スポンサーリンク

2015年11月30日

【1週前追い】チャンピオンズカップ(GI)追い切り評価-2015年12月6日中京ダ1800定量

アウォーディー 57.0 【B-】

CW併せ。馬場の外目を軽快に合わせたが、途中から手ごたえが消え、アタマ差遅れ。ゴール後合わせるところまではやっている。

コパノリッキー 57.0 【A】

CW併せ。ラチ側をある程度深く入り、じっと馬体を合わせて併走。ゴール前で伸び、ゴールの手前から鞍上が手を動かしてゴーサイン。きちんと先着したのはもちろん、ゴール後にすばらしい伸び脚を見せてくれた。

サウンドトゥルー 57.0 【B+】

W併せ。2馬身前を行って馬場の真ん中あたりで直線へ。追ったが後ろから差しきられてゴール。それでも鞍上は追うのをやめず、差し返して再び抜いた。不思議な内容だが、馬体は大きくパワフルに見せ、後脚の繋がやわらかく返っている。



ナムラビクター 57.0 【B-】

坂路単走。この馬の坂路での動きはいつもすばらしく、前脚と後脚が同一ライン上にあり、首の上下動も安定したバランスの良い駆け方をする。今回もきれいな動きだったが、後半明らかにバテた。鞍上がいくら気合いをつけても反応せず。

ホッコータルマエ 57.0 【B】

坂路併せ。相手に寄られても全く動じず、自らも馬体を合わせに行って併走。最後はステッキを入れて気を抜かせず、好タイムで同入した。四肢の可動域は一息で、迫力も好調時には及ばないが、1週前なのでこれくらいで十分か。

ロワジャルダン 57.0 【B】

ポリトラック3頭併せの内。短い直線に入ったところで1馬身抜け出し、そのまま差を詰められることなくゴールまで駆け抜けた。肩の出はいまいちだが、後脚の動きは良い。


※12月1日0時45分ごろまで、ローマンレジェンドの評価として表示されていたものは、ロワジャルダンの評価の間違いでした。謹んでお詫び申し上げます。

※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年11月28日

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの反省と全着順-2015年11月28日のレース

1着【B:3人気】4番 ドレッドノータス 2:01.3
2着【A:5人気】1番 リスペクトアース 2:01.3
3着【B+:1人気】3番 アドマイヤエイカン 2:01.5
4着【B-:7人気】10番 ジョルジュサンク 2:01.5
5着【B-:4人気】2番 ケルフロイデ 2:01.6
6着【B+:2人気】11番 ロライマ 2:01.7
7着【B:10人気】5番 ウインクルサルーテ 2:01.7
8着【B+:6人気】6番 キャノンストーム 2:01.8
9着【B:9人気】7番 ダンツプリウス 2:02.0
10着【B-:8人気】9番 オンザロックス 2:02.1
11着【C-:11人気】8番 ウインテンダネス 2:02.8
12着【B-:12人気】12番 コパノミライ 2:03.4

A評価1頭、B+評価3頭。5番人気のA評価、リスペクトアースは2着に頑張ったが、わずかにドレッドノータスに指されてしまった。B→A→B+で決まったので、そこまでおかしな評価ではなかったのだが、個人的な馬券は川田騎手のB+評価、キャノンストームが沈んでしまい、取れなかった。



パドックは府中から映像で確認。最も良く見せてくれたのは、リスペクトアースだった。頭を低く保ち、550キロ近い大型馬だが体をすっきり見せるやわらかい動き。追い切りも良く、なぜこの馬が人気にならないのかわけがわからなかった。アドマイヤエイカンは入れ込みが強め。気合いと見ることもできなくはないだろうが、芝2000のレースでは割引が必要と見た。結果は3着。キャノンストームは後脚の可動域が広く、その点は良いのだが、背中の上下動が大きすぎるように感じた。2番目に良かったのはロライマ。毛ヅヤも馬体の張りも良く、動きもスムース。結果は6着だった。

レースは、ロライマが大きく出遅れ。内からすっとリスペクトアースが先頭に立つ。2番手にドレッドノータスがつけた。前半1000メートルは1分1秒7と、この時期の2歳にするとまあまあ。前からでも後ろからでも届くくらいのいいペースだ。3コーナーからアドマイヤエイカンが押し上げ、4コーナー手前で早くもステッキを使い、前を伺いながら直線。粘るリスペクトアースだったが、ドレッドノータスとの叩き合いに敗れた。3着にアドマイヤエイカン。ロライマは上がり3F最速の33.7で6着まで持ってくるのがやっと。4着のジョルジュサンクも上がり3Fは同タイムで、いい伸び脚だった。

勝ち時計の2:01.3は、好タイムだ。過去10年でこれを上回ったのは、2013年のトーセンスターダムがマークした2:00.8のみ。ヴィクトワールピサが2:01.6、エピファネイアが2:03.0だったことを考えると、勝ち馬のドレッドノータス、逃げて粘ったリスペクトアースは今後の活躍が期待できそうだ。ロライマの勝ち馬との着差は0.4で、出遅れさえなければ十分に逆転可能と見ていい。一方、3着アドマイヤエイカンは、休み明けの割引と考えるといいのか、能力に差があると見た方がいいのか難しい。新馬戦で2馬身半差をつけたジョルジュサンクと今回はクビ差にまで縮まっている。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/RadioNikkeiHaiKyotoNisaiStakes.html

2015年11月27日

【枠順確定】ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月28日京都芝2000馬齢

1枠1番 リスペクトアース 牡2 55.0 戸崎圭太【A】

W併せ。馬格を生かした走りができている。合図をすぐに理解して加速する賢さがあり、外から伸びて1馬身先着。ゴール後もぐいぐい伸びた。

2枠2番 ケルフロイデ 牡2 55.0 デムーロ【B-】

W併せ。カーブで左前肢が流れている。直線は遅れ気味で併走し、最後はきれいに同入。迫力は相手に劣る。

3枠3番 アドマイヤエイカン 牡2 55.0 岩田康誠【B+】

CW併せ。1馬身後ろから追いかけて、馬場の真ん中あたりで直線へ。ショートカットして並び、少々先行。そこから相手が追って抜かれたところで強い尻ステッキを入れてゴーサイン。スムースに抜け出して1馬身先着した。後脚の可動域は少し足りないが、完成度の高い走りでバランスも良い。



4枠4番 ドレッドノータス 牡2 55.0 武豊【B】

坂路併せ。関係ない芦毛に前をカットされてもひるまずに伸び、最後は詰められたがハナ差残した。前膝から繋にかけてのやわらかさが目を引き、脚元の力強さも十分。ただ、右前肢と左前肢の着地タイミングが近すぎ、首を上下でなく前後に使う。

5枠5番 ウインクルサルーテ 牝2 54.0 秋山真一【B】

CW併せ。馬なりできれいに伸びてきたが、ゴール前でゆるめた。それでもクビ差先着。前管が長くカクカクはしているが、躍動感のある動きをする。飛節は若干硬い。

5枠6番 キャノンストーム 牡2 55.0 川田将雅【B+】

坂路単走。覇気のない走りだったが、関係ない馬に後ろからつつかれると、ピリッとしたところを見せて走りが改善される闘争心は見られた。前脚の関節はやわらかく、加速力もありそうだ。

6枠7番 ダンツプリウス 牡2 55.0 和田竜二【B】

坂路併せ。分厚い相手と合わせたので華奢に見えるが、動きはしっかり。最後はきちんと抜け出して、アタマ差先着した。

6枠8番 ウインテンダネス 牡2 55.0 加藤祥太【C-】

坂路単走。馬体重は470キロくらいあるはずなのだが、馬体は薄く小さく映る。脚元もいかにも非力で、レースを使うのがかわいそうになる。



7枠9番 オンザロックス 牡2 55.0 アッゼニ【B-】

坂路単走。迫力のある走りだが、若さゆえか右へ左へよれる。タイムは良いのだが、ステッキを入れても反応が鈍い。頭がそれほど良くないのかもしれない。

7枠10番 ジョルジュサンク 牡2 55.0 幸英明【B-】

坂路単走。均等なペースを刻めていると言うこともできるが、回転力がないという意味で、動きが遅い。走りのバランスは良いのだが、飛節は若干硬い。

8枠11番 ロライマ 牡2 55.0 ルメール【B+】

CW併せ。ラチ沿いを深く入る相手と並んで内に潜り込み、4分の3馬身先着した。首の可動域はそれほどでもないのだが、リズムの刻み方は上手で、全身運動もできている。

8枠12番 コパノミライ 牝2 54.0 北村友一【B-】

坂路単走。全体的に動きは素軽く、体の左右がシンメトリーなところもいい。ただ、非力さはぬぐえず、馬体も薄い。

【枠順確定】京阪杯(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月29日京都芝1200別定

1枠1番 ベルカント 牝4 55.0 武豊【B+】

坂路単走。いつも植え込み側で追い切るのだが、今回はいつもより真ん中目で坂へ。前脚と後脚が同一ライン上にあるきれいな走りで、タイムも良好。最後は植え込み側へ流れて、そこから再びまっすぐに走った。

2枠2番 サトノルパン 牡4 56.0 和田竜二【B】

坂路単走。ラチ沿いをまっすぐに、バランスの良い走りで駆け上がってきた。ただ、ステッキが入ってからの動きがいまいち。最後まで脚色を保てなかった。

2枠3番 ワキノブレイブ 牡5 56.0 松若風馬【B-】

坂路単走。前半は頭の位置が安定せず、後半はずっと右を向いていた。脚元は軽く、しっかりと地面をつかめていない印象。

3枠4番 ビッグアーサー 牡4 56.0 藤岡康太【B】

坂路単走。暴れ馬をなんとか走らせた内容。前半は首を左右に振って、走りがぶれる。中盤から立て直したとはいえ、気性は変わらない。この馬は前脚の幅が狭く、後脚の幅が広いので後脚が流れるように見えやすいが、流れていたのは前半だけで、後半は問題なし。迫力は満点だが、内容としてはプラス評価しづらい。

3枠5番 レンイングランド 牡3 55.0 菱田裕二【A】

坂路併せ。ゆったりとした体の使い方で、1馬身前を行かせた相手に並び、最後はきちんとハナ差前に出た。関節のやわらかさが良く、首も上手に使えている。馬体の張りも上々。



4枠6番 エイシンブルズアイ 牡4 56.0 ボウマン【C】

CW併せ。馬場の外目で内から馬体を合わせ、直線で交わせそうになったがそこから伸びず。ずるずると遅れてゴール地点で1馬身差をつけられた。

4枠7番 アミカブルナンバー 牝6 54.0 勝浦正樹【B】

坂路併せ。ラチ一杯を先行し、ハードに追う相手に迫られても動ぜずに馬なりでクビ差先着。多少ラチを頼るようなそぶりを見せるが、首を上手に使い、脚元の力強さもある。

5枠8番 スマートギア 牡10 57.0 太宰啓介【B-】

坂路単走。脚元の迫力はあり、首も荒々しく使えているが、舌を出すシーンが見られ、体は進行方向の右を向いている。

5枠9番 アースソニック 牡6 56.0 アッゼニ【B】

坂路併せ。相手が離れていたので、実質単走。ラチ沿いをまっすぐに駆けてきた。動きにやわらかさはあるが、体は進行方向の若干右を向いている。内容は軽い。

6枠10番 ウイングザムーン 牝6 54.0 秋山真一【B+】

坂路単走。頭は高いが、首を使えてはいる。脚元はきびきびした動きで、地面をしっかりととらえ、前への推進力もある。

6枠11番 メイショウツガル 牡7 56.0 酒井学【B-】

坂路単走。極めてバランスの良い四肢の動きで、均等なリズムで坂を駆けてきた。ただ、最後に強い尻ステッキを6連発。動きは変わらなかったので、そこまでやる必要があったのか。思い通りの調教になっていない可能性が高い。動きはプラス評価したいが、内容を割り引く。



7枠12番 コパノリチャード 牡5 58.0 古川吉洋【B-】

坂路単走。素軽いと言えば聞こえは良いのかもしれないが、脚さばきが軽すぎる印象。前脚でぐっと地面をつかむところがない。走りのリズムは良い。

7枠13番 ベルルミエール 牝4 54.0 川島信二【-】

映像なし

8枠14番 サドンストーム 牡6 56.0 国分優作【B】

坂路単走。前半は頭を左右に向けていたが、後半はしっかり。体は進行方向の若干右だが気にしなくて良いレベルで、均等なペースでしっかりと最後まで駆けられた。

8枠15番 フミノムーン 牡3 55.0 幸英明【B+】

坂路単走。首をきれいに使って、坂路ながら頭を低く保ち、四肢の回転力もある。脚元もしっかり。馬場の真ん中あたりをまっすぐ走り、疲れてきても後脚に楽をさせず、きちんと走りきった。

【枠順確定】ジャパンカップ(GI)追い切り評価最終版-2015年11月29日東京芝2400定量

1枠1番 ラブリーデイ 牡5 57.0 川田将雅【B】

CW併せ。1週前もそうだったが、前脚の可動域が好調時に比べると狭い。直線内から合わせ、頭を相手に向ける勝負根性は見られたものの、このレベルになると気にせず抜け出した方が良いはず。ゴール地点でなんとかアタマ差抜け出し、格好はつけた。ゴール後はきちんと伸びられているのでマイナス評価はしない。【1週前追い評価:B-】

1枠2番 トリップトゥパリス セ4 57.0 ベリー【B】

芝単走。飛節は硬いのだが、繋がかなりやわらかい。前は良い。首をテンポ良く上下に動かし、そこから前膝、繋へときれいに連動させている。リラックスした動きで、馬体の張りも上々。【1週前映像なし】

2枠3番 ワンアンドオンリー 牡4 57.0 内田博幸【B】

坂路併せ。きびきびした動きである程度まっすぐ坂を駆け上がり、半馬身先着した。この馬は前走時の追い切りも良く、そのデキはキープできている。毛ヅヤも良い。あとは気持ちだけ。【1週前映像なし】

2枠4番 ジャングルクルーズ セ6 57.0 北村宏司【C】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手の鞍上が振り返り、そこからペースを落としてもらったにもかかわらず、追いつけず半馬身遅れ。時計の出ない馬場とはいえタイムは最悪。前脚は力強く、やわらかさもあるのだが、後脚は流れる。途中、極めてバランスの良い一完歩はあったが、すぐに崩れた。【1週前追い評価:B-】

3枠5番 ペルーサ 牡8 57.0 ルメール【B-】

坂路併せ。相手と馬体を合わせて駆け、最後まで抜かせずアタマ差先着。首の使い方はある程度良くなり、脚元の力強さもある。体もまっすぐに使えている。ただ、すべての動きが遅く、実際にタイムは悪い。【1週前映像なし】

3枠6番 ラストインパクト 牡5 57.0 ムーア【B+】

CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。前半は舌を出すなどいまいちだったが、徐々に良化。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さもあり、そこからはバランスの良い動き。ゴール後もさらに伸びた。【1週前追い評価:B+】



4枠7番 ショウナンバッハ 牡4 57.0 戸崎圭太【-】

映像なし【1週前映像なし】

4枠8番 イラプト 牡3 55.0 パスキエ【C】

芝単走。前がごつごつしている一方、トモは薄い馬体。体の左右で動きがシンメトリーではないのは気がかり。右の方がやわらかく、左回りは合いそうだが走りは美しく感じない。右前肢の前膝と繋の内への曲がりは大きいが、前脚は前へ伸びない。後脚の可動域は狭い。首の角度は良く、背中は安定しているが。【1週前映像なし】

5枠9番 ダービーフィズ 牡5 57.0 田辺裕信【B】

ポリトラック単走。ポリトラックは割引で、尾に余計な力が入っているものの、ゴールまでの走りはきびきびしたもので、四肢の可動域も十分。ゴール後はすぐにゆるめた。【1週前追い評価:B】

5枠10番 サウンズオブアース 牡4 57.0 デムーロ【A】

CW併せ。ラチ沿いを手ごたえ良く駆けてきて、相手の鞍上がこちらを伺うタイミングで馬なりに加速。手ごたえよく伸びて1馬身先着した。すばらしい内容。【1週前映像なし】

6枠11番 ミッキークイーン 牝3 53.0 浜中俊【B+】

CW単走。鞍上は手を動かして強めに追ったが、ゴールまでの動きはいつものこの馬に比べると、それほど良くない。ただ、ゴール後に弾け、十分にプラス評価できる四肢の動きで、すばらしい伸びを見せてくれた。【1週前追い評価:B】

6枠12番 ゴールドシップ 牡6 57.0 横山典弘【B+】

CW単走。1週前に動いたので、さらりと。2馬身ほど前を行く併せ馬を見ながら、馬場の真ん中から直線は外へ振り、馬なりに駆けさせた。頭が高いのはいつものことで、気にしなくて良い。これで十分。【1週前追い評価:A】



7枠13番 ヒットザターゲット 牡7 57.0 小牧太【C】

坂路単走。後脚が流れる。最後は肩に軽いステッキを入れたものの、動きはピリッとせず。【1週前追い評価:C】

7枠14番 イトウ 牡4 57.0 ミナリク【C】

ダート単走。後脚の動きが変なのでよく見ると、着地後に脛を地面と平行になるくらいまで曲げ、後管はまっすぐに上へ持って行くようだ。後脚の着地するタイミングがそろいすぎている上にこの動きはどうなのか。体がやわらかいのは確かではあるが。尾にも余計な力が入っており、評価は下げた。【1週前映像なし】

7枠15番 ショウナンパンドラ 牝4 55.0 池添謙一【B+】

坂路単走。前走時の調子からは若干落ちるものの、維持はできていそうだ。途中、左前肢を落鉄し、その後の動きは若干変わったが、それでも最後まできれいに伸びている。走りのバランスも、前走ほどではないにしろ、美しい。ただ、この追い切りで蹄を痛めた可能性があるため、パドックで歩様がおかしければ切っていい。(※レーシングビューアーがスロー再生できないので、落鉄したのは左後肢の可能性もありますが、後ろに馬がいない状況で後脚が落鉄することは、ほぼないでしょう。)【1週前追い評価:B】

8枠16番 カレンミロティック セ7 57.0 蛯名正義【B】

坂路単走。この馬はいつもきれいに動き、今回も見事な走りを見せてくれた。しかし、2馬身ほど前を行く併せ馬に一度追いつき、そこから伸びずに最後は2馬身ほど再び離されてしまったため、印象は良くない。【1週前映像なし】

8枠17番 アドマイヤデウス 牡4 57.0 岩田康誠【B+】

坂路単走。首をきれいに使って全身運動ができている。前半の動きはすばらしい。後半、少し疲れたが、強い尻ステッキを数発入れて、最後まで気を抜かせなかった。【1週前映像なし】

8枠18番 ナイトフラワー 牝3 53.0 シュタル【C】

ダート単走。終始首をかしげながらのんびり走っている。推進力を前でなく上へ使うので、鋭さを感じない。1週前ならこれでいいのかもしれないが、さすがに本追い切りでこれでは。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/JapanCup1W.html


※本記事は最終版ではありますが、どこかでショウナンバッハの追い切りを見られた場合、更新する可能性があります。


2015年11月26日

【水曜追い】ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)追い切り評価-2015年11月28日京都芝2000馬齢

アドマイヤエイカン 55.0 【B+】

CW併せ。1馬身後ろから追いかけて、馬場の真ん中あたりで直線へ。ショートカットして並び、少々先行。そこから相手が追って抜かれたところで強い尻ステッキを入れてゴーサイン。スムースに抜け出して1馬身先着した。後脚の可動域は少し足りないが、完成度の高い走りでバランスも良い。

ウインクルサルーテ 54.0 【B】

CW併せ。馬なりできれいに伸びてきたが、ゴール前でゆるめた。それでもクビ差先着。前管が長くカクカクはしているが、躍動感のある動きをする。飛節は若干硬い。

オンザロックス 55.0 【B-】

坂路単走。迫力のある走りだが、若さゆえか右へ左へよれる。タイムは良いのだが、ステッキを入れても反応が鈍い。頭がそれほど良くないのかもしれない。

ケルフロイデ 55.0 【B-】

W併せ。カーブで左前肢が流れている。直線は遅れ気味で併走し、最後はきれいに同入。迫力は相手に劣る。

ジョルジュサンク 55.0 【B-】

坂路単走。均等なペースを刻めていると言うこともできるが、回転力がないという意味で、動きが遅い。走りのバランスは良いのだが、飛節は若干硬い。



ダンツプリウス 55.0 【B】

坂路併せ。分厚い相手と合わせたので華奢に見えるが、動きはしっかり。最後はきちんと抜け出して、アタマ差先着した。

ドレッドノータス 55.0 【B】

坂路併せ。関係ない芦毛に前をカットされてもひるまずに伸び、最後は詰められたがハナ差残した。前膝から繋にかけてのやわらかさが目を引き、脚元の力強さも十分。ただ、右前肢と左前肢の着地タイミングが近すぎ、首を上下でなく前後に使う。

リスペクトアース 55.0 【A】

W併せ。馬格を生かした走りができている。合図をすぐに理解して加速する賢さがあり、外から伸びて1馬身先着。ゴール後もぐいぐい伸びた。

ロライマ 55.0 【B+】

CW併せ。ラチ沿いを深く入る相手と並んで内に潜り込み、4分の3馬身先着した。首の可動域はそれほどでもないのだが、リズムの刻み方は上手で、全身運動もでききている。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】京阪杯(GIII)追い切り評価-2015年11月29日京都芝1200別定

アミカブルナンバー 54.0 【B】

坂路併せ。ラチ一杯を先行し、ハードに追う相手に迫られても動ぜずに馬なりでクビ差先着。多少ラチを頼るようなそぶりを見せるが、首を上手に使い、脚元の力強さもある。

アルマディヴァン 54.0 【B-】

坂路併せ。馬場の外目で内から馬体を合わせに行く勝負根性を見せたが、及ばずアタマ差遅れ。前脚ががに股気味で、動きにキレがない。

シンボリディスコ 56.0 【B】

坂路併せ。相手とはそこまで馬体を合わせず、併走。頭の位置が安定しなかったが、最後にステッキを入れられてからはフォームがバランス良くなり、気を抜かせず最後まで追われた。この鞍上は上手だ。左前肢で方向を決め、右前肢と後脚を推進に使っているので、左回りは合いそう。


スマートギア 57.0 【B-】

坂路単走。脚元の迫力はあり、首も荒々しく使えているが、舌を出すシーンが見られ、体は進行方向の右を向いている。

ベルカント 55.0 【B+】

坂路単走。いつも植え込み側で追い切るのだが、今回はいつもより真ん中目で坂へ。前脚と後脚が同一ライン上にあるきれいな走りで、タイムも良好。最後は植え込み側へ流れて、そこから再びまっすぐに走った。

ワキノブレイブ 56.0 【B-】

坂路単走。前半は頭の位置が安定せず、後半はずっと右を向いていた。脚元は軽く、しっかりと地面をつかめていない印象。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】ジャパンカップ(GI)追い切り評価-2015年11月29日東京芝2400定量

ジャングルクルーズ 57.0 【C】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手の鞍上が振り返り、そこからペースを落としてもらったにもかかわらず追いつけず半馬身遅れ。時計の出ない馬場とはいえタイムは最悪。前脚は力強く、やわらかさもあるのだが、後脚は流れる。途中、極めてバランスの良い一完歩はあったが、すぐに崩れた。【1週前追い評価:B-】

ショウナンパンドラ 55.0 【B+】

坂路単走。前走時の調子からは若干落ちるものの、維持はできていそうだ。途中、左前肢を落鉄し、その後の動きは若干変わったが、それでも最後まできれいに伸びている。走りのバランスも、前走ほどではないにしろ、美しい。ただ、この追い切りで蹄を痛めた可能性があるため、パドックで歩様がおかしければ切っていい。(※レーシングビューアーがスロー再生できないので、落鉄したのは左後肢の可能性もありますが、後ろに馬がいない状況で後脚が落鉄することは、ほぼないでしょう。)【1週前追い評価:B】

ペルーサ 57.0 【B-】

坂路併せ。相手と馬体を合わせて駆け、最後まで抜かせずアタマ差先着。首の使い方はある程度良くなり、脚元の力強さもある。体もまっすぐに使えている。ただ、すべての動きが遅く、実際にタイムは悪い。【1週前映像なし】

イラプト 55.0 【C】

芝単走。前がごつごつしている一方、トモは薄い馬体。体の左右で動きがシンメトリーではないのは気がかり。右の方がやわらかく、左回りは合いそうだが走りは美しく感じない。右前肢の前膝と繋の内への曲がりは大きいが、前脚は前へ伸びない。後脚の可動域は狭い。首の角度は良く、背中は安定しているが。【1週前映像なし】

1週前追い評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/11/JapanCup1W.html


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/


2015年11月23日

東京スポーツ杯2歳ステークスの反省と全着順-2015年11月23日のレース

1着【B:4人気】10番 スマートオーディン 1:49.5
2着【B+:2人気】9番 プロディガルサン 1:49.7
3着【B:6人気】1番 マイネルラフレシア 1:49.7
4着【B+:5人気】6番 キラージョー 1:49.8
5着【B-:9人気】3番 ハレルヤボーイ 1:49.9
6着【映像なし:7人気】11番 タイセイサミット 1:49.9
7着【B-:3人気】2番 アグレアーブル 1:50.1
8着【A:1人気】4番 ロスカボス 1:50.1
9着【B:8人気】8番 レインボーライン 1:50.1
10着【B:10人気】5番 ダイワリアクション 1:51.2
11着【B:11人気】7番 カミノライデン 1:51.4



A評価1頭、B+評価2頭。A評価のロスカボスは1番人気で、固い決着になると見ていてが、まさかの8着に敗れた。B+評価のプロディガルサンが2着に入り、キラージョーは惜しい4着だった。

パドックで最も良く見えたのはロスカボス。脚が長いので胴が詰まって見え、もう少し距離は短い方が良さそうにも感じたのだが、この距離で勝った実績はある。続いてプロディガルサン。2人引きだが落ち着いて周回できていた。追い切り映像のなかったタイセイサミットは、きれいな馬だな、という印象。馬券に加えるほどの好気配ではなかったが、生で見てみたいと感じさせてくれた。

レースは、タイセイサミットとカミノライデンが若干出遅れ。スマートオーディンは下げた。積極的にハナを奪いに行く馬はおらず、自分のペースを守りたいマイネルラフレシアを外からかかり気味にキラージョーが交わして先頭へ。1000メートルのラップは1分2秒4のスロー。直線、先頭で粘るキラージョーを外からいい脚で伸びてきたスマートオーディンがとらえ、迫ったプロディガルサンが2着。マイネルラフレシアが2番手からきれいにとらえて3着に入った。ロスカボスは好位から直線いい手ごたえで前をとらえるかに見えたが、失速した。敗因は距離なのかもしれないが、一度も前の馬に並べなかったことを考えれば、能力の問題なのかもしれない。

勝ち時計は1分49秒5。不良馬場で行われた2011年(勝ち馬:ディープブリランテ)を除くと、最も遅い。ただ、前有利のスローペースを最後方から追い込んで勝ったスマートオーディンの上がり3Fはメンバー唯一の32秒台で32秒9。能力はかなり高いと見ていいだろう。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/TokyoSportsHaiNisaiStakes.html

マイルチャンピオンシップの反省と全着順-2015年11月22日のレース

1着【B-:4人気】16番 モーリス 1:32.8
2着【B+:2人気】10番 フィエロ 1:33.0
3着【B+:1人気】5番 イスラボニータ 1:33.0
4着【B-:3人気】8番 サトノアラジン 1:33.0
5着【B-:5人気】7番 アルビアーノ 1:33.1
6着【B+:10人気】3番 レッツゴードンキ 1:33.3
7着【C:9人気】14番 トーセンスターダム 1:33.3
8着【B:17人気】13番 リアルインパクト 1:33.3
9着【A:8人気】17番 ロゴタイプ 1:33.4
10着【B-:7人気】15番 ダノンシャーク 1:33.5
11着【C:18人気】6番 アルマワイオリ 1:33.5
12着【B-:14人気】18番 クラリティスカイ 1:33.6
13着【B:13人気】11番 カレンブラックヒル 1:33.7
14着【B+:6人気】1番 ヴァンセンヌ 1:33.8
15着【B-:15人気】12番 レッドリヴェール 1:33.9
16着【B:12人気】2番 ケイアイエレガント 1:33.9
17着【A:11人気】4番 ダイワマッジョーレ 1:34.0
18着【B-:16人気】9番 レッドアリオン 1:34.2


A評価2頭、B+評価4頭。ただ、モーリスとダノンシャークは1週前にB+評価していたのでインフレ気味。一方、マイナス評価も多い。プラスとマイナスが逆転した馬もいて、モーリスとダノンシャークは最終B-で、1週前流しただけのイスラボニータは最終B+。検討のポイントは、休み明けで8枠を引いた能力上位のモーリスと、ここのところ追い切りもレース内容も良いロゴタイプをどう扱うか、であった。個人的に、モーリスは川田騎手を乗らせてくれないので買いたくなかった。いちおう押さえはしたが、軸はヴァンセンヌにした。結局川田騎手と運命を共にするいつもどおりの結果になった。

パドック評価は、結果を知ってからレーシングビューアーで確認したので、予断が入ってるかもしれないが、いちおう書いておく。モーリスは、1頭抜けていた。ヨダレを垂らしていて、体もゆるく映るのだが、動きがとてもやわらかい。後脚がスムースに動き、歩様からクッションの良さを感じさせてくれる。ヴァンセンヌはいつもどおり良かった。パドックの外を、首をキビキビと動かしながらバランス良く歩く。パドックだけで切りたい馬はおらず、さすがにGIのパドックである。

レースは、3枠両頭が若干の出遅れ。ケイアイエレガントが強引に先頭を奪うという大方の予想は外れ、ハナを奪ったのはレッツゴードンキ。続いてクラリティスカイ。離れて外からトーセンスターダム。ロゴタイプは折り合いを欠いてしまった。直線。レッツゴードンキは残り200メートルまで先頭を保つが、リードはそこでほぼなくなる。外目からモーリスが早めに先頭に立ち、内のフィエロ、最内のイスラボニータ、外のサトノアラジンの追撃を振り切った。強かった。

勝ち時計は1分32秒8。タイムはGIならごく普通だが、モーリスは休養あけのぶっつけ本番であり、最高の状態とは言えない中で強い勝ち方をした。掲示板は1~5番人気の馬で占められ、6番人気のヴァンセンヌは14着に沈んだ。川田騎手は春の天皇賞でやったラストインパクトと同じ乗り方をすると予想していたのだが、大外に振った。そのロスを考えると上がり33秒3は最速イスラボニータの33.0と変わらない。モーリスには届かなかったかもしれないが、腹をくくって最後方まで下げたのだから、リスクを承知の上で内を突いてほしかった。まあ、最終レースで8番人気の馬を見事な騎乗で勝たせてくれたので、すべての単勝馬券を買う信奉者としては、“川田ポートフォリオ”をプラスで終えることができた。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MileChampionship.html

【1週前追い】ジャパンカップ(GI)追い切り評価-2015年11月29日東京芝2400定量

ゴールドシップ 57.0 【A】

坂路併せ。馬体を離して突き抜けたので実質単走。いままで見たこの馬の追い切りで最も良かった。頭が高いのはいつものことで、右後肢が若干流れるが、首を使ってリズムを刻み、全身をダイナミックに連動させている。馬体のシルエットもすっきり。

ジャングルクルーズ 57.0 【B-】

W3頭併せの内。外から1馬身ずつの差をつけて、馬場の外目で直線へ。中の馬をとらえかけたが、差は縮まらず、中外が併入し、その半馬身遅れになった。汗が浮いていて見栄えはせず、反応もいまいち。

ショウナンパンドラ 55.0 【B】

坂路併せ。併走馬は相手にならず、3馬身以上の差をつけたので実質単走。追われてからの伸びは良い。ただ、体が進行方向に対して若干右で、前脚をまっすぐに前へ運べていない。前走、前々走と追い切りは良く、それより落ちる印象。最終追いでどこまで持ってこられるか。

ダービーフィズ 57.0 【B】

坂路単走。ラチ一杯を流して、まともに走らせたのは最後だけ。全体のタイムが悪く、前半は頭を上下でなく楕円のように使うため、プラスの評価はできないが、まっすぐ向いてからは大きく変わり、バランスの良い走りができた。1週前であれば十分な調教。



ヒットザターゲット 57.0 【C】

坂路単走。左前肢の動きがおかしい。かなり右前肢側で地面に接しているように見える。きれいに動けているのはその右前肢だけで、後脚は流れる。なぜかまっすぐ走れているが、ばたばたした印象。

ミッキークイーン 53.0 【B】

CW単走。大きな相手に内から合わせ、馬なりに軽々と抜け出し、そこから相手が追って迫られても、余裕の手ごたえで半馬身先着した。内容は軽く見えるがタイムはまあまあ。四肢を伸びやかに使うほど追われておらず、それは最終追いでいいのだろう。相手との比較があるのかもしれないが、体は薄く映る。

ラストインパクト 57.0 【B+】

CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。馬なりに脚を伸ばした。ラップを上げてもフォームが変わらないことと、背中の位置が極めて安定していることは高く評価できる。四肢の可動域も十分。

ラブリーデイ 57.0 【B-】

CW併せ。馬場の外目を通って内から馬体を合わせ、相手の鞍上が軽く振り返ったあたりから馬なりに加速し、4分の3馬身差をつけてゴール。先着は素直に評価するが、気になるのは前脚。カーブでは異常なほど肩の出が悪く、つま先だけでお嬢様のような駆け方をする印象だった。最後はきれいに伸びたが、疲れがあるのか、前脚の可動域は狭い。この1週間でどれだけ改善されてくるか。


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年11月21日

【枠順確定】東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月23日東京芝1800馬齢

1枠1番 マイネルラフレシア 牡2 55.0 柴田大知【B】

W単走。馬なりで内容は軽いが、四肢の可動域は十分あり、やわらかい動き。尾に余計な力の入るところは見られるが、バランスの良い走りをする。

2枠2番 アグレアーブル 牝2 54.0 岩田康誠【B-】

W併せ。手前を替えて遊びながら走るので、一完歩の距離が大きく変わる。前脚の管が細く、後脚だけで走っている印象。それでも大外を回って追いついてきた馬を余裕で引き離し、1馬身半程度先着した。

3枠3番 ハレルヤボーイ 牡2 55.0 横山典弘【B-】

W併せ。直線は馬体を合わせて最後はアタマ差遅れ。その後盛り返して並びかけたが、追いつけず逆に引き離された。鞍上は、美しい騎乗フォームを取らず、カーブでは立っていた。直線でも立ったままステッキを振る。内から入れたので見えなかったが、首へのステッキはレース中にやると違反だ。肩なら良いのだが。まだ幼い2歳馬の追い切り。だれだこの鞍上は。



4枠4番 ロスカボス 牡2 55.0 デムーロ【A】

坂路併せ。相手とは馬体を離してまっすぐに進み、途中でステッキを入れると置き去りに。最後は3馬身以上離した。脚元のやわらかさと力強さは十分で、管も太くしっかりしている。毛ヅヤもピカピカだ。

5枠5番 ダイワリアクション 牡2 55.0 北村宏司【B】

芝併せ。ゴールまではゆったり流して併入。そのあたりからぐっと気合いが乗ってきれいに伸びた。ただ、馬体は薄く、小さく映る。

6枠6番 キラージョー 牡2 55.0 藤岡康太【B+】

ポリトラック併せ。3馬身ほど前を行ってラチ沿いを走り、直線入り口で並ばれる。しかしそこから抜かせず。ステッキを使って追う相手を、再び馬なりに引き離して2馬身差をつけた。好調教。

6枠7番 カミノライデン 牡2 55.0 柴山雄一【B】

W併せ。直線で常にクビ差からアタマ差をつけられて併走し、そのまま追いつけずアタマ差遅れ。最後は見せムチからの軽い尻ステッキ3発で息を入れさせず十分に負荷をかけた。遅れはしたが、内容は良い。



7枠8番 レインボーライン 牡2 55.0 蛯名正義【B】

坂路単走。前半は少しふらつく面が見られ、関係ない併せ馬に寄られると、体を離す根性のなさもマイナス評価。ただ、最後に鞍上が軽く仕掛け、ステッキを抜くだけで反応した頭の良さは評価したい。

7枠9番 プロディガルサン 牡2 55.0 戸崎圭太【B+】

W併せ。内からきれいに抜け出してクビ差先着した。直線の伸びは鋭く、頭を低く保つ好フォームで駆け抜けた。汗が浮いているのと、首がすっとまっすぐでないことだけ気になる。

8枠10番 スマートオーディン 牡2 55.0 武豊【B】

坂路併せ。相手を気にせず交わし、最後まで脚を伸ばして1馬身先着。頭は高く、首の動きはいまいちも、脚元の力強さはある。

8枠11番 タイセイサミット 牡2 55.0 ムーア【-】

映像なし

2015年11月20日

【枠順確定】マイルチャンピオンシップ(GI)追い切り評価最終版-2015年11月22日京都芝1600定量

1枠1番 ヴァンセンヌ 牡6 57.0 川田将雅【B+】

坂路併せ。ラチ側を行く相手にきれいに馬体を合わせて坂へ入り、しばし併走。抜くときに馬体を離したが、しっかりと地面をつかんで力強く駆け、引き離す。最後はさすがに疲れたが、負荷はかかっている。舌を出すシーンがあったことは気がかりだが、鞍上が左手綱を引いて誘導すると、素直にまっすぐ向いたところも評価。【1週前追い評価:B】

1枠2番 ケイアイエレガント 牝6 55.0 吉田豊【B】

W単走。素軽い動きは評価でき、飛節のクッションが効いて前への推進力を感じることもできるのだが、内容は軽い。馬体は胴詰まりでもう少し短い距離の方が良いように映る。【1週前追い評価:B】

2枠3番 レッツゴードンキ 牝3 54.0 戸崎圭太【B+】

坂路単走。前半頭が右を向いていたが、鞍上が何もせず馬なりに駆けさせたにもかかわらず、徐々に改善されて最後はきれいにまっすぐに向いた。脚元は軽快で、後半は申し分な動き。【1週前映像なし】

2枠4番 ダイワマッジョーレ 牡6 57.0 武豊【A】

坂路併せ。この馬はいつも美しい坂路調教を見せてくれる。今回もすばらしい。前膝から繋にかけてのやわらかさ、前脚と同じライン上を行く後脚とその力強さ、きれいにテンポを刻む首。そして、左右にぶれない走りの確かさ。毛ヅヤも良い。相手を全く気にすることなく2馬身先着した。【1週前映像なし】

3枠5番 イスラボニータ 牡4 57.0 蛯名正義【B+】

W併せ。馬場の真ん中外目を通り、はるか前を行かせた相手を追走。直線はありえない位置からきっちりとらえてアタマ差先着した。手ごたえは良く、交わすときの気配も申し分ない。右前肢の繋がぶらぶらしているのと、後脚の可動域がいまいちなので、そこだけをマイナスするが、好調教。【1週前追い評価:C】

3枠6番 アルマワイオリ 牡3 56.0 勝浦正樹【C】

CW単走。馬場の真ん中外目を通り、軽い追い切り。首の可動域が狭く、脚元にも力強さがない。【1週前映像なし】



4枠7番 アルビアーノ 牝3 54.0 柴山雄一【B-】

CW単走。朝モヤの中なので前半はよく見えなかったが、馬場の内目から真ん中に出して直線。追われてからの最後の動きはもの足りない。前週にある程度の動きは見せてくれていたが、今週いいのはリズムだけで、動きは好調時のダイナミックさがない。【1週前追い評価:B】

4枠8番 サトノアラジン 牡4 57.0 ルメール【B-】

CW併せ。カーブはのんびり入り、直線は半馬身後ろで内から。相手の鞍上が何度か振り返って確かめてくれたが、伸びず。最後は鞍上が手を動かして何とかクビ差先着程度。ゴール後はきちんと追われて推進力を見せてくれたが、反応の鈍さは気になる。【1週前追い評価:B】

5枠9番 レッドアリオン 牡5 57.0 川須栄彦【B-】

坂路併せ。左前肢を高く上げてリズムを取り、そのぶん右後肢が流れるため、バタバタした印象を受ける。首の使い方はいまいちで頭も高いが、不思議と力強さはあり、最後伸びを欠いたものの3馬身先着した。【1週前映像なし】

5枠10番 フィエロ 牡6 57.0 デムーロ【B+】

坂路単走。相手を気にせずまっすぐに伸び、3馬身先着したので実質単走。途中、後ろに白いものが飛んだので落鉄かと何度か見直したが、この馬でなく相手の方からなので気にしなくても良い。タイムは上々で、脚元の動きも良い。頭の角度が安定せず、右を向き気味になることだけマイナスする。【1週前映像なし】

6枠11番 カレンブラックヒル 牡6 57.0 秋山真一【B】

坂路単走。評価が難しい。前半はとてもバランスの良い走り。中盤は頭が若干右を向き、体も左を向いた。ステッキの入った後半、打って変わってきれいにまっすぐに向き、伸びた。好調時の追い切りはきれいな馬なので、今回好調とは言えないはずだが、最後の2完歩は鋭い。【1週前映像なし】

6枠12番 レッドリヴェール 牝4 55.0 アッゼニ【B-】

坂路併せ。タイムは良く、クビ差先着。それだけを見ると高評価しなければならないのだが、動きそのものは評価できない。前脚の可動域が狭く、蹄の先で地面に触れているような走りで、後脚の管も細く映る。【1週前映像なし】



7枠13番 リアルインパクト 牡7 57.0 ボウマン【B】

W併せ。相手のモーリスよりこちらの方が良く映る。動きがきびきびしていて、手ごたえも良い。四肢の可動域もある。4分の3馬身離して直線に入り、半馬身先着。差を詰められたのは、相手が相手なので仕方ない。馬は順調そうだ。【1週前追い評価:B】

7枠14番 トーセンスターダム 牡4 57.0 武幸四郎【C】

CW併せ。内から4分の3馬身差先着したが、右前肢と左前肢が同時に着地するようなフォームを続け、追われてからも脚元はぼんやりしていた。首の角度はいいのだが。【1週前映像なし】

7枠15番 ダノンシャーク 牡7 57.0 岩田康誠【B-】

坂路単走。荒々しい走りで、迫力だけはものすごい。ただ、今週も最後に舌を出してしまった。前半、右後肢が流れるのも気になる。【1週前追い評価:B+】

8枠16番 モーリス 牡4 57.0 ムーア【B-】

W併せ。相手はリアルインパクト。今週はカーブから手ごたえ悪く、直線で相手の鞍上が振り返ってくれたが伸びず半馬身遅れ。ゴール後に並ぶところまではやったが。馬体の張りもいまいちで、トモもまだゆるそう。【1週前追い評価:B+】

8枠17番 ロゴタイプ 牡5 57.0 浜中俊【A】

W併せ。動きが鋭い。数馬身前を行かせた馬を、カーブから追い上げて射程圏に。直線に入ったところでは1馬身後ろから。内に潜り込んでじっと我慢し、最後は余裕の手ごたえで抜け出して半馬身先着。ゴール後も風のようなさわやかさで伸びた。【1週前追い評価:A】

8枠18番 クラリティスカイ 牡3 56.0 横山典弘【B-】

CW併せ。カーブは馬体を合わせてキャンター。直線は少し遅れ目に入り、楽に馬なりで抜け出して悠々先着しそうになったが、相手も馬なりに伸びて4分の3馬身先着止まり。内容は軽すぎる。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MileChampionship1W.html


2015年11月19日

【水曜追い】東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)追い切り評価-2015年11月23日東京芝1800馬齢

キラージョー 55.0 【B+】

ポリトラック併せ。3馬身ほど前を行ってラチ沿いを走り、直線入り口で並ばれる。しかしそこから抜かせず。ステッキを使って追う相手を、再び馬なりに引き離して2馬身差をつけた。好調教。

スマートオーディン 55.0 【B】

坂路併せ。相手を気にせず交わし、最後まで脚を伸ばして1馬身先着。頭は高く、首の動きはいまいちも、脚元の力強さはある。

ダイワリアクション 55.0 【B】

芝併せ。ゴールまではゆったり流して併入。そのあたりからぐっと気合いが乗ってきれいに伸びた。ただ、馬体は薄く、小さく映る。

プロディガルサン 55.0 【B+】

W併せ。内からきれいに抜け出してクビ差先着した。直線の伸びは鋭く、頭を低く保つ好フォームで駆け抜けた。汗が浮いているのと、首がすっとまっすぐでないことだけ気になる。


マイネルラフレシア 55.0 【B】

W単走。馬なりで内容は軽いが、四肢の可動域は十分あり、やわらかい動き。尾に余計な力の入るところは見られるが、バランスの良い走りをする。

レインボーライン 55.0 【B】

坂路単走。前半は少しふらつく面が見られ、関係ない併せ馬に寄られると、体を離す根性のなさもマイナス評価。ただ、最後に鞍上が軽く仕掛け、ステッキを抜くだけで反応した頭の良さは評価したい。

ロスカボス 55.0 【A】

坂路併せ。相手とは馬体を離してまっすぐに進み、途中でステッキを入れると置き去りに。最後は3馬身以上離した。脚元のやわらかさと力強さは十分で、管も太くしっかりしている。毛ヅヤもピカピカだ。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】マイルチャンピオンシップ(GI)追い切り評価-2015年11月22日京都芝1600定量

アルビアーノ 54.0 【B-】

CW単走。朝モヤの中なので前半はよく見えなかったが、馬場の内目から真ん中に出して直線。追われてからの最後の動きはもの足りない。前週にある程度の動きは見せてくれていたが、今週いいのはリズムだけで、動きは好調時のダイナミックさがない。【1週前追い評価:B】

アルマワイオリ 56.0 【C】

CW単走。馬場の真ん中外目を通り、軽い追い切り。首の可動域が狭く、脚元にも力強さがない。【1週前映像なし】

イスラボニータ 57.0 【B+】

W併せ。馬場の真ん中外目を通り、はるか前を行かせた相手を追走。直線はありえない位置からきっちりとらえてアタマ差先着した。手ごたえは良く、交わすときの気配も申し分ない。右前肢の繋がぶらぶらしているのと、後脚の可動域がいまいちなので、そこだけをマイナスするが、好調教。【1週前追い評価:C】

カレンブラックヒル 57.0 【B】

坂路単走。評価が難しい。前半はとてもバランスの良い走り。中盤は頭が若干右を向き、体も左を向いた。ステッキの入った後半、打って変わってきれいにまっすぐに向き、伸びた。好調時の追い切りはきれいな馬なので、今回好調とは言えないはずだが、最後の2完歩は鋭い。【1週前映像なし】



クラリティスカイ 56.0 【B-】

CW併せ。カーブは馬体を合わせてキャンター。直線は少し遅れ目に入り、楽に馬なりで抜け出して悠々先着しそうになったが、相手も馬なりに伸びて4分の3馬身先着止まり。内容は軽すぎる。【1週前映像なし】

ケイアイエレガント 55.0 【B】

W単走。素軽い動きは評価でき、飛節のクッションが効いて前への推進力を感じることもできるのだが、内容は軽い。馬体は胴詰まりでもう少し短い距離の方が良いように映る。【1週前追い評価:B】

サトノアラジン 57.0 【B-】

CW併せ。カーブはのんびり入り、直線は半馬身後ろで内から。相手の鞍上が何度か振り返って確かめてくれたが、伸びず。最後は鞍上が手を動かして何とかクビ差先着程度。ゴール後はきちんと追われて推進力を見せてくれたが、反応の鈍さは気になる。【1週前追い評価:B】

サンライズメジャー 57.0 【C】

坂路単走。前半はモヤで見えず。見えたところは、頭が右にぐにょりと曲がっており、これでまっすぐ走れているのが不思議なくらい。厳しい。【1週前映像なし】

ダイワマッジョーレ 57.0 【A】

坂路併せ。この馬はいつも美しい坂路調教を見せてくれる。今回もすばらしい。前膝から繋にかけてのやわらかさ、前脚と同じライン上を行く後脚とその力強さ、きれいにテンポを刻む首。そして、左右にぶれない走りの確かさ。毛ヅヤも良い。相手を全く気にすることなく2馬身先着した。【1週前映像なし】

ダノンシャーク 57.0 【B-】

坂路単走。荒々しい走りで、迫力だけはものすごい。ただ、今週も最後に舌を出してしまった。前半、右後肢が流れるのも気になる。【1週前追い評価:B+】



トーセンスターダム 57.0 【C】

CW併せ。内から4分の3馬身差先着したが、右前肢と左前肢が同時に着地するようなフォームを続け、追われてからも脚元はぼんやりしていた。首の角度はいいのだが。【1週前映像なし】

フィエロ 57.0 【B+】

坂路単走。相手を気にせずまっすぐに伸び、3馬身先着したので実質単走。途中、後ろに白いものが飛び、落鉄かと何度か見直したが、この馬でなく相手の方から出てきた物体のようなので気にしなくても良い。タイムは上々で、脚元の動きも良い。頭の角度が安定せず、右を向き気味になることだけマイナスする。【1週前映像なし】

レッツゴードンキ 54.0 【B+】

坂路単走。前半頭が右を向いていたが、鞍上が何もせず馬なりに駆けさせたにもかかわらず、徐々に改善されて最後はきれいにまっすぐに向いた。脚元は軽快で、後半は申し分な動き。【1週前映像なし】

レッドリヴェール 55.0 【B-】

坂路併せ。タイムは良く、クビ差先着。それだけを見ると高評価しなければならないのだが、動きそのものは評価できない。前脚の可動域が狭く、蹄の先で地面に触れているような走りで、後脚の管も細く映る。【1週前映像なし】

ロゴタイプ 57.0 【A】

W併せ。動きが鋭い。数馬身前を行かせた馬を、カーブから追い上げて射程圏に。直線に入ったところでは1馬身後ろから。内に潜り込んでじっと我慢し、最後は余裕の手ごたえで抜け出して半馬身先着。ゴール後も風のようなさわやかさで伸びた。【1週前追い評価:A】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MileChampionship1W.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年11月16日

エリザベス女王杯の反省と全着順-2015年11月15日のレース

1着【B:6人気】12番 マリアライト 2:14.9
2着【B:1人気】18番 ヌーヴォレコルト 2:14.9
3着【B:4人気】8番 タッチングスピーチ 2:14.9
4着【A:3人気】15番 ルージュバック 2:15.0
5着【C:8人気】16番 スマートレイアー 2:15.0
6着【B-:7人気】3番 フーラブライド 2:15.0
7着【B+:11人気】17番 シュンドルボン 2:15.1
8着【B:5人気】2番 クイーンズリング 2:15.2
9着【B:18人気】4番 リラヴァティ 2:15.3
10着【B+:14人気】7番 シャトーブランシュ 2:15.3
11着【A:2人気】10番 ラキシス 2:15.3
12着【B-:9人気】14番 ノボリディアーナ 2:15.4
13着【B:17人気】1番 パワースポット 2:15.6
14着【B-:15人気】9番 フェリーチェレガロ 2:15.7
15着【B:10人気】5番 タガノエトワール 2:15.8
16着【B-:13人気】11番 ウインリバティ 2:15.9
17着【B-:12人気】13番 メイショウマンボ 2:15.9
18着【B+:16人気】6番 リメインサイレント 2:16.1



A評価2頭、B+評価3頭。ただ、1週前でB+評価し、最終追いは調整に映ったマリアライトを加えるとB+評価は4頭になる。さすがにGIだけあっていい馬が多かった。A評価のラキシスは0.4秒差とはいえまさかの11着、ルージュバックは4着と馬券圏内に来られず。マリアライトがきれいに勝ったが、それ以外は1週前も最終もB評価。いまいちな評価になった。

このレースは、5階指定席の喫煙所からパドックを眺めた。さすがにGIだけあって変な動きをする馬はおらず、自分の決めている馬がいれば、自信を持って馬券を買えるであろうという、いい景色だった。最も良く見えたのはラキシス。馬体のシルエットが美しく、体も大きく見せていかにも走りそうだった。続いてマリアライト。きびきびとしたきれいな動きで、歩様はスムース。体のバランスも良い。3番手がタッチングスピーチ。この馬はいつもパドックで良く見えるので割引が必要なのかもしれないが、それでもやはり良く見える。買い目に加えた。ハナ差で馬連を取れなかった。その次がリメインサイレント。バランス良くやわらかな動きが目を引いた。この馬は最下位だった。川田騎手が乗るので必ず買うタガノエトワールも悪くはなかった。結果は15着だった。ヌーヴォレコルトとルージュバック、そして穴として買いたかったシュンドルボンは、それほど良く見えなかった。ルージュバックは追い切りの動きがいつもすばらしいので買うのだが、ヌーヴォレコルトとシュンドルボンは切った。失敗だった。

レース。ウインリバティが大差で逃げを打った。リラヴァティがその後をぽつんと追い、集団の先頭でフーラブライドが引っ張る展開。掲示板に載ったのは、すべて中団から後ろの馬だ。先行馬には厳しい流れだったのか、先行したのが能力に劣る馬だっただけなのか。前半5Fは60秒7と、稍重馬場にしては若干ハイペース。ウインリバティは十分に見せ場を作り、残り2Fまで先頭で粘ったが、そこでマリアライトに交わされる。マリアライトはヌーヴォレコルトの猛追を振り切り、1着でゴールを駆け抜けた。ルージュバックはがんばったが、最後はヌーヴォレコルトと脚色が同じになり、その間を凄まじい末脚で突っ込んできたタッチングスピーチに交わされた。タッチングスピーチはハナ差で3着。5着には最後尾から追い上げたスマートレイヤーが入り、内から伸びたフーラブライドが6着。12着までが0.5秒差以内という激戦だった。

京都の芝2200メートルで行われるレースは少なく、勝ち時計の2分14秒9をどう見るのか難しい。2011、12年の重馬場はどちらも16秒台。一方、過去10年の良馬場で最も遅いのは2010年にスノーフェアリーがマークした2分12秒5。良馬場で14秒台となれば、1996年のダンスパートナー(2分14秒3)にまでさかのぼらなければならない。とはいえ、「実はこのレースはスローペースで進んだ」と考えると、レースレベルの高さがわかる。前半のラップは離して逃げたウインリバティのもの。上位に来た馬の刻んだラップは平均より遅めだったように見え、4コーナーでの位置取りと末脚の使いどころが勝負の分かれ目になった。勝ったマリアライトの蛯名騎手は、最高の騎乗をした。ゲートをポンと出て直線できれいに内に入れ、道中は経済コース。最後は安全に外へ持ち出した。展開が向いたのは確かだが、早め先頭に立ち、猛追するヌーヴォレコルトを凌ぎきった勝負根性は、大切に使われてきた期待馬の本格化を感じさせる。ルージュバックは、ゲート入り前の発汗がひどかった。最近発汗しても勝つ馬を何頭か見ているが、さすがに相手のそろったここでは厳しかったか。ただ、この馬ほど美しく走る馬はいない。レースでも追い切りと同じ動きをするだけでいいのだが、そのあたりが難しいのだろうか。タッチングスピーチの末脚にも見ごたえがあった。追い出したいタイミングで前が壁になっていたのは痛かった。スムースなら、逆転もあったかもしれない。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/QueenElizabethIICup.html

マリアライトは外をキビキビとリズミカルに歩く。背中が安定しているのも良い。

2着のヌーヴォレコルトはそれほど良く見えなかったが、さすがに強かった。

3着のタッチングスピーチは、いつもパドックで良く見える。

最も良く見えたのはラキシス。追い切りも良かったのだが、追い出すタイミングで包まれたのが痛かったか。

最下位のリメインサイレントは、追い切りもパドックも良く見えた。

おまけ。タガノエトワールと川田騎手。

福島記念の反省と全着順-2015年11月14日のレース

1着【A:2人気】1番 ヤマカツエース 2:02.5
2着【A:1人気】8番 ミトラ 2:02.7
3着【B-:4人気】13番 ファントムライト 2:03.0
4着【B-:5人気】7番 ステラウインド 2:03.0
5着【B+:3人気】2番 マイネルミラノ 2:03.0
6着【映像なし:16人気】16番 メイショウカンパク 2:03.2
7着【B+:6人気】14番 バロンドゥフォール 2:03.2
8着【映像なし:8人気】6番 フレイムコード 2:03.3
9着【B:11人気】12番 フラアンジェリコ 2:03.3
10着【B:7人気】3番 シャイニープリンス 2:04.1
11着【B-:14人気】11番 セキショウ 2:04.1
12着【映像なし:13人気】4番 アンコイルド 2:04.2
13着【B-:10人気】5番 メイショウスザンナ 2:04.9
14着【B:15人気】15番 フィロパトール 2:05.2
15着【B:9人気】10番 メイショウナルト 2:05.3
16着【B:12人気】9番 ノットフォーマル 2:05.3



A評価2頭、B+評価2頭。ハンデ頭のミトラをA評価したので心配はしていたが、もう1頭のA評価、ヤマカツエースが勝ち、ミトラは2着。見事にA評価2頭のワンツーが決まった。B+評価では、マイネルミラノがゴール前ぎりぎりで差されてタイム差なしの5着に。もう少しがんばってくれれば3連単も取れたのだが。

パドックで最も良く見えたのは、ミトラだった。1番人気だがトップハンデ。前走のパドックも良く見え、いつも良く見える馬なのかもしれない不安はあった。それでも追い切りは動いたわけで、買わなければならない。ヤマカツエースも良い。首の角度と動きから好気配を感じさせ、踏み込みもやわらかい。トモの雰囲気も上々。B+ではマイネルミラノが踏み込み良く好気配だった。そのほか良く見えたのは、フィロパロールとステラウインドあたり。前者が15着、後者は4着と、馬券圏内に来なかった。

レースは、スムースなスタートから、直後の直線でごちゃつくも、外からフィロパトールが出て、それを制してアンコイルドがハナへ。ミトラは5,6番手の集団につけ、その後ろでヤマカツエースがぴったりとマーク。前半5Fは60秒3。重馬場を考えるとハイペースだ。3コーナー過ぎからフィロパロールがずるずると後退。アンコイルドも手ごたえがなくなり、直線に向いたところでミトラが先頭へ。外からヤマカツエース、内からマイネルミラノが迫り、ヤマカツエースが抜け出す。AA→AA→B+B+の3連単フォーメーションが決まりかけたが、ゴール前で外からファントムライトとステラウインドが飛んできてしまった。馬連は取れたので良しとする。

勝ち時計の2分2秒5は重馬場を考えても遅い。過去10年でこれより遅かったのは同じく重馬場で行われた2006年のサンバレンティンがマークした2分3秒9のみだ。2011年は重馬場にもかかわらず、アドマイヤコスモスが1分59秒1で勝っている。昨年のミトラは、良馬場で56キロを背負い、1分58秒1で勝った。とはいえ、ミトラはかっこうのものさしになる。ヤマカツエースはまだ3歳。今回、上がり3Fの最速が37秒4というタフなレースで勝ちきったレース内容は十分に評価できるものだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/FukushimaKinen.html

2015年11月14日

デイリー杯2歳ステークスの反省と全着順-2015年11月14日のレース

1着【B:2人気】13番 エアスピネル 1:35.9
2着【B:1人気】14番 シュウジ 1:36.5
3着【B+:7人気】10番 ノーブルマーズ 1:36.6
4着【A:3人気】7番 ナイトオブナイツ 1:37.0
5着【C:4人気】3番 リッチーリッチー 1:37.2
6着【B:9人気】11番 ラハトケレブ 1:37.5
7着【B-:13人気】9番 エイシンギガント 1:37.6
8着【映像なし:10人気】1番 ウインムート 1:37.6
9着【C:6人気】5番 テイエムハヤブサ 1:37.6
10着【映像なし:14人気】12番 クラウンドジャック 1:37.7
11着【映像なし:12人気】2番 デピュティスカイ 1:37.7
12着【映像なし:11人気】8番 キングライオン 1:37.8
13着【A:5人気】6番 メイプルキング 1:37.9
14着【B-:8人気】4番 ウォーターミリオン 1:38.1



A評価2頭、B+評価1頭。ナイトオブナイツは見せ場を作り4着に頑張ったが、メイプルキングは出遅れてそのままブービー。B+の7番人気ノーブルマーズが3着に来た。1、2番人気が抜けた人気で、そのほかはすべて単勝2桁以上。どちらも追い切りはB評価。その取捨が問題になったが、今回は出先でレーシングビューアー観戦だったので、どちらも切ってしまった。私は負けたが、いちおう読者の参考にはなった、かもしれない。

パドックで最も良く見えたのは、ノーブルマーズ。淀のパドックは大雨で毛ヅヤはわかりにくいのだが、馬体の張りが良く、踏み込みもしっかりしていた。人気2頭では、エアスピネルが良い。少々うるさいところを見せるものの、後脚の力強さがすばらしい。シルエットも美しく、いかにも走りそうな馬だ。一方のシュウジは入れ込み気味で、舌を出すシーンもあり、1番人気で買いにくい雰囲気だ。

レースは、ばらばらとしたスタートで、メイプルキングが出遅れ。エアスピネルもスタートは若干遅れた。先行したのはシュウジ。スタート直後外によれたが、かかり気味に押し上げ、ハナを奪った。2番手にノーブルマーズがつけ、ナイトオブナイツは好スタートも鞍上が手綱を引っ張り気味に5番手から。3番手には外からグラウンドジャック、内からデピュティスカイが上がろうとする。前半3Fは36.6と稍重馬場を考えてもスロー。前にいる馬に向く展開だ。エアスピネルは、中団から押し上げ、直線に向いたときには外から先頭をうかがうところにまで持ってきた。その後は圧巻だった。エアスピネルが追い出すと、粘るシュウジを並ぶ間もなく交わして一完歩ごとに差を広げ、3馬身半差の圧勝。能力の違いを見せつけた。

勝ち時計の1分35秒9は遅いが、スローの展開で稍重馬場なのでなんとも言えない。過去10年で稍重馬場は2度あり、2005年のマルカシェンクは1分37秒2、2011年のクラレントは1分34秒9。レースレベルに違いもあり、そのレベルが判明するのは後日なので、現時点で評価するのは難しい。ただ、エアスピネルは大外を回して上がり3F34.0。これは、2005年に断然の1番人気にこたえたマルカシェンクの34.2を上回るもので、レース内容も横綱相撲。このメンバーであれば、まず負けない内容であり、純粋に能力の高さを評価しても良さそうだ。シュウジはパドックから雰囲気が良くなく、レースもかかり気味。それで2着なのだから、良く頑張った。精神面の成長を期待するか、もしくは短距離で見てみたい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/DailyHaiNisaiStakes.html

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの反省と全着順-2015年11月14日のレース

1着【B-:2人気】10番 ノンコノユメ 1:34.7
2着【C:5人気】13番 タガノトネール 1:34.7
3着【A:1人気】5番 モーニン 1:35.0
4着【映像なし:6人気】2番 ニシケンモノノフ 1:35.0
5着【B-:4人気】7番 グレープブランデー 1:35.6
6着【B+:7人気】8番 ベルゲンクライ 1:35.6
7着【B:12人気】1番 ツクバコガネオー 1:35.9
8着【B+:9人気】4番 フィールザスマート 1:36.1
9着【B:8人気】12番 チャーリーブレイヴ 1:36.1
10着【映像なし:14人気】9番 ナガラオリオン 1:36.3
11着【A:3人気】11番 ゴールデンバローズ 1:36.5
12着【B:10人気】3番 アドマイヤロイヤル 1:36.5
13着【映像なし:13人気】6番 オーブルチェフ 1:36.7
14着【映像なし:11人気】14番 セカンドテーブル 1:38.8



A評価2頭、B+評価2頭。ただ、1~3番人気が抜けていて、その1番人気と3番人気がA評価。モーニンは川田騎手の好騎乗にこたえて3着に来たが、2番人気で勝ったノンコノユメにB-をつけてしてしまうという悲惨な評価で、2着には5番人気のC評価タガノトネール。なんと、マイナス評価の3頭がすべて掲示板に載ってしまった。すなおにあやまります。ごめんなさい。

パドックで最も良く見えたのは、ニシケンモノノフだった。この馬は抜けて良かった。外を回ってキビキビ歩く。パドック派はこういう馬を買うのである。結果は4着。そういうものである。続いて、チャーリーブレイヴ。尾をまっすぐに垂らして、馬体の張りは良好。踏み込みも良い。結果は9着。たまにはいいこともあるはずだが、それは今日でなかった。モーニンは良い。一方、ゴールデンバローズは悲惨なパドックだった。入れ込みがきつすぎる。尻の汗はそこまでひどくなかったが、それが尾についている。基本的にそういう馬は買わないのだが、追い切りが良かったので買い目に入れざるをえない。

レースは、ピンク帽の2頭が好スタート。セカンドテーブルが逃げ、それをニシケンモノノフが追う、続いてタガノトネールという展開。前半3Fは34.3のハイペース。前に行くと厳しい流れの中、ノンコノユメが3コーナーあたりから進出を開始。モーニンは直線で早くも先頭を伺う好位置に押し上げる。前はセカンドテーブルとタガノトネールの2頭で、セカンドテーブルはずるずると後退。タガノトネールが粘り、ニシケンモノノフは出ようとするが、脚色が同じになったモーニンが外に居るので出せない。内は空いていたが、内に入れようとするとタガノトネールが締める。あきらめて今度は外に出そうとモーニンにぶつけ、さらに鞍上の横山典騎手がステッキをモーニン側に持ち替える。位置取りは騎手のせい。とても、お行儀が良いとはいえない行為だ。最近、息子が馬を殴ったにもかかわらず異常に軽い処分を受けたが、親父もたいがいである。そんな戦いが内側で続いているときに、外から迫ってきたノンコノユメがゴール前でハナ差タガノトネールを差しきった。際どい写真判定だった。

勝ち時計の1分34秒7は、稍重なので普通くらい。ただ、3歳で58キロを背負ったノンコノユメが、自分の競馬で勝ちきったことは評価していい。上がり3Fはメンバー唯一の35秒台で、35.2。次点がベルゲンクライ(5歳、56キロ)の36.3なので、1秒以上早い。本来は先行不利な流れになるはずが、2~5着は前から粘った馬。後ろからの馬とは、能力の違いが大きいのかもしれない。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MusashinoStakes.html

【1週前追い】マイルチャンピオンシップ(GI)追い切り評価-2015年11月22日京都芝1600定量

アルビアーノ 54.0 【B】

坂路単走。体は若干進行方向の右を向いているが、気にしなくていいレベル。肩の動きが少々硬いので、それをほぐすような軽い調教。脚元にはやわらかさがあり、前膝から繋にかけての動きは良い。

イスラボニータ 57.0 【C】

坂路単走。キャンター。首を右へ左へとかしげながら、ふらふらと馬場の内目を駆けた。評価はC以上つけられないが、キャンターなので次週に期待。

ヴァンセンヌ 57.0 【B】

CW単走。カーブからゆっくり入り、直線も馬なりで。内容はかなり軽いが、1週前の調整としてはいい動き。体もすっきり見せている。ただ、次週強いところをやらなければ疑ってかかる必要がある。

ケイアイエレガント 55.0 【B】

坂路単走。外ラチ沿いを強く追った。最後はステッキを入れて気を抜かせず、何とか脚色を保たせた。カーブから直線にかけての動きは良い。頭はほんの少し右を向いている。

サトノアラジン 57.0 【B】

CW併せ。1馬身前を行かせた馬の内に入れ、直線はじわりと差を詰める内容。ゴール地点でクビ差遅れも、その後並んだ。映像は切れたが、交わすところまではやっていそう。ゆったりとしたいい動きをしている。



ダノンシャーク 57.0 【B+】

坂路併せ。追い出すと相手に馬体を合わせに行く勝負根性を見せ、一気に抜け出して2馬身先着。頭の動きにぶれがあり、後半舌を出したところをマイナスするが、迫力は十分だ。

モーリス 57.0 【B+】

W併せ。相手はリアルインパクト。馬場の真ん中あたりで内に入れ、直線馬なりに交わして半馬身先着した。首の動きの安定性には欠けるものの、脚元はやわらかい。気配も良く、ゴール後もきれいに脚色を保った。トモはゆるい。

リアルインパクト 57.0 【B】

W併せ。相手はモーリス。相手と比べても体のバランスが良く、脚元がかっちりと動けている印象はある。ただ、半馬身遅れてしまい、ゴール後追っても追いつけない内容なのでプラス評価はしない。

ロゴタイプ 57.0 【A】

坂路単走。なぜか計時不能でタイムはわからないが、動きを見ていると最低でも53秒台は出ているはず。頭は若干右を向いているが、脚元に鋭さがあり、尻ステッキを3発入れられ、最後まで脚を伸ばせた。


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年11月13日

【枠順確定】エリザベス女王杯(GI)追い切り評価最終版-2015年11月15日京都芝2200定量

1枠1番 パワースポット 牝7 56.0 四位洋文【B】

坂路単走。首の動きが上下でなく前後になっている一完歩があり、動きの安定性に欠ける。ただ、脚元はしっかり。テンポも良く、弾むような手ごたえもある。毛ヅヤも悪くない。【1週前追い評価:C】

1枠2番 クイーンズリング 牝3 54.0 シュタル【B】

坂路併せ。半馬身先着も、相手に馬体を合わせにいくときの気合いが不足気味。淡々と動いている印象だ。ただ、体のバランスは悪くはない。【1週前追い評価:B】

2枠3番 フーラブライド 牝6 56.0 酒井学【B-】

CW併せ。4頭併せの最内のようなポジションで、馬場の真ん中外目を走った。相手は早々に遅れ、直線入り口では先頭に。そのまま後続に影を踏ませず引き離した。ただ、動きはさほどではなく、脚元の回転力に乏しい。【1週前追い評価:B-】

2枠4番 リラヴァティ 牝4 56.0 秋山真一【B】

坂路併せ。管が太くパワフルに映り、脚元の関節にやわらかさもある。アタマ差遅れたが、好仕上がり。【1週前映像なし】

3枠5番 タガノエトワール 牝4 56.0 川田将雅【B】

CW併せ。適度にステッキを入れて追い、1馬身先着。相手も動きが良く、それと比較しても好調さはうかがえるが、四肢の可動域は及第点レベル。伸びはある。【1週前映像なし】

3枠6番 リメインサイレント 牝5 56.0 小牧太【B+】

坂路単走。若干左右にぶれるが、基本的にまっすぐ走れている。脚元はパワフルでしっかりと地面をつかみ、チップを高く舞い上げる。毛ヅヤも良い。【1週前映像なし】


4枠7番 シャトーブランシュ 牝5 56.0 藤岡康太【B+】

CW単走。単走と評価すれば四肢の可動域は狭く、通ったところは馬場の内目で高評価できない調教ではあるものの、関係ない併せ馬を軽々と抜き去っていく脚にははっとさせられる。内容は軽めではあるが、好調そう。【1週前映像なし】

4枠8番 タッチングスピーチ 牝3 54.0 ルメール【B】

坂路併せ。頭は左を向いているが、脚元はダイナミックでパワフルな動き。全体のタイムもまとめ、最後までしっかり走れている。ただ半馬身遅れた。【1週前追い評価:B】

5枠9番 フェリーチェレガロ 牝5 56.0 和田竜二【B-】

CW併せ。相手の鞍上が直線で振り返ったところで馬なりに加速。並ぶ間もなく交わして1馬身半先着した。ただ、終始馬なりで鞍上は追わず。頭のいい馬ではありそうだが、負荷はかかっていない。【1週前映像なし】

5枠10番 ラキシス 牝5 56.0 ムーア【A】

CW単走。ラチ沿いをある程度深く入って、伸びやかな動き。頭を低く保つ好フォームで、四肢の可動域も十分。馬体のシルエットもきれいに仕上がっている。【1週前追い評価:B】

6枠11番 ウインリバティ 牝4 56.0 松山弘平【B-】

坂路単走。進行方向に対して体が右を向く前半。追われて多少はまともになったが、今度は左を向く。まっすぐには走って、首の使い方も上手ではあるが。【1週前追い評価:B-】

6枠12番 マリアライト 牝4 56.0 蛯名正義【B】

W単走。ラチ沿いを深く入り、馬なりに伸び伸びと駆けて反応を確かめた。背中の安定性もあり、きれいな動きで、脚元は力強さより素軽さがある。1週前が良かったのでこれで十分か。【1週前追い評価:B+】



7枠13番 メイショウマンボ 牝5 56.0 武幸四郎【B-】

CW単走。肩の関節が硬く、前脚が出てこない。首を大きく使おうとしているが、それに脚がついてこない印象。【1週前映像なし】

7枠14番 ノボリディアーナ 牝5 56.0 武豊【B-】

坂路併せ。1馬身先着も、最後は脚色が鈍った。目の前にいる馬を、坂に入ったところで並び、交わす調教。並びかけるところで大きく体を離し、そのまま馬体を合わせに行かずに駆けた。鞍上は追わず、終始馬なり。【1週前追い評価:B-】

7枠15番 ルージュバック 牝3 54.0 戸崎圭太【A】

W併せ。1馬身先着。この馬はふつうに走るだけで、A以下はつけられない。全身がバネのようで、大きく弾ける。四肢の可動域は広く、それでいて脚元の回転も鋭い。文句のつけようがない。【1週前追い評価:A】

8枠16番 スマートレイアー 牝5 56.0 浜中俊【C】

坂路単走。頭が右を向いていて、追われてからはましになったとはいえ、右を向くのは変わらない。前脚と後脚のラインはきれいだが、力強さは好調時に劣る。【1週前映像なし】

8枠17番 シュンドルボン 牝4 56.0 アッゼニ【B+】

W単走。脚元の力強さを感じられる追い切り。しっかりと地面をつかみ、前への推進力をきれいに生んでいる。【1週前追い評価:B+】

8枠18番 ヌーヴォレコルト 牝4 56.0 岩田康誠【B】

W単走。脚元の回転に鋭さがある。四肢の可動域は好調時の伸びやかさに欠け、首の可動域も一息だが、全身を大きく使うやわらかい動きは健在。手前をスムースに替えて、すっと伸びられた。【1週前追い評価:B】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/QueenElizabethIICup1W.html

【枠順確定】福島記念(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月14日福島芝2000ハンデ

1枠1番 ヤマカツエース 牡3 54.0 津村明秀【A】

CW単走。ラチ側を深めに入って長めを追われ、最後は鞍上が手綱をしごいてしっかりと負荷をかけた。四肢の可動域は十分で、首も上手に使えている。馬体もすっきり仕上がっている。

1枠2番 マイネルミラノ 牡5 56.0 柴田大知【B+】

W単走。馬場の外目をまっすぐに駆けた。飛節は少々硬いが、肩の出が良く、前脚を大きく伸ばしてきれいに体全体を連動させている。

2枠3番 シャイニープリンス 牡5 56.0 松若風馬【B】

W併せ。外に2頭を置いて、視界に入れながらカーブ。外に2馬身、中に1馬身遅れて直線に入り、そのままゴールした。ただ、ゴール後に中の馬を追い抜くまではやっているので、遅れはそれほど問題ではない。体を大きく使う動きは良し。

2枠4番 アンコイルド 牡6 55.0 中谷雄太【-】

映像なし

3枠5番 メイショウスザンナ 牝6 54.0 鮫島克駿【B-】

坂路単走。脚元の力強さはあるのだが、頭の位置がぶれ、頭も高い。推進力も上に逃げている印象。

3枠6番 フレイムコード 牝6 52.0 菱田裕二【-】

映像なし


4枠7番 ステラウインド 牡6 56.0 北村友一【B-】

W併せ。相手の方が良く見える。外から鋭く迫る相手を何とかアタマ差しのぎ、ゴール後も追われて伸びたが最終的には相手に前へ出られた。発汗も多い。

4枠8番 ミトラ セ7 57.5 柴山雄一【A】

坂路単走。頭を安定させ、首を上下に使ってまっすぐに坂を駆け上がってきた。脚元も安定し、推進力も上々。終始走りのテンポが変わらないのも良い。ハンデは厳しいかもしれないが、動きは文句なし。

5枠9番 ノットフォーマル 牝3 51.0 黛弘人【B】

ポリトラック併せ。内の相手を1馬身差で追いかけ、馬なりに差しきってアタマ差先着。その後も同じ脚色で駆けられた。四肢の可動域は及第点レベル。

5枠10番 メイショウナルト セ7 57.0 幸英明【B】

CW単走。ラチ沿いを深く入り、終始馬なりに駆けた。頭の高い走法で、首の可動域も狭いが、脚元は素軽い。体はすっきり仕上がっている。

6枠11番 セキショウ 牝5 51.0 勝浦正樹【B-】

ポリトラック併せ。相手ときれいに馬体を合わせ、折り合いをつけて併走。そのままアタマ差遅れてゴールし、ゴール後も脚色は変わらなかった。

6枠12番 フラアンジェリコ 牡7 55.0 丸山元気【B】

W単走。馬場の外目を通り、リズム良く駆けた。鞍上が追うだけ伸びる印象で、ゴール後も長く追われた。体は少々太いか。


7枠13番 ファントムライト 牡6 55.0 吉田隼人【B-】

坂路併せ。コースはまっすぐだが、遊び遊び走るので体はふらつく。尻ステッキを2発入れて追われたが、大きくは変わらず。

7枠14番 バロンドゥフォール 牡5 54.0 石橋脩【B+】

W併せ。カーブの動きでは、前膝から繋にかけてのやわらかさに光るものがあり、手前の替え方もスムース。ただ、直線は相手と脚色が同じになり、ハナ差遅れた。ゴール後も抜くところまではやらず。動きはいいので、遅れたがプラス評価とする。

8枠15番 フィロパトール 牝6 51.0 藤懸貴志【B】

W3頭併せの内。馬体を並べて直線に入り、中の馬と一緒に抜け出したものの、ゴール前外の馬が盛り返してきて外にハナ差遅れ、中にハナ差先着。併せだが馬なりで、調教内容は軽い。繋はきれいに返っている。

8枠16番 メイショウカンパク 牡8 53.0 古川吉洋【-】

映像なし

【枠順確定】デイリー杯2歳ステークス(GII)追い切り評価最終版-2015年11月14日京都芝1600馬齢

1枠1番 ウインムート 牡2 55.0 アッゼニ【-】

映像なし

2枠2番 デピュティスカイ 牡2 55.0 北村友一【-】

映像なし

3枠3番 リッチーリッチー 牡2 55.0 シュタル【C】

CW3頭併せの中。内外に半馬身差をつけて直線に入り、強めに追うも外の馬にアタマ差遅れ。内の馬には全く歯が立たなかったとはいえ、これはマイルCS1週前追いのクラリティスカイなので仕方がない。外はヴェルステルキング(500万下)のようなので、この遅れはいただけない。

3枠4番 ウォーターミリオン 牡2 55.0 武幸四郎【B-】

CW併せ。ラチ側を深く入って直線2馬身前に出た相手を追い、やさしい尻ステッキを数発入れて追うも、追いつけず4分の3馬身遅れ。


4枠5番 テイエムハヤブサ 牡2 55.0 国分恭介【C】

坂路単走。鞍上が矯正しようとしても、頭は終始右を向き、体は左のラチ側へ流れようとする。脚元の力強さももの足りない。

4枠6番 メイプルキング 牡2 55.0 長岡禎仁【A】

W併せ。馬場の外目を通り、内からショートカットしてきた相手と並んで直線。軽く合図をするだけですっと伸び半馬身先着した。その後は追わずに勢いを維持する程度に伸び、相手に交わされたが気にしなくても良い。トモの張りは上々で、毛ヅヤも良好。

5枠7番 ナイトオブナイツ 牡2 55.0 松山弘平【A】

CW単走。首の使い方がこの時期の2歳馬とは思えぬほど完成されている。きれいに上下に動かしながら、一定のリズムを刻めている。四肢の可動域も広く、バネのある走りだ。胴の短い馬なので、マイルで持つかどうかは気になるが、追い切り評価としてはA。

5枠8番 キングライオン 牡2 55.0 池添謙一【-】

映像なし

6枠9番 エイシンギガント 牡2 55.0 幸英明【B-】

CW併せ。なんとか併入したが脚色は相手の方が良く、ゴール後に離された。首を低く保つ好フォームで毛ヅヤも良好。鞍上も強めに追っての結果でがこれなので、能力に疑問符。

6枠10番 ノーブルマーズ 牡2 55.0 高倉稜【B+】

CW併せ。ゴール前に伸びてきちんとクビ差先着し、その勢いのまま相手を引き離していった。まだ遊び遊び走っているが、全身をやわらかく使える馬だ。


7枠11番 ラハトケレブ 牡2 55.0 浜中俊【B】

CW単走。ラチ側をある程度深く入って直線へ。首の可動域は狭く、頭も高いが、脚元の動きは良く、弾むような手ごたえもある。

7枠12番 クラウンドジャック 牝2 54.0 和田竜二【-】

映像なし

8枠13番 エアスピネル 牡2 55.0 武豊【B】

坂路併せ。脚元にやわらかさはあるのだが、首を上下でなく前後に使う。ただ、全体のタイムは良く、クビ差遅れはしたが、徐々に脚を伸ばしていけたことは評価できる。

8枠14番 シュウジ 牡2 55.0 岩田康誠【B】

坂路単走。一完歩ごとに首の動かし方が微妙に変わるため、フォームは安定しないものの、首は大きく使えている。四肢の可動域は及第点レベル。最後は若干脚色が鈍ったが、1馬身先着した。

【枠順確定】東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月14日東京ダ1600別定

1枠1番 ツクバコガネオー セ7 56.0 柴田善臣【B】

坂路単走。体のバランスは良く、毛ヅヤも良さそう。走りに安定感があり、同じリズムでテンポ良く坂を駆け上がってきた。気になるのは、頭が右のラチ側を常に向いている点。それがなければプラス評価したのだが。

2枠2番 ニシケンモノノフ 牡4 56.0 横山典弘【-】

映像なし

3枠3番 アドマイヤロイヤル 牡8 56.0 内田博幸【B】

坂路単走。前半は若干後脚が流れるものの、体のバランスを保ってまっすぐに駆けてきた。後半、バテかけたところで鞍上がステッキを抜き、合図をするが反応は鈍く、脚色が落ちたことは問題。

3枠4番 フィールザスマート 牡4 56.0 田中勝春【B+】

W3頭併せの内。馬場の真ん中あたりを通ったので、タイムほどではない。直線馬体を合わせて中にハナ差、外にアタマ差先着した。ゴール後もそのままの間隔を維持してきれいに駆けられている。飛節のクッションがあり、後脚の繋にやわらかさを感じる。


4枠5番 モーニン 牡3 55.0 川田将雅【A】

坂路単走。前脚でパワフルに地面をつかみ、後脚をやわらかく使って前への推進力を生んでいる。首を大きく使って全身運動できているところも評価。脚色は最後まで衰えず、むしろ伸びたほど。

4枠6番 オーブルチェフ 牡6 56.0 北村宏司【-】

映像なし

5枠7番 グレープブランデー 牡7 58.0 ベリー【B-】

坂路単走。最後はステッキを入れて追われ、脚を伸ばしてきたが、バランスに問題。前脚を上げる方向が右前で、そこから地面をつかもうとする。終始舌も出している。

5枠8番 ベルゲンクライ 牡5 56.0 三浦皇成【B+】

W併せ。馬場の外目を通って直線で並ばれ、そこから併走。追いすがる相手に軽く気合いをつけただけでクビ差先着し、ゴール後はぐいぐい脚を伸ばした。気配は良好。トモは若干ゆるい。

6枠9番 ナガラオリオン 牡6 56.0 柴山雄一【-】

映像なし

6枠10番 ノンコノユメ 牡3 58.0 ルメール【B-】

W3頭併せの中。きれいに並んで直線に入り、遅れ気味の外の馬を尻目に馬なりに抜け出しかけたが、そこでこらえて再び差してきた外を含めて3頭が併入。きれいな調教だ。ただ、この馬の動きには重さが感じられ、四肢の可動域も及第点に足りない。


7枠11番 ゴールデンバローズ 牡3 55.0 ムーア【A】

W併せ。カーブから馬体を合わせていた相手と並んで直線。相手の方を向いて気合いをためて、抜け出してからは一人旅。ゴール後も四肢を大きく使ってぐいぐい伸びた。発汗が多く、毛ヅヤももの足りないが、動きの良さだけでAをつける。

7枠12番 チャーリーブレイヴ セ5 56.0 蛯名正義【B】

W併せ。直線馬なりに抜け出そうとするも、そこまでの手ごたえはなく、クビ差先着まで。ゴール後も同じペースで伸びたが、相手に追いつかれた。動きそのものは悪くないが。

8枠13番 タガノトネール セ5 57.0 戸崎圭太【C】

坂路単走。体が進行方向の右を向き、左後肢が流れる。終始舌も出している。鞍上が最後に強めの尻ステッキを2発入れたが、気配は変わらなかった。

8枠14番 セカンドテーブル 牡3 55.0 義英真【-】

映像なし

2015年11月12日

【水曜追い】デイリー杯2歳ステークス(GII)追い切り評価-2015年11月14日京都芝1600馬齢

ウォーターミリオン 55.0 【B-】

CW併せ。ラチ側を深く入って直線2馬身前に出た相手を追い、やさしい尻ステッキを数発入れて追うも、追いつけず4分の3馬身遅れ。

エアスピネル 55.0 【B】

坂路併せ。脚元にやわらかさはあるのだが、首を上下でなく前後に使う。ただ、全体のタイムは良く、クビ差遅れはしたが、徐々に脚を伸ばしていけたことは評価できる。

エイシンギガント 55.0 【B-】

CW併せ。なんとか併入したが脚色は相手の方が良く、ゴール後に離された。首を低く保つ好フォームで毛ヅヤも良好。鞍上も強めに追っての結果でがこれなので、能力に疑問符。

シュウジ 55.0 【B】

坂路単走。一完歩ごとに首の動かし方が微妙に変わるため、フォームは安定しないものの、首は大きく使えている。四肢の可動域は及第点レベル。最後は若干脚色が鈍ったが、1馬身先着した。

テイエムハヤブサ 55.0 【C】

坂路単走。鞍上が矯正しようとしても、頭は終始右を向き、体は左のラチ側へ流れようとする。脚元の力強さももの足りない。


ナイトオブナイツ 55.0 【A】

CW単走。首の使い方がこの時期の2歳馬とは思えぬほど完成されている。きれいに上下に動かしながら、一定のリズムを刻めている。四肢の可動域も広く、バネのある走りだ。胴の短い馬なので、マイルで持つかどうかは気になるが、追い切り評価としてはA。

ノーブルマーズ 55.0 【B+】

CW併せ。ゴール前に伸びてきちんとクビ差先着し、その勢いのまま相手を引き離していった。まだ遊び遊び走っているが、全身をやわらかく使える馬だ。

メイプルキング 55.0 【A】

W併せ。馬場の外目を通り、内からショートカットしてきた相手と並んで直線。軽く合図をするだけですっと伸び半馬身先着した。その後は追わずに勢いを維持する程度に伸び、相手に交わされたが気にしなくても良い。トモの張りは上々で、毛ヅヤも良好。

ラハトケレブ 55.0 【B】

CW単走。ラチ側をある程度深く入って直線へ。首の可動域は狭く、頭も高いが、脚元の動きは良く、弾むような手ごたえもある。

リッチーリッチー 55.0 【C】

CW3頭併せの中。内外に半馬身差をつけて直線に入り、強めに追うも外の馬にアタマ差遅れ。内の馬には全く歯が立たなかったとはいえ、これはマイルCS1週前追いのクラリティスカイなので仕方がない。外はヴェルステルキング(500万下)のようなので、この遅れはいただけない。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)追い切り評価-2015年11月14日東京ダ1600別定

アドマイヤロイヤル 56.0 【B】

坂路単走。前半は若干後脚が流れるものの、体のバランスを保ってまっすぐに駆けてきた。後半、バテかけたところで鞍上がステッキを抜き、合図をするが反応は鈍く、脚色が落ちたことは問題。

グレープブランデー 58.0 【B-】

坂路単走。最後はステッキを入れて追われ、脚を伸ばしてきたが、バランスに問題。前脚を上げる方向が右前で、そこから地面をつかもうとする。終始舌も出している。

ゴールデンバローズ 55.0 【A】

W併せ。カーブから馬体を合わせていた相手と並んで直線。相手の方を向いて気合いをためて、抜け出してからは一人旅。ゴール後も四肢を大きく使ってぐいぐい伸びた。発汗が多く、毛ヅヤももの足りないが、動きの良さだけでAをつける。

タガノトネール 57.0 【C】

坂路単走。体が進行方向の右を向き、左後肢が流れる。終始舌も出している。鞍上が最後に強めの尻ステッキを2発入れたが、気配は変わらなかった。

チャーリーブレイヴ 56.0 【B】

W併せ。直線馬なりに抜け出そうとするも、そこまでの手ごたえはなく、クビ差先着まで。ゴール後も同じペースで伸びたが、相手に追いつかれた。動きそのものは悪くないが。


ツクバコガネオー 56.0 【B】

坂路単走。体のバランスは良く、毛ヅヤも良さそう。走りに安定感があり、同じリズムでテンポ良く坂を駆け上がってきた。気になるのは、頭が右のラチ側を常に向いている点。それがなければプラス評価したのだが。

ノンコノユメ 58.0 【B-】

W3頭併せの中。きれいに並んで直線に入り、遅れ気味の外の馬を尻目に馬なりに抜け出しかけたが、そこでこらえて再び差してきた外を含めて3頭が併入。きれいな調教だ。ただ、この馬の動きには重さが感じられ、四肢の可動域も及第点に足りない。

フィールザスマート 56.0 【B+】

W3頭併せの内。馬場の真ん中あたりを通ったので、タイムほどではない。直線馬体を合わせて中にハナ差、外にアタマ差先着した。ゴール後もそのままの間隔を維持してきれいに駆けられている。飛節のクッションがあり、後脚の繋にやわらかさを感じる。

ベルゲンクライ 56.0 【B+】

W併せ。馬場の外目を通って直線で並ばれ、そこから併走。追いすがる相手に軽く気合いをつけただけでクビ差先着し、ゴール後はぐいぐい脚を伸ばした。気配は良好。トモは若干ゆるい。

モーニン 55.0 【A】

坂路単走。前脚でパワフルに地面をつかみ、後脚をやわらかく使って前への推進力を生んでいる。首を大きく使って全身運動できているところも評価。脚色は最後まで衰えず、むしろ伸びたほど。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】福島記念(GIII)追い切り評価-2015年11月14日福島芝2000ハンデ

アロマカフェ 54.0 【B-】

坂路単走。前半後脚は流れたが、後半のバランスは良化。ただ、動きは重い。

シャイニープリンス 56.0 【B】

W併せ。外に2頭を置いて、視界に入れながらカーブ。外に2馬身、中に1馬身遅れて直線に入り、そのままゴールした。ただ、ゴール後に中の馬を追い抜くまではやっているので、遅れはそれほど問題ではない。体を大きく使う動きは良し。

ステラウインド 56.0 【B-】

W併せ。相手の方が良く見える。外から鋭く迫る相手を何とかアタマ差しのぎ、ゴール後も追われて伸びたが最終的には相手に前へ出られた。発汗も多い。

セキショウ 51.0 【B-】

ポリトラック併せ。相手ときれいに馬体を合わせ、折り合いをつけて併走。そのままアタマ差遅れてゴールし、ゴール後も脚色は変わらなかった。


ネコタイショウ 51.0 【B+】

W単走。内に関係ない併せ馬を見ながら、馬場の外側を雄大に駆けた。体を大きく使う好フォームで、馬体の張りも良し。発汗は気になるが、好調そう。

ノットフォーマル 51.0 【B】

ポリトラック併せ。内の相手を1馬身差で追いかけ、馬なりに差しきってアタマ差先着。その後も同じ脚色で駆けられた。四肢の可動域は及第点レベル。

バロンドゥフォール 54.0 【B+】

W併せ。カーブの動きでは、前膝から繋にかけてのやわらかさに光るものがあり、手前の替え方もスムース。ただ、直線は相手と脚色が同じになり、ハナ差遅れた。ゴール後も抜くところまではやらず。動きはいいので、遅れたがプラス評価とする。

ファントムライト 55.0 【B-】

坂路併せ。コースはまっすぐだが、遊び遊び走るので体はふらつく。尻ステッキを2発入れて追われたが、大きくは変わらず。

フィロパトール 51.0 【B】

W3頭併せの内。馬体を並べて直線に入り、中の馬と一緒に抜け出したものの、ゴール前外の馬が盛り返してきて外にハナ差遅れ、中にハナ差先着。併せだが馬なりで、調教内容は軽い。繋はきれいに返っている。


フラアンジェリコ 55.0 【B】

W単走。馬場の外目を通り、リズム良く駆けた。鞍上が追うだけ伸びる印象で、ゴール後も長く追われた。体は少々太いか。

マイネルミラノ 56.0 【B+】

W単走。馬場の外目をまっすぐに駆けた。飛節は少々硬いが、肩の出が良く、前脚を大きく伸ばしてきれいに体全体を連動させている。

ミトラ 57.5 【A】

坂路単走。頭を安定させ、首を上下に使ってまっすぐに坂を駆け上がってきた。脚元も安定し、推進力も上々。終始走りのテンポが変わらないのも良い。ハンデは厳しいかもしれないが、動きは文句なし。

メイショウスザンナ 54.0 【B-】

坂路単走。脚元の力強さはあるのだが、頭の位置がぶれ、頭も高い。推進力も上に逃げている印象。

ヤマカツエース 54.0 【A】

CW単走。ラチ側を深めに入って長めを追われ、最後は鞍上が手綱をしごいてしっかりと負荷をかけた。四肢の可動域は十分で、首も上手に使えている。馬体もすっきり仕上がっている。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】エリザベス女王杯(GI)追い切り評価-2015年11月15日京都芝2200定量

ウインリバティ 56.0 【B-】

坂路単走。進行方向に対して体が右を向く前半。追われて多少はまともになったが、今度は左を向く。まっすぐには走って、首の使い方も上手ではあるが。【1週前追い評価:B-】

カノン 56.0 【C】

CW単走。ラチ側をある程度深く入って直線追われたが、四肢の可動域がもの足りない。体も薄く、細い。非力に映る。【1週前映像なし】

クイーンズリング 54.0 【B】

坂路併せ。半馬身先着も、相手に馬体を合わせにいくときの気合いが不足気味。淡々と動いている印象だ。ただ、体のバランスは悪くはない。【1週前追い評価:B】

シャトーブランシュ 56.0 【B+】

CW単走。単走と評価すれば四肢の可動域は狭く、通ったところは馬場の内目で高評価できない調教ではあるものの、関係ない併せ馬を軽々と抜き去っていく脚にははっとさせられる。内容は軽めではあるが、好調そう。【1週前映像なし】

シュンドルボン 56.0 【B+】

W単走。脚元の力強さを感じられる追い切り。しっかりと地面をつかみ、前への推進力をきれいに生んでいる。【1週前追い評価:B+】

スマートレイアー 56.0 【C】

坂路単走。頭が右を向いていて、追われてからはましになったとはいえ、右を向くのは変わらない。前脚と後脚のラインはきれいだが、力強さは好調時に劣る。【1週前映像なし】



タガノエトワール 56.0 【B】

CW併せ。適度にステッキを入れて追い、1馬身先着。相手も動きが良く、それと比較しても好調さはうかがえるが、四肢の可動域は及第点レベル。伸びはある。【1週前映像なし】

タッチングスピーチ 54.0 【B】

坂路併せ。頭は左を向いているが、脚元はダイナミックでパワフルな動き。全体のタイムもまとめ、最後までしっかり走れている。ただ半馬身遅れた。【1週前追い評価:B】

ヌーヴォレコルト 56.0 【B】

W単走。脚元の回転に鋭さがある。四肢の可動域は好調時の伸びやかさに欠け、首の可動域も一息だが、全身を大きく使うやわらかい動きは健在。手前をスムースに替えて、すっと伸びられた。【1週前追い評価:B】

ノボリディアーナ 56.0 【B-】

坂路併せ。1馬身先着も、最後は脚色が鈍った。目の前にいる馬を、坂に入ったところで並び、交わす調教。並びかけるところで大きく体を離し、そのまま馬体を合わせに行かずに駆けた。鞍上は追わず、終始馬なり。【1週前追い評価:B-】

パワースポット 56.0 【B】

坂路単走。首の動きが上下でなく前後になっている一完歩があり、動きの安定性に欠ける。ただ、脚元はしっかり。テンポも良く、弾むような手ごたえもある。毛ヅヤも悪くない。【1週前追い評価:C】

フェリーチェレガロ 56.0 【B-】

CW併せ。相手の鞍上が直線で振り返ったところで馬なりに加速。並ぶ間もなく交わして1馬身半先着した。ただ、終始馬なりで鞍上は追わず。頭のいい馬ではありそうだが、負荷はかかっていない。【1週前映像なし】



フーラブライド 56.0 【B-】

CW併せ。4頭併せの最内のようなポジションで、馬場の真ん中外目を走った。相手は早々に遅れ、直線入り口では先頭に。そのまま後続に影を踏ませず引き離した。ただ、動きはさほどではなく、脚元の回転力に乏しい。【1週前追い評価:B-】

マリアライト 56.0 【B】

W単走。ラチ沿いを深く入り、馬なりに伸び伸びと駆けて反応を確かめた。背中の安定性もあり、きれいな動きで、脚元は力強さより素軽さがある。1週前が良かったのでこれで十分か。【1週前追い評価:B+】

メイショウマンボ 56.0 【B-】

CW単走。肩の関節が硬く、前脚が出てこない。首を大きく使おうとしているが、それに脚がついてこない印象。【1週前映像なし】

ラキシス 56.0 【A】

CW単走。ラチ沿いをある程度深く入って、伸びやかな動き。頭を低く保つ好フォームで、四肢の可動域も十分。馬体のシルエットもきれいに仕上がっている。【1週前追い評価:B】

リラヴァティ 56.0 【B】

坂路併せ。管が太くパワフルに映り、脚元の関節にやわらかさもある。アタマ差遅れたが、好仕上がり。【1週前映像なし】

ルージュバック 54.0 【A】

W併せ。1馬身先着。この馬はふつうに走るだけで、A以下はつけられない。全身がバネのようで、大きく弾ける。四肢の可動域は広く、それでいて脚元の回転も鋭い。文句のつけようがない。【1週前追い評価:A】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/QueenElizabethIICup1W.html


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年11月8日

アルゼンチン共和国杯の反省と全着順-2015年11月8日のレース

1着【A:1人気】15番 ゴールドアクター 2:34.0
2着【映像なし:4人気】14番 メイショウカドマツ 2:34.0
3着【B:3人気】18番 レーヴミストラル 2:34.4
4着【B-:7人気】9番 サトノノブレス 2:34.6
5着【B:8人気】1番 スーパームーン 2:34.7
6着【C:10人気】3番 マイネルフロスト 2:34.7
7着【B:2人気】8番 プロモントーリオ 2:34.7
8着【映像なし:12人気】12番 ラブイズブーシェ 2:34.9
9着【B:11人気】5番 スズカデヴィアス 2:34.9
10着【B+:5人気】6番 レコンダイト 2:35.0
11着【B-:15人気】2番 プランスペスカ 2:35.1
12着【B:9人気】13番 ロンギングダンサー 2:35.6
13着【B:14人気】4番 ヴァーゲンザイル 2:35.8
14着【B-:17人気】16番 マイネルメダリスト 2:35.9
15着【B-:18人気】11番 サイモントルナーレ 2:36.0
16着【B-:16人気】17番 ニューダイナスティ 2:36.1
17着【B:13人気】7番 フラガラッハ 2:36.3
18着【B:6人気】10番 ヒラボクディープ 2:38.1

A評価1頭、B+評価1頭。良く見える馬の少ないレースだったが、A評価ゴールドアクターが1番人気にこたえた。2着は映像なしのメイショウカドマツで、この馬はパドックで最も良く見えたので買う。3着のB評価レーヴミストラルは川田騎手なので買う。簡単に3連複が取れてしまった。1,4,3番人気で3990円はおいしい配当である。


ゴールドアクターのパドックは、とても評価できるものではない。入れ込みがきつく、飛節まで白い汗が垂れ、尻ッパネをすることもあった。ただ、この馬はいつもひどいのだ。追い切りは良かったので買わざるをえない。最も良く見えたのは、その前を歩いていたメイショウカドマツだった。関節がやわらかく、大きく体を使えていた。重馬場得意で東京実績もあり。これは買いだろう。レーヴミストラルはそれほどでもなかった。尻に汗は浮いていたが、大丈夫なレベル。そのほかでは、追い切りB+のレコンダイトも悪くない。そのほかで買いたくなったのは、順番を無視して最後尾を歩く買いサインのヒラボクディープくらい。残念ながらレースも最下位だった。こういうこともある。

レースは、フラガラッハが出遅れたが、2500メートル戦では十分に挽回が効く程度。スズカデヴィアスがハナを奪い、メイショウカドマツは折り合って2番手へ。そのまま一団になってスローペースで進み、4コーナー過ぎでメイショウカドマツが先頭へ。抜け出したところをその後ろにつけていたゴールドアクターがハナ差差しきった。後ろからのレースになったレーヴミストラルはいいタイミングで外へ出し、伸びるぎりぎりのコースを取ってメンバー唯一の上がり3F33秒台の脚で3着まで持ってきた。

勝ち時計の2分34秒0は、重馬場なのでなんとも言えない。過去10年はすべて良馬場で、最も遅いタイムは2005年の2分32秒4。勝ったサクラセンチュリーは57.5キロを背負っていた。今回のゴールドアクターは56キロだが重馬場。ただ、前半1100メートルの通過は、2005年が67.9で今年は69.8なので、その差を考えると好タイムと見ることもできる。勝ったゴールドアクターは、大切に使われてきて、本格化したと見ていいだろう。これからGIを狙うためにも、もう少しパドックで落ち着けるようになってほしい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2015/11/CopaRepublicaArgentina.html

みやこステークスの反省と全着順-2015年11月8日のレース

1着【B:7人気】2番 ロワジャルダン 1:47.8
2着【B+:6人気】4番 カゼノコ 1:47.8
3着【B-:4人気】1番 ローマンレジェンド 1:47.8
4着【A:8人気】7番 アスカノロマン 1:48.3
5着【B-:3人気】9番 クリノスターオー 1:48.4
6着【B:1人気】11番 ダノンリバティ 1:48.4
7着【B-:2人気】3番 モンドクラッセ 1:48.6
8着【映像なし:11人気】8番 スリータイタン 1:48.7
9着【A:10人気】6番 マイネルクロップ 1:49.2
10着【B:9人気】5番 エーシンモアオバー 1:49.7
11着【B:5人気】10番 ソロル 1:50.3

A評価2頭、B+評価1頭。B→B+→B-で決まった。どうしようもない結果とはいえ、1番人気ダノンリバティの調子について、そこまで良くないとコメントできたので、参考にはなったかもしれない。A評価8番人気アスカノロマンは直線不利を受けながら4着にがんばったが、3着との差は大きかった。

パドックで最も良く見えたのは、9歳の逃げ馬、エーシンモアオバーだった。気合いの乗りが良く、尾をまっすぐに垂らしてそれを後脚に巻き込むような歩き方。上がり馬モンドクラッセとの先行争いは十分に制することができそうだった。結果はバテて10着になった、先行争いはきちんと制した。そのモンドクラッセは後脚の踏み込みに力強さが不足しているように見たため、消した。A評価2頭は悪くなかった。ただ、マイネルクロップはプラス体重で太く見える芦毛にもかかわらず、馬体が小さく映ったことだけ気になった。1番人気ダノンリバティについて。尾の雰囲気はエーシンモアオバーと似ているのだが、尻に浮いている白い汗が尾に付着していた。こういう馬はあまり買いたくない。相変わらず前膝から繋にかけてやわらかく、きれいな動きをするものの、調子落ちと見ていたこともあり、切った。

レースは、ダノンリバティが若干出負け。出ムチをくれてエーシンモアオバーが先頭へ。スタートから1コーナーまでの動きは、四肢を大きく使うすばらしいものだった。そのまま最内を逃げる。2番手になったモンドクラッセは、砂をかぶらせたくないのだろう、2~3馬身離して外目を追走する。その外からクリノスターオー。ローマンレジェンドはその後ろで経済コースを進んだ。ローマンレジェンドから外へ4頭が半馬身差ずつ並び、大外がダノンリバティ。コーナー4つでこのコースロスは大きかったはずだ。カゼノコは最後尾の前で、後ろから。前半1000メートルの通過は59.4とハイペースになった。追い込みの効く展開だ。4コーナーでエーシンモアオバーの脚色がなくなる。モンドクラッセが一瞬前へ出たが、それを後ろから経済コースを通ってきたローマンレジェンドが交わし、それをさらに後ろの経済コースでがまんしてきたロワジャルダンが内からとらえる。抜け出した2頭に後ろから飛んできたカゼノコが迫ったところがゴールだった。

勝ち時計の1分47秒8は、1800メートルのJRAレコードに並ぶ好タイムになった。ただ、ペースがかなり速かったことと、1,3着馬が内枠から経済コースを通った結果であることを考えると、秋山騎手に手綱が戻り、58キロを克服して自分の形で結果を出したカゼノコを次走では上に見たい。チャンピオンズCは左回りの中京で、さらに出られるかどうかは賞金から微妙かもしれないが。

評価詳細へ

2015年11月7日

京王杯2歳ステークスの反省と全着順-2015年11月7日のレース

1着【映像なし:2人気】18番 ボールライトニング 1:22.6
2着【A:6人気】15番 アドマイヤモラール 1:22.8
3着【B+:1人気】4番 シャドウアプローチ 1:22.8
4着【B+:7人気】8番 レッドラウダ 1:22.8
5着【B:5人気】13番 トウショウドラフタ 1:22.8
6着【B:13人気】3番 オデュッセウス 1:22.9
7着【A:14人気】14番 トップライセンス 1:23.1
8着【C:12人気】16番 サイモンゼーレ 1:23.3
9着【B-:10人気】11番 フジマサアクトレス 1:23.4
10着【B-:11人気】6番 ヒルダ 1:23.4
11着【B+:8人気】2番 ボーダレス 1:23.5
12着【B:4人気】12番 モーゼス 1:23.5
13着【B:9人気】7番 キングライオン 1:23.7
14着【B:3人気】1番 レッドカーペット 1:23.9
15着【B:15人気】9番 フリームーヴメント 1:24.0
16着【映像なし:18人気】10番 マザックヤース 1:24.3
17着【C:17人気】5番 コマノドリーム 1:24.4
18着【B-:16人気】17番 アンナトルテ 1:25.6

A評価2頭、B+評価3頭。映像なしが2頭で、その1頭ボールライトニングが勝利。2着がA評価の6番人気アドマイヤモラールで、3着がB+評価の1番人気、シャドウアプローチ。A評価のもう1頭は14番人気トップライセンスで、見せ場のある7着にがんばったので、まあまあの結果だ。

ボールライトニングは、馬仲間のK君が「追い切り映像はないけれど新馬戦の内容が良く、人気薄になるので買い」と推奨してくれた。新馬戦を確認したところ、確かに持ったままでお行儀良く抜け出す好内容。浜中騎手が続けて乗らないのが不思議になるほどだ。ただ、新馬戦の勝ちは経済コースを通ってのもの。今回の大外枠がどうなのか、という悩みどころもあった。

ふたを開けると、ボールライトニングは2番人気。パドックでは外を回って踏み込みも良し。十分に拾える。買い目は、A評価2頭とこの馬の馬連BOX、A評価2頭からこの馬とB+評価3頭への3連複。たまには人の言うことを聞くものである。パドックで抜群にいい馬はいなかったが、ほかに良く見えたのはモーゼス。後脚の可動域は広く、外を回って好気配。映像なしのマザックヤースも悪くはない。A評価のトップライセンスは舌を出していたが踏み込みは良く、アドマイヤモラールは入れ込み気味も気合いと取れる程度で、脚元がしっかりしていた。

迎えたレース、最後に入ったボールライトニングはゼッケン周りにひどい発汗で、頭を抱えた。ゲート内で何度か立ち上がっていたヒルダがちょうど落ち着いたタイミングでゲートが開く。レッドカーペットが出遅れた以外はスムースなスタートだが、モーゼスは行き脚つかず。レッドラウダがハナに立ち、サイモンゼーレが追う。続いてシャドウアプローチ。前半3Fは36.5のスローペース。一団となって4コーナーを迎えたところでボールライトニングは3番手まで押し上げ、坂を上がってからの追い比べ。抜け出したのはボールライトニングだった。あれだけ発汗して勝ってしまうのだから、この馬は相当強いのかもしれない。2着争いは際どく、アドマイヤモラールがハナ差制した。

勝ち時計の1分22秒6は平凡で、この結果が朝日杯FSに直結するとは考えにくいが、このメンバーならボールライトニングは着差が示すとおり、抜けている。上がり3F最速のオデュッセウスと、伸びないコースを通って7着まで押し上げたA評価トップライセンスは今度も注目したい。なお、トップライセンスは牝馬最先着だった。

評価詳細へ

KBS京都賞ファンタジーステークスの反省と全着順-2015年11月7日のレース

1着【映像なし:5人気】11番 キャンディバローズ 1:21.9
2着【B-:6人気】3番 メジェルダ 1:21.9
3着【C:1人気】6番 ブランボヌール 1:21.9
4着【B:4人気】7番 ワントゥワン 1:21.9
5着【B-:7人気】10番 タガノヴィアーレ 1:22.0
6着【B+:2人気】9番 メイショウスイヅキ 1:22.2
7着【A:9人気】2番 ピュアコンチェルト 1:22.3
8着【B+:3人気】4番 アドマイヤリード 1:22.3
9着【B:10人気】12番 コパノディール 1:22.7
10着【B-:8人気】1番 キリシマオジョウ 1:23.1
11着【映像なし:11人気】5番 タイセイマライカ 1:23.3
12着【C:12人気】8番 セレッソプリマベラ 1:24.4

A評価1頭、B+評価2頭。仲良く6~8着に沈み、映像なしのキャンディバローズが勝ってしまった。東西で映像なしの馬が勝つという妙な日になった。2着はB-評価メジェルダ、3着にC評価ブランボヌール。ごめんなさい。

パドックで、まず頭を抱えたのがアドマイヤリードの体だった。細すぎるのだ。こういうシルエットの馬が重賞を勝てるとはとうてい考えられない。肩の出も良くない。本来なら切りたいのだが追い切りは良く、鞍上は川田騎手。祈るしかなかった。結果は8着。ほかの高評価2頭はどちらも良く見えた。ピュアコンチェルトは皮膚が薄く、いかにも走りそう。メイショウスイヅキは気合い乗り良く、踏み込みもしっかり。そろって圏外だった。

レース。ゲートは各馬きれいに出た。ハナを奪ったのはメジェルダで、そこにタガノヴィアーレがかかって絡む。その後ろに1番人気ブランボヌールがつけた。そこにキャンディバローズが並びかけていく。前半3Fは35.4。小頭数だが縦長で、前にいる馬に有利な展開になった。直線まで隊列は変わらず。着順は前後したが、前につけた4頭がすべて掲示板に載り、後ろから飛んできたワントゥワンは惜しくも届かなかった。この展開で最も強いレースをしたのは、切れ味を見せつけたワントゥワンだったのではないだろうか。

勝ち時計の1分21秒9は、いまの淀の馬場を考えると遅い。今回は展開が結果を左右した側面もある。今後、最も期待できるのは、良血ワントゥワンだろう。個人的には、形が好みのピュアコンチェルトに期待したい。

評価詳細へ

2015年11月6日

【枠順確定】アルゼンチン共和国杯(GII)追い切り評価最終版-2015年11月8日東京芝2500ハンデ

1枠1番 スーパームーン 牡6 55.0 内田博幸【B】

W3頭併せの中。外から1馬身ずつ離れて直線に入り、粘る外を交わし、迫る内をしのいでアタマ差先着。適度にステッキを入れて追い、ゴール後もゆるめることなく長く追った。動きは及第点レベルだが、調教内容は良い。

1枠2番 プランスペスカ 牡5 53.0 熊沢重文【B-】

坂路単走。後脚は若干流れるものの、脚元の回転力は良い。一方、首の使い方はいまいちで、まっすぐに坂を上らず、左へ流れた。体も小さく映る。

2枠3番 マイネルフロスト 牡4 57.0 松岡正海【C】

W併せ。相手の内でじっと我慢させ、最後にきっちり交わすことを狙った調教なのだろうが、馬に走る気がない。まるで手綱を引っ張られたかのように頭を上げ、交わさず同入。その後もアゴを上げて苦しそうなそぶりを見せた。

2枠4番 ヴァーゲンザイル セ7 54.0 田辺裕信【B】

坂路単走。前脚の着地はペタペタするイメージで、飛節も硬い。ただ、まっすぐに走れていて、ペースも良く、首を上手に使って前への推進力を生み出そうとしている。

3枠5番 スズカデヴィアス 牡4 56.0 藤岡康太【B】

坂路併せ。ラチ沿いで馬体を合わせ、相手が脚をなくした段階で前へ。3馬身先着し、関係ない右側の併せ馬にもアタマ差先着。抜け出したときに右へよれたが、鞍上がステッキを抜くだけで立て直したことは評価できる。脚元の力強さはいまいちも、全体のタイムはまとめた。

3枠6番 レコンダイト 牡5 55.0 柴田善臣【B+】

坂路併せ。ラチ沿いをまっすぐに駆け、リードを保って半馬身先着。後半、脚色が衰えかけたが、気合いをつけて最後までしっかり追われた。


4枠7番 フラガラッハ 牡8 57.0 高倉稜【B】

坂路単走。前半だけならA。バランスが良いシンメトリーな動きでまっすぐに駆けられた。後半、若干つまづくような一完歩があり、そこから脚が上がった。鞍上はステッキを使って追ったが立て直せず。

4枠8番 プロモントーリオ 牡5 55.0 デムーロ【B】

坂路単走。前半、体が進行方向にまっすぐ入らず、若干右を向いていたが、立て直してまっすぐに。そこからは安定したフォームで駆けられた。タイムは出ていないが、動きは悪くない。

5枠9番 サトノノブレス 牡5 58.0 和田竜二【B-】

CW併せ。2馬身前を行かせた馬の内に入れ、直線で加速。鞍上は長く手を動かして強めに追い、半馬身先着した。ゴール前に差し返され差を詰められたことと、終われた割に伸びないことは割引。首の使い方もぎこちない。

5枠10番 ヒラボクディープ 牡5 57.0 池添謙一【B】

W併せ。相手の内に並び、ハナ差からクビ差のリードを保って、そのまま先着。ゴール後も抜かせなかった。首の使い方は若干ぎこちないが、肩の出は良く、前腕を高く上げてきれいに駆けられている。

6枠11番 サイモントルナーレ 牡9 49.0 石神深一【B-】

ダート併せ。軽く気合いをつけた程度で馬なりで併走し、同入。頭が相手の方を向いていて、これは勝負根性を見せたというよりバランスの悪さが出た印象。四肢の動きも及第点レベル。

6枠12番 ラブイズブーシェ 牡6 57.0 古川吉洋【-】

映像なし


7枠13番 ロンギングダンサー 牡6 53.0 吉田豊【B】

ポリトラック3頭併せの外。内の2頭の2馬身後方からきれいに差しきり、1馬身先着したが、ゴール後すぐにゆるめた。

7枠14番 メイショウカドマツ 牡6 55.0 蛯名正義【-】

映像なし

7枠15番 ゴールドアクター 牡4 56.0 吉田隼人【A】

W併せ。1馬身前を行かせた馬の横にすっと並び、そこでしばし併走。軽く気合いを付けただけでスムースに伸び、1馬身先着。ゴール後もぐいぐい伸びた。四肢の可動域も広く、申し分のない仕上がり。

8枠16番 マイネルメダリスト 牡7 56.0 柴田大知【B-】

ダート併せ。併走馬とずっと同じペースで同入した。走りは軽やかだが、四肢の可動域は狭く、飛節が硬い。

8枠17番 ニューダイナスティ 牡6 55.0 石川裕紀【B-】

坂路併せ。頭が相手のいない右側を向き、鞍上が必死に制御して最後はまっすぐに走らせたものの、ステッキを入れても伸びず1馬身遅れ。まっすぐ向いてからの動きのバランスは悪くないが、回転力に乏しい。

8枠18番 レーヴミストラル 牡3 55.0 川田将雅【B】

CW併せ。はるか前で併せていた2頭の内にカーブをショートカットして並びかけ、手ごたえ良く交わして置き去りにした。馬体のシルエットは美しく、四肢の可動域は十分だが、頭の高い走りなので評価が難しい。

【枠順確定】みやこステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月8日京都ダ1800別定

1枠1番 ローマンレジェンド 牡7 58.0 岩田康誠【B-】

坂路併せ。ただ、相手を全く気にせず置き去りにしたので実質単走。脚元はパワフルで、チップを高く舞い上げるのだが、体の向きは進行方向より右。最後はステッキを使って追うも、脚が上がってしまった。

2枠2番 ロワジャルダン 牡4 56.0 浜中俊【B】

ダート単走。カーブはのんびり入り、直線で軽く気合いをつけるもそのまま馬なり、最後にさわる程度の肩ステッキを入れても反応せず、馬なりのまま。内容は軽すぎ、追い切りだけで高評価はできないが、前走から間隔が詰まっていることを考えるとこれでも問題ない。シルエットはきれいで、走り方も素軽く、関節のやわらかさもわかる。

3枠3番 モンドクラッセ 牡4 56.0 三浦皇成【B-】

W単走。発汗が多く、尾に余計な力が入っている。四肢の可動域がある程度広いところは評価できるが、頭が高く首の使い方はぎこちない。


4枠4番 カゼノコ 牡4 58.0 秋山真一【B+】

CW併せ。2馬身前を行かせた馬の内へ、カーブをショートカットして並びかけ、馬なりに伸びるが最後はアタマ差遅れ。ただ、馬体の張りと毛ヅヤの良さは目を引き、弾むような手ごたえで伸びている。遅れはマイナスで、ゴール後にすぐにゆるめたのもいただけないが、思い切って評価を上げる。

5枠5番 エーシンモアオバー 牡9 58.0 小牧太【B】

ダート単走。あまり見ない栗東Bコース追い。首の可動域が狭く、そのせいで四肢の可動域も狭いのだが、動きに鋭さがある不思議な走り方をする。

6枠6番 マイネルクロップ 牡5 57.0 アッゼニ【A】

坂路単走。すべての完歩を同じフォームで、安定して駆けられた。前脚と後脚が同じライン上にあり、前への推進力も得られている。

6枠7番 アスカノロマン 牡4 56.0 太宰啓介【A】

CW単走。大跳びでゆったりと、きれいなフォームで駆けられた。四肢の可動域は広く、毛ヅヤも良好。


7枠8番 スリータイタン セ6 56.0 松山弘平【-】

映像なし

7枠9番 クリノスターオー 牡5 57.0 幸英明【B-】

坂路単走。ぶつかるのではないかと心配するほどラチすれすれをまっすぐに駆け上がってきた。首の使い方が一定せず、脚元の力強さももの足りない。

8枠10番 ソロル 牡5 56.0 ルメール【B】

坂路併せ。前半馬体を合わせていたときの走りは安定した素晴らしい内容だったが、追われてバランスが崩れた。体が進行方向より右を向き、相手と馬体が離れる。ただ、鞍上が矯正して強く追うと、相手の方へ馬体を合わせに行く勝負根性を見せて何とかハナ差先着した。

8枠11番 ダノンリバティ 牡3 54.0 戸崎圭太【B】

坂路併せ。半馬身先着も、最後は脚色が鈍った。この馬はいつも良く見せてくれて、今回も脚元の回転などは美しいのだが、体全体の動きがいつもより遅い。調子はそこまで良くないのではないか。

【枠順確定】KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)追い切り評価最終版-2015年11月7日京都芝1400馬齢

1枠1番 キリシマオジョウ 牝2 54.0 北村友一【B-】

坂路併せ。頭が終始右を向いている。相手の方ではあるのだが、馬体を合わせに行くわけでもない。前脚は添える程度で後脚で推進力を得ようとしているが、回転力に乏しい。

2枠2番 ピュアコンチェルト 牝2 54.0 小牧太【A】

坂路単走。若干右を向くフォームだが、追われてからはきれいに前を向いた。関節のやわらかさがすばらしく、首から肩、前膝、繋と連動する美しいフォームだ。馬体はふっくら見せて、四肢の可動域も十分。まだ動きに粗いところはあるので評価に悩んだが、2歳なので度外視する。

3枠3番 メジェルダ 牝2 54.0 四位洋文【B-】

坂路単走。まっすぐに駆けることができ、体の使い方もシンメトリーだが、動きのダイナミックさに乏しい。首の動きが上下ではなく前後で、関節が硬く動きがカクカクしている。


4枠4番 アドマイヤリード 牝2 54.0 川田将雅【B+】

CW3頭併せの外。1頭だけ手ごたえが違う。ラチ一杯を深く入って3馬身ほど前に置いた2頭に、ステッキを抜くだけで反応して並ぶ。そこできちんと我慢させ、最後は鋭く伸びて、内に半馬身、中に1馬身の差をつけた。体は小さいが、頭が良く、操縦しやすそうな馬だ。

5枠5番 タイセイマライカ 牝2 54.0 藤岡康太【-】

映像なし

5枠6番 ブランボヌール 牝2 54.0 岩田康誠【C】

坂路併せ。まっすぐに走らず、右へ左へよれる。併せた相手が動きのバランスのいい馬なのだが、そこへ寄っていって邪魔をするなど、お行儀の良くない調教だ。

6枠7番 ワントゥワン 牝2 54.0 池添謙一【B】

ポリトラック併せ。頭は左を向いているが、脚元は軽やか。ポリトラックは割引とはいえ、スムースな動きできれいに伸び、追う相手に1馬身半先着した。

6枠8番 セレッソプリマベラ 牝2 54.0 和田竜二【C】

坂路単走。手前を何度も替える。まだ自分の力を出せるフォームがわかっていない印象。馬体のシルエットは美しいので、まともに走ればパフォーマンスを出せるのかもしれないが、追い切りは評価できない。


7枠9番 メイショウスイヅキ 牝2 54.0 武豊【B+】

CW併せ。カーブではアゴを上下させて首を使わないひどいフォームで走り、直線に向いてもしばらくそのままだったが、追われてから変わった。四肢の可動域はそれほどでもないが、脚元の回転は速く、鋭く加速する。相手2頭を置き去りにしてゴールし、その後も同じペースで伸びられた。

7枠10番 タガノヴィアーレ 牝2 54.0 浜中俊【B-】

CW併せ。ラチ沿いを深く入って並びかけ、最後は軽く気合いをつけて1馬身先着。前脚はきちんと伸びているが、可動域はそれほどでもなく、後脚の力強さももう一息。

8枠11番 キャンディバローズ 牝2 54.0 ルメール【-】

映像なし

8枠12番 コパノディール 牝2 54.0 高倉稜【B】

坂路単走。頭が若干左を向いているが、そこまで気にしなくても良いレベル。この馬のすばらしいところは、脚の使い方。前脚と後脚が同一のライン上にあり、決してぶれない。体は小さく薄いので、これからどこまで成長するか。最後に脚色が鈍ったところはマイナス。

【枠順確定】京王杯2歳ステークス(GII)追い切り評価最終版-2015年11月7日東京芝1400馬齢

1枠1番 レッドカーペット 牡2 55.0 アッゼニ【B】

坂路単走。前半はかかり、頭を左右に振るなど悲惨な内容だったが、落ち着いてからは悪くない。肩の出が良く、前膝はやわらかい。最後はステッキを入れて、均等なペースでゴールした。

1枠2番 ボーダレス 牝2 54.0 横山典弘【B+】

W併せ。直線に入ってするに内から並びかけ、途中差し返されるも再び差し返してアタマ差先着した。カーブから直線への入り方はスムースで、前膝のやわらかさは十分。

2枠3番 オデュッセウス 牡2 55.0 三浦皇成【B】

W単走。ラチ沿いを深く入って長く追われた。首の使い方は上手だが、それが前脚とうまく連動しない。四肢の可動域も及第点レベル。ただ、動きに鋭さはある。

2枠4番 シャドウアプローチ 牡2 55.0 デムーロ【B+】

坂路併せ。相手はふらふらしていたので実質単走。体も頭も進行方向にまっすぐで、前脚と後脚の着地点が同じラインにある優れたフォーム。首の使い方も上手だ。最後は脚が上がりかけたが、鞍上が強く手を動かし、なんとか最後まで動かした。

3枠5番 コマノドリーム 牝2 54.0 江田照男【C】

W併せ。内から馬体を合わせ、強めに追ったがずるずると引き離され1馬身遅れ。ゴール後も追う割に伸びず。

3枠6番 ヒルダ 牝2 54.0 柴山雄一【B-】

W単走。ラチ沿いを馬なりに流した。首の使い方は若干ぎこちなさが残り、四肢の可動域ももの足りない。



4枠7番 キングライオン 牡2 55.0 シュタル【B】

坂路併せ。きれいに走る芦毛の馬と併せた。相手の鞍上がこの馬を気にしてくれているので、この馬のための調教なのだろう。初めは頭を左右に振るなど走る気はなさそうだったが、徐々に良化。脚元の力強さはある。

4枠8番 レッドラウダ 牡2 55.0 松若風馬【B+】

坂路単走。前膝のやわらかさが目を引く。きれいな回転で地面をしっかりとつかみ、多少左右にぶれはするが、良いフォームで駆けられている。最後に脚が上がったのはマイナスも、馬体は丸味を帯びて好調そう。

5枠9番 フリームーヴメント 牡2 55.0 丸田恭介【B】

W併せ。馬場の外目で1馬身前を行かせた馬の内へ入れ、追走するもずるずる遅れて1馬身半遅れ。ただ、この馬の動きは悪くない。頭を低く保つ好フォームで、前へ進む推進力も感じられる動きだ。

5枠10番 マザックヤース 牝2 54.0 松岡正海【-】

映像なし

6枠11番 フジマサアクトレス 牝2 54.0 田中勝春【B-】

W単走。馬場の真ん中外目で直線に入り、馬なりに脚を伸ばした。首の可動域が狭く、四肢の可動域は狭い。非力な印象も受ける。胴は詰まって見えるが脚の長い馬なので、距離は合いそう。

6枠12番 モーゼス 牡2 55.0 柴田善臣【B】

坂路単走。一完歩ごとに首の可動域が変わるため、フォームが安定しない。ただ、右前肢をペタペタ地面に叩きつけてリズムを取る走法で、体の向きは常に一定だ。今回はどうかわからないが、首の動きが安定すれば走ってきそうだ。



7枠13番 トウショウドラフタ 牡2 55.0 吉田豊【B】

W単走。頭は高く首も上手に使えていない。ただ、脚元の動きはスムースで、力強さより素軽さのある印象。

7枠14番 トップライセンス 牝2 54.0 戸崎圭太【A】

W併せ。楽な手ごたえで外から馬体を合わせ、じっくりと相手の動きを見ながら、ゴールではきっちりとハナ差差した。その後もゆったりとした好フォームで手ごたえ良く脚を伸ばした。馬体の張りは上々。いい馬だ。

7枠15番 アドマイヤモラール 牡2 55.0 田辺裕信【A】

W併せ。シャドーロールがよく似合う。ラチ沿いを深く入って悠然と駆け、大きなストライドでぐんぐん伸びて並ぶ間もなく交わし、1馬身先着。ゴール後も同じペースで駆けられた。四肢の可動域は十分で、首の使い方も上手だ。

8枠16番 サイモンゼーレ 牡2 55.0 幸英明【C】

坂路単走。頭が終始右を向き、体も進行方向より右。そして左のラチ側へ流れる。鞍上は矯正しおうとしたが、最後まで戻らず。

8枠17番 アンナトルテ 牝2 54.0 北村宏司【B-】

W3頭併せの内。強めに追って中にアタマ差、外に1馬身差をつけた。ただ、ゴール後も追ったが、中の馬に手ごたえは見劣った。馬体は小さく映り、まだ非力な印象。

8枠18番 ボールライトニング 牡2 55.0 蛯名正義【-】

映像なし

2015年11月5日

【1週前追い】エリザベス女王杯(GI)追い切り評価-2015年11月15日京都芝2200定量

ウインリバティ 56.0 【B-】

CW単走。カーブは馬なりで流し、直線で数回の肩ステッキを入れて追った。追われても肩の出がいまいちで、伸びきれない印象。

クイーンズリング 54.0 【B】

坂路単走。頭は高いが首でリズムを刻み、前脚へと連動させている。前膝と繋のやわらかさは良い。一方、飛節は硬く、後脚からの推進力に欠ける。前走(秋華賞2着)から平行線。

シュンドルボン 56.0 【B+】

W単走。馬場の真ん中外目を全身を伸びやかに使って気分良く駆けられた。鞍上は少し手を動かした程度。カーブから直線への入り方もスムースで、手ごたえは抜群。欲を言えば、首の可動域がもう少し欲しい。そうなれば、沈み込むような最高のフォームになる。

タッチングスピーチ 54.0 【B】

坂路併せ。タイムは平凡だが、体の使い方は良い。首から前脚、後脚ときれいに連動するフォームで駆けられている。ただ、相手が体を寄せてきたときに、自ら馬体を合わせに行かず、ラチ側へ離れた。



ヌーヴォレコルト 56.0 【B】

W3頭併せの内。はるか前を行かせた2頭の内に入れ、直線追われるも届かず、ゴール地点で半馬身から4分の3馬身遅れ。ただし、そこからハードにステッキを入れられ、まだ伸びて交わすところまではやった。四肢の可動域は好調時にないが、1週前なら十分。これで一気に良化できるか。

ノボリディアーナ 56.0 【B-】

坂路単走。頭は終始右を向き、徐々にラチのある左側へ流れてしまった。飛節のクッションは効いているが、前脚が空回りするような印象を受ける。タイムはまとめたが。

パワースポット 56.0 【C】

W併せ。直線で内から馬体を合わせるも、抜けず。最後はアタマ差遅れた。動きが重い。

フーラブライド 56.0 【B-】

CW単走。ラチ沿いを深く入って長めを追われた。四肢の可動域は及第点レベルにはあるが、首の使い方のぎこちない一完歩があり、推進力が前でなく上に向くため、伸びきれない。



マリアライト 56.0 【B+】

W併せ。2馬身前を行かせた馬を射程に入れ、カーブはラチ沿いを深く入って直線、見事な伸び脚を見せて交わし、半馬身先着。ゴール後もペースをキープし、相手に並ばれかけたものの、スムースな動きを見せてくれた。背中も安定している。

ラキシス 56.0 【B】

CW単走。馬場の外目をゆったりと駆けた。脚元の回転は好調時ほど速くないが、地面はとらえられている。ゴール後に一瞬ぞくっとする手ごたえになったが、その一完歩だけで後は流した。調子は良さそうだが、内容は軽い。

ルージュバック 54.0 【A】

W単走。これほどすばらしい追い切りをする馬はいない。弾力性に富んだ走りで、すべての関節がやわらかく、四肢の可動域は広い。首も上手に使えている。後脚の可動域の広さと力強さが好調時に劣るのでA+はつけないが、申し分のない動きだ。

※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】京王杯2歳ステークス(GII)追い切り評価-2015年11月7日東京芝1400馬齢

アドマイヤモラール 55.0 【A】

W併せ。シャドーロールがよく似合う。ラチ沿いを深く入って悠然と駆け、大きなストライドでぐんぐん伸びて並ぶ間もなく交わし、1馬身先着。ゴール後も同じペースで駆けられた。四肢の可動域は十分で、首の使い方も上手だ。

アンナトルテ 54.0 【B-】

W3頭併せの内。強めに追って中にアタマ差、外に1馬身差をつけた。ただ、ゴール後も追ったが、中の馬に手ごたえは見劣った。馬体は小さく映り、まだ非力な印象。

オデュッセウス 55.0 【B】

W単走。ラチ沿いを深く入って長く追われた。首の使い方は上手だが、それが前脚とうまく連動しない。四肢の可動域も及第点レベル。ただ、動きに鋭さはある。

キングライオン 55.0 【B】

坂路併せ。きれいに走る芦毛の馬と併せた。相手の鞍上がこの馬を気にしてくれているので、この馬のための調教なのだろう。初めは頭を左右に振るなど走る気はなさそうだったが、徐々に良化。脚元の力強さはある。

コマノドリーム 54.0 【C】

W併せ。内から馬体を合わせ、強めに追ったがずるずると引き離され1馬身遅れ。ゴール後も追う割に伸びず。

サイモンゼーレ 55.0 【C】

坂路単走。頭が終始右を向き、体も進行方向より右。そして左のラチ側へ流れる。鞍上は矯正しおうとしたが、最後まで戻らず。



シャドウアプローチ 55.0 【B+】

坂路併せ。相手はふらふらしていたので実質単走。体も頭も進行方向にまっすぐで、前脚と後脚の着地点が同じラインにある優れたフォーム。首の使い方も上手だ。最後は脚が上がりかけたが、鞍上が強く手を動かし、なんとか最後まで動かした。

トウショウドラフタ 55.0 【B】

W単走。頭は高く首も上手に使えていない。ただ、脚元の動きはスムースで、力強さより素軽さのある印象。

トップライセンス 54.0 【A】

W併せ。楽な手ごたえで外から馬体を合わせ、じっくりと相手の動きを見ながら、ゴールではきっちりとハナ差差した。その後もゆったりとした好フォームで手ごたえ良く脚を伸ばした。馬体の張りは上々。いい馬だ。

ヒルダ 54.0 【B-】

W単走。ラチ沿いを馬なりに流した。首の使い方は若干ぎこちなさが残り、四肢の可動域ももの足りない。

フジマサアクトレス 54.0 【B-】

W単走。馬場の真ん中外目で直線に入り、馬なりに脚を伸ばした。首の可動域が狭く、四肢の可動域は狭い。非力な印象も受ける。胴は詰まって見えるが脚の長い馬なので、距離は合いそう。

フリームーヴメント 55.0 【B】

W併せ。馬場の外目で1馬身前を行かせた馬の内へ入れ、追走するもずるずる遅れて1馬身半遅れ。ただ、この馬の動きは悪くない。頭を低く保つ好フォームで、前へ進む推進力も感じられる動きだ。



ボーダレス 54.0 【B+】

W併せ。直線に入ってするに内から並びかけ、途中差し返されるも再び差し返してアタマ差先着した。カーブから直線への入り方はスムースで、前膝のやわらかさは十分。

メイプルキング 55.0 【B】

W単走。カーブから直線にかけて、頭が左を向いていたが、追われると改善された。鞍上はたまに気合いをつける程度に手を動かし、最後まで均等なペースで駆けられた。

モーゼス 55.0 【B】

坂路単走。一完歩ごとに首の可動域が変わるため、フォームが安定しない。ただ、右前肢をペタペタ地面に叩きつけてリズムを取る走法で、体の向きは常に一定だ。今回はどうかわからないが、首の動きが安定すれば走ってきそうだ。

レッドカーペット 55.0 【B】

坂路単走。前半はかかり、頭を左右に振るなど悲惨な内容だったが、落ち着いてからは悪くない。肩の出が良く、前膝はやわらかい。最後はステッキを入れて、均等なペースでゴールした。

レッドラウダ 55.0 【B+】

坂路単走。前膝のやわらかさが目を引く。きれいな回転で地面をしっかりとつかみ、多少左右にぶれはするが、良いフォームで駆けられている。最後に脚が上がったのはマイナスも、馬体は丸味を帯びて好調そう。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)追い切り評価-2015年11月7日京都芝1400馬齢

アドマイヤリード 54.0 【B+】

CW3頭併せの外。1頭だけ手ごたえが違う。ラチ一杯を深く入って3馬身ほど前に置いた2頭に、ステッキを抜くだけで反応して並ぶ。そこできちんと我慢させ、最後は鋭く伸びて、内に半馬身、中に1馬身の差をつけた。体は小さいが、頭が良く、操縦しやすそうな馬だ。

キリシマオジョウ 54.0 【B-】

坂路併せ。頭が終始右を向いている。相手の方ではあるのだが、馬体を合わせに行くわけでもない。前脚は添える程度で後脚で推進力を得ようとしているが、回転力に乏しい。

コパノディール 54.0 【B】

坂路単走。頭が若干左を向いているが、そこまで気にしなくても良いレベル。この馬のすばらしいところは、脚の使い方。前脚と後脚が同一のライン上にあり、決してぶれない。体は小さく薄いので、これからどこまで成長するか。最後に脚色が鈍ったところはマイナス。

セレッソプリマベラ 54.0 【C】

坂路単走。手前を何度も替える。まだ自分の力を出せるフォームがわかっていない印象。馬体のシルエットは美しいので、まともに走ればパフォーマンスを出せるのかもしれないが、追い切りは評価できない。



タガノヴィアーレ 54.0 【B-】

CW併せ。ラチ沿いを深く入って並びかけ、最後は軽く気合いをつけて1馬身先着。前脚はきちんと伸びているが、可動域はそれほどでもなく、後脚の力強さももう一息。

ピュアコンチェルト 54.0 【A】

坂路単走。若干右を向くフォームだが、追われてからはきれいに前を向いた。関節のやわらかさがすばらしく、首から肩、前膝、繋と連動する美しいフォームだ。馬体はふっくら見せて、四肢の可動域も十分。まだ動きに粗いところはあるので評価に悩んだが、2歳なので度外視する。

ブランボヌール 54.0 【C】

坂路併せ。まっすぐに走らず、右へ左へよれる。併せた相手が動きのバランスのいい馬なのだが、そこへ寄っていって邪魔をするなど、お行儀の良くない調教だ。

メイショウスイヅキ 54.0 【B+】

CW併せ。カーブではアゴを上下させて首を使わないひどいフォームで走り、直線に向いてもしばらくそのままだったが、追われてから変わった。四肢の可動域はそれほどでもないが、脚元の回転は速く、鋭く加速する。相手2頭を置き去りにしてゴールし、その後も同じペースで伸びられた。



メジェルダ 54.0 【B-】

坂路単走。まっすぐに駆けることができ、体の使い方もシンメトリーだが、動きのダイナミックさに乏しい。首の動きが上下ではなく前後で、関節が硬く動きがカクカクしている。

ワントゥワン 54.0 【B】

ポリトラック併せ。頭は左を向いているが、脚元は軽やか。ポリトラックは割引とはいえ、スムースな動きできれいに伸び、追う相手に1馬身半先着した。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】みやこステークス(GIII)追い切り評価-2015年11月8日京都ダ1800別定

アスカノロマン 56.0 【A】

CW単走。大跳びでゆったりと、きれいなフォームで駆けられた。四肢の可動域は広く、毛ヅヤも良好。

エーシンモアオバー 58.0 【B】

ダート単走。あまり見ない栗東Bコース追い。首の可動域が狭く、そのせいで四肢の可動域も狭いのだが、動きに鋭さがある不思議な走り方をする。

カゼノコ 58.0 【B+】

CW併せ。2馬身前を行かせた馬の内へ、カーブをショートカットして並びかけ、馬なりに伸びるが最後はアタマ差遅れ。ただ、馬体の張りと毛ヅヤの良さは目を引き、弾むような手ごたえで伸びている。遅れはマイナスで、ゴール後にすぐにゆるめたのもいただけないが、思い切って評価を上げる。

クリノスターオー 57.0 【B-】

坂路単走。ぶつかるのではないかと心配するほどラチすれすれをまっすぐに駆け上がってきた。首の使い方が一定せず、脚元の力強さももの足りない。



ソロル 56.0 【B】

坂路併せ。前半馬体を合わせていたときの走りは安定した素晴らしい内容だったが、追われてバランスが崩れた。体が進行方向より右を向き、相手と馬体が離れる。ただ、鞍上が矯正して強く追うと、相手の方へ馬体を合わせに行く勝負根性を見せて何とかハナ差先着した。

ダノンリバティ 54.0 【B】

坂路併せ。半馬身先着も、最後は脚色が鈍った。この馬はいつも良く見せてくれて、今回も脚元の回転などは美しいのだが、体全体の動きがいつもより遅い。調子はそこまで良くないのではないか。

マイネルクロップ 57.0 【A】

坂路単走。すべての完歩を同じフォームで、安定して駆けられた。前脚と後脚が同じライン上にあり、前への推進力も得られている。

モンドクラッセ 56.0 【B-】

W単走。発汗が多く、尾に余計な力が入っている。四肢の可動域がある程度広いところは評価できるが、頭が高く首の使い方はぎこちない。



ロワジャルダン 56.0 【B】

ダート単走。カーブはのんびり入り、直線で軽く気合いをつけるもそのまま馬なり、最後にさわる程度の肩ステッキを入れても反応せず、馬なりのまま。内容は軽すぎ、追い切りだけで高評価はできないが、前走から間隔が詰まっていることを考えるとこれでも問題ない。シルエットはきれいで、走り方も素軽く、関節のやわらかさもわかる。

ローマンレジェンド 58.0 【B-】

坂路併せ。ただ、相手を全く気にせず置き去りにしたので実質単走。脚元はパワフルで、チップを高く舞い上げるのだが、体の向きは進行方向より右。最後はステッキを使って追うも、脚が上がってしまった。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】アルゼンチン共和国杯(GII)追い切り評価-2015年11月8日東京芝2500ハンデ

ヴァーゲンザイル 54.0 【B】

坂路単走。前脚の着地はペタペタするイメージで、飛節も硬い。ただ、まっすぐに走れていて、ペースも良く、首を上手に使って前への推進力を生み出そうとしている。

ゴールドアクター 56.0 【A】

W併せ。1馬身前を行かせた馬の横にすっと並び、そこでしばし併走。軽く気合いを付けただけでスムースに伸び、1馬身先着。ゴール後もぐいぐい伸びた。四肢の可動域も広く、申し分のない仕上がり。

サイモントルナーレ 49.0 【B-】

ダート併せ。軽く気合いをつけた程度で馬なりで併走し、同入。頭が相手の方を向いていて、これは勝負根性を見せたというよりバランスの悪さが出た印象。四肢の動きも及第点レベル。

サトノノブレス 58.0 【B-】

CW併せ。2馬身前を行かせた馬の内に入れ、直線で加速。鞍上は長く手を動かして強めに追い、半馬身先着した。ゴール前に差し返され差を詰められたことと、終われた割に伸びないことは割引。首の使い方もぎこちない。

スズカデヴィアス 56.0 【B】

坂路併せ。ラチ沿いで馬体を合わせ、相手が脚をなくした段階で前へ。3馬身先着し、関係ない右側の併せ馬にもアタマ差先着。抜け出したときに右へよれたが、鞍上がステッキを抜くだけで立て直したことは評価できる。脚元の力強さはいまいちも、全体のタイムはまとめた。



スーパームーン 55.0 【B】

W3頭併せの中。外から1馬身ずつ離れて直線に入り、粘る外を交わし、迫る内をしのいでアタマ差先着。適度にステッキを入れて追い、ゴール後もゆるめることなく長く追った。動きは及第点レベルだが、調教内容は良い。

ニューダイナスティ 55.0 【B-】

坂路併せ。頭が相手のいない右側を向き、鞍上が必死に制御して最後はまっすぐに走らせたものの、ステッキを入れても伸びず1馬身遅れ。まっすぐ向いてからの動きのバランスは悪くないが、回転力に乏しい。

ヒラボクディープ 57.0 【B】

W併せ。相手の内に並び、ハナ差からクビ差のリードを保って、そのまま先着。ゴール後も抜かせなかった。首の使い方は若干ぎこちないが、肩の出は良く、前腕を高く上げてきれいに駆けられている。

フラガラッハ 57.0 【B】

坂路単走。前半だけならA。バランスが良いシンメトリーな動きでまっすぐに駆けられた。後半、若干つまづくような一完歩があり、そこから脚が上がった。鞍上はステッキを使って追ったが立て直せず。

プランスペスカ 53.0 【B-】

坂路単走。後脚は若干流れるものの、脚元の回転力は良い。一方、首の使い方はいまいちで、まっすぐに坂を上らず、左へ流れた。体も小さく映る。



プロモントーリオ 55.0 【B】

坂路単走。前半、体が進行方向にまっすぐ入らず、若干右を向いていたが、立て直してまっすぐに。そこからは安定したフォームで駆けられた。タイムは出ていないが、動きは悪くない。

マイネルフロスト 57.0 【C】

W併せ。相手の内でじっと我慢させ、最後にきっちり交わすことを狙った調教なのだろうが、馬に走る気がない。まるで手綱を引っ張られたかのように頭を上げ、交わさず同入。その後もアゴを上げて苦しそうなそぶりを見せた。

マイネルメダリスト 56.0 【B-】

ダート併せ。併走馬とずっと同じペースで同入した。走りは軽やかだが、四肢の可動域は狭く、飛節が硬い。

レコンダイト 55.0 【B+】

坂路併せ。ラチ沿いをまっすぐに駆け、リードを保って半馬身先着。後半、脚色が衰えかけたが、気合いをつけて最後までしっかり追われた。

レーヴミストラル 55.0 【B】

CW併せ。はるか前で併せていた2頭の内にカーブをショートカットして並びかけ、手ごたえ良く交わして置き去りにした。馬体のシルエットは美しく、四肢の可動域は十分だが、頭の高い走りなので評価が難しい。

ロンギングダンサー 53.0 【B】

ポリトラック3頭併せの外。内の2頭の2馬身後方からきれいに差しきり、1馬身先着したが、ゴール後すぐにゆるめた。

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2015年11月3日

天皇賞・秋の反省と全着順-2015年11月1日のレース

1着【B-:1人気】8番 ラブリーデイ 1:58.4
2着【B:10人気】14番 ステファノス 1:58.5
3着【B-:6人気】16番 イスラボニータ 1:58.6
4着【A:5人気】15番 ショウナンパンドラ 1:58.6
5着【B-:4人気】2番 アンビシャス 1:58.6
6着【B:17人気】5番 クラレント 1:58.8
7着【C:15人気】10番 ペルーサ 1:58.9
8着【B:3人気】1番 ディサイファ 1:58.9
9着【B:2人気】9番 エイシンヒカリ 1:59.1
10着【B-:8人気】17番 スピルバーグ 1:59.2
11着【B-:16人気】18番 アドマイヤデウス 1:59.2
12着【B+:9人気】7番 ラストインパクト 1:59.2
13着【B:13人気】6番 カレンミロティック 1:59.3
14着【C:18人気】4番 ダコール 1:59.4
15着【B+:12人気】12番 ダービーフィズ 1:59.4
16着【B+:11人気】11番 ワンアンドオンリー 1:59.5
17着【B:7人気】3番 サトノクラウン 1:59.9
18着【B+:14人気】13番 ヴァンセンヌ 2:00.3

A評価1頭、B+評価4頭。ショウナンパンドラは惜しかったが、B+評価は軒並み2桁着順と、悲惨な結果になった。個人的な馬券はショウナンパンドラから。ステファノスとのワイドで元返し以上はあったのだが、ハナ差及ばなかった。天皇賞は相性の悪いレースで、春も秋も当たった記憶がない。不名誉な記録は更新された。


パドックで最も良く見えたのは、ヴァンセンヌだった。踏み込み良く外を回ってスムースな歩様でキビキビと歩いていた。結果は最下位。続いてサトノクラウン。前を歩いているアンビシャスはいつもパドックで良く見せるのだが今回は入れ込み気味で、同世代ならこちらが上と見た。マーカーをしてもらっている馬は、厩務員さんに大切にされている証拠と見て評価を上げるのだが、きれいに整えてもらっていた。結果はブービー。素人のパドック評価など全く当てにならないのである。この日はパドックが好調で、馬券が当たったかどうかはさておき、狙った馬は軒並み馬券に絡んできたのだが、天皇賞は本当に相性が悪い。

軸に決めていたショウナンパンドラは、好気配。ただ、最後尾を歩かせず、スピルバーグとアドマイヤデウスに挟まれていたのは若干マイナス。それならふつうに隊列どおりに歩かせて良かった。さすがにGIなので、すべての馬が良く見えた。悪い方で目立ったのはエイシンヒカリ。尻ッパネをするなど入れ込みがきつい。いつも入れ込んでいる馬だが、人が多いためか、いつも以上のひどさであった。

レースは、大方の予想に反して、クラレントがハナへ。エイシンヒカリは2番手で折り合った。前1000メートルの通過は1分0秒6。GIとしては遅い。3コーナーから4コーナーで動き出した馬も多い。直線。ショウナンパンドラは大外に持ち出した。いまの東京芝は、内側が踏み固められていて伸びる。一方、芝がふかふかの大外は伸びない。勝ったラブリーデイは最もいいところを走り、2着のステファノスは踏み固められたぎりぎりのライン。その内のイスラボニータも伸びる場所。対して、ショウナンパンドラはだれもが選びたくないコース。それで最速の上がりをマークするのだから、すばらしい仕上がりだったのだ。あのコースしか空いていなかったとはいえ、もう少しなんとかできなかったのか。悔いが残る。

この日で川田騎手の騎乗停止は終了。2週間は長かった。今日(11月3日)の大井競馬場、JBC3鞍で、全勝と行きたい。



ラブリーデイ。本当に強くなった。川田騎手が乗っていれば……

2着のステファノス。毛ヅヤは良く、しっかりと歩けていた。

3着のイスラボニータ。パドックではごく普通。能力が高いのだろう。

最も良く見えたヴァンセンヌ。距離が長かったのか、能力が足りないのか、敗因がよくわからない。

ショウナンパンドラ。気配良し。最高の状態だったはずなのだが。

サトノクラウン。きれいにマーカーをしてもらっている。

おまけ。ペルーサ。7着とよくがんばった。

さすがにダービーやJCと比べると少ないが、それでも来場者は多かった。


評価詳細へ