スポンサーリンク

ab

2015年12月7日

チャンピオンズカップの反省と全着順-2015年12月6日のレース

1着【B:12人気】4番 サンビスタ 1:50.4
2着【B+:3人気】1番 ノンコノユメ 1:50.6
3着【A:5人気】2番 サウンドトゥルー 1:50.7
4着【B:8人気】16番 ロワジャルダン 1:50.7
5着【B+:2人気】13番 ホッコータルマエ 1:50.7
6着【B-:14人気】3番 ワンダーアキュート 1:50.9
7着【B+:1人気】7番 コパノリッキー 1:51.2
8着【B-:10人気】10番 グレープブランデー 1:51.3
9着【B-:7人気】6番 ナムラビクター 1:51.4
10着【B:16人気】15番 グランドシチー 1:51.5
11着【B:15人気】5番 ニホンピロアワーズ 1:51.6
12着【B+:9人気】8番 ダノンリバティ 1:51.7
13着【B:13人気】11番 コーリンベリー 1:51.9
14着【A:4人気】9番 ローマンレジェンド 1:52.5
15着【C:11人気】12番 クリノスターオー 1:53.1
16着【B+:6人気】14番 ガンピット 1:55.5

A評価2頭、B+評価5頭。B+評価のうち、コパノリッキーは1週前A評価なのでA評価3頭、B+評価4頭としてもよい。かなりのインフレ評価である。こうなってしまうと軸を決めるのに困る。基本的にA評価の3頭で回したが、差しの決まる馬場であることは前日からわかっていたために、ノンコノユメとサウンドトゥルーの馬連ワイドだけ押さえることにした。結局当たったのはそれだけで、ガミだった。



パドック。最も良く見えたのは、サウンドトゥルーだった。体の使い方がやわらかく、馬体の張りも上々。落ち着きもあった。ローマンレジェンドは少しうるさく、尻に汗が浮いていたが、気にしなくて良いと判断した。ホッコータルマエはやはりいい。しかしこの馬はいつも良く見える上に、サウンドトゥルーに交わされる可能性の方が高いと見ていた。評価は押さえまで。パドックで切ったのは香港のガンピット。このメンバーに入るといかにも格下だ。6番人気になっていたので気にはなったが思い切りも必要。拾ったのはロワジャルダン。毛ヅヤが最高で、気配も申し分ない。残念ながら4着だった。

ゲートは、前走出遅れのナムラビクターが偶数番だが先入れ。うるさいところを見せたのはニホンピロアワーズくらいで、スムースなゲートイン。きれいな発馬からコパノリッキーが先頭へ。ナムラビクターは行き脚がつかず。クリノスターオーが飛ばして追いかけ、半馬身差で2番手に。その後ろでニホンピロアワーズとガンピット、続いてコーリンベリー。コーリンベリーは逃げられなかったが、折り合いはついていた。しかし、最終的に、この位置にいた馬たちは軒並み沈むことになる。前が固まり後ろが離れる展開になり、サンビスタは内の経済コースをキープする。ロワジャルダンは後ろから4頭目、最後方にサウンドトゥルー、その前にノンコノユメと、後ろの展開は大方の予想どおりだ。直線。コパノリッキーがまだ先頭。そこへ外からホッコータルマエが迫る。内からするするとノンコノユメ、しかしホッコータルマエのすぐ外をサンビスタが猛烈な脚色で交わしていく。最後に大外を次元の違う脚でサウンドトゥルーが伸びてきたが、3着まで。サンビスタが抜けて、内のノンコノユメが2番手をキープした。終わってから日刊ゲンダイでサンビスタの陣営コメントを読んだが、1週前に十分負荷をかけたので今週はさらりとでOKだった、らしい。確実に読んでいたはずなのだが、脳に入ってこなかった。この馬は、全く眼中になかった。1週前追いの映像は、アップされていなかった。

勝ち時計は1:50.4。平均的なタイムで、前半800メートルを48秒で入る速い流れにしては少々もの足りない。とはいえ、勝ったサンビスタは強い勝ち方で、デムーロ騎手のかなりの喜びようを見るに、自分でも認める完璧な騎乗だったのだろう。上がり3F最速はサウンドトゥルーの36.6、次点はノンコノユメの36.7。37.5を切った4頭が、1~4着に入った。すばらしかったのは、ノンコノユメの騎乗だ。最内をきれいに抜けてきた。全くコースロスがない。ルメール騎手の好判断である。一方、サウンドトゥルーの大野騎手は大外を回した。前が固まっていたため、かなりのコースロスを強いられた。5番人気だったが、おそらく大野騎手は馬を信じて勝つつもりで外へ出したのだろう。しかし、それが2着とのクビ差になった。2着と3着では1400万円違う。追い込み馬の宿命とはいえ、このレースが1~3着馬の3頭立てだったら、おそらく勝っていたのはこの馬だろう。コパノリッキーは、楽に逃げられなければ今後も厳しいかもしれない。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/ChampionsCup.html