13人気】2番 マーティンボロ 1:46.7

ただ1頭A評価をつけたスピルバーグは全く届かず、B+評価の3頭も軒並み沈んだ。10番人気ダノンシャークは58キロを背負って4着に来たが、馬券にならなければ意味はない。スピルバーグの上がり33.3は、58キロを背負って優秀ではあるものの、後ろからはとても届かなかった。

パドックで最も良く見えたのは、グランデッツァだった。東京競馬場パドックのグリーンベルトを外れず、花壇に脚を踏み入れることもない。動きがすばらしく、追い切りC評価でも買いたくなった。続いてヴァンセンヌ。踏み込み良く、めりはりのある動き。しかし、レースでは謎の先行策で失速した。この両馬は乗り変わりのテン乗り。グランデッツァは川田騎手がモーリスを予定していたから仕方がないとして、それに福永騎手が騎乗。福永騎手はヴァンセンヌで好結果を出していて、東京新聞杯にわざわざ乗りに来るほどだったのだが、横山典騎手に変わった。今回、先行策を試したかったのかもしれない。結果は残念なことになったが、いろいろと事情があるのだろう。

レースは、エイシンヒカリが後ろからつつかれることなく程良いペースで逃げた。直後につけたグランデッツァとヴァンセンヌ、押し上げてきたリアルインパクトは脚を使わされて失速。その後ろの好位でじっくりがまんしていたディサイファとイスラボニータが2,3着に来て、後方の馬は軒並み届かなかった。最近好調なのにパドックでいつも良く見えないディサイファは、本当に強くなったのかもしれない。

1分45秒6の勝ち時計は、稍重と良の中間くらいの馬場状態と考えれば悪くない。かつてのように豪快に勝たなかったエイシンヒカリは、武豊騎手を含めて評価できるのではないか。本番の天皇賞、府中の2000メートルは、直線大きく外側に逃避したアイルランドトロフィーで1分58秒3の実績があり、まっすぐ走れば57秒台を出せるはず。これから状態を上げていけば、本番でも十分勝ち負けできる計算になる。

勝ったエイシンヒカリ。見栄えのする馬体だ。

パドックで最も良く見えたのはグランデッツァ。毛ヅヤも馬体の張りもすばらしく、しっかりと歩けていた。

ヴァンセンヌも良かった。キビキビした動きは好印象。

イスラボニータ。パドックではそれほど目立たなかったが、きちんと3着に来て高い能力を示した。

おまけ。川田騎手とマーティンボロ。

評価詳細へ

2015年10月10日

サウジアラビアロイヤルカップの反省と全着順-2015年10月10日のレース

1着【A:4人気】6番 ブレイブスマッシュ 1:34.2
2着【B+:1人気】12番 イモータル 1:34.2
3着【B-:2人気】11番 アストラエンブレム 1:34.2
4着【B-:5人気】3番 リセエンヌ 1:34.3
5着【B-:3人気】9番 ハレルヤボーイ 1:34.4
6着【B:11人気】10番 シトロン 1:34.7
7着【映像なし:7人気】1番 トウショウドラフタ 1:34.7
8着【B+:12人気】7番 クラウンスカイ 1:35.0
9着【B-:9人気】5番 ゴッドカリビアン 1:35.1
10着【B:6人気】4番 マコトルーメン 1:35.1
11着【B:8人気】8番 コスモプロテア 1:35.5
12着【映像なし:10人気】2番 アポロジョージア 1:35.8

重賞扱いのオープン特別。格付けのよくわからないレースだ。A評価1頭、B+評価2頭で、4番人気のA→1番人気のB+で決まった。3着はB-とはいえ2番人気。人気より着順は下だったわけで、まあ悪くない結果になった。馬連と3連複は取ったが、大して儲からなかった。最低人気のB+、クラウンスカイは逃げて見せ場だけは作った。日刊ゲンダイのコメントからすると、成長して体質が強くなれば、走ってくるかもしれない。

パドックでは、イモータルが1頭群を抜いて良く見えた。そもそも大型の青鹿毛は見栄えするのだが、それを差し引いても風格があった。その前を歩いていたアストラエンブレムはいまいち。馬体が薄く、気配もぱっとしなかった。ブレイブスマッシュは、パドックでそこまで良くは見えなかった。

アストラエンブレムが能力だけでどこまでやれるかとレースを見ていたが、最後の叩き合いは壮絶だった。勝った馬より、2,3着の2頭の方がいいレースをした。ブレイブスマッシュが今回勝ったのは展開利もあるだろう。ただ、追い切りは極めて良かった。これからも注目していきたい。ゲートイン直前、イモータルはゼッケンの下に良くない白い汗が浮いてきていて、不安を感じたが、レースはきれいに走った。合図からすぐに伸びられたのも好印象。気性面のさらなる成長を待ちたい。

勝ちタイムの1分34秒2は、この時期の2歳馬としては優秀。ここ10年、1800メートルで開催された2度を除くと、昨年の1分33秒5に続き、2番目にいいタイムだった。

ブレイブスマッシュ。追い切り抜群もパドックでは目立たず。スムースなレース運びで、見事にハナ差凌ぎきった。

最も良く見えたのはイモータル。隊列の最後を、堂々たる風格でしっかりと歩けていた。

追い切りいまいちのアストラエンブレムは、2人引きだが雰囲気はなく、さらにマイナス10キロ。それでも最後の叩き合いは壮絶で、及ばなかったとはいえ能力の高さを見せてくれた。



評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/SaudiArabiaRoyalCup.html

【枠順確定】京都大賞典(GII)追い切り評価最終版-2015年10月12日京都芝2400別定

1枠1番 ラブリーデイ 牡5 58.0 川田将雅【A】

CW併せ。カーブで頭の位置が左右にぶれていたが、そこは遊んでいただけ。直線で馬体を合わせてしっかり脚をためると、最後に爆発させて1馬身先着した。タイムはそこまで良くないが、それもそのはずで、圧巻はゴール後。ゆるめず追われて鋭く伸びた。

2枠2番 ワンアンドオンリー 牡4 57.0 ルメール【B】

坂路併せ。頭は高いが脚元の力強さは十分。前半は良かったが、後半強めの尻ステッキを2発入れても動きに変化がなかったことは気がかりだ。

3枠3番 メイショウカンパク 牡8 56.0 池添謙一【B】

CW単走。頭の高さが一完歩ごとに異なることは気になるが、馬なりに気分良く走れている。肩の出が良く、前脚はきれいに使えている。



4枠4番 ニューダイナスティ 牡6 56.0 松山弘平【B-】

坂路併せ。ラチ沿いをまっすぐに、安定したフォームで駆けられた。とはいえ、相手が伸びても同じペース。どんどん離され、2馬身遅れた。全体のタイムはまとめたが。

5枠5番 レコンダイト 牡5 56.0 デムーロ【C】

坂路併せ。前脚と後脚の着地点が同一ライン上にあるのはいいのだが、動きに躍動感がまるでない。脚元の力強さは皆無で、最後は完全に脚が上がり、1馬身半遅れた。

6枠6番 フーラブライド 牝6 54.0 酒井学【B-】

CW単走。カーブは馬なりで、直線でも変わらず、合図をしたのは後半。それでも動きは大して変わらなかった。毛ヅヤも馬体の張りも良いのだが、四肢の可動域は狭く、脚元の回転力にも乏しい。



7枠7番 カレンミロティック セ7 56.0 蛯名正義【B】

坂路単走。馬の多い時間帯に、まっすぐに坂を駆け上がってきた。この馬の調教はいつも良く見えるのだが、今回も前脚は最高。前膝のやわらかさと繋の返り、そして力強さがある。一方、後脚の動きは好調時に及ばない。

7枠8番 ラキシス 牝5 55.0 武豊【B-】

CW併せ。カーブで目の前を行かせた相手の内に入れ、直線ですぐに並びかけた。しかし終始舌を出しながらの走りになり、ゴール地点ではアタマ差先着。その後交わされた。

8枠9番 フォントルロイ 牡6 56.0 松田大作【B+】

坂路併せ。前半ほんの少しよれたが、あとはラチ沿いをまっすぐ。相手が寄ってきても馬体を合わせに行く勝負根性を見せ、最後は強めの尻ステッキ一発で伸び、少し遅れたかもしれないが併入するまで持ってきた。脚元の力強さは目を引く。

8枠10番 サウンズオブアース 牡4 56.0 浜中俊【A】

CW併せ。3馬身ほど前を行かせた馬に、カーブをショートカットして直線は1馬身後ろからスタート。軽い合図で並ぶ間もなく交わし、その後もぐいぐい伸びて3馬身以上の差をつけた。少々太いかもしれないが、躍動感があり、四肢の可動域も広い。動きは文句なし。

2015年10月9日

【枠順確定】毎日王冠(GII)追い切り評価最終版-2015年10月11日東京芝1800別定

1枠1番 グランデッツァ 牡6 56.0 福永祐一【C】

坂路単走。ラチ沿いを駆けたが、体が進行方向にまっすぐ向いていない。鞍上がステッキを使っても反応せず、最後は明らかに脚色が鈍った。

2枠2番 マーティンボロ 牡6 56.0 川田将雅【B-】

CW併せ。相手はシングウィズジョイ(秋華賞1週前追い)。馬場の真ん中あたりで馬体を合わせ、抜け出そうとするも、追いつかれて併入。肩の出は良いとは言えず、前脚の可動域が狭い。馬体も両馬の体重差以上に小さく映る。

3枠3番 クラレント 牡6 56.0 三浦皇成【B】

坂路併せ。前半から相手(ミッキーラブソング:4歳オープン)と馬体を合わせに行く勝負根性を見せる好調教。ただ、頭を相手の方に向けるのはいいとはいえ、伸びたいときにも頭が相手の方に向いてしまうのはいただけない。最後はばてたのか、アタマ差遅れた。動きは悪くないが。


4枠4番 ディサイファ 牡6 57.0 四位洋文【B】

坂路単走。前脚を高く上げるフォームで、頭の位置は高い。後脚の推進力は及第点レベル。良い点はフォームが安定しているところだが、可もなく不可もなく。

4枠5番 ヴァンセンヌ 牡6 56.0 横山典弘【B+】

坂路併せ。相手とは馬体を合わせず、一人旅。いつの間にか抜いていて、ゴール時に相手の姿は見えなかったので実質単走。前半右に流れたが、そこから立て直し、力強く鋭く回転する脚元で加速した。

5枠6番 イスラボニータ 牡4 57.0 蛯名正義【B】

W併せ。馬場の真ん中外目をのんびり追想し、直線に入ると馬なりで一気に伸びて前に出た。その後は鞍上が多少手を動かしたくらいで馬なりに流し、1馬身先着。四肢の可動域はかなり広いが、ピリッとはしてこない。体もゆるい。

5枠7番 アンビシャス 牡3 54.0 デムーロ【C】

坂路併せ。馬なりの相手に終始あおられ、ハナ差遅れ。右後肢は流れ、頭の位置が上手左右に動いて安定せず、首を上手に使えていない。追っても伸びない。

6枠8番 トーセンスターダム 牡4 56.0 内田博幸【-】

映像なし

6枠9番 ダノンシャーク 牡7 58.0 岩田康誠【B+】

坂路併せ。馬場の真ん中あたりを走り、馬体を合わせなかったので実質単走で半馬身先着。相手がラチ側から寄ってくると、同じ間隔を保つように自分も右に寄ったことと、後脚の動きが好調時に比べてもの足りないことはマイナスだが、動きに迫力があり、首の使い方も上手だ。


7枠10番 リアルインパクト 牡7 58.0 ルメール【B-】

W3頭併せの中。カーブから舌を出していて、直線も舌を引っ込めない。内と外からプレッシャーをかけられても抜け出せず、馬体を合わせたまま内外に若干遅れた。毛ヅヤも良くない。

7枠11番 ステファノス 牡4 56.0 戸崎圭太【B+】

CW併せ。相手と一緒に走ったのは直線の入り口まで。関係ない追い切りが前に並んでいたが、そんなことは意に介さず直線でぐいぐい伸びると相手を置き去りに。さらに前の2頭を悠々と交わしてしまった。馬体には張りがあり、毛ヅヤも良い。

8枠12番 スピルバーグ 牡6 58.0 北村宏司【A】

坂路3頭併せの中。内外に挟まれてピリピリさせながら、鞍上は手綱を抑えてがまんさせ、アタマ差先着。頭が高いのは鞍上が手綱を引っ張り気味だったためで、気にしなくていい。内の馬、外の馬の鞍上が見事にサポートした好調教だ。さすが藤沢厩舎。

8枠13番 エイシンヒカリ 牡4 56.0 武豊【B-】

CW単走。馬場のど真ん中を悠々と馬なりで駆けた。首の使い方がいまいちで、頭を低く保ったまま頭を前後に動かしてリズムを取るため、動きがぎこちない。後脚の可動域ももの足りない。

【枠順確定】サウジアラビアロイヤルカップ(重賞)追い切り評価最終版-2015年10月10日東京芝1600馬齢

1枠1番 トウショウドラフタ 牡2 55.0 吉田豊【-】

映像なし

2枠2番 アポロジョージア 牡2 55.0 吉田隼人【-】

映像なし

3枠3番 リセエンヌ 牝2 54.0 蛯名正義【B-】

ポリトラック単走。頭を低く保ちながら、首を使うところまでは良い。しかし、四肢の可動域は狭く、伸びきれない。


4枠4番 マコトルーメン 牡2 55.0 勝浦正樹【B】

W単走。馬場の真ん中外目を伸びやかに駆けたが、管が細く、トモに筋肉がつききっていない印象。馬体は薄い。

5枠5番 ゴッドカリビアン 牝2 54.0 秋山真一【B-】

坂路併せ。フォームが安定していて、動きがまっすぐ。相手を全く気にすることなく走るのはいいのだが、相手が伸びても気にせず同じペースで走り、1馬身遅れた。

5枠6番 ブレイブスマッシュ 牡2 55.0 横山典弘【A】

W併せ。直線に入ったときに2馬身ほど差のあった相手をゴール前きっちりとらえて1馬身先着。ゴール後も長く同じペースで駆けられた。前膝のやわらかさが目を引き、繋もきれいに返っている。

6枠7番 クラウンスカイ 牡2 55.0 大野拓弥【B+】

W単走。躍動感があり、軽快な走りをする馬だ。四肢の可動域は広く、スムースに伸びてくる。ゴール後も長く同じペースをキープできた。ただ1つのマイナスポイントは、ゴール後に鞍上が手を動かしてもそれほど反応しなかったところ。

6枠8番 コスモプロテア 牡2 55.0 柴田大知【B】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに駆けられた。ただ、両前肢が地面を蹴るタイミングが近すぎるため、動きに鋭さが欠ける。


7枠9番 ハレルヤボーイ 牡2 55.0 北村宏司【B-】

W併せ。鞍上がずっと手綱を引っ張ったままでゴールし、クビ差先着。その後も抑えて、相手に交わされたのか交わさせたのか。調教の意図が読めない。

7枠10番 シトロン 牝2 54.0 嘉藤貴行【B】

坂路併せ。大きなシャドーロールをつけて、相手と馬体を合わせ続けて同入。後脚の動きはもの足りないものの、首は大きく使えていて、躍動感は感じられる。

8枠11番 アストラエンブレム 牡2 55.0 浜中俊【B-】

坂路単走。大跳びなのは差し引いても、坂に入ってからの動きが重い。最後は伸びたが、脚元の動きはそれほど良くない。

8枠12番 イモータル 牡2 55.0 戸崎圭太【B+】

坂路併せ。頭が終始相手の方を向いていることを除けば、伸びも良く好内容。全体のタイムも2歳馬としてはかなり良い。

【早版】京都大賞典(GII)追い切り評価-2015年10月12日京都芝2400別定

アンコイルド 56.0 【B-】

坂路併せ。迫力のある動きなのだが、着地点が左右にぶれる。そのため前への推進力が得られておらず、鞍上が強めの尻ステッキを何発も入れて、ようやくゴールで少し前へ出られたかどうか。

カレンミロティック 56.0 【B】

坂路単走。馬の多い時間帯に、まっすぐに坂を駆け上がってきた。この馬の調教はいつも良く見えるのだが、今回も前脚は最高。前膝のやわらかさと繋の返り、そして力強さがある。一方、後脚の動きは好調時に及ばない。

サウンズオブアース 56.0 【A】

CW併せ。3馬身ほど前を行かせた馬に、カーブをショートカットして直線は1馬身後ろからスタート。軽い合図で並ぶ間もなく交わし、その後もぐいぐい伸びて3馬身以上の差をつけた。少々太いかもしれないが、躍動感があり、四肢の可動域も広い。動きは文句なし。

ニューダイナスティ 56.0 【B-】

坂路併せ。ラチ沿いをまっすぐに、安定したフォームで駆けられた。とはいえ、相手が伸びても同じペース。どんどん離され、2馬身遅れた。全体のタイムはまとめたが。


フォントルロイ 56.0 【B+】

坂路併せ。前半ほんの少しよれたが、あとはラチ沿いをまっすぐ。相手が寄ってきても馬体を合わせに行く勝負根性を見せ、最後は強めの尻ステッキ一発で伸び、少し遅れたかもしれないが併入するまで持ってきた。脚元の力強さは目を引く。

フーラブライド 54.0 【B-】

CW単走。カーブは馬なりで、直線でも変わらず、合図をしたのは後半。それでも動きは大して変わらなかった。毛ヅヤも馬体の張りも良いのだが、四肢の可動域は狭く、脚元の回転力にも乏しい。

メイショウカンパク 56.0 【B】

CW単走。頭の高さが一完歩ごとに異なることは気になるが、馬なりに気分良く走れている。肩の出が良く、前脚はきれいに使えている。

ラキシス 55.0 【B-】

CW併せ。カーブで目の前を行かせた相手の内に入れ、直線ですぐに並びかけた。しかし終始舌を出しながらの走りになり、ゴール地点ではアタマ差先着。その後交わされた。


ラブリーデイ 58.0 【A】

CW併せ。カーブで頭の位置が左右にぶれていたが、そこは遊んでいただけ。直線で馬体を合わせてしっかり脚をためると、最後に爆発させて1馬身先着した。タイムはそこまで良くないが、それもそのはずで、圧巻はゴール後。ゆるめず追われて鋭く伸びた。

レコンダイト 56.0 【C】

坂路併せ。前脚と後脚の着地点が同一ライン上にあるのはいいのだが、動きに躍動感がまるでない。脚元の力強さは皆無で、最後は完全に脚が上がり、1馬身半遅れた。

ワンアンドオンリー 57.0 【B】

坂路併せ。頭は高いが脚元の力強さは十分。前半は良かったが、後半強めの尻ステッキを2発入れても動きに変化がなかったことは気がかりだ。

※本記事は、早版です。枠順確定後に映像を確認できるすべての出走馬を含む最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年10月8日

【早版】サウジアラビアロイヤルカップ(重賞)追い切り評価-2015年10月10日東京芝1600馬齢

アストラエンブレム 55.0 【B-】

坂路単走。大跳びなのは差し引いても、坂に入ってからの動きが重い。最後は伸びたが、脚元の動きはそれほど良くない。

イモータル 55.0 【B+】

坂路併せ。頭が終始相手の方を向いていることを除けば、伸びも良く好内容。全体のタイムも2歳馬としてはかなり良い。

クラウンスカイ 55.0 【B+】

W単走。躍動感があり、軽快な走りをする馬だ。四肢の可動域は広く、スムースに伸びてくる。ゴール後も長く同じペースをキープできた。ただ1つのマイナスポイントは、ゴール後に鞍上が手を動かしてもそれほど反応しなかったところ。

コスモプロテア 55.0 【B】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに駆けられた。ただ、両前肢が地面を蹴るタイミングが近すぎるため、動きに鋭さが欠ける。



ゴッドカリビアン 54.0 【B-】

坂路併せ。フォームが安定していて、動きがまっすぐ。相手を全く気にすることなく走るのはいいのだが、相手が伸びても気にせず同じペースで走り、1馬身遅れた。

シトロン 54.0 【B】

坂路併せ。大きなシャドーロールをつけて、相手と馬体を合わせ続けて同入。後脚の動きはもの足りないものの、首は大きく使えていて、躍動感は感じられる。

ハレルヤボーイ 55.0 【B-】

W併せ。鞍上がずっと手綱を引っ張ったままでゴールし、クビ差先着。その後も抑えて、相手に交わされたのか交わさせたのか。調教の意図が読めない。

ブレイブスマッシュ 55.0 【A】

W併せ。直線に入ったときに2馬身ほど差のあった相手をゴール前きっちりとらえて1馬身先着。ゴール後も長く同じペースで駆けられた。前膝のやわらかさが目を引き、繋もきれいに返っている。



マコトルーメン 55.0 【B】

W単走。馬場の真ん中外目を伸びやかに駆けたが、管が細く、トモに筋肉がつききっていない印象。馬体は薄い。

リセエンヌ 54.0 【B-】

ポリトラック単走。頭を低く保ちながら、首を使うところまでは良い。しかし、四肢の可動域は狭く、伸びきれない。

※本記事は、早版です。枠順確定後に映像を確認できるすべての出走馬を含む最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【早版】毎日王冠(GII)追い切り評価-2015年10月11日東京芝1800別定

アンビシャス 54.0 【C】

坂路併せ。馬なりの相手に終始あおられ、ハナ差遅れ。右後肢は流れ、頭の位置が上手左右に動いて安定せず、首を上手に使えていない。追っても伸びない。

イスラボニータ 57.0 【B】

W併せ。馬場の真ん中外目をのんびり追想し、直線に入ると馬なりで一気に伸びて前に出た。その後は鞍上が多少手を動かしたくらいで馬なりに流し、1馬身先着。四肢の可動域はかなり広いが、ピリッとはしてこない。体もゆるい。

ヴァンセンヌ 56.0 【B+】

坂路併せ。相手とは馬体を合わせず、一人旅。いつの間にか抜いていて、ゴール時に相手の姿は見えなかったので実質単走。前半右に流れたが、そこから立て直し、力強く鋭く回転する脚元で加速した。

エイシンヒカリ 56.0 【B-】

CW単走。馬場のど真ん中を悠々と馬なりで駆けた。首の使い方がいまいちで、頭を低く保ったまま頭を前後に動かしてリズムを取るため、動きがぎこちない。後脚の可動域ももの足りない。


クラレント 56.0 【B】

坂路併せ。前半から相手(ミッキーラブソング:4歳オープン)と馬体を合わせに行く勝負根性を見せる好調教。ただ、頭を相手の方に向けるのはいいとはいえ、伸びたいときにも頭が相手の方に向いてしまうのはいただけない。最後はばてたのか、アタマ差遅れた。動きは悪くないが。

グランデッツァ 56.0 【C】

坂路単走。ラチ沿いを駆けたが、体が進行方向にまっすぐ向いていない。鞍上がステッキを使っても反応せず、最後は明らかに脚色が鈍った。

ステファノス 56.0 【B+】

CW併せ。相手と一緒に走ったのは直線の入り口まで。関係ない追い切りが前に並んでいたが、そんなことは意に介さず直線でぐいぐい伸びると相手を置き去りに。さらに前の2頭を悠々と交わしてしまった。馬体には張りがあり、毛ヅヤも良い。

スピルバーグ 58.0 【A】

坂路3頭併せの中。内外に挟まれてピリピリさせながら、鞍上は手綱を抑えてがまんさせ、アタマ差先着。頭が高いのは鞍上が手綱を引っ張り気味だったためで、気にしなくていい。内の馬、外の馬の鞍上が見事にサポートした好調教だ。さすが藤沢厩舎。


ダノンシャーク 58.0 【B+】

坂路併せ。馬場の真ん中あたりを走り、馬体を合わせなかったので実質単走で半馬身先着。相手がラチ側から寄ってくると、同じ間隔を保つように自分も右に寄ったことと、後脚の動きが好調時に比べてもの足りないことはマイナスだが、動きに迫力があり、首の使い方も上手だ。

ディサイファ 57.0 【B】

坂路単走。前脚を高く上げるフォームで、頭の位置は高い。後脚の推進力は及第点レベル。良い点はフォームが安定しているところだが、可もなく不可もなく。

マーティンボロ 56.0 【B-】

CW併せ。相手はシングウィズジョイ(秋華賞1週前追い)。馬場の真ん中あたりで馬体を合わせ、抜け出そうとするも、追いつかれて併入。肩の出は良いとは言えず、前脚の可動域が狭い。馬体も両馬の体重差以上に小さく映る。

※本記事は、早版です。枠順確定後に映像を確認できるすべての出走馬を含む最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

スプリンターズステークスの反省と全着順-2015年10月4日のレース

1着【B:1人気】2番 ストレイトガール 1:08.1
2着【B+:11人気】4番 サクラゴスペル 1:08.2
3着【B+:9人気】6番 ウキヨノカゼ 1:08.3
4着【B:4人気】13番 ミッキーアイル 1:08.3
5着【B:3人気】12番 ウリウリ 1:08.3
6着【B:6人気】1番 リッチタペストリー 1:08.3
7着【A:12人気】11番 レッドオーヴァル 1:08.4
8着【B+:15人気】5番 スギノエンデバー 1:08.6
9着【B-:8人気】9番 アクティブミノル 1:08.7
10着【B:7人気】16番 ティーハーフ 1:08.8
11着【B:14人気】3番 リトルゲルダ 1:08.8
12着【B-:5人気】8番 ハクサンムーン 1:08.8
13着【A:2人気】7番 ベルカント 1:08.9
14着【A:10人気】15番 コパノリチャード 1:08.9
15着【B:13人気】14番 フラアンジェリコ 1:09.2
取消【B-:0人気】10番 マジンプロスパー

A評価3頭、B+評価3頭。さすがにGIで各馬良く見え、マイナス評価は3頭だけ。1番人気のB評価が勝ち、下位人気のB+が2,3着。A評価は軒並み沈んだ。


このレースはパドックを見ていた。パドックはおかしなことになっており、馬番順に並んでいない。最後尾を歩いているのはウリウリだから、人気馬最後尾の法則に従って買いなのかもしれない、と全体を見てみると、順番がばらばら。どれが先頭でどこが最後尾なのかわからない。どうしてGIでこういうパドックになってしまったのだろう。

最も良かったのはミッキーアイル。毛ヅヤはピカピカで、四肢の可動域は広く、踏み込みもしっかり。文句のないパドックだった。評価を下げたのはティーハーフ。パドックに入ってきたころは良かったのだが、周回を重ねるにつれて、白い汗が飛節まで垂れてきた。はじめて実績のある馬たちに囲まれて、気圧されたのかもしれない。

ベルカントはよくわからなかった。毛ヅヤはあらゆる素人が見ても最悪と感じるレベルで、全く輝いていない。追い切りを見ていなければ、喜んで切るほどの雰囲気だった。一方、いつも入れ込んでいるのに、今回はしっかりと歩けていた。結果は惨敗。この馬は入れ込んでいるくらいの方がいいのかもしれない。

2,3着に来たサクラゴスペルとウキヨノカゼも、全く良く見えなかった。各馬すばらしいのだが、その中に埋もれていた。こういう馬を良く見えるようにならなければ、本当のパドック解説はできないのだろう。まだまだ修行が足りない。いずれにせよ、このレースは追い切りいまいちでパドックでもいまいちだったとはいえ、リトルゲルダから買うことは決まっていたため、取れなかったが。



ストレイトガール。パドックではそこまで目立たなかったが、バランスの良い馬だ。

出遅れて3着に来たウキヨノカゼ。パドックで雰囲気は良くなかったが、強かった。

コパノリチャード。パドックには馬主さんの姿も見え、勝負がかりと期待したのだが。

ベルカントは全く良く見えず、本当に負けてしまった。追い切りは良かったのだが。

おまけ。リトルゲルダと川田騎手。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/SprintersStakes.html

シリウスステークスの反省と全着順-2015年10月3日のレース

1着【B:3人気】2番 アウォーディー 2:04.6
2着【B+:1人気】8番 ダノンリバティ 2:05.1
3着【B-:2人気】3番 ナムラビクター 2:05.1
4着【映像なし:12人気】1番 キングヒーロー 2:05.2
5着【C:10人気】7番 トウシンイーグル 2:05.4
6着【A:8人気】4番 ニホンピロアワーズ 2:05.6
7着【C:4人気】10番 ランウェイワルツ 2:05.9
8着【B:6人気】5番 トウケイヘイロー 2:05.9
9着【B-:9人気】6番 アメリカンウィナー 2:06.2
10着【C:11人気】11番 グランドシチー 2:07.0
11着【映像なし:5人気】9番 マルカプレジオ 2:07.3
12着【B+:7人気】12番 キクノソル 2:07.3

A評価1頭、B+評価2頭だったが、3着以内に来たのは1番人気のダノンリバティのみ。キクノソルに至っては最下位に沈んでしまった。A評価した8番人気、ニホンピロアワーズは道中いい雰囲気で見せ場もあったが、直線伸びず。8歳に58.5の斤量は、こたえたのかもしれない。

ナムラビクターがゲート入りを渋り、発走時刻は遅れたが、ゲートの中で待たされた馬はおらず、それほど影響はない。ゲートは、ナムラビクターが出遅れたこと以外は平穏。トウケイヘイローが宣言どおりハナを切り、ニホンピロアワーズ、キクノソル、ダノンリバティーがその後ろ。アウォーディーはそのさらに後ろくらいにつけた。

このレース、向こう正面あたりからグランドシチーが一瞬2番手まで押し上げてきた。しかし、そこで脚を使って失速。こういう乗り方をするなら、せめて8着以内に来てほしい。

直線、ダノンリバティーが抜け出してそのまま勝つかと見ていると、アウォーディーが段違いの脚を見せて圧勝。出遅れ最後方から追い上げたナムラビクターが3着。不調と見ていたが、能力はさすがだ。結果、1,2,3番人気が2,3,1着。固く収まったが、アウォーディーの強さが際立ったレースになった。これでダートは2戦2勝。楽しみな馬が出ていた。

評価詳細へ

2015年10月2日

【枠順確定】シリウスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年10月3日阪神ダ2000ハンデ

1枠1番 キングヒーロー 牡6 54.0 小牧太【-】

映像なし

2枠2番 アウォーディー 牡5 55.0 武豊【B】

CW併せ。カーブまでは馬体を合わせていたが、直線で相手が遅れに遅れたため、直線は実質単走に。ただ、この馬の動きは及第点レベルで、最後は尻ステッキを入れて追われたがそこまで変わらなかった。

3枠3番 ナムラビクター 牡6 58.0 デムーロ【B-】

坂路単走。この馬の動きは理想的で、いつも見入ってしまうのだが、今回はだめ。体の使い方が上手なため、動きの美しさは変わらないが、後半スローモーションに見えるほど、ばてた。


4枠4番 ニホンピロアワーズ 牡8 58.5 酒井学【A】

ポリトラック単走。ラチ沿いを躍動感のある走りで駆け抜けた。これだけきれいな全身運動が出来ていれば、ポリトラックの割引は不要。年齢を感じさせないほど毛ヅヤもピカピカだ。

5枠5番 トウケイヘイロー 牡6 58.0 松若風馬【B】

坂路単走。坂路と思えないほど頭は低いが、頭の位置が一完歩ごとにぶれる。脚元の回転力は不足気味だが、力強さは十分。前膝から繋にかけてのやわらかさは良い。

5枠6番 アメリカンウィナー 牡6 54.0 幸英明【B-】

ポリトラック単走。終始軽快な走りで、まともに走ったのは最後だけ。ただ、ゴールを過ぎてからも同じペースで馬なりに流した。後脚の推進力に乏しい。

6枠7番 トウシンイーグル セ7 55.0 和田竜二【C】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手に並ぼうとがんばったが、最後はずるずると遅れて3馬身差をつけられた。首の可動域が狭く、脚元も安定していない。

6枠8番 ダノンリバティ 牡3 55.0 戸崎圭太【B+】

坂路併せ。この馬はいつも追い切りで動く。鞍上が隣(ランウェイワルツ)を見ながら、いいの? いっちゃうよ? と語りかけるようにゴーサインを出すと、案の定置き去りにした。頭は高いが首は使えていて、脚元もしっかり。


7枠9番 マルカプレジオ 牡7 57.0 福永祐一【-】

映像なし

7枠10番 ランウェイワルツ 牡4 56.0 浜中俊【C】

坂路併せ。相手はダノンリバティで、大差遅れ。相手が動くのは仕方ないのだが、全く踏ん張れず、最後は脚が上がってしまった。

8枠11番 グランドシチー 牡8 58.0 津村明秀【C】

W単走。終始もっさりした動きで、追われても動かず。トモは寂しく映り、後脚の可動域に乏しい。

8枠12番 キクノソル 牡5 55.0 ルメール【B+】

坂路単走。頭の位置が一完歩ごとに上下することを除けば、とても良い動き。脚元に力強さがあり、ラチ沿いをまっすぐに駆けられている。

【枠順確定】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価最終版-2015年10月4日中山芝1200定量

1枠1番 リッチタペストリー セ7 57.0 ルメール【B】

芝単走。ごつごつした体をした馬だ。鞍上は手綱を引っ張り気味なので、首を使えていないが、脚元はきれいに回転している。体の割に力強さはなく、軽快に駆ける印象。

1枠2番 ストレイトガール 牝6 55.0 戸崎圭太【B】

CW単走。脚元の躍動感は感じられるが、頭の高さが一完歩ごとに異なり、首の可動域が狭い。タイムは良い。

2枠3番 リトルゲルダ 牝6 55.0 川田将雅【B】

坂路併せ。馬場の真ん中あたりで馬体を合わせていたが、抜け出してからは一人旅。一完歩ごとに差を広げ、最後は5馬身ほど離した。動きはパワフルだが、前脚が右側に流れる傾向があり、体が進行方向をまっすぐ向けていないことが気になる。

2枠4番 サクラゴスペル 牡7 57.0 横山典弘【B+】

W併せ。内の相手と左右に距離を取り、かなり大回りして直線に入ると、馬なりに一気に伸びて1馬身先着した。頭が左を向いているが、後脚の動きが美しく、十分なデキ。【1週前評価:B-】

3枠5番 スギノエンデバー 牡7 57.0 松山弘平【B+】

坂路単走。前半は、頭を右に振ってリズムを取る奇妙なフォーム。とはいえ、脚元の動きのバランスは良く、右前肢と左前肢の着地点が近いことを除けば美しい。後半にかけて、首を上手に使えるようになり、最後までしっかりと伸びた。全体のタイムは悪く、坂の前半もひどかったが、最後の動きを評価してB+をつける。

3枠6番 ウキヨノカゼ 牝5 55.0 四位洋文【B+】

W単走。馬場の真ん中あたりを通り、力強いフォームで駆けた。四肢の可動域は広く、動きはパワフル。首を上手に使ってそこから全身の連動も良好。体も大きく見せる。タイムはそれほど良くないが、十分な内容。



4枠7番 ベルカント 牝4 55.0 武豊【A】

坂路単走。いつもどおり並木側をまっすぐに駆け上がってきた。1週前は舌を出していたが、今週はきりいと口を閉じ、美しい動きを披露してくれた。毛ヅヤも良く、仕上がりは良好。【1週前評価:B】

4枠8番 ハクサンムーン 牡6 57.0 酒井学【B-】

坂路単走。口を開けているのか舌を出しているのか、映像ではわからないが、集中できていない印象。右から左からステッキを入れてハードに追われ、タイムは出ているが、馬に走る気があるのかどうか。

5枠9番 アクティブミノル 牡3 55.0 藤岡康太【B-】

CW単走。ラチ一杯を深く入って馬なりに駆けさせ、最後だけ軽い肩ステッキを入れて追った。カーブでは首を上手に使って駆けていたが、直線はいまいち。常に頭が左を向いていて、脚の回転ももの足りない。

5枠10番 マジンプロスパー 牡8 57.0 三浦皇成【B-】

坂路単走。タイムはまとめたが、動きがだめ。前半は右によれるシーンがあり、後半は脚色が落ちてきた。鞍上は大きめに手を動かして追ったが、それにこたえられていない。脚の回転力ももの足りない。

6枠11番 レッドオーヴァル 牝5 55.0 蛯名正義【A】

坂路単走。軽快な動きでテンポが良く、全身でリズムを刻めている。均等なペースで駆けて最後まで脚色は衰えず、少し頭の向きが変になると鞍上がきちんと矯正し、それにこたえてまっすぐに駆けられた。

6枠12番 ウリウリ 牝5 55.0 岩田康誠【B】

CW併せ。目の前を行かせた相手の内に入れ、抜け出すまでは鋭く伸びたがその後はじりじりと離して1馬身先着した。前脚の動きが好調時に見劣るが、内容は悪くない。



7枠13番 ミッキーアイル 牡4 57.0 浜中俊【B】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手側の左目部分に変な道具をつけている。何らかの改善を図っているのかもしれない。1馬身先着した動きは悪くなく、タイムも出ているが、強調材料は特にない。【1週前評価:B】

7枠14番 フラアンジェリコ 牡7 57.0 北村宏司【B】

W単走。馬場の真ん中あたりでスムースに直線に入り、手前を上手に変えてから数完歩は躍動感があった。その後は強めに追われたが、ふつうの伸び。可もなく不可もなく。【1週前評価:B】

8枠15番 コパノリチャード 牡5 57.0 デムーロ【A】

坂路単走。理想的な坂路調教。前脚と後脚が同じライン上を通り、一切のぶれがない。推進力は前へと向き、軽やかさと力強さを兼ね備えている。舌を出しているのは気になるが、Aをつける。

8枠16番 ティーハーフ 牡5 57.0 国分優作【B】

坂路単走。馬なりながら脚元は力強く、最後までスピードを落とさず坂を駆けた。前半頭が右を向いていたが、後半はきれいなフォームになった。1週前良かったので、これで十分。【1週前評価:B+】


スプリンターズS 1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/09/SprintersStakes1W.html


2015年10月1日

【水曜追い】シリウスステークス(GIII)追い切り評価-2015年10月3日阪神ダ2000ハンデ

アウォーディー 55.0 【B】

CW併せ。カーブまでは馬体を合わせていたが、直線で相手が遅れに遅れたため、直線は実質単走に。ただ、この馬の動きは及第点レベルで、最後は尻ステッキを入れて追われたがそこまで変わらなかった。

アメリカンウィナー 54.0 【B-】

ポリトラック単走。終始軽快な走りで、まともに走ったのは最後だけ。ただ、ゴールを過ぎてからも同じペースで馬なりに流した。後脚の推進力に乏しい。

キクノソル 55.0 【B+】

坂路単走。頭の位置が一完歩ごとに上下することを除けば、とても良い動き。脚元に力強さがあり、ラチ沿いをまっすぐに駆けられている。

グランドシチー 58.0 【C】

W単走。終始もっさりした動きで、追われても動かず。トモは寂しく映り、後脚の可動域に乏しい。

シセイオウジ 54.0 【B-】

W3頭併せの外。先行したが1頭だけ離れてラチ側を回ったため、ショートカットした2頭を追う展開に。直線は外を伸びたが中の馬は譲らず、内も伸びたため併入した両馬にアタマ差遅れた。中身の濃い追い切りだったが、ゴール寸前に舌を出し、ゴールを過ぎてからも舌をぶらぶらさせて交わすところまでやっていない。このため、評価を下げる。



ダノンリバティ 55.0 【B+】

坂路併せ。この馬はいつも追い切りで動く。鞍上が隣(ランウェイワルツ)を見ながら、いいの? いっちゃうよ? と語りかけるようにゴーサインを出すと、案の定置き去りにした。頭は高いが首は使えていて、脚元もしっかり。

トウケイヘイロー 58.0 【B】

坂路単走。坂路と思えないほど頭は低いが、頭の位置が一完歩ごとにぶれる。脚元の回転力は不足気味だが、力強さは十分。前膝から繋にかけてのやわらかさは良い。

トウシンイーグル 55.0 【C】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手に並ぼうとがんばったが、最後はずるずると遅れて3馬身差をつけられた。首の可動域が狭く、脚元も安定していない。

ナムラビクター 58.0 【B-】

坂路単走。この馬の動きは理想的で、いつも見入ってしまうのだが、今回はだめ。体の使い方が上手なため、動きの美しさは変わらないが、後半スローモーションに見えるほど、ばてた。

ニホンピロアワーズ 58.5 【A】

ポリトラック単走。ラチ沿いを躍動感のある走りで駆け抜けた。これだけきれいな全身運動が出来ていれば、ポリトラックの割引は不要。年齢を感じさせないほど毛ヅヤもピカピカだ。

ランウェイワルツ 56.0 【C】

坂路併せ。相手はダノンリバティで、大差遅れ。相手が動くのは仕方ないのだが、全く踏ん張れず、最後は脚が上がってしまった。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価-2015年10月4日中山芝1200定量

アクティブミノル 55.0 【B-】

CW単走。ラチ一杯を深く入って馬なりに駆けさせ、最後だけ軽い肩ステッキを入れて追った。カーブでは首を上手に使って駆けていたが、直線はいまいち。常に頭が左を向いていて、脚の回転ももの足りない。

ウキヨノカゼ 55.0 【B+】

W単走。馬場の真ん中あたりを通り、力強いフォームで駆けた。四肢の可動域は広く、動きはパワフル。首を上手に使ってそこから全身の連動も良好。体も大きく見せる。タイムはそれほど良くないが、十分な内容。

ウリウリ 55.0 【B】

CW併せ。目の前を行かせた相手の内に入れ、抜け出すまでは鋭く伸びたがその後はじりじりと離して1馬身先着した。前脚の動きが好調時に見劣るが、内容は悪くない。

コパノリチャード 57.0 【A】

坂路単走。理想的な坂路調教。前脚と後脚が同じライン上を通り、一切のぶれがない。推進力は前へと向き、軽やかさと力強さを兼ね備えている。舌を出しているのは気になるが、Aをつける。

サクラゴスペル 57.0 【B+】

W併せ。内の相手と左右に距離を取り、かなり大回りして直線に入ると、馬なりに一気に伸びて1馬身先着した。頭が左を向いているが、後脚の動きが美しく、十分なデキ。【1週前評価:B-】

スギノエンデバー 57.0 【B+】

坂路単走。前半は、頭を右に振ってリズムを取る奇妙なフォーム。とはいえ、脚元の動きのバランスは良く、右前肢と左前肢の着地点が近いことを除けば美しい。後半にかけて、首を上手に使えるようになり、最後までしっかりと伸びた。全体のタイムは悪く、坂の前半もひどかったが、最後の動きを評価してB+をつける。



ストレイトガール 55.0 【B】

CW単走。脚元の躍動感は感じられるが、頭の高さが一完歩ごとに異なり、首の可動域が狭い。タイムは良い。

ティーハーフ 57.0 【B】

坂路単走。馬なりながら脚元は力強く、最後までスピードを落とさず坂を駆けた。前半頭が右を向いていたが、後半はきれいなフォームになった。1週前良かったので、これで十分。【1週前評価:B+】

ハクサンムーン 57.0 【B-】

坂路単走。口を開けているのか舌を出しているのか、映像ではわからないが、集中できていない印象。右から左からステッキを入れてハードに追われ、タイムは出ているが、馬に走る気があるのかどうか。

フラアンジェリコ 57.0 【B】

W単走。馬場の真ん中あたりでスムースに直線に入り、手前を上手に変えてから数完歩は躍動感があった。その後は強めに追われたが、ふつうの伸び。可もなく不可もなく。【1週前評価:B】

ベルカント 55.0 【A】

坂路単走。いつもどおり並木側をまっすぐに駆け上がってきた。1週前は舌を出していたが、今週はきりいと口を閉じ、美しい動きを披露してくれた。毛ヅヤも良く、仕上がりは良好。【1週前評価:B】



マジンプロスパー 57.0 【B-】

坂路単走。タイムはまとめたが、動きがだめ。前半は右によれるシーンがあり、後半は脚色が落ちてきた。鞍上は大きめに手を動かして追ったが、それにこたえられていない。脚の回転力ももの足りない。

ミッキーアイル 57.0 【B】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手側の左目部分に変な道具をつけている。何らかの改善を図っているのかもしれない。1馬身先着した動きは悪くなく、タイムも出ているが、強調材料は特にない。【1週前評価:B】

リトルゲルダ 55.0 【B】

坂路併せ。馬場の真ん中あたりで馬体を合わせていたが、抜け出してからは一人旅。一完歩ごとに差を広げ、最後は5馬身ほど離した。動きはパワフルだが、前脚が右側に流れる傾向があり、体が進行方向をまっすぐ向けていないことが気になる。

レッドオーヴァル 55.0 【A】

坂路単走。軽快な動きでテンポが良く、全身でリズムを刻めている。均等なペースで駆けて最後まで脚色は衰えず、少し頭の向きが変になると鞍上がきちんと矯正し、それにこたえてまっすぐに駆けられた。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/