スポンサーリンク

2016年4月30日

テレビ東京杯青葉賞の反省と全着順-2016年4月30日のレース

1着【B+:4人気】6番 ヴァンキッシュラン 2:24.2
2着【B+:5人気】4番 レッドエルディスト 2:24.4
3着【B-:1人気】13番 レーヴァテイン 2:24.9
4着【A:2人気】12番 プロディガルサン 2:25.1
5着【B:3人気】11番 メートルダール 2:25.3
6着【映像なし:10人気】1番 ラヴアンドポップ 2:25.5
7着【B+:9人気】10番 ノーブルマーズ 2:25.6
8着【B+:7人気】7番 マイネルハニー 2:26.0
9着【B:8人気】3番 ロスカボス 2:26.3
10着【B:6人気】9番 アルカサル 2:26.5
11着【映像なし:12人気】2番 フレンドミラクル 2:27.0
12着【B:11人気】5番 ドンチャブ 2:27.0
13着【C:13人気】8番 タンサンドール 2:27.4

A評価1頭、B+評価4頭。1着2着にB+評価が入ったのでまずまずとはいえ、小頭数のマイナス評価が3着に来たのでそこまでよろしい結果ではない。プロディガルサンは直線伸びず。賞金は足りているのでダービーに向かうのだろうが、果たして能力は足りるのか。疑問の残るレースになった。

パドック。最も良く見えたのはメートルダールだった。体幹がしっかりしてきた印象で、軸がぶれず歩様はしっかり。少し発汗はあったが、そろそろ暖かくなってきたので発汗のマイナスは強調度を下げている。発汗が明らかに多かったのはプロディガルサンで、気合いは入っていたが軸にしづらい印象。ロスカボスは尾の雰囲気が良く、頭は高めではあったが前への推進力を感じられる歩様だった。3着の1番人気レーヴァティンは尾を振り、ヨダレも出していて、買いづらい印象。パドックでB+評価のマイネルハニーとノーブルマーズは切った。どちらも展開が向くとは考えられず、気配も微妙で格下の雰囲気だった。


レース。目立った出遅れはおらず、マイネルハニーがすっと先頭へ。最内からラヴアンドポップ、外からノーブルマーズも前へ。プロディガルサンは4番手につける。メートルダールは後方2番手。少し相手ヴァンキッシュランが5番手。レッドエルディストは後方5番手で前との間隔を取れている。この2頭が1,2着したわけで、道中広い視界で自由に動けたことは精神的にプラスの作用をもたらしたと見てよさそうだ。縦長の展開になり、前半1000メートルは1:01.3。ある程度縦長のまま4コーナーまで流れ、直線はマイネルハニーとノーブルマーズの叩き合い。プロディガルサンが迫るも、首を右に曲げて全力疾走にはほど遠い動き。その外からヴァンキッシュランが突き抜ける。大外からレッドエルディストがまっすぐに加速。プロディガルサンは最後レーヴァティンにも交わされて4着と馬券対象にならず。5着には終い伸びたメートルダールが入った。

勝ち時計の2:24.2は優秀。過去10年で最速だ。2010年ペルーサの2:24.3を除けば、すべて25秒台以下の決着。歴史をさかのぼっても、この馬より速かったのは2004年のハイアーゲーム(2:24.1)しかいない。長距離戦でタイムはさほど重視しないとはいえ、十分に胸を張れる時計だ。2着のレッドエルディストが上がり3F最速の33.9。大外をまっすぐに伸びてきたものであり、この馬はダービーでも同じくらいのタイムで走れそうだ。これで大寒桜賞を勝った馬の青葉賞3着内率100%は保たれた(2012年トーセンホマレボシは京都新聞杯1着)。大寒桜賞は新たな出世レースになるのかもしれない。3着以下は、現時点でかなりの能力差がありそうだ。

 蛇足ながら、過去に青葉賞で24秒台を出した2頭のダービー成績を見てみよう。ペルーサは2:27.4、ハイアーゲームは2:23.8だった。ペルーサのダービーは2番人気に推されたが出遅れ、早めに動いて失速したもので参考外。ハイアーゲームは3着に入線した。そのレースの1,2着馬はキングカメハメハとハーツクライ。どちらも後に種牡馬としてさらに名を上げた名馬である。ハイアーゲーム自身も種牡馬となり、現在の代表産駒はコスモナインボール。サンデーサイレンス産駒であり、相手に恵まれないこともあるのだろうが、これからもいい子を送り出してほしい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/AobaSho.html

2016年4月29日

【枠順確定】テレビ東京杯青葉賞(GII)追い切り評価最終版-2016年4月30日東京芝2400馬齢

1枠1番 ラヴアンドポップ 牡3 56.0 大野拓弥【-】

映像なし

2枠2番 フレンドミラクル 牡3 56.0 松岡正海【-】

映像なし

3枠3番 ロスカボス 牡3 56.0 池添謙一【B】

坂路併せ。最後は追われて2馬身先着。首の動きと前脚は完璧。しかし問題は後脚で、体の外側で地面に接するので力が十分に伝わらず、パワフルさに欠ける印象。



4枠4番 レッドエルディスト 牡3 56.0 四位洋文【B+】

坂路併せ。首で上手にリズムを刻み、前脚はやわらかさも回転力もあるのだが、前半は右後肢が流れた。前にじゃまな馬がいたため、追い出すときに大きく右へ振った。その後は一完歩ごとに差を広げ、1馬身半先着。追われてからの動きは極めてバランスが良く、繋の返り方も美しい。

4枠5番 ドンチャブ 牡3 56.0 柴山雄一【B】

W併せ。馬場の真ん中あたりを通ってずっとクビ差遅れのまま。最後は動かそうとしたが、並ぶことさえできず。ただ、ストライドは大きく、ダイナミックな動きでタイムも良いのでマイナス評価はしない。

5枠6番 ヴァンキッシュラン 牡3 56.0 内田博幸【B+】

CW3頭併せの中。ラチ側をある程度深く入って、直線はある程度間隔を取った中と外を半馬身追走。その後はじっと馬なりでかかることもなく、きれいに3頭が併入した。好調教。

5枠7番 マイネルハニー 牡3 56.0 柴田大知【B+】

W併せ。相手を全く問題にせず、直線は並ぶことさえせずに突き放し、さほど追われることもなく一人旅。ゴール後も長く脚色を保てた。トモは若干ゆるいが関節のやわらかさを感じられ、肩の出も良い。

6枠8番 タンサンドール 牡3 56.0 吉田豊【C】

W3頭併せの中。馬場の真ん中外目で内の馬と馬体を合わせて直線へ。外の馬はずるずる後退。併せ馬になったが最後は伸びず1馬身遅れた。ゴールを過ぎてからも追われたが、脚色は回復せず。

6枠9番 アルカサル 牡3 56.0 田辺裕信【B】

W併せ。カーブから追われ、回転力のある脚元できれいに動けた。直線はクビ差追走。最後はさすがに脚色が衰えたものの、何とかクビ差先着した。



7枠10番 ノーブルマーズ 牡3 56.0 高倉稜【B+】

坂路併せ。頭を低く保ち、体幹もしっかり。後脚の力強さも十分。まっすぐは走れていないが、相手の方へ寄っていったものなので問題はない。最後まで安定したリズムを刻み、アタマ差先着した。

7枠11番 メートルダール 牡3 56.0 Hボウマン【B】

W併せ。馬場の真ん中外目で直線は半馬身差追走。頭の高い走法で、手前の替え方は少々ぎこちないが、毛ヅヤは良い。ゴールは併入も、その後きちんと交わした。

8枠12番 プロディガルサン 牡3 56.0 戸崎圭太【A】

W併せ。相手はタンタアレグリア(天皇賞・春)。ラチ側を深く入った相手を追って、ある程度深く曲がって直線は半馬身差追走。カーブで出していた舌を直線は引っ込め、ダイナミックに全身を連動させる動きでアタマ差先着。ゴール後は若干ゆるめたが、馬はバランスの良い動きを続け、抜かせなかった。

8枠13番 レーヴァテイン 牡3 56.0 Cルメール【B-】

W単走。さらりと馬なり。ところどころ、首がかくっと動き、かかりかけるような動きをする。発汗量も多い。脚元は安定しているが、肩にもう少し可動域が欲しい。


参考ステップレースの結果

スプリングS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/SpringStakesR.html

東スポ杯2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/TokyoSportsHaiNisaiStakesR.html

共同通信杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyodoNewsServiceHaiR.html

2016年4月28日

【1週前追い】NHKマイルカップ(GI)追い切り評価-2016年5月8日東京芝1600定量

アーバンキッド 57.0 【B+】

W3頭併せの中。馬場の外目をある程度深く入って先行する外の馬を半馬身追走。1馬身後ろの内からプレッシャーをかけられながら、最後は外に半馬身先着した。ゴールを過ぎて再び迫られたが、そこで抜かせず逆に差を広げたのは好感。発汗が多いのはマイナスだが、1週前なのでこれくらいは問題ない。

イモータル 57.0 【B-】

坂路併せ。相手はシュウジ。相手と大きく馬体を離しているので、単走と考えてもよい。右前肢が若干内向も、前膝はやわらかく使えている。途中から寄ってきた相手を気にすることなく、自分のペースで。しかし、合図で反応はしたものの、全く動かず。ずるずる離され大きく遅れた。

エクラミレネール 55.0 【A】

W併せ。馬場の真ん中を通って外目を行く併せ馬を内から2馬身差追走。軽い肩ステッキ1発で反応し、その後鞍上が手を動かさなかったにもかかわらず、すっと伸びて外の2頭を交わし、中の相手にクビ差先着した。筋肉が柔軟で、関節もやわらかい。頭の角度も良い。タイムはそれほどでもないが、不良馬場なので気にしない。

カネノイロ 57.0 【B-】

坂路単走。ゆったりと入って終いにかけて脚を伸ばす好内容。左後肢が若干流れる完歩はあるが、そこまで気にしなくても良い。ただ、ピッチ走法である程度の回転力もあるのだが、脚元からパワフルさが全く感じられない。



シュウジ 57.0 【A】

坂路併せ。相手はイモータル。相手はラチ側、この馬は植え込み側と馬体を離して坂に入り、相手の方に寄っていく。2頭分ほど間隔を取って、しばし並走したところで追い出しを開始。そこから一気に加速し、相手を置き去りにした(シュウジの映像はなく、イモータルを映すカメラだったので最後まで映像はない。最終的には5~6馬身差先着したかもしれない)。前半は首から上が右を向いていたが、脚元はまっすぐ。追われてからは全身のバランスが整い、しっかりと前を向いて力強く駆けられた。好内容。

ストーミーシー 57.0 【B-】

坂路併せ。カーブを曲がって1馬身追走、その後はほぼ均等なペースで駆け、4分の3馬身先着した。ただ、動きそのものはいまいち。全体的にゴツゴツした動きで不器用さが感じられ、それにしてはパワフルさもない。

ダンツプリウス 57.0 【B】

坂路併せ。体は進行方向よりかなり右。ラチ沿いで尻ステッキをビシバシ入れる相手に対し、こちらも坂の入り口で1度。さらに中盤で一完歩の3連続尻ステッキを一度入れたが差は広がる一方。相手の鞍上は振り返ったが1度ステッキを入れるタイミングをスルーしたくらいでその後はこの馬を気にせずビシバシ。相手の馬はかわいそうだ。この馬は、最後の右からの見せムチによって体勢が立て直された。今週十分に負荷をかけ、来週は見せムチで体を調整するのかもしれない。さすがにプラス評価はできないが、本追い切りに注目という意味でマイナス評価はしない。

ティソーナ 57.0 【B+】

W3頭併せの中。ラチ側を深く入ってきれいに直線に向くと、中に1馬身差先行、外を1馬身差追走。じっと折り合いを保ち、ゴール地点では差がクビ差ずつに縮め、その後3頭がぴったりと並んだ。発汗は多いがタイムは良く、内容は秀逸。



トウショウドラフタ 57.0 【B+】

W併せ。馬場の真ん中を通り、目の前を行かせた馬に直線は1馬身差追走。外から並びかけると軽い手ごたえで一気に交わし、その後もぐいぐい。ゴールを過ぎても伸び続けた。体は少しゆるいが、これで締まってくるはず。四肢の可動域も十分。

ブレイブスマッシュ 57.0 【B-】

W併せ。馬場の外目を深く入って、さらに深く行った相手を直線1馬身差追走。さっと並びかけてアタマ差先着も、ゴール後交わされた。映像に映るときに、常に舌を出していたのはマイナス。

ペルソナリテ 55.0 【B-】

W単走。手前を替えるのに少々手間取ったが、手前が決まると走りのバランスは良くなった。首の使い方は上手で、四肢の可動域は及第点レベルにある。ただ、回転力はそこまで良いとは言えず、尾に余計な力も入っている。

ロードクエスト 57.0 【B-】

W単走。全く負荷をかけず、楽に流した。動きそのものはきれいで、体をやわらかく使えている。少し胸前の筋肉が突っ張っているような気もするが、内容が軽いのでそう見えるだけかもしれない。


参考ステップレースの結果

ニュージーランドT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/NewZealandTrophyR.html

ファルコンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/FalconStakesR.html

桜花賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/OkaShoR.html

皐月賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/SatsukiShoR.html

毎日杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/MainichiHaiR.html

共同通信杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyodoNewsServiceHaiR.html


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【枠順確定】天皇賞・春(GI)追い切り評価最終版-2016年5月1日京都芝3200定量

1枠1番 キタサンブラック 牡4 58.0 武豊【B-】

CW併せ。ラチ側をある程度深く入って、2馬身前を行く馬を追走。じっと折り合いをつかて馬なりに並びかけたが、そこまで。ゴール前にゆるめてクビ差遅れ。ゴール後も離された。1週前と変わらない内容で、強調できる材料はない。【1週前追い評価:B】

1枠2番 トゥインクル 牡5 58.0 勝浦正樹【B】

CW併せ。ラチ側を深く入って直線は1馬身半差追走。直線入り口で相手の鞍上が振り返り、それから明らかに馬を抑えようとしたが、元気に駆ける。この馬の鞍上は、ある程度強めに相手を追ったが追いつけず、ゴール地点でアタマ差遅れ。タイムは良く、動きも申し分ないのだが、予定どおりの内容ではなさそうだ。【1週前映像なし】

2枠3番 カレンミロティック セ8 58.0 池添謙一【C】

坂路単走。体は進行方向より若干左で、右後肢が流れる。鞍上は尻ステッキを入れて十分に負荷をかけたが、追われたほど伸びない。好調時にはほど遠い仕上がり。【1週前映像なし】

2枠4番 トーセンレーヴ 牡8 58.0 武幸四郎【C】

CW3頭併せの内。中はサトノノブレス。外の馬には1馬身差をつけたが、サトノノブレスとは役者が数枚違う。ステッキを入れて追いすがったがずるずる遅れ、ゴール地点では2馬身差。その後も相手にならなかった。【1週前映像なし】

3枠5番 フェイムゲーム 牡6 58.0 Hボウマン【B】

W3頭併せの中。馬場の外目をある程度深く入り、直線は外の馬をクビ差追走。じっといい手ごたえで並走し、アタマ差遅れ。ゴール後に並ぶところまでやった。1週前の動きが良かったので、これで十分か。【1週前追い評価:B+】

3枠6番 アドマイヤデウス 牡5 58.0 岩田康誠【B+】

坂路単走。体は進行方向より若干右だが、脚元の動きは素軽くさわやか。軽快に地面をつかみ、楽なフットワークでスムースに駆けられている。【1週前映像なし】



4枠7番 ファタモルガーナ セ8 58.0 内田博幸【B-】

坂路単走。顎がほんの少し右下に出て、右後肢が流れる。一方、左半身の動きはすばらしく、左前肢のやわらかさ、左後肢の力強さがあり、そのためなのか、体全体が左側に傾いているように映る。手前の関係もあるだろうが、左回りで坂のあるコースの方で走りそうな動きだ。【1週前映像なし】

4枠8番 シュヴァルグラン 牡4 58.0 福永祐一【B+】

CW併せ。カーブはのんびりと駆け、直線は内から半馬身差追走。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さを見せ、最後は一杯に追った相手に1馬身先着した。脚元の動きは少々もっさりしているが、首を低く保った好フォームだ。【1週前追い評価:B+】

5枠9番 トーホウジャッカル 牡5 58.0 酒井学【B】

坂路併せ。前半左後肢が流れていたが、追われてからはある程度しっかり。大きなストライドで伸び、最後は若干脚色が衰えたとはいえ、クビ差先着した。とはいえ、脚元の回転力に乏しく、動きはスロー。相手に寄られると逃げたのも気がかり。【1週前追い評価:A】

5枠10番 アルバート 牡5 58.0 Cルメール【B】

W単走。カーブはのんびりと入り、馬場の真ん中外目で直線にかかるあたりから加速。頭は高いが首はきれいに上下動できていて、フォームに安定感がある。肩もやわからく使えていて、四肢の可動域は十分。ゴール後もきれいに脚を伸ばした。【1週前追い評価:B-】

6枠11番 タンタアレグリア 牡4 58.0 蛯名正義【B】

W併せ。ラチ側を深く入り、内の相手と並んで直線へ。全身を大きく使って駆けたものの、ゴール地点ではアタマ差遅れ。ゴール後は何とか並ぶところまでは行けた。遅れはいただけないとはいえ、首の使い方は上手で、四肢の可動域は十分。脚元の回転力も及第点レベルにはある。【1週前追い評価:C】

6枠12番 ヤマニンボワラクテ セ5 58.0 丸山元気【C】

坂路単走。右後肢と左後肢の着地ポイントが極めて近く、体も進行方向をまっすぐに向かず左右にぶれる。後脚は必ずどちらかが流れる。追われて反応はしているが、推進力は上に逃げ、バタバタした印象。【1週前映像なし】



7枠13番 マイネルメダリスト 牡8 58.0 柴田大知【B-】

ダート単走。筋肉の量はそれほどでもなく、体も若干ゆるめだが、動きのバランスは整っており、前脚と後脚同一直線上できれいに並ぶ。ただ、内容はかなり軽く、ダート追いなのもマイナス。【1週前追い評価:C】

7枠14番 サトノノブレス 牡6 58.0 和田竜二【A】

CW3併せの中。内はトーセンレーヴ。目の前を2頭に行かせ、直線は2馬身差追走。そこまで広く取っていなかった2頭の間に割って入り、最後は強めに追って2馬身先着した。ゴール後もぐいぐいと脚を伸ばした。【1週前追い評価:B+】

7枠15番 サウンズオブアース 牡5 58.0 藤岡佑介【A】

CW併せ。カーブを若干ショートカットして、馬場の真ん中で内から馬体を合わせつつ、直線はクビ差追走。直線入り口からステッキを入れて一杯に追う相手に対し、こちらは軽く手を動かすくらいでするする抜け出す。鞍上はゴールが近づくにつれて大きなアクションを取って相手を置き去りにした。動きに躍動感があり、馬体の張りも十分。きれいに仕上がった。【1週前追い評価:B-】

8枠16番 ファントムライト 牡7 58.0 三浦皇成【B-】

坂路併せ。交わしてから尻ステッキを入れて最後まできちんと走りきった。前脚の回転力はあるのだが右前肢と左前肢の着地ポイントが近く、後脚は体と平行に動けているがパワフルさに欠ける。【1週前映像なし】

8枠17番 ゴールドアクター 牡5 58.0 吉田隼人【B】

W併せの内。関係ない外の馬が居て、その馬はラチ側。この馬と1馬身前につけた相手は馬場の真ん中外目のコースへ。外の馬は直線猛然と伸びてはるか前方へ。この馬の鞍上はじっと手を動かさず、ゴール地点でクビ差遅れ。その後も馬なりで、並ぶところまではやった。1週前が良かったのでこの程度で十分か。【1週前追い評価:B+】

8枠18番 レーヴミストラル 牡4 58.0 川田将雅【B】

坂路併せ。頭の高い走法だが、脚元はやわらかく使えていて、パワフルさもある。相手が寄ってきても動じず、最後は強めに追ってすっと伸び、2馬身先着した。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/TennoShoS1W.html


参考ステップレースの結果

日経賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/NikkeiShoR.html

阪神大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/HanshinDaishotenR.html

有馬記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/ArimaKinenR.html

中日新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/ChunichiShimbunHaiR.html

ダイヤモンドS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/DiamondStakesR.html

2016年4月27日

【水曜追い】天皇賞・春(GI)追い切り評価-2016年5月1日京都芝3200定量

アドマイヤデウス 58.0 【B+】

坂路単走。体は進行方向より若干右だが、脚元の動きは素軽くさわやか。軽快に地面をつかみ、楽なフットワークでスムースに駆けられている。【1週前映像なし】

アルバート 58.0 【B】

W単走。カーブはのんびりと入り、馬場の真ん中外目で直線にかかるあたりから加速。頭は高いが首はきれいに上下動できていて、フォームに安定感がある。肩もやわからく使えていて、四肢の可動域は十分。ゴール後もきれいに脚を伸ばした。【1週前追い評価:B-】

カレンミロティック 58.0 【C】

坂路単走。体は進行方向より若干左で、右後肢が流れる。鞍上は尻ステッキを入れて十分に負荷をかけたが、追われたほど伸びない。好調時にはほど遠い仕上がり。【1週前映像なし】

キタサンブラック 58.0 【B-】

CW併せ。ラチ側をある程度深く入って、2馬身前を行く馬を追走。じっと折り合いをつかて馬なりに並びかけたが、そこまで。ゴール前にゆるめてクビ差遅れ。ゴール後も離された。1週前と変わらない内容で、強調できる材料はない。【1週前追い評価:B】

ゴールドアクター 58.0 【B】

W併せの内。関係ない外の馬が居て、その馬はラチ側。この馬と1馬身前につけた相手は馬場の真ん中外目のコースへ。外の馬は直線猛然と伸びてはるか前方へ。この馬の鞍上はじっと手を動かさず、ゴール地点でクビ差遅れ。その後も馬なりで、並ぶところまではやった。1週前が良かったのでこの程度で十分か。【1週前追い評価:B+】

サウンズオブアース 58.0 【A】

CW併せ。カーブを若干ショートカットして、馬場の真ん中で内から馬体を合わせつつ、直線はクビ差追走。直線入り口からステッキを入れて一杯に追う相手に対し、こちらは軽く手を動かすくらいでするする抜け出す。鞍上はゴールが近づくにつれて大きなアクションを取って相手を置き去りにした。動きに躍動感があり、馬体の張りも十分。きれいに仕上がった。【1週前追い評価:B-】



サトノノブレス 58.0 【A】

CW3併せの中。内はトーセンレーヴ。目の前を2頭に行かせ、直線は2馬身差追走。そこまで広く取っていなかった2頭の間に割って入り、最後は強めに追って2馬身先着した。ゴール後もぐいぐいと脚を伸ばした。【1週前追い評価:B+】

シュヴァルグラン 58.0 【B+】

CW併せ。カーブはのんびりと駆け、直線は内から半馬身差追走。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さを見せ、最後は一杯に追った相手に1馬身先着した。脚元の動きは少々もっさりしているが、首を低く保った好フォームだ。【1週前追い評価:B+】

タンタアレグリア 58.0 【B】

W併せ。ラチ側を深く入り、内の相手と並んで直線へ。全身を大きく使って駆けたものの、ゴール地点ではアタマ差遅れ。ゴール後は何とか並ぶところまでは行けた。遅れはいただけないとはいえ、首の使い方は上手で、四肢の可動域は十分。脚元の回転力も及第点レベルにはある。【1週前追い評価:C】

トゥインクル 58.0 【B】

CW併せ。ラチ側を深く入って直線は1馬身半差追走。直線入り口で相手の鞍上が振り返り、それから明らかに馬を抑えようとしたが、元気に駆ける。この馬の鞍上は、ある程度強めに相手を追ったが追いつけず、ゴール地点でアタマ差遅れ。タイムは良く、動きも申し分ないのだが、予定どおりの内容ではなさそうだ。【1週前映像なし】

トーセンレーヴ 58.0 【C】

CW3頭併せの内。中はサトノノブレス。外の馬には1馬身差をつけたが、サトノノブレスとは役者が数枚違う。ステッキを入れて追いすがったがずるずる遅れ、ゴール地点では2馬身差。その後も相手にならなかった。【1週前映像なし】

トーホウジャッカル 58.0 【B】

坂路併せ。前半左後肢が流れていたが、追われてからはある程度しっかり。大きなストライドで伸び、最後は若干脚色が衰えたとはいえ、クビ差先着した。とはいえ、脚元の回転力に乏しく、動きはスロー。相手に寄られると逃げたのも気がかり。【1週前追い評価:A】



ファタモルガーナ 58.0 【B-】

坂路単走。顎がほんの少し右下に出て、右後肢が流れる。一方、左半身の動きはすばらしく、左前肢のやわらかさ、左後肢の力強さがあり、そのためなのか、体全体が左側に傾いているように映る。手前の関係もあるだろうが、左回りで坂のあるコースの方で走りそうな動きだ。【1週前映像なし】

ファントムライト 58.0 【B-】

坂路併せ。交わしてから尻ステッキを入れて最後まできちんと走りきった。前脚の回転力はあるのだが右前肢と左前肢の着地ポイントが近く、後脚は体と平行に動けているがパワフルさに欠ける。【1週前映像なし】

フェイムゲーム 58.0 【B】

W3頭併せの中。馬場の外目をある程度深く入り、直線は外の馬をクビ差追走。じっといい手ごたえで並走し、アタマ差遅れ。ゴール後に並ぶところまでやった。1週前の動きが良かったので、これで十分か。【1週前追い評価:B+】

マイネルメダリスト 58.0 【B-】

ダート単走。筋肉の量はそれほどでもなく、体も若干ゆるめだが、動きのバランスは整っており、前脚と後脚同一直線上できれいに並ぶ。ただ、内容はかなり軽く、ダート追いなのもマイナス。【1週前追い評価:C】

レーヴミストラル 58.0 【B】

坂路併せ。頭の高い走法だが、脚元はやわらかく使えていて、パワフルさもある。相手が寄ってきても動じず、最後は強めに追ってすっと伸び、2馬身先着した。【1週前映像なし】



1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/TennoShoS1W.html

参考ステップレースの結果

日経賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/NikkeiShoR.html

阪神大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/HanshinDaishotenR.html

有馬記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/ArimaKinenR.html


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】テレビ東京杯青葉賞(GII)追い切り評価-2016年4月30日東京芝2400馬齢

アルカサル 56.0 【B】

W併せ。カーブから追われ、回転力のある脚元できれいに動けた。直線はクビ差追走。最後はさすがに脚色が衰えたものの、何とかクビ差先着した。

ヴァンキッシュラン 56.0 【B+】

CW3頭併せの中。ラチ側をある程度深く入って、直線はある程度感覚を取った中と外を半馬身追走。その後はじっと馬なりでかかることもなく、きれいに3頭が併入した。好調教。

タンサンドール 56.0 【C】

W3頭併せの中。馬場の真ん中外目で内の馬と馬体を合わせて直線へ。外の馬はずるずる後退。併せ馬になったが最後は伸びず1馬身遅れた。ゴールを過ぎてからも追われたが、脚色は回復せず。

ドンチャブ 56.0 【B】

W併せ。馬場の真ん中あたりを通ってずっとクビ差遅れのまま。最後は動かそうとしたが、並ぶことさえできず。ただ、ストライドは大きく、ダイナミックな動きでタイムも良いのでマイナス評価はしない。



ノーブルマーズ 56.0 【B+】

坂路併せ。頭を低く保ち、体幹もしっかり。後脚の力強さも十分。まっすぐは走れていないが、相手の方へ寄っていったものなので問題はない。最後まで安定したリズムを刻み、アタマ差先着した。

プロディガルサン 56.0 【A】

W併せ。相手はタンタアレグリア(天皇賞・春)。ラチ側を深く入った相手を追って、ある程度深く曲がって直線は半馬身差追走。カーブで出していた舌を直線は引っ込め、ダイナミックに全身を連動させる動きでアタマ差先着。ゴール後は若干ゆるめたが、馬はバランスの良い動きを続け、抜かせなかった。

マイネルハニー 56.0 【B+】

W併せ。相手を全く問題にせず、直線は並ぶことさえせずに突き放し、さほど追われることもなく一人旅。ゴール後も長く脚色を保てた。トモは若干ゆるいが関節のやわらかさを感じられ、肩の出も良い。

メートルダール 56.0 【B】

W併せ。馬場の真ん中外目で直線は半馬身差追走。頭の高い走法で、手前の替え方は少々ぎこちないが、毛ヅヤは良い。ゴールは併入も、その後きちんと交わした。



レッドエルディスト 56.0 【B+】

坂路併せ。首で上手にリズムを刻み、前脚はやわらかさも回転力もあるのだが、前半は右後肢が流れた。前にじゃまな馬がいたため、追い出すときに大きく右へ振った。その後は一完歩ごとに差を広げ、1馬身半先着。追われてからの動きは極めてバランスが良く、繋の返り方も美しい。

レーヴァテイン 56.0 【B-】

W単走。さらりと馬なり。ところどころ、首がかくっと動き、かかりかけるような動きをする。発汗量も多い。脚元は安定しているが、肩にもう少し可動域が欲しい。

ロスカボス 56.0 【B】

坂路併せ。最後は追われて2馬身先着。首の動きと前脚は完璧。しかし問題は後脚で、体の外側で地面に接するので力が十分に伝わらず、パワフルさに欠ける印象。


参考ステップレースの結果

スプリングS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/SpringStakesR.html

東スポ杯2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/TokyoSportsHaiNisaiStakesR.html

共同通信杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyodoNewsServiceHaiR.html


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年4月24日

サンケイスポーツ賞フローラステークスの反省と全着順-2016年4月24日のレース

1着【B:3人気】18番 チェッキーノ 1:59.7
2着【B+:2人気】11番 パールコード 2:00.2
3着【映像なし:13人気】6番 アウェイク 2:00.3
4着【B:4人気】9番 フロンテアクイーン 2:00.3
5着【A:1人気】3番 ビッシュ 2:00.5
6着【B-:5人気】4番 アグレアーブル 2:00.5
7着【A:6人気】14番 クィーンズベスト 2:00.8
8着【B+:7人気】2番 ゲッカコウ 2:00.9
9着【映像なし:16人気】12番 トウカイシェーン 2:00.9
10着【B:9人気】7番 ファイアクリスタル 2:01.0
11着【B+:17人気】8番 シャララ 2:01.0
12着【B:15人気】1番 バレエダンサー 2:01.0
13着【B:10人気】13番 エマノン 2:01.1
14着【B-:8人気】16番 クロコスミア 2:01.3
15着【B-:14人気】5番 ショコラーチ 2:01.4
16着【B-:12人気】15番 シークザフューチャ 2:01.4
17着【映像なし:11人気】17番 エルビッシュ 2:01.6
18着【映像なし:18人気】10番 ブルーオリエント 2:02.8

A評価2頭、B+評価3頭。勝ったのは謎の追い切りを見せてくれた藤沢厩舎チェッキーノ。川田騎手のB+評価パールコードが2着に入り、映像なしのアウェイクが3着。チェッキーノの追い切りは、前後に併せ馬を置き、前に並ばず後ろからつつかれず、ゴールまでずっと長手綱で行く、というもの。どうやら初めての試みだったようで、今回実績ができたため、また見られるかもしれない。ただ、相手に使われる4頭の馬の馬主はたまったものではないだろうな、と考えてしまうが。



パドック。最も良く見えたのはパールコードだった。馬体重はマイナス14キロだったが、牝馬ながら前走は516キロであり、まだ500キロ以上ある。その大きな馬体をさらに大きく見せ、堂々と歩いていた。映像のなかったエルビッシュも良く見えた。踏み込み良く、どっしりした歩様。かなり期待したのだがブービーに敗れた。A評価ビッシュはあまりにも細い。これはさすがに買いづらかった。差しては来たが5着まで。馬体の成長を待ちたいところだ。追い切り高評価組では、シャララがうるさい面を見せていたので切った。シークザフューチャーがマーカーを入れてもらっており、毛ヅヤも悪くなかったので押さえたが、さすがにこのメンバーでは厳しかった。勝ったチェッキーノは、追い切り評価で良い面も悪い面も見当たらない、と書いたが、パドックでも同様だった。

レース。ゲッカコウが出遅れ。ポンと出たクィーンズベストが飛ばして先頭へ。続いてブルーオリエント。シャララとクロコスミアが続く。人気どころは中団から後ろ。ビッシュは最後方につけた。前半1000メートルは59.7。縦長の展開で直線に向かう。残り200メートルでクィーンズベストのリードが1馬身程度に。外からチェッキーノが悠々と交わしていく。パールコードも続いたが、3馬身差の2着に敗れた。3着は外を飛んできたアウェイク。ビッシュは大外を飛んでは来たが5着まで。4着にはフロンテアクイーンが入り、逃げ粘ったクィーンズベストは6着だった。

勝ち時計の1:59.7は、レースレコード。過去にこのレースを1分台の時計で走った馬はいない。タイムの優秀さを物語る指標もある。同日9R府中ステークス(古馬1600万下)において、堀厩舎の期待馬レアリスタが川田騎手を背に記録した時計が1:59.3だった。チェッキーノは、初めての追い切りスタイル、初の2000メートル、騎手の乗り替わり、大外枠など、さまざまなマイナス要素を吹き飛ばしての快勝。オークスでさらに距離は延びるが、今日の走りを見る限り全く問題はなさそう。あとは力関係だけだろう。広い東京で、よどみなくハイペースで流れ、有利不利の少ないレース展開。2着以下は、チェッキーノと明らかな能力差があると考えて良さそうだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2016/04/FloraStakes.html

読売マイラーズカップの反省と全着順-2016年4月24日のレース

1着【B+:3人気】2番 クルーガー 1:32.6
2着【B-:5人気】1番 ダノンシャーク 1:32.6
3着【B:11人気】4番 クラレント 1:32.7
4着【A:1人気】7番 フィエロ 1:33.0
5着【B+:10人気】12番 アルバートドック 1:33.0
6着【B:6人気】15番 サンライズメジャー 1:33.0
7着【C:15人気】5番 ケイティープライド 1:33.0
8着【映像なし:12人気】13番 ケントオー 1:33.1
9着【B-:9人気】6番 エキストラエンド 1:33.2
10着【B:8人気】3番 テイエムイナズマ 1:33.5
11着【B-:13人気】10番 マーティンボロ 1:33.5
12着【A:4人気】14番 ダノンリバティ 1:33.5
13着【B+:2人気】9番 ネオスターダム 1:34.1
14着【B:7人気】11番 レッドアリオン 1:34.5
15着【映像なし:14人気】8番 アルマワイオリ 1:34.5

A評価2頭、B+評価3頭。掲示板に高評価5頭中3頭が載ったとはいえ、馬券に絡んだのは1頭のみ。B+評価のクルーガーが勝ったものの、2着はB-評価ダノンシャーク。3着にB評価クラレントが入った。



パドック。最も良く見えたのはネオスターダムだった。尾を後脚に巻き込みながら、しかっかりとした歩様で歩けていた。アルバードドッグもスッスッと元気に歩く。フィエロはさすがに見栄えがする。尾の雰囲気も良い。一方、ダノンリバティは頭が高くいまいちな雰囲気。この馬は馬柱からするとテイエムイナズマとほぼ互角で、能力が足りるかどうかと悩んでいたのだが、パドックからは強く買いたいと感じなかった。ダノンシャークはごくふつう。この馬はいつも良く見せてくれるので評価が難しい。クラレントはプラス10キロだったが見た目太いとは感じなかった。ある程度人気しており、いつも追い切りで動かないサンライズメジャーは、歩様のバランスがいまいちだった。

レース。テイエムイナズマが出遅れ。クルーガーも後ろから。積極的にハナを奪いに行く馬がおらず、横一線が続いたが、テンのスピードの違いでクラレントがハナへ。隣にアルマワイオリがつける。外からサンライズメジャーが交わしていく。フィエロは後方3番手の外につけた。アルバートドッグはその後ろ。最後方がマーティンボロ。前半3Fは34.1。クラレントは前を壁にしてきれいに折り合う。馬群が固まって直線。粘るサンライズメジャーを標的に、内からクラレントが迫る。その後ろからダノンシャークとクルーガーが伸びる。大外からフィエロ。ゴール前はサンライズメジャーを内から交わした3頭の叩き合い。最内を突いたクルーガーが抜け出し1着。2着にはクラレントを外から交わしたダノンシャークが入り、クラレントは3着に粘り込んだ。大外を回したフィエロが4着。さらに外から迫ったアルバートドッグが5着に入った。

勝ち時計の1:32.6は、レッドアリオンが記録した昨年のタイムに並ぶ。今年はエアレーション作業を実施したため、昨年ほどパンパンの良馬場ではなく、悪くない時計だ。勝ったクルーガーは最内の経済コースをきれいに抜けてきたもので、展開の助けもあった。松山騎手はしてやったりの騎乗だろう。ダノンシャークは内枠を生かして中団前目につけた。ここのところ後ろからの競馬で結果を出せなかったが、前走の阪急杯は0.3秒差まで押し上げてきていた。今回は、好位で折り合い、長くいい脚を使えた。8歳馬だが元気だ。3着のクラレントは実績ナンバーワン。戦ってきた相手を考えると、この着順は驚けないだろう。フィエロは、安田記念狙いとはいえ追い切りはきれいに動いた。後ろから終始外を回した安全策は、いつも稽古をつけている鮫島良騎手が馬の能力を信頼した証であろうが、一方で本番までに馬に負荷をかけすぎたくない気持ちもあったのではないか。ここで勝っていれば、もしかしたら本番も乗れたかもしれない。若手騎手には、こういうレースでがつがつしてほしい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2016/04/MilersCup.html

2016年4月23日

福島牝馬ステークスの反省と全着順-2016年4月23日のレース

1着【B:15人気】8番 マコトブリジャール 1:47.5
2着【A:1人気】16番 シャルール 1:47.7
3着【B+:13人気】6番 オツウ 1:47.7
4着【B-:3人気】3番 アースライズ 1:47.9
5着【C:8人気】5番 クインズミラーグロ 1:47.9
6着【C:2人気】9番 ハピネスダンサー 1:47.9
7着【B-:7人気】1番 ディープジュエリー 1:48.0
8着【B+:4人気】12番 メイショウスザンナ 1:48.0
9着【B:6人気】4番 アルマディヴァン 1:48.0
10着【A:5人気】7番 リーサルウェポン 1:48.1
11着【B:10人気】13番 ウインリバティ 1:48.4
12着【映像なし:11人気】2番 フレイムコード 1:48.4
13着【C:14人気】14番 ミナレット 1:48.5
14着【映像なし:12人気】15番 カレンケカリーナ 1:48.5
15着【B:9人気】10番 キャットコイン 1:48.6
16着【A:16人気】11番 ノットフォーマル 1:49.5

A評価3頭、B+評価2頭。人気薄のB→1番人気のA→人気薄のB+で決まったので、まずまずの参考にはなったかもしれない。13番人気のオツウを拾えたのは良かったとはいえ、A評価の残りの2頭、リーサルウェポンは馬群に突っ込んで末脚使えず、ノットフォーマルは最下位だった。



パドック。牝馬はやわらかいので良く見えやすいのだが、それにしても今回は良く見える馬が多かった。追い切り低評価組も悪くは見えない。それは、裏を返せば絶好の気配、という馬もいないということだ。キャットコインが最後尾を歩く買いサインだったが、この馬はそこまで良く見えなかったのでTwitterで言及しなかった。

レース。ミナレットが出遅れてオツウがハナに。マコトブリジャールが2番手につける。シャルールは出していってカーブで控え、外で楽に回す6番手につける。リーサルウェポンは後方グループの最内。経済コースだが小回りでどう打開するのか。前半1000メートルは1:00.7。隊列はほぼ変わらず、クインズミラーグロあたりが押し上げてきて直線へ。粘るオツウをマコトブリジャールが早々に交わす。本来ここから後続が差してくるはずなのだが、前が止まらない。抜けるマコトブリジャール、粘るオツウ。外からシャルールが飛んできたが2着までだった。

勝ち時計の1:47.5は、遅い。2004年に新設されて以来、良馬場では3番目に遅いタイムだ。平坦福島で遅めのラップを刻み、上がり3Fで33秒台を1頭も出せなかった。逃げたオツウが34.8、直後に居たマコトブリジャールが34.5。トップタイムはシャルールとアースライズの34.2だったが、これでは追いつけない。強い競馬をしたのはシャルールだったが、こうしてタイムを見てみると、次走にそこまでの期待はできないかもしれない。救いは、終始外を回したため、コースロスはかなりあったであろう、と考えられること。経済コースを通っていれば、最後のキレが増した可能性はある。アースライズはミニ放牧明けでマイナス14キロ。次走さらに減っていれば買いづらい。小回りの内でごちゃつき、リーサルウェポンをはじめ、脚を余した馬も多かった。彼女たちは、このレースで見限れない。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/FukushimaHimbaStakes.html

2016年4月22日

【枠順確定】サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)追い切り評価最終版-2016年4月24日東京芝2000馬齢

1枠1番 バレエダンサー 牝3 54.0 大野拓弥【B】

W併せ。馬場の外目を深く入り、内から馬体を合わせて直線へ。手前の替え方はそれほど上手ではないが、きれいに伸びて1馬身先着した。肩の動きが良く、前脚は伸びやかに出てきている。

1枠2番 ゲッカコウ 牝3 54.0 松岡正海【B+】

坂路単走。パワフルさは感じられず四肢の可動域に強調材料もないのだが、ピッチ走法で楽に脚元を使い、きれいに伸びていく子気味良い駆け方をする。首も上手に使えている。

2枠3番 ビッシュ 牝3 54.0 横山典弘【A】

W単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さがある。頭を低く保ちながら、きれいな全身運動ができている。タイムはいまいちだが、通ったコースを考えれば十分に許容範囲だ。

2枠4番 アグレアーブル 牝3 54.0 岩田康誠【B-】

W併せ。直線はクビ差追走。じっと持ったまま抜け出してクビ差先着した。その後追い出し、大きなフットワークで抜け出したのは良し。ただ、脚元の動きはスローで、頭も高い。

3枠5番 ショコラーチ 牝3 54.0 石川裕紀人【B-】

W3頭併せの外。直線で早くも先頭に出たのだが、そこで鞍上が内2頭の方を見る。内の馬が伸びてきたタイミングで同時に伸び、内に1馬身、中に1馬身半先着した。気合い乗りは悪くなさそうなのだが、内容は微妙。トモが寂しいことも気がかり。

3枠6番 アウェイク 牝3 54.0 吉田豊【-】

映像なし



4枠7番 ファイアクリスタル 牝3 54.0 田辺裕信【B】

W3頭併せの中。外と並んで内を半馬身追いかけて直線へ。そのまま並んで内に4分の3馬身、外にアタマ差先着した。途中行きたがったのを鞍上が押さえたが、それを除くとスムース。頭は若干高い。トモはゆるい。

4枠8番 シャララ 牝3 54.0 嘉藤貴行【B+】

坂路単走。鞍上は手を動かさず、じっと手綱を押さえていたが、ラチ一杯をしっかり追われた印象。馬自身が考えて動いているようで、フォームは安定し、一定のリズムを刻めている。

5枠9番 フロンテアクイーン 牝3 54.0 蛯名正義【B】

W併せ。馬場の真ん中内目で外の相手を1馬身差追走。軽く仕掛けると反応し、半馬身先着。しかしゴール後に追われた相手に抜かれた。ただ、この馬の動きは後脚のパワフルさが若干不足していることを除けば問題なく、タイムも悪くない。

5枠10番 ブルーオリエント 牝3 54.0 柴山雄一【-】

映像なし

6枠11番 パールコード 牝3 54.0 川田将雅【B+】

CW併せ。馬場の真ん中外目で内から馬体を並べて直線へ。鞍上はじっと手を動かさなかったが好気配で伸び、尻ステッキを入れておいすがる相手に馬なりのまま併入した。好調教だ。

6枠12番 トウカイシェーン 牝3 54.0 田中勝春【-】

映像なし



7枠13番 エマノン 牝3 54.0 酒井学【B】

坂路単走。体のバランスは極めて良く、進行方向をまっすぐに向いて、しっかりと地面をつかんで駆けられている。脚元の回転力には乏しいが、そのぶんパワーはある。

7枠14番 クィーンズベスト 牝3 54.0 三浦皇成【A】

坂路併せ。目の前を行かせた相手に植え込み側で並びかけ、鞍上は一切手を動かさずにすっと抜き去ると、あとは一人旅。最後までぐいぐい伸びて余裕でゴールした。タイムも良い。

7枠15番 シークザフューチャ 牝3 54.0 石橋脩【B-】

W併せ。わずかに先行して直線に入り、そのままの差をキープしてアタマ差先着した。頭は高いが首でリズムは刻めており、頭の位置も安定している。四肢の可動域は及第点に少し足りない程度。発汗が多いのは気になる。

8枠16番 クロコスミア 牝3 54.0 勝浦正樹【B-】

坂路単走。舌を出して左右にぶれながら走る。後半は改善されたが、推進力が上に逃げていることも問題だ。

8枠17番 エルビッシュ 牝3 54.0 内田博幸【-】

映像なし

8枠18番 チェッキーノ 牝3 54.0 Cルメール【B】

W単走。前と後ろに併せ馬が居たので、変則5頭併せのような形になったが、後ろからつつかれることも前に並びかけることもなく、淡々と駆けた。すべての動きが平均レベルで、良い面も悪い面も見当たらない不思議な馬だ。


参考ステップレースの結果

フラワーC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/FlowerCupR.html

チューリップ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/TulipShoR.html

クイーンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/QueenCupR.html

【枠順確定】読売マイラーズカップ(GII)追い切り評価最終版-2016年4月24日京都芝1600別定

1枠1番 ダノンシャーク 牡8 57.0 福永祐一【B-】

坂路単走。体は進行方向より若干右で、頭の位置は安定しない。いつもどおり脚元のパワフルさは感じられるが、頭の位置が完歩ごとに異なるため、常に一定のリズムで地面をつかまえられていない。

2枠2番 クルーガー 牡4 56.0 松山弘平【B+】

坂路併せ。前半、左後肢が流れる完歩が多かったが、追われると一変。鋭く伸びて相手を置き去りにした。前膝をやわらかく使えている。

2枠3番 テイエムイナズマ 牡6 56.0 古川吉洋【B】

坂路単走。馬の多い時間帯に植え込み側でまずまずのタイムをマークした。しかし、舌をずっと出しており、首の上下動がきれいにできていない。体は進行方向より若干右。前脚を高く上げるフォームは悪くない。

3枠4番 クラレント 牡7 56.0 小牧太【B】

坂路併せ。相手はレッドアリオン。好調時に比べると脚元の動きはスローだが、馬なりにいい手ごたえで一完歩ごとに差を広げ、1馬身先着した。馬格を生かした走りをできている。

3枠5番 ケイティープライド 牡6 56.0 秋山真一郎【C】

坂路併せ。最後の1Fのウッドチップを入れ替えて時計のかかる馬場とはいえ、最後は止まった。尻ステッキを入れても反応せず、相手にすっと差されて半馬身遅れた。



4枠6番 エキストラエンド 牡7 56.0 松田大作【B-】

CW3頭併せの外。ラチ沿いを深く入って並ぶ2頭を1馬身差追走。内は1馬身離したが、尻ステッキを入れても反応は鈍く、中の馬に半馬身遅れた。

4枠7番 フィエロ 牡7 56.0 鮫島良太【A】

CW併せ。ラチ沿いを深く入った相手と並んで直線へ。ステッキを使って追う相手に格の違いを見せつけるように、軽く合図を送っただけで引き離し、2馬身先着した。タイムも良く、四肢の可動域は十分。毛ヅヤも良い。

5枠8番 アルマワイオリ 牡4 56.0 武幸四郎【-】

映像なし

5枠9番 ネオスターダム 牡4 56.0 池添謙一【B+】

坂路併せ。わずかに舌を出しているのは気がかりだが、馬体を相手に寄せていく勝負根性を見せ、最後は交わして1馬身先着した。前への推進力も感じられる。

6枠10番 マーティンボロ 牡7 56.0 藤岡佑介【B-】

坂路単走。前膝をやわらかく使えないため、あっぷあっぷした印象を受ける。着地点も安定せず、まっすぐに駆けられていない。後脚のパワフルさはある。

6枠11番 レッドアリオン 牡6 57.0 川須栄彦【B】

坂路併せ。相手はクラレント。目の前を行かせた馬を追いかけたが差は詰まらず、1馬身遅れてゴール。動きそのものは決して悪くなく、タイムは良いのだが、相手の鞍上が振り返ったことを考えるとやはり高評価はできない。



7枠12番 アルバートドック 牡4 56.0 幸英明【B+】

坂路併せ。相手の方を一切見ることなく、まっすぐ前を向いてしっかりと坂を駆け上がり、半馬身先着した。後脚が若干流れることを除けば、問題ない仕上がり。

7枠13番 ケントオー 牡4 56.0 和田竜二【-】

映像なし

8枠14番 ダノンリバティ 牡4 56.0 松若風馬【A】

坂路併せ。かなり手を動かして追われる相手に対して、こちらはじっと伸びて並走。最後に軽く仕掛けられると、ぐっと伸びて一気に引き離し、2馬身先着した。前膝がやわらかく、後脚の繋もきれいに返っている。

8枠15番 サンライズメジャー 牡7 56.0 四位洋文【B】

坂路単走。顎が右下に出て、首をかしげたような状態で走る。馬なりでさっと流した内容なので問題ないのかもしれないが、鞍上はそれを矯正しようとしない。ただ、追い切りでいつも動かない馬にしては、首を除く体のバランスの取れた走りではある。


参考ステップレースの結果

ダービー卿CT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/LordDerbyChallengeTrophyR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/TokyoShimbunHaiR.html

マイルCS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MileChampionshipR.html

【枠順確定】福島牝馬ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2016年4月23日福島芝1800別定

1枠1番 ディープジュエリー 牝4 54.0 三浦皇成【B-】

坂路併せ。相手に馬体を合わせに行く勝負根性を見せ、最後は鞍上がステッキを抜いて優しく肩に入れたがアタマ差遅れた。前脚はやわらかく使えているが、後脚が流れてしまう。

1枠2番 フレイムコード 牝7 54.0 菱田裕二【-】

映像なし

2枠3番 アースライズ 牝4 54.0 丸山元気【B-】

坂路単走。右後肢が流れる。数完歩を除けば頭の位置は安定しているものの、脚元の動きはスローで本調子ではなさそう。

2枠4番 アルマディヴァン 牝6 54.0 藤岡佑介【B】

坂路3頭併せの内。並んで坂に入って内に半馬身、外に1馬身先着した。動きは可もなく付加もなく。小さくまとまったような動き。

3枠5番 クインズミラーグロ 牝4 54.0 幸英明【C】

ポリトラック単走。トモはふっくら見せて馬体のシルエットは美しいのだが、前から見ると薄い。ポリトラックでタイムは悪く、四肢の外への可動域が不足している。

3枠6番 オツウ 牝6 54.0 加藤祥太【B+】

坂路単走。体は進行方向よりほんの少し左だが、気にしなくてもいいレベル。脚元は極めて安定しており、動きは若干スローだが力強くまっすぐに駆けられている。



4枠7番 リーサルウェポン 牝5 54.0 田辺裕信【A】

ポリトラック単走。ラチ側をある程度深く入って、直線は弾けた。スムースに加速し、リズム良い走りでゴール。四肢の可動域は十分で、馬体にボリューム感がある。

4枠8番 マコトブリジャール 牝6 54.0 北村友一【B】

坂路単走。脚元の動きは若干スローで、四肢の可動域も及第点レベルに足りないが、頭を低く保ったフォームは良く、安定したリズムを刻めていることも評価したい。

5枠9番 ハピネスダンサー 牝5 54.0 吉田隼人【C】

坂路単走。後脚の可動域が狭い。鞍上はなんとか最後まで走り切らせたが、最後は顎を上げ、あっぷあっぷになってしまった。

5枠10番 キャットコイン 牝4 54.0 柴山雄一【B】

ダート(北C)併せ。尾が流れないおとと飛節が硬いことはマイナスだが、全体的な動きは悪くない。前への推進力があり、リズムも良い。

6枠11番 ノットフォーマル 牝4 54.0 黛弘人【A】

W併せ。馬場の外目をある程度深く入って、直線はクビ差追走。すぐに並ぶとじわじわ抜け出し1馬身先着した。馬体は若干太めかもしれないが、毛ヅヤは良好。躍動感のある動きをできている。

6枠12番 メイショウスザンナ 牝7 54.0 大野拓弥【B+】

CW単走。馬場の真ん中外目をある程度強めに追われた。途中、顎が左を向く完歩はあったが、それさえ気にしなければいい動き。背中が安定しているのも評価できるポイントで、毛ヅヤも良好だ。



7枠13番 ウインリバティ 牝5 54.0 松山弘平【B】

CW単走。馬場の真ん中外目を素軽く駆けた。推進力が若干上に逃げることは気がかりで、内容も軽いがタイムは出ており、首できれいにリズムを刻んで安定感のある走りはできている。

7枠14番 ミナレット 牝6 54.0 嘉藤貴行【C】

ダート(北C)単走。かなり軽い内容で、全く負荷はかかっていない。そのため、四肢の可動域については評価対象外。気になるのは尾で、余計な力が入っているだけでなく、振り回すこともある。

8枠15番 カレンケカリーナ 牝6 54.0 勝浦正樹【-】

映像なし

8枠16番 シャルール 牝4 54.0 横山典弘【A】

坂路併せ。鞍上は手綱を見事に使って馬にまっすぐ前を向かせ、ステッキを入れることなく最後までしっかり駆けさせた。馬もそれにこたえて併入。追い切り内容はとても良く、前脚と後脚が常に同一ライン上にあることも評価できる。


参考ステップレースの結果

中山牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/NakayamaHimbaStakesR.html

京都牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyotoHimbaStakesR.html

愛知杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/AichiHaiR.html

【1週前追い】天皇賞・春(GI)追い切り評価-2016年5月1日京都芝3200定量

アルバート 58.0 【B-】

W3頭併せの外。中に半馬身遅れて直線へ。先行する中の馬を内と外から追走する追い切りで、そのまま抜かずにハナ差遅れてゴール。ゴール後も中の馬を抜かなかった。前膝を高く上げる走法なので見栄えはしないが、しっかりと動けてはいる。発汗量が多いのは気になる。

キタサンブラック 58.0 【B】

CW併せ。2馬身前を行かせた馬を追い、ラチ側を深く入って外から追走。馬なりに並びかけ、ハナ差遅れでゴールした。その後はゆるめ、相手に離された。内容は軽いが、首を上手に使ってパワフルに動けている。

ゴールドアクター 58.0 【B+】

W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通って中外に2頭ならんだ馬を1馬身半差追走して直線へ。ゴール前軽く仕掛けてゴール地点ではアタマ差遅れも、その後抜け出し、大きくリードした。四肢の可動域は十分で、尾もきれいに流れている。

サウンズオブアース 58.0 【B-】

CW併せ。馬場の外目で直線は半馬身差追走。すぐに仕掛けてリードし、最後は尻ステッキを入れて十分に負荷をかけたが、かけた負荷ほど動かず半馬身先着まで。四肢がきれいに連動していない。



サトノノブレス 58.0 【B+】

CW併せ。馬場の外目を通って目の前を行かせた馬を2馬身差追走。軽い合図ですっと伸び、最後は強い負荷をかけて1馬身先着した。お腹のあたりはふっくら見せてしているが、1週前なので、ちょうどいい具合。これでいい体に仕上がってくるだろう。

シュヴァルグラン 58.0 【B+】

CW併せ。ラチ側を深く入ってショートカットした相手を3馬身差追走。軽い肩ステッキを何度か入れて追いつき、最後は強めに追ってきっちり半馬身先着した。体はまだゆるく、四肢の可動域はいまいちだが、パワフルな動きで毛ヅヤも良好。

タンタアレグリア 58.0 【C】

馬場の真ん中内目でずっと舌を出している外の相手と並走して直線へ。鞍上は手を動かして強めに追っているが追いつけずアタマ差遅れ。ゴール後も交わせなかった。

トーホウジャッカル 58.0 【A】

坂路併せ。一完歩だけ相手の居ない左側を向いたが、それを除けば頭の位置は極めて安定している。後脚が若干流れる完歩が散見されたものの気にしなくてもいいレベルで、後半はぐいぐい引き離し、2馬身先着した。



フェイムゲーム 58.0 【B+】

W併せ。ラチ一杯を深く入った相手を見ながら、馬場の外目をコースどおりに入って直線はクビ差追走。そこからずるずる遅れて1馬身遅れも、ゴール後息を吹き返してすっと伸び、交わすところまでやった。毛ヅヤはピカピカで、首の使い方もうまく、四肢はきれいに連動している。

マイネルメダリスト 58.0 【C】

坂路併せ。この馬の動きは決して悪くないのだが、すいすいと前を行く相手に対して、何度尻ステッキを入れても反応は変わらず、ラチを頼るような素振りも見せ、2馬身遅れた。


参考ステップレースの結果

日経賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/NikkeiShoR.html

阪神大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/HanshinDaishotenR.html

有馬記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/ArimaKinenR.html


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年4月21日

【水曜追い】サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)追い切り評価-2016年4月24日東京芝2000馬齢

アグネスフェアリー 54.0 【B】

CW併せ。内をショートカットさせた相手を、馬場の外目でコースどおりに走って追いかけ、直線は3馬身差追走。ステッキを何度も入れて何とかまじめに駆けさせ、ゴールできっちりとらえてハナ差先着した。道中ラチを頼るような素振りを見せるなど、まだ若いところはある。内容は良い。

アグレアーブル 54.0 【B-】

W併せ。直線はクビ差追走。じっと持ったまま抜け出してクビ差先着した。その後追い出し、大きなフットワークで抜け出したのは良し。ただ、脚元の動きはスローで、頭も高い。

エマノン 54.0 【B】

坂路単走。体のバランスは極めて良く、進行方向をまっすぐに向いて、しっかりと地面をつかんで駆けられている。脚元の回転力には乏しいが、そのぶんパワーはある。

エミーズレシピ 54.0 【B-】

坂路単走。左前肢を左前に出すフォームで、安定性に乏しい印象を受けるが、まっすぐに走れてはいる。動かすと右前肢を右前に出すようになるなど、まだ走法の面で成長しきっていない。

クィーンズベスト 54.0 【A】

坂路併せ。目の前を行かせた相手に植え込み側で並びかけ、鞍上は一切手を動かさずにすっと抜き去ると、あとは一人旅。最後までぐいぐい伸びて余裕でゴールした。タイムも良い。

クロコスミア 54.0 【B-】

坂路単走。舌を出して左右にぶれながら走る。後半は改善されたが、推進力が上に逃げていることも問題だ。

ゲッカコウ 54.0 【B+】

坂路単走。パワフルさは感じられず四肢の可動域に強調材料もないのだが、ピッチ走法で楽に脚元を使い、きれいに伸びていく子気味良い駆け方をする。首も上手に使えている。



コルコバード 54.0 【B-】

W併せ。馬場の真ん中内目で外の相手と馬体を合わせ、クビ差追走して併入。その後は若干のリードを保ちながら長く追われた。負荷は十分にかかっていそうだが、四肢の可動域に乏しい。

シャララ 54.0 【B+】

坂路単走。鞍上は手を動かさず、じっと手綱を押さえていたが、ラチ一杯をしっかり追われた印象。馬自身が考えて動いているようで、フォームは安定し、一定のリズムを刻めている。

ショコラーチ 54.0 【B-】

W3頭併せの外。直線で早くも先頭に出たのだが、そこで鞍上が内2頭の方を見る。内の馬が伸びてきたタイミングで同時に伸び、内に1馬身、中に1馬身半先着した。気合い乗りは悪くなさそうなのだが、内容は微妙。トモが寂しいことも気がかり。

チェッキーノ 54.0 【B】

W単走。前と後ろに併せ馬が居たので、変則5頭併せのような形になったが、後ろからつつかれることも前に並びかけることもなく、淡々と駆けた。すべての動きが平均レベルで、良い面も悪い面も見当たらない不思議な馬だ。

パラノーマル 54.0 【B】

坂路併せ。体は進行方向よりほんの少し右だが、鞍上が上手に手綱を使ってまっすぐに向いて走らせようとした。それに馬はこたえ、最後はまっすぐに。ハナ差遅れたのは内容を考えると仕方がない。今後に向けていいレースをしたい。

バレエダンサー 54.0 【B】

W併せ。馬場の外目を深く入り、内から馬体を合わせて直線へ。手前の替え方はそれほど上手ではないが、きれいに伸びて1馬身先着した。肩の動きが良く、前脚は伸びやかに出てきている。



パールコード 54.0 【B+】

CW併せ。馬場の真ん中外目で内から馬体を並べて直線へ。鞍上はじっと手を動かさなかったが好気配で伸び、尻ステッキを入れておいすがる相手に馬なりのまま併入した。好調教だ。

ビッシュ 54.0 【A】

W単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さがある。頭を低く保ちながら、きれいな全身運動ができている。タイムはいまいちだが、通ったコースを考えれば十分に許容範囲だ。

ファイアクリスタル 54.0 【B】

W3頭併せの中。外と並んで内を半馬身追いかけて直線へ。そのまま並んで内に4分の3馬身、外にアタマ差先着した。途中行きたがったのを鞍上が押さえたが、それを除くとスムース。頭は若干高い。トモはゆるい。

フロンテアクイーン 54.0 【B】

W併せ。馬場の真ん中内目で外の相手を1馬身差追走。軽く仕掛けると反応し、半馬身先着。しかしゴール後に追われた相手に抜かれた。ただ、この馬の動きは後脚のパワフルさが若干不足していることを除けば問題なく、タイムも悪くない。

ラインセイラ 54.0 【B】

W併せ。ラチ側を深く入って半馬身先行して直線へ。内から迫られてゴール地点では併入も、その後きちんと前に出てフィニッシュ。四肢の可動域は若干不足し、トモもゆるく映るが、前膝がやわらかく飛節のクッションも効いている。

リルティングインク 54.0 【B-】

坂路単走。ある程度バランス良く走れてはいるのだが、まだ後脚の使い方が整っていない。そのため着地点が左右にぶれる。仕掛けたところで大きく左に蹴り出してしまうなど、若い面を見せている。完成はまだ先かもしれない。


参考ステップレースの結果

フラワーC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/FlowerCupR.html

チューリップ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/TulipShoR.html

クイーンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/QueenCupR.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】福島牝馬ステークス(GIII)追い切り評価-2016年4月23日福島芝1800別定

アルマディヴァン 54.0 【B】

坂路3頭併せの内。並んで坂に入って内に半馬身、外に1馬身先着した。動きは可もなく付加もなく。小さくまとまったような動き。

アースライズ 54.0 【B-】

坂路単走。右後肢が流れる。数完歩を除けば頭の位置は安定しているものの、脚元の動きはスローで本調子ではなさそう。

ウインオリアート 54.0 【B-】

W併せ。ラチ沿いを深く入って並んで直線へ。そのまま少しずつ遅れ、ゴール地点ではクビ差遅れた。首の使い方は上手で、四肢の可動域は及第点レベル。トモは少し寂しく映る。

ウインリバティ 54.0 【B】

CW単走。馬場の真ん中外目を素軽く駆けた。推進力が若干上に逃げることは気がかりで、内容も軽いがタイムは出ており、首できれいにリズムを刻んで安定感のある走りはできている。

オツウ 54.0 【B+】

坂路単走。体は進行方向よりほんの少し左だが、気にしなくてもいいレベル。脚元は極めて安定しており、動きは若干スローだが力強くまっすぐに駆けられている。

キャットコイン 54.0 【B】

ダート(北C)併せ。尾が流れないおとと飛節が硬いことはマイナスだが、全体的な動きは悪くない。前への推進力があり、リズムも良い。



クインズミラーグロ 54.0 【C】

ポリトラック単走。トモはふっくら見せて馬体のシルエットは美しいのだが、前から見ると薄い。ポリトラックでタイムは悪く、四肢の外への可動域が不足している。

シャルール 54.0 【A】

坂路併せ。鞍上は手綱を見事に使って馬にまっすぐ前を向かせ、ステッキを入れることなく最後までしっかり駆けさせた。馬もそれにこたえて併入。追い切り内容はとても良く、前脚と後脚が常に同一ライン上にあることも評価できる。

ディープジュエリー 54.0 【B-】

坂路併せ。相手に馬体を合わせに行く勝負根性を見せ、最後は鞍上がステッキを抜いて優しく肩に入れたがアタマ差遅れた。前脚はやわらかく使えているが、後脚が流れてしまう。

ノットフォーマル 54.0 【A】

W併せ。馬場の外目をある程度深く入って、直線はクビ差追走。すぐに並ぶとじわじわ抜け出し1馬身先着した。馬体は若干太めかもしれないが、毛ヅヤは良好。躍動感のある動きをできている。

ハピネスダンサー 54.0 【C】

坂路単走。後脚の可動域が狭い。鞍上はなんとか最後まで走り切らせたが、最後は顎を上げ、あっぷあっぷになってしまった。

マコトブリジャール 54.0 【B】

坂路単走。脚元の動きは若干スローで、四肢の可動域も及第点レベルに足りないが、頭を低く保ったフォームは良く、安定したリズムを刻めていることも評価したい。



ミナレット 54.0 【C】

ダート(北C)単走。かなり軽い内容で、全く負荷はかかっていない。そのため、四肢の可動域については評価対象外。気になるのは尾で、余計な力が入っているだけでなく、振り回すこともある。

メイショウスザンナ 54.0 【B+】

CW単走。馬場の真ん中外目をある程度強めに追われた。途中、顎が左を向く完歩はあったが、それさえ気にしなければいい動き。背中が安定しているのも評価できるポイントで、毛ヅヤも良好だ。

リーサルウェポン 54.0 【A】

ポリトラック単走。ラチ側をある程度深く入って、直線は弾けた。スムースに加速し、リズム良い走りでゴール。四肢の可動域は十分で、馬体にボリューム感がある。


参考ステップレースの結果

中山牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/NakayamaHimbaStakesR.html

京都牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyotoHimbaStakesR.html

愛知杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/AichiHaiR.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】読売マイラーズカップ(GII)追い切り評価-2016年4月24日京都芝1600別定

アルバートドック 56.0 【B+】

坂路併せ。相手の方を一切見ることなく、まっすぐ前を向いてしっかりと坂を駆け上がり、半馬身先着した。後脚が若干流れることを除けば、問題ない仕上がり。

エキストラエンド 56.0 【B-】

CW3頭併せの外。ラチ沿いを深く入って並ぶ2頭を1馬身差追走。内は1馬身離したが、尻ステッキを入れても反応は鈍く、中の馬に半馬身遅れた。

クラレント 56.0 【B】

坂路併せ。好調時に比べると脚元の動きはスローだが、馬なりにいい手ごたえで一完歩ごとに差を広げ、1馬身先着した。馬格を生かした走りをできている。

クルーガー 56.0 【B+】

坂路併せ。前半、左後肢が流れる完歩が多かったが、追われると一変。鋭く伸びて相手を置き去りにした。前膝をやわらかく使えている。

ケイティープライド 56.0 【C】

坂路併せ。最後の1Fのウッドチップを入れ替えて時計のかかる馬場とはいえ、最後は止まった。尻ステッキを入れても反応せず、相手にすっと差されて半馬身遅れた。



サンライズメジャー 56.0 【B】

坂路単走。顎が右下に出て、首をかしげたような状態で走る。馬なりでさっと流した内容なので問題ないのかもしれないが、鞍上はそれを矯正しようとしない。ただ、追い切りでいつも動かない馬にしては、首を除く体のバランスの取れた走りではある。

ダノンシャーク 57.0 【B-】

坂路単走。体は進行方向より若干右で、頭の位置は安定しない。いつもどおり脚元のパワフルさは感じられるが、頭の位置が完歩ごとに異なるため、常に一定のリズムで地面をつかまえられていない。

ダノンリバティ 56.0 【A】

坂路併せ。かなり手を動かして追われる相手に対して、こちらはじっと伸びて並走。最後に軽く仕掛けられると、ぐっと伸びて一気に引き離し、2馬身先着した。前膝がやわらかく、後脚の繋もきれいに返っている。

テイエムイナズマ 56.0 【B】

坂路単走。馬の多い時間帯に植え込み側でまずまずのタイムをマークした。しかし、舌をずっと出しており、首の上下動がきれいにできていない。体は進行方向より若干右。前脚を高く上げるフォームは悪くない。

ネオスターダム 56.0 【B+】

坂路併せ。わずかに舌を出しているのは気がかりだが、馬体を相手に寄せていく勝負根性を見せ、最後は交わして1馬身先着した。前への推進力も感じられる。



フィエロ 56.0 【A】

CW併せ。ラチ沿いを深く入った相手と並んで直線へ。ステッキを使って追う相手に格の違いを見せつけるように、軽く合図を送っただけで引き離し、2馬身先着した。タイムも良く、四肢の可動域は十分。毛ヅヤも良い。

マーティンボロ 56.0 【B-】

坂路単走。前膝をやわらかく使えないため、あっぷあっぷした印象を受ける。着地点も安定せず、まっすぐに駆けられていない。後脚のパワフルさはある。

レッドアリオン 57.0 【B】

坂路併せ。目の前を行かせた馬を追いかけたが差は詰まらず、1馬身遅れてゴール。動きそのものは決して悪くなく、タイムは良いのだが、相手の鞍上が振り返ったことを考えるとやはり高評価はできない。


参考ステップレースの結果

ダービー卿CT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/LordDerbyChallengeTrophyR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/TokyoShimbunHaiR.html

マイルCS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/11/MileChampionshipR.html

※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年4月20日

【追い切り短評】東京プリンセス賞(SI)-2016年4月21日大井ダ1800定量

1枠1番 マテリアメディカ 石崎駿(船橋)

【映像なし】

2枠2番 エイシンリオ 矢野貴(大井)

【B-】大井併せ。鞍上がステッキを抜くと手前を替えようとしてなかなか替えられず、アタマ差先着したが差は詰められた。体は安定して使えている。

2枠3番 ジャストゥラヴ 本橋孝(船橋)

【C】大井3頭併せの中。外は離したが、内に2馬身遅れ。首から前脚、後脚へと至る全身の連動がいまいちで、前脚の可動域が不足している。

3枠4番 タケショウメーカー 笹川翼(大井)

【映像なし】

3枠5番 ポッドガゼール 中野省(船橋)

【映像なし】


4枠6番 エメンタールベルン 町田直(川崎)

【映像なし】

4枠7番 ドンナディヴィーノ 張田昂(船橋)

【映像なし】

5枠8番 モダンウーマン 山崎誠(川崎)

【B】川崎併せ。クビ差遅れ。ずっと並走して映像の奥の位置のため、よく見えないため難しいのだが、頭は低く保てている。一方、遅れはいただけないことと、尾がきれいに流れないことは明らかなマイナス要素。別の映像を確認したところ、馬体のシルエットはきれいで、毛ヅヤも良さそうだ。

5枠9番 ハッチャンハッピー 左海誠(船橋)

【映像なし】

6枠10番 ラッキーバトル 吉原寛(金沢)

【B-】大井併せ。相手と馬体を2頭分ほど離していたので単走に近い。まっすぐ伸びて1馬身半先着した。四肢の可動域は不足しているが、体はやわらかく使えている。

6枠11番 ワカチナ 森泰斗(船橋)

【B】小林併せ。頭がほんの少し、相手と反対側の左を向いていることは気がかりだが、しっかり追われて併入した。前への推進力のある走りだ。


7枠12番 コルディリエーラ 柏木健(大井)

【B】大井単走。馬なりにバランスの良い走り。後脚の可動域が狭いことは問題だが、肩の出の良さと前膝を高く上げてダイナミックに動けていることは評価したい。

7枠13番 スアデラ 本田重(船橋)

【映像なし】

8枠14番 リンダリンダ 桑村真(北海道)

【B+】小林単走。ピッチ走法の割に脚元の動きがスローで回転力に不足していることは問題。一方、推進力が上に逃げず、前へ向いていることは優れたポイントで、短所を十分に補っている。素軽い走りできれいに伸びた。馬体から距離は短い方が良さそうだが、毛ヅヤも良く、状態の良さは間違いない。

8枠15番 オルキスリアン 繁田健(浦和)

【映像なし】

2016年4月19日

【追い切り短評】羽田盃(SI)-2016年4月20日大井ダ1800定量

1枠1番 タービランス 森泰斗(船橋)

【B-】浦和併せ。直線ですぐにちぎったので実質単走。首が安定したのはゴール前の数完歩だけ。そのときのフォームは良かったが、常に同じフォームで走れない。推進力が若干上にかかるのも気がかり。

2枠2番 トロヴァオ 本田重(船橋)

【B+】小林単走。水の浮く馬場を確かな脚元で、前への推進力を持って気分良く駆けられた。四肢の可動域は若干不足しているが、気配は良い。

3枠3番 フォクスホール 繁田健(浦和)

【映像なし】

3枠4番 ラブレオ 吉原寛(金沢)

【B】大井併せ。ストライドの大きな馬で、馬格もある。脚元の動きはスローだが、体を大きくやわらかく使えており、状態は悪くなさそう。ただ、若干太めかもしれない。



4枠5番 キーパンチャー 和田譲(大井)

【B-】大井併せ。相手はサブノクロヒョウ。相手と脚色が全く同じ。クビ差追いかけクビ差遅れ。脚元の回転力はあるのだが、頭の高い走法のため、躍動感に欠ける印象。

4枠6番 デフィノワール 川島正(船橋)

【映像なし】

5枠7番 グランユニヴェール 笹川翼(大井)

【A】大井併せ。軽い合図の後、若干口向きの悪さを見せたがその後はスムースに加速。引き離して1馬身半先着した。肩の動きが良く、前脚をやわらかく使えている。馬体もすかっと好仕上がり。

5枠8番 サブノクロヒョウ 柏木健(大井)

【B】大井併せ。相手はキーパンチャー。脚色は相手と同じとはいえ、動きはこちらの方が良い。首の上下動は少ない一方、リズムを刻むことはできている。

6枠9番 キングスベンチ 橋本直(浦和)

【映像なし】

6枠10番 キャッスルアーサー 中野省(船橋)

【映像なし】



7枠11番 ラクテ 上田健(大井)

【B】大井単走。頭を低く保ち、四肢を精一杯伸ばしているのだが、その精一杯さ加減が能力の上限を物語っているようにも感じてしまう。尻ステッキを2発入れて十分に負荷をかけた。動きは素軽く、調子は良いはず。

7枠12番 ネオエレキング 楢崎功(大井)

【映像なし】

8枠13番 ジャーニーマン 赤岡修(高知)

【映像なし】

8枠14番 アンサンブルライフ 的場文(大井)

【B+】浦和併せ。押して押して半馬身先着した。脚元が映らない映像のため、評価は難しいのだが、首の可動域が狭い割には全身運動をできている。トモの雰囲気は良く、シルエットも美しい。

2016年4月18日

皐月賞の反省と全着順-2016年4月17日のレース

1着【B-:8人気】18番 ディーマジェスティ 1:57.9
2着【B+:3人気】3番 マカヒキ 1:58.1
3着【B+:1人気】11番 サトノダイヤモンド 1:58.3
4着【B:4人気】15番 エアスピネル 1:58.4
5着(4位降着)【B:2人気】16番 リオンディーズ 1:58.4
6着【B-:6人気】5番 マウントロブソン 1:58.6
7着【B-:9人気】9番 ナムラシングン 1:58.7
8着【B+:5人気】14番 ロードクエスト 1:59.1
9着【B:7人気】4番 アドマイヤダイオウ 1:59.5
10着【B-:16人気】7番 ウムブルフ 1:59.6
11着【B+:10人気】13番 プロフェット 1:59.8
12着【A:11人気】6番 ミライヘノツバサ 1:59.9
13着【C:14人気】8番 ミッキーロケット 2:00.0
14着【C:18人気】10番 トーアライジン 2:00.3
15着【C:13人気】1番 ドレッドノータス 2:00.5
16着【C:12人気】2番 ジョルジュサンク 2:01.0
17着【B:15人気】12番 リスペクトアース 2:02.6
18着【B:17人気】17番 アドマイヤモラール 2:03.2

A評価1頭、B+評価3頭。結果はB-→B+→B+で決まったのだが、1週前追い評価を見てみると、全く景色は変わってくる。1週前追いは10頭だけ映像があり、A評価2頭、B+評価3頭。結果はA→A→Bだ。個人的にはいつも川田騎手から買うのでマカヒキ軸の3連単が中心。狙いは本追い切りでA評価したミライヘノツバサだったので馬券は取れなかったが、読者のみなさまには何らかの示唆は提供できたかもしれない。



パドック。今日は別の用事があったのでリアルタイムに見られなかった。終わってからレーシングビューアーで見たが、見ていたらミライヘノツバサは買わなかったかもしれない。馬が違う。最も良く見えたのはマカヒキだった。堂々と、バランスの良い歩様で安定感のある周回だ。甲乙つけがたいのがリオンディーズ。この馬はデビュー前から注目していて、見ていて本当にいい馬だな、と感じる。やわらかさがある。サトノダイヤモンドは少しヨダレが見えたが、毛ヅヤと尾の雰囲気は良い。ディーマジェスティは良い。スッスッと気分良く歩いていて、尾の雰囲気がとても良い。人気どころでは、エアスピネルが筋肉質な体になってきたなという印象。ロードクエストは可動域が不足。穴からは、プロフェットが良い。前への推進力のある歩様で、動きが美しい。あと1頭挙げるとすればアドマイヤモラール。この馬はいつも良く見せてくれる。

レース。ミッキーロケットが少し遅れたことを除けば、各馬きれいにゲートを出た。ディーマジェスティは大外から外へ膨らむロス。内からポンと出たジョルジュサンクをリスペクトアースが交わして先手を奪う。ここまでは大方の予想どおり。しかし、リオンディーズが2番手に。マカヒキは内目後方集団の経済コースにつける。ディーマジェスティはその前。ミライヘノツバサはマカヒキより後ろ。縦長の展開になり、サトノダイヤモンドは中団。エアスピネルは先頭集団の最後尾の6番手。前半1000メートルは58.4。3コーナーあたりで早くもリオンディーズが先頭に。4コーナーにかけて、ディーマジェスティとマカヒキが外の馬場のきれいなところを上がってくる。直線。リオンディーズが引き離しにかかる。しかし迫るサトノダイヤモンド。その内からエアスピネルも伸びてくるが、リオンディーズが外に斜行したため挟まれる形に。この3頭の攻防を、外からディーマジェスティが交わす。さらに外からマカヒキが飛んできて、2着でゴール。3着にはサトノダイヤモンドが入り、4番目にゴールしたリオンディーズはエアスピネルの進路を妨害したことにより5着降着。エアスピネルが4着に繰り上がった。この裁定結果には、だれもが納得できるだろう。

勝ち時計の1:57.9は、当然のレースレコード。コースレコードはラブリーデイが2015年金杯で記録した1:57.8であり、それに0.1差に迫る超高速決着になった。なお、同レースの2着馬はロゴタイプ(5歳、58キロ)で、タイムは1:58.0。同馬が皐月賞で記録した以前のレースレコードと同タイムだった。今回は、レース時には晴れたが風が強く、馬場は良でもパンパンの良馬場というわけではない。それで、このタイムである。人気薄でも底を見せていないディーマジェスティが強さを見せつけた。中山より東京向きと見られ、母父はブライアンズタイム。母系にサドラーズウェルズの血まで入っている。ダービーの最有力候補に躍り出たばかりか、3冠の可能性も出てきた。2着のマカヒキは、テン乗りの川田騎手に導かれ、実力を十分に示すことはできた。この馬は前走でもそうだったが、ゴール前50メートルくらいになると急速にトップスピードに乗る。これはおそらく坂のせいだろう。東京競馬場で開催されるダービーは、坂を上りきってからの直線が長い。逆転の可能性はある。サトノダイヤモンドは、これが実力と考えてよさそうだ。日刊ゲンダイのコラムで藪中泰人氏が、「弥生賞後にルメール騎手が皐月賞でもマカヒキに乗るという話が出たが、これはルメール騎手側が何らかのアクションを起こした結果ではないか」と書いていたが、私も全く同じ考えだ。馬の能力は、マカヒキの方が高い。繰り上がり4着のエアスピネルは、サトノダイヤモンドに先着する可能性はあった。不利は痛かった。5着のリオンディーズは、このハイペースを3コーナーから引っ張って、直線斜行したとはいえ掲示板に粘った。能力は高い。今後は気性面の成長が問われる。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2016/04/SatsukiSho.html

2016年4月16日

アンタレスステークスの反省と全着順-2016年4月16日のレース

1着【B-:1人気】9番 アウォーディー 1:49.9
2着【B:3人気】16番 アスカノロマン 1:50.0
3着【B:5人気】2番 サージェントバッジ 1:50.5
4着【B+:4人気】1番 クリソライト 1:50.5
5着【A:2人気】3番 ロワジャルダン 1:50.6
6着【B:11人気】15番 ショウナンアポロン 1:50.9
7着【B:7人気】4番 イッシンドウタイ 1:50.9
8着【B:8人気】7番 トップディーヴォ 1:51.0
9着【B-:16人気】8番 キングヒーロー 1:51.1
10着【B-:9人気】5番 サンマルデューク 1:51.3
11着【A:13人気】10番 マイネルクロップ 1:51.4
12着【B-:10人気】11番 ローマンレジェンド 1:51.4
13着【映像なし:14人気】12番 ソロル 1:51.6
14着【映像なし:15人気】6番 ヴァンヌーヴォー 1:51.7
15着【B:12人気】13番 トウショウフリーク 1:51.8
16着【B+:6人気】14番 センチュリオン 1:53.0

A評価2頭、B+評価2頭。アウォーディーは追い切りB-だがパドックは良かった。前走が異常な強さであり、十分に買える。しかしA評価の2頭もB+評価の2頭も3着以内に来られず。B-→B→Bで決まってしまった。先週から追い切り評価が馬券に結びつかない。パドックはけっこう見えているのだが、どうもチグハグである。


パドック。今日は家でレーシングビューアーで観戦。BS11以外のテレビはまともにパドックをやらないので、自分のペースでやるにはちょうどいいのだが、レーシングビューアーははじめの1~2周のものなので、本格的にずっと見られないのは残念だ。最も良く見えたのは、クリソライトだった。続いてアウォーディー。この2頭で決まりだろうと考えたほど、2頭が抜けて良く見えた。人気薄A評価のマイネルクロップも悪くない。ロワジャルダンは気合い不足なのが気になった。

※最近Twitterを始めました。今日は1日パドック評価をしていたので、貼っておきます。なお、こんなヒマなことをいつもやるわけではありません。


レース。内枠の川田騎手、クリソライトが行くだろうと見ていたが、行き脚つかず。川田騎手は出ムチを使って大きく手綱をしごき、見せムチも振り回して行かせようとするが、馬は動かない。58キロがこんなところでこたえたのか、それとも地方ばかり使ってきて中央のペースにとまどったのか。結局ロワジャルダンより後ろの位置取りに。先手を奪ったのはショウナンアポロン。続いてアスカノロマン。前の4頭は7枠と8枠が占めた。マイネルクロップが5番手で、ロワジャルダンとクリソライトはその後ろ。アウォーディーが外からその位置まで上がってくる。穴で見ていたサージェントバッジは後ろから4頭目。前半1000メートルは1:00.3。直線。アウォーディーは2列目の外まで押し上げてきた。アスカノロマンが抜け出す。内から馬群を割ってクリソライト。真ん中からサージェントバッジが飛んでくる。しかし抜け出したアスカノロマンには遠い。アウォーディーが襲いかかる。最後はポンと尻ステッキを入れて、着差以上の余裕でアウォーディーが先頭でゴールした。3着には、差したサージェントバッジが入った。

勝ち時計の1:49.9は、平均レベル。昨年勝ったクリノスターオーが1:49.6、2013年のホッコータルマエが1:49.7であり、決して悪くないタイムではある。ただ、メンバーレベルの高さとハイペースなレース展開からすると、もう少し速い時計が出てもおかしくなかった。強さを見せつけたアウォーディーは、上がり3F36.8も最速タイ。最後は多少ゆるめたためさらにタイムは出そうで、しかも外を回して勝った内容は高く評価できる。アスカノロマンは58キロを背負ったが、太宰騎手の好騎乗もあって2着に粘り、東海S1着、フェブラリーS3着が決してフロックでなかったことを証明した。サージェントバッジは展開が向いた。デムーロ騎手との相性も良いのだろう。クリソライトは、行けなかったために切り替えて控える選択をした川田騎手の好判断。他馬を気にする面を見せず、あの内容で4着ならまずまずの結果と言えるだろう。ただ、このメンバーで行けなかったことは、今後のレース選択を難しくするかもしれない。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/AntaresStakes.html

2016年4月15日

【枠順確定】アンタレスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2016年4月16日阪神ダ1800別定

1枠1番 クリソライト 牡6 58.0 川田将雅【B+】

坂路併せ。最後までほぼ馬体を合わせてアタマ差先着。頭の位置の安定性は良く、首もある程度使えており、首の動きとやわらかい前脚の連動は良い。後脚のパワフルさは若干不足しているが、及第点以上の動きではある。

1枠2番 サージェントバッジ 牡4 56.0 Mデムーロ【B】

CW併せ。馬場の真ん中外目で内から行ったため、ショートカットした形になり、1馬身先行して直線へ。追う相手に並びかけられたが、そこから肩ステッキと見せムチで粘り、アタマ差先着した。珍しいパターンだが、こういう調教があってもいい。

2枠3番 ロワジャルダン 牡5 57.0 横山典弘【A】

W単走。それほど追われておらず、内容は軽めだが、馬体の張りの良さは目を引き、弾力性のある走りをできている。頭は若干高めでもこの内容なら十分で、むしろ頭の位置の安定性と、均等なリズムを刻めたことを評価したい。

2枠4番 イッシンドウタイ 牡7 56.0 田辺裕信【B】

ダート(北C)併せ。ラチ一杯を深く入り、直線は1馬身追走。最後にさっと仕掛けただけで伸び、併入。その後はゆるめて並走した。一瞬の切れ味はある。

3枠5番 サンマルデューク 牡7 56.0 武士沢友治【B-】

坂路単走。ラチを頼るような走りで、体は進行方向より右。ただ、負荷をかけていない割に、動けてはいる。

3枠6番 ヴァンヌーヴォー 牡7 56.0 秋山真一郎【-】

映像なし



4枠7番 トップディーヴォ 牡4 56.0 四位洋文【B】

坂路併せ。こちらは尻ステッキも入れて負荷をかけているにもかかわらず、馬なりの相手にアタマ差遅れた印象は良くないが、馬体を離していたため実質単走ととらえれば、この馬の動きそのものは悪くない。頭の位置は安定しており、尾もきれいに流れている。トモは丸味があって、雰囲気がいい。

4枠8番 キングヒーロー 牡7 56.0 小牧太【B-】

坂路単走。ある程度動けてはいるが、後脚のパワーが不足している。左後肢が若干流れる完歩があるのも難点。

5枠9番 アウォーディー 牡6 57.0 武豊【B-】

CW併せ。ラチ側を深く入った相手と馬体を合わせて直線へ。見せムチからの肩ステッキ2発で軽々抜け出したが、最後は脚色が鈍り、差し返されて半馬身先着にとどまった。映像は切れたがその後交わされたような手ごたえ。

5枠10番 マイネルクロップ 牡6 56.0 和田竜二【A】

坂路単走。頭の位置がずれそうになると、見せムチを使って矯正する好調教。この鞍上は上手い。おかげでバランスの良い走りを最後まで続けることができた。両前脚が若干内向しているが、そこまで気にならないレベル。追い切り内容を加味してA評価する。

6枠11番 ローマンレジェンド 牡8 58.0 岩田康誠【B-】

CW併せ。ラチ側を深く入った相手に対し、ショートカットして並んで直線へ。持ったままで抜け出すと、軽い合図からの尻ステッキで引き離す。しかしゴール前で脚が上がってしまい、最後は1馬身半の先着にとどまった。

6枠12番 ソロル 牡6 56.0 藤岡康太【-】

映像なし



7枠13番 トウショウフリーク 牡9 56.0 池添謙一【B】

坂路単走。手前を替えながら走るため、体は進行方向よりほんの少し右になったり左になったりと忙しいが、脚元の回転力は確か。最後は脚が上がった。

7枠14番 センチュリオン 牡4 56.0 Cルメール【B+】

W併せ。馬場の真ん中あたりで外から馬体を合わせ、お互いにきちんと追ってアタマ差先着した。最後はさすがにばてそうになったところを、きちんと追って負荷をかけた。股間の発汗は気になるが、内容は良い。

8枠15番 ショウナンアポロン 牡6 57.0 松岡正海【B】

W単走。タイムはさほどではないが、馬場の真ん中あたりをきれいな走り。四肢の可動域は及第点レベルにあり、馬体の張りも良い。頭は若干高めだが、首を上手に使えている。

8枠16番 アスカノロマン 牡5 58.0 太宰啓介【B】

CW単走。馬場の外目で直線に入り、鞍上は一切手を動かすことなく自由に駆けさせた。負荷はかかっていないものの、気合いの乗りは良く、動きに安定感がある。


参考ステップレースの結果

マーチS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/MarchStakesR.html

フェブラリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/FebruaryStakesR.html

東海S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/TokaiStakesR.html

2016年4月14日

【枠順確定】皐月賞(GI)追い切り評価最終版-2016年4月17日中山芝2000定量

1枠1番 ドレッドノータス 牡3 57.0 藤岡佑介【C】

坂路併せ。頭は高く掛かったような走りで、なんとか追走。前脚はやわらかいのだが、後脚のパワーが不足している印象で、最後は相手の鞍上が振り返って待ってくれたため差を詰めたがハナ差遅れた。【1週前映像なし】

1枠2番 ジョルジュサンク 牡3 57.0 吉田隼人【C】

坂路併せ。ある程度負荷をかけようとしたようだが、馬は動かずアタマ差遅れ。前脚は体の中心寄り、後脚は飛節が体の中心寄りを動くのだが繋は外側を回ってくるような動きで、走りのバランスは良くない。管も細く非力に映る。【1週前映像なし】

2枠3番 マカヒキ 牡3 57.0 川田将雅【B+】

坂路単走。先週きっちり追ったので今週はさらりと。鞍上がほんの少し手を動かすだけで流しただけにしては好タイムだ。体が進行方向より若干右なのは気になるが、首を上手に使えている。【1週前追い評価:A】

2枠4番 アドマイヤダイオウ 牡3 57.0 福永祐一【B】

CW単走。1週前にびっしりやったのでこの程度でいい、と言えないほど軽いキャンターレベルの内容。当然ながらタイムも最悪。とはいえ、重馬場ながら動きのバランスは取れていて、肩の可動域が広く前脚がきれいに出て行く。首も上手に使えている。【1週前追い評価:B+】

3枠5番 マウントロブソン 牡3 57.0 Tベリー【B-】

W3頭併せの内。馬場の真ん中あたりで、外の馬からアタマ差ずつつけられて直線へ。追われて抜け出し並ぶ中外にアタマ差先着。ゴール後は肩ステッキを入れて抜かせなかった。負荷は十分にかかっているが、中外の馬の方が手ごたえに余裕があった。【1週前追い評価:C】

3枠6番 ミライヘノツバサ 牡3 57.0 柴田大知【A】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手に徐々に並びかけ、そのままのペースで何事もなかったかのように追い抜いて半馬身先着した。タイムは平凡だが動きの安定性は目を引く。首の使い方は上手で、筋肉はやわらかそう。脚元はしっかりしており、一定のリズムを刻めている。【1週前映像なし】



4枠7番 ウムブルフ 牡3 57.0 柴山雄一【B-】

W単走。馬場の真ん中外目を軽快に駆けたが、首の動きが小さく、正しく上下動させられていない。四肢の可動域は及第点レベルにはある。【1週前映像なし】

4枠8番 ミッキーロケット 牡3 57.0 横山典弘【C】

坂路併せ。坂の入り口で右後肢が流れる数完歩はあったが、その後は問題ない。ただ、相手に馬体を寄せられるとラチ側へ逃げる勝負根性のなさを見せ、そのまま闘志をなくしたように1馬身遅れた。【1週前映像なし】

5枠9番 ナムラシングン 牡3 57.0 田辺裕信【B-】

坂路併せ。2馬身先着したとはいえ、バタバタした内容。体は進行方向より右で、着地ポイントがぶれ、後脚は体のから地面への垂線より外側に着地することもあってバタバタした印象を受ける。タイムも良くない。【1週前映像なし】

5枠10番 トーアライジン 牡3 57.0 大野拓弥【C】

坂路単走。脚元はある程度やわらかく使えているが、頭の位置は安定せず、首の使い方も下手。タイムも悪い。最後はあからさまにバテて、そこから鞍上が大きく手を動かして、なんとか最後まで走り切らせた。【1週前映像なし】

6枠11番 サトノダイヤモンド 牡3 57.0 Cルメール【B+】

CW併せ。馬場の外目をある程度深く入った相手に対し、真ん中外目を楽に追走。コース取りの差で半馬身後ろから直線に入り、鞍上は軽く手を動かす程度で軽々と抜け出し、2馬身先着した。馬体の張りは良く、関節が極めてやわらかい。毛ヅヤも良好。内容は軽いが仕上がりは良さそうだ。【1週前追い評価:B】

6枠12番 リスペクトアース 牡3 57.0 石川裕紀人【B】

W併せ。鞍上は少し手を動かした程度だが、馬格を生かした走りできちんと伸び、一完歩ごとに差を詰めた。ゴール地点ではクビ差遅れも、その後交わすところまでやった。発汗は気になるものの、動きはダイナミックだ。【1週前追い評価:B】



7枠13番 プロフェット 牡3 57.0 戸崎圭太【B+】

坂路併せ。前半は完璧。頭の位置はぶれず、首で刻むリズムも一定でシンメトリーな動きができている。鞍上が気合いをつけてから体が進行方向よりほんの少し右になったが、動きに適度な荒々しさが出たと好意的にとらえられるもので、4分の3馬身先着した。【1週前映像なし】

7枠14番 ロードクエスト 牡3 57.0 池添謙一【B+】

W3頭併せの内。ラチ一杯を深く入った2頭に対し、こちらは外目をある程度深く入って若干ショートカット。直線入り口で中の馬を威嚇するような動きを見せて1馬身差追走。鞍上はそこから追い出しを開始し、一瞬で2頭を置いてけぼりにした。追い出しからトップスピードまで時間はかかるが、トップスピードに乗ったときの迫力と力強さはすばらしい。【1週前追い評価:B-】

7枠15番 エアスピネル 牡3 57.0 武豊【B】

坂路併せ。馬の多い時間帯に、ラチ側を行く相手とぴたりと馬体を合わせ、同時に追い出し。押して押してみるみる引き離し、2馬身先着した。右前肢の内向は前走より目立つものの、ぶれずにまっすぐ駆けられている。【1週前追い評価:B】

8枠16番 リオンディーズ 牡3 57.0 Mデムーロ【B】

CW3頭併せの内。ラチ沿いを深く入った2頭のすぐ内側で、この馬も外目を深く入って直線は1馬身半差追走。鞍上は一切手を動かさず、じんわりと差を詰めたが外に半馬身、中に1馬身遅れた。その後も全く追わず、中の馬を交わさなかった。気配は悪くないのだが遅れはいただけない。【1週前追い評価:B+】

8枠17番 アドマイヤモラール 牡3 57.0 内田博幸【B】

W併せ。ラチ側をある程度深く入ったにしては好タイム。右足をペタペタ地面に叩きつけるように走り、右後肢が若干流れるが、動きはダイナミックだ。直線は2馬身差追走し、すっと並んで併入。ゴール地点あたりから追い出し、ぐいぐい引き離した。股間に発汗はあるが、気にならないレベル。【1週前追い評価:B+】

8枠18番 ディーマジェスティ 牡3 57.0 蛯名正義【B-】

W3頭併せの内。馬場の外側を行かせた2頭を追いかけ、内から直線は2馬身差追走。外の馬の鞍上がしきりに振り返っていたことを見ると、この馬は本来もっと早く追いつくはずだったはず。しかし追いつけず、1馬身遅れ。ゴール後に迫っても中の馬を抜くところまではいけなかった。1週前の動きが良かったのでこれでいいのかもしれないが、遅れはいただけない。タイムは悪くないのだが。【1週前追い評価:A】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/SatsukiSho1W.html


参考ステップレースの結果

スプリングS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/SpringStakesR.html

弥生賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/YayoiShoR.html

共同通信杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyodoNewsServiceHaiR.html

きさらぎ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KisaragiShoR.html

【水曜追い】アンタレスステークス(GIII)追い切り評価-2016年4月16日阪神ダ1800別定

アウォーディー 57.0 【B-】

CW併せ。ラチ側を深く入った相手と馬体を合わせて直線へ。見せムチからの肩ステッキ2発で軽々抜け出したが、最後は脚色が鈍り、差し返されて半馬身先着にとどまった。映像は切れたがその後交わされたような手ごたえ。

アスカノロマン 58.0 【B】

CW単走。馬場の外目で直線に入り、鞍上は一切手を動かすことなく自由に駆けさせた。負荷はかかっていないものの、気合いの乗りは良く、動きに安定感がある。

アメリカンウィナー 56.0 【B-】

ポリトラック単走。頭の高い走りでアップアップしている印象。四肢の可動域は及第に少々足りないレベルにあるが、尾に余計な力が入っており、動きの鋭さも不足している。

イッシンドウタイ 56.0 【B】

ダート(北C)併せ。ラチ一杯を深く入り、直線は1馬身追走。最後にさっと仕掛けただけで伸び、併入。その後はゆるめて並走した。一瞬の切れ味はある。

キクノソル 56.0 【B】

坂路併せ。体は進行方向よりほんの少し右だが、相手の方を向いているので問題ないレベル。脚元はしっかりしており、最後だけ追って半馬身先着した。

キングヒーロー 56.0 【B-】

坂路単走。ある程度動けてはいるが、後脚のパワーが不足している。左後肢が若干流れる完歩があるのも難点。



グランドシチー 56.0 【C】

W単走。四肢の可動域が致命的に不足している。発汗は多く、尾も流れない。

クリソライト 58.0 【B+】

坂路併せ。最後までほぼ馬体を合わせてアタマ差先着。頭の位置の安定性は良く、首もある程度使えており、首の動きとやわらかい前脚の連動は良い。後脚のパワフルさは若干不足しているが、及第点以上の動きではある。

サンマルデューク 56.0 【B-】

坂路単走。ラチを頼るような走りで、体は進行方向より右。ただ、負荷をかけていない割に、動けてはいる。

サージェントバッジ 56.0 【B】

CW併せ。馬場の真ん中外目で内から行ったため、ショートカットした形になり、1馬身先行して直線へ。追う相手に並びかけられたが、そこから肩ステッキと見せムチで粘り、アタマ差先着した。珍しいパターンだが、こういう調教があってもいい。

ショウナンアポロン 57.0 【B】

W単走。タイムはさほどではないが、馬場の真ん中あたりをきれいな走り。四肢の可動域は及第点レベルにあり、馬体の張りも良い。頭は若干高めだが、首を上手に使えている。

センチュリオン 56.0 【B+】

W併せ。馬場の真ん中あたりで外から馬体を合わせ、お互いにきちんと追ってアタマ差先着した。最後はさすがにばてそうになったところを、きちんと追って負荷をかけた。股間の発汗は気になるが、内容は良い。



トウショウフリーク 56.0 【B】

坂路単走。手前を替えながら走るため、体は進行方向よりほんの少し右になったり左になったりと忙しいが、脚元の回転力は確か。最後は脚が上がった。

トップディーヴォ 56.0 【B】

坂路併せ。こちらは尻ステッキも入れて負荷をかけているにもかかわらず、馬なりの相手にアタマ差遅れた印象は良くないが、馬体を離していたため実質単走ととらえれば、この馬の動きそのものは悪くない。頭の位置は安定しており、尾もきれいに流れている。トモは丸味があって、雰囲気がいい。

マイネルクロップ 56.0 【A】

坂路単走。頭の位置がずれそうになると、見せムチを使って矯正する好調教。この鞍上は上手い。おかげでバランスの良い走りを最後まで続けることができた。両前脚が若干内向しているが、そこまで気にならないレベル。追い切り内容を加味してA評価する。

ロワジャルダン 57.0 【A】

W単走。それほど追われておらず、内容は軽めだが、馬体の張りの良さは目を引き、弾力性のある走りをできている。頭は若干高めでもこの内容なら十分で、むしろ頭の位置の安定性と、均等なリズムを刻めたことを評価したい。

ローマンレジェンド 58.0 【B-】

CW併せ。ラチ側を深く入った相手に対し、ショートカットして並んで直線へ。持ったままで抜け出すと、軽い合図からの尻ステッキで引き離す。しかしゴール前で脚が上がってしまい、最後は1馬身半の先着にとどまった。


参考ステップレースの結果

マーチS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/MarchStakesR.html

フェブラリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/FebruaryStakesR.html

東海S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/TokaiStakesR.html

【水曜追い】皐月賞(GI)追い切り評価-2016年4月17日中山芝2000定量

アドマイヤモラール 57.0 【B】

W併せ。ラチ側をある程度深く入ったにしては好タイム。右足をペタペタ地面に叩きつけるように走り、右後肢が若干流れるが、動きはダイナミックだ。直線は2馬身差追走し、すっと並んで併入。ゴール地点あたりから追い出し、ぐいぐい引き離した。股間に発汗はあるが、気にならないレベル。【1週前追い評価:B+】

エアスピネル 57.0 【B】

坂路併せ。馬の多い時間帯に、ラチ側を行く相手とぴたりと馬体を合わせ、同時に追い出し。押して押してみるみる引き離し、2馬身先着した。右前肢の内向は前走より目立つものの、ぶれずにまっすぐ駆けられている。【1週前追い評価:B】

サトノダイヤモンド 57.0 【B+】

CW併せ。馬場の外目をある程度深く入った相手に対し、真ん中外目を楽に追走。コース取りの差で半馬身後ろから直線に入り、鞍上は軽く手を動かす程度で軽々と抜け出し、2馬身先着した。馬体の張りは良く、関節が極めてやわらかい。毛ヅヤも良好。内容は軽いが仕上がりは良さそうだ。【1週前追い評価:B】

ジョルジュサンク 57.0 【C】

坂路併せ。ある程度負荷をかけようとしたようだが、馬は動かずアタマ差遅れ。前脚は体の中心寄り、後脚は飛節が体の中心寄りを動くのだが繋は外側を回ってくるような動きで、走りのバランスは良くない。管も細く非力に映る。【1週前映像なし】

ディーマジェスティ 57.0 【B-】

W3頭併せの内。馬場の外側を行かせた2頭を追いかけ、内から直線は2馬身差追走。外の馬の鞍上がしきりに振り返っていたことを見ると、この馬は本来もっと早く追いつくはずだったはず。しかし追いつけず、1馬身遅れ。ゴール後に迫っても中の馬を抜くところまではいけなかった。1週前の動きが良かったのでこれでいいのかもしれないが、遅れはいただけない。タイムは悪くないのだが。【1週前追い評価:A】

ドレッドノータス 57.0 【C】

坂路併せ。頭は高く掛かったような走りで、なんとか追走。前脚はやわらかいのだが、後脚のパワーが不足している印象で、最後は相手の鞍上が振り返って待ってくれたため差を詰めたがハナ差遅れた。【1週前映像なし】


トーアライジン 57.0 【C】

坂路単走。脚元はある程度やわらかく使えているが、頭の位置は安定せず、首の使い方も下手。タイムも悪い。最後はあからさまにバテて、そこから鞍上が大きく手を動かして、なんとか最後まで走り切らせた。【1週前映像なし】

ナムラシングン 57.0 【B-】

坂路併せ。2馬身先着したとはいえ、バタバタした内容。体は進行方向より右で、着地ポイントがぶれ、後脚は体のから地面への垂線より外側に着地することもあってバタバタした印象を受ける。タイムも良くない。【1週前映像なし】

プロフェット 57.0 【B+】

坂路併せ。前半は完璧。頭の位置はぶれず、首で刻むリズムも一定でシンメトリーな動きができている。鞍上が気合いをつけてから体が進行方向よりほんの少し右になったが、動きに適度な荒々しさが出たと好意的にとらえられるもので、4分の3馬身先着した。【1週前映像なし】

マカヒキ 57.0 【B+】

坂路単走。先週きっちり追ったので今週はさらりと。鞍上がほんの少し手を動かすだけで流しただけにしては好タイムだ。体が進行方向より若干右なのは気になるが、首を上手に使えている。【1週前追い評価:A】

ミッキーロケット 57.0 【C】

坂路併せ。坂の入り口で右後肢が流れる数完歩はあったが、その後は問題ない。ただ、相手に馬体を寄せられるとラチ側へ逃げる勝負根性のなさを見せ、そのまま闘志をなくしたように1馬身遅れた。【1週前映像なし】

ミライヘノツバサ 57.0 【A】

坂路併せ。ラチ沿いを行く相手に徐々に並びかけ、そのままのペースで何事もなかったかのように追い抜いて半馬身先着した。タイムは平凡だが動きの安定性は目を引く。首の使い方は上手で、筋肉はやわらかそう。脚元はしっかりしており、一定のリズムを刻めている。【1週前映像なし】


リオンディーズ 57.0 【B】

CW3頭併せの内。ラチ沿いを深く入った2頭のすぐ内側で、この馬も外目を深く入って直線は1馬身半差追走。鞍上は一切手を動かさず、じんわりと差を詰めたが外に半馬身、中に1馬身遅れた。その後も全く追わず、中の馬を交わさなかった。気配は悪くないのだが遅れはいただけない。【1週前追い評価:B+】

リスペクトアース 57.0 【B】

W併せ。鞍上は少し手を動かした程度だが、馬格を生かした走りできちんと伸び、一完歩ごとに差を詰めた。ゴール地点ではクビ差遅れも、その後交わすところまでやった。発汗は気になるものの、動きはダイナミックだ。【1週前追い評価:B】

ロードクエスト 57.0 【B+】

W3頭併せの内。ラチ一杯を深く入った2頭に対し、こちらは外目をある程度深く入って若干ショートカット。直線入り口で中の馬を威嚇するような動きを見せて1馬身差追走。鞍上はそこから追い出しを開始し、一瞬で2頭を置いてけぼりにした。追い出しからトップスピードまで時間はかかるが、トップスピードに乗ったときの迫力と力強さはすばらしい。【1週前追い評価:B-】

ワイルドゲーム 57.0 【B-】

坂路単走。体はまっすぐなのだが、顎が右に出るため首をかしげながら走っているように見える。動きそのものは決して悪くないのだが、このメンバーだと一枚落ちる印象。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/SatsukiSho1W.html


参考ステップレースの結果

スプリングS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/SpringStakesR.html

弥生賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/YayoiShoR.html

共同通信杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyodoNewsServiceHaiR.html

きさらぎ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KisaragiShoR.html


※本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年4月13日

桜花賞の反省と全着順-2016年4月10日のレース

1着【B-:3人気】13番 ジュエラー 1:33.4
2着【B+:2人気】12番 シンハライト 1:33.4
3着【B-:6人気】10番 アットザシーサイド 1:33.7
4着【B+:1人気】5番 メジャーエンブレム 1:33.8
5着【B:13人気】17番 アドマイヤリード 1:33.9
6着【B+:5人気】15番 ラベンダーヴァレイ 1:34.1
7着【A:4人気】11番 レッドアヴァンセ 1:34.3
8着【A:10人気】2番 ブランボヌール 1:34.3
9着【B+:12人気】6番 ビービーバーレル 1:34.4
10着【B+:7人気】7番 デンコウアンジュ 1:34.4
11着【B:14人気】3番 メイショウスイヅキ 1:34.6
12着【B+:9人気】16番 ウインファビラス 1:34.7
13着【B-:11人気】1番 キャンディバローズ 1:34.7
14着【B+:17人気】14番 カトルラポール 1:35.1
15着【B-:16人気】9番 ジープルメリア 1:35.2
16着【B:18人気】18番 メイショウバーズ 1:35.2
17着【B-:8人気】4番 ソルヴェイグ 1:35.4
18着【B:15人気】8番 アッラサルーテ 1:35.5

A評価2頭、B+評価7頭。さすがにGIだけあってみなさんいい追い切りだった。だが、結果はB-→B→B-。マイナス評価2頭が馬券になり、A評価の2頭は7,8着。断然1番人気のB+評価メジャーエンブレムは、不可思議なレースで4着に敗れた。



パドック。この日は阪神競馬場の来賓席から、じっくりとパドックを鑑賞した。馬場に向かう席から少し歩けば、室内からきれいなガラス越しに、まっすぐにパドックを眺められる。パドックを中心としたスタンド設計は、パドック派にとってとてもうれしい。この競馬場の設計者は、きっと馬が好きだったに違いない。今回は、私以上に馬を見られる友人と一緒に眺めていたので、ハイブリッドでさらりと。GIらしく、ダメな馬はいなかった。馬体はメジャーエンブレムとジュエラーが良い。筋肉質で、大きく見せる。気配はシンハライト。外を回って堂々と歩けていた。内目を歩いていたが、メジャーエンブレムが毛ヅヤ良好で、立て直してきた印象だった。

レース。ある程度そろったスタートからソルヴェイグが先頭を伺う。交わしてアッラサルーテが前へ。さらにカトルラポールが先頭へ出て、2番手にメイショウバーズがつける展開。メジャーエンブレムは5番手あたりの内目に控えた。昨年のルージュバックの悪夢が頭をよぎる。アットザシーサイドとシンハライトは中団。レッドアヴァンセは後ろから4頭目、ジュエラーは2頭目、最後方からアドマイヤリード。前半3Fは34.6。このペースならメジャーエンブレムは前に行けただろうと言っても仕方がない。直線、包まれたメジャーエンブレムが少しのすき間をこじ開けて伸びてくる。しかし外からシンハライトの脚色がいい。さらに外からアットザシーサイドが迫るも脚色は同じ。大外からまとめてジュエラーが飲み込みにかかる。最後はシンハライトとの叩き合いをハナ差制して、ジュエラーが1冠目を手にした。

勝ち時計の1:33.4は、優秀ではあるが思ったほどではなかった。今年はレベルが高く、32秒台が出ても不思議のないメンバー構成。このタイムは、2014年に川田騎手を背にハープスターが記録した1:33.3に劣る。過去10年では、2010年アパパネも1:33.3。2頭の記録したレコードタイムに0.1秒及ばなかった。メジャーエンブレムは前に行かず包まれたのがすべて。最内は馬場状態が良く伸びることはわかっており、さらに末脚のキレで1,2着馬に及ばないことは衆目の一致するところ。強さを見せつけるためには長く安定的に脚を使うしかない。逃げれば、最内の経済コースで伸びられたはずだ。敗因はルメール騎手の騎乗ミスなのか、馬が行きたがらなかったのか。パトロールを見ても、ルメール騎手が積極的にポジションを取りに行ったようには見えない。叩き合いを制したジュエラーは、強い。シンザン記念のレースぶりをもっと信じるべきだった。この馬はいつも最終追い切りをポリトラックでやるため、評価を下げてしまう。さらに今回はそれほど仕上がげているわけでもなさそうで、オークス狙いと考えてよさそう。それで勝ってしまうのだから相当なものだ。オークスでは、1番人気に支持されることになるだろう。



そこまで混んでいたわけではなかったが、さすがに阪急電車にはなかなか乗れず。
1着のジュエラー。気配はいまいちも、馬体はメジャーエンブレムに並ぶ評価。
2着のシンハライト。追い切りも動き、パドックは外を回る好気配だった。
3着のアットザシーサイド。パドックはみなさん良く見えたため、そこまで目立たなかった。
メジャーエンブレムは4着に敗れた。パドックでは堂々としていたのだが……。
おまけ。デンコウアンジュと川田騎手と桜の木。
川田騎手はこの日1勝だったが、
最終レースでヨヨギマックを持ってきた騎乗はすばらしかった。
おかげで収支は大幅プラスに。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2016/04/OkaSho.html

2016年4月11日

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの反省と全着順-2016年4月9日のレース

1着【B:2人気】7番 スマートレイアー 1:33.1
2着【B-:1人気】6番 ミッキークイーン 1:33.1
3着【B-:5人気】9番 ウインプリメーラ 1:33.2
4着【B-:7人気】8番 カフェブリリアント 1:33.3
5着【B:6人気】2番 ココロノアイ 1:33.6
6着【映像なし:12人気】10番 ペルフィカ 1:33.7
7着【B:13人気】1番 ダンツキャンサー 1:33.7
8着【A:4人気】4番 アンドリエッテ 1:33.9
9着【A:3人気】13番 ストレイトガール 1:33.9
10着【B+:11人気】5番 アイライン 1:33.9
11着【映像なし:10人気】12番 ダンスアミーガ 1:34.1
12着【B+:8人気】3番 レッドリヴェール 1:34.2
13着【映像なし:9人気】11番 メイショウマンボ 1:34.3

A評価2頭、B+評価2頭。映像なしは3頭居たが、馬柱からも買えそうにないのでとりあえずは気にしない。別定戦で斤量差があり、予想を楽しめるレース。残念ながら、掲示板にマイナス評価の3頭がすべて載ってしまう結果になった。



パドック。スマートレイヤーが抜けて良く見えた。ぐいぐいと気合いを込めて歩き、前脚はやわらかく、後脚は力強い。アイラインも良い。外を回って踏み込みはしっかり。馬体の張りは良い。続いてストレイトガール。発汗は少し気になったが、それでも風格があり、外を堂々と周回していた。ミッキークイーンはいまいち。もともと細い馬だが、今回は小さく映り、どうも集中力を欠いているような雰囲気。アンドリエッテはどこかのっぺりした印象で、不思議なほど気配がない。

レース。レッドリヴェールが出遅れ。内からダンツキャンサーがすっと前へ出たが、スマートレイヤーが先頭へ。ミッキークイーンは中団後ろ、アンドリエッテは最後方から。ストレイトガールは4番手あたりにつける。前半3Fは35.2。隊列はほぼ変わらず、直線。1馬身半前を行くスマートレイヤーを目標に、各馬が脚を伸ばす展開に。食い下がっていた先行勢は脚色を失う。内から川田騎手が猛然と追ってカフェブリリアントが迫る。外から1頭次元の違う脚でミッキークイーンが飛んでくる。しかし、スマートレイヤーが凌ぎきった。

勝ち時計の1:33.1は、優秀。前年まで1400メートル戦として開催されていたが、今年から昔のマイルに戻ったため、過去10年での比較はできない。スマートレイヤーは、1F目を除いて一度もラップを12秒台に落とすことなかったが、比較的落ち着いた流れを作り出し、直線は最も有利な位置からきっちりと勝ちきった。ただ、驚いたのは2着のミッキークイーンだ。追い切りからは本調子からほど遠いことが伺え、パドックもいまいち。それでも上がり3F33.3は抜けたタイムで、最後の伸び脚はとてつもなかった。それも56キロを背負っての末脚である。このメンバーの中では1頭抜けていると考えていいだろう。3着のウインプリメーラも勝負根性を見せてくれた。しっかり力をつけているようだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2016/04/HanshinHimbaStakes.html

ニュージーランドトロフィーの反省と全着順-2016年4月9日のレース

1着【B:2人気】5番 ダンツプリウス 1:33.9
2着【B-:14人気】8番 ストーミーシー 1:33.9
3着【C:12人気】4番 エクラミレネール 1:33.9
4着【B+:1人気】3番 アストラエンブレム 1:34.0
5着【B-:4人気】2番 レインボーライン 1:34.0
6着【B:6人気】11番 ハレルヤボーイ 1:34.1
7着【B+:3人気】9番 サーブルオール 1:34.3
8着【A:7人気】7番 キャプテンペリー 1:34.4
9着【映像なし:9人気】10番 ショウナンライズ 1:34.5
10着【映像なし:10人気】1番 マディディ 1:34.6
11着【映像なし:8人気】12番 カープストリーマー 1:34.8
12着【A:5人気】14番 ボールライトニング 1:35.1
13着【映像なし:11人気】16番 ダノンスパーク 1:35.2
14着【B:16人気】13番 ジュンザワールド 1:36.5
15着【映像なし:13人気】6番 モンスターキング 1:36.9
16着【映像なし:15人気】15番 マテラアリオン 1:37.0

A評価2頭、B+評価2頭。一方、映像のなかった馬が6頭も居た。けっこう映像なしが絡むので、映像のなかった馬については追い切りタイムだけを見てみたが、タイムから買えそうな馬も数頭。しかし、ここまで荒れるとは全く考えていなかった。数少ないマイナス評価が2,3着。言い訳のしようもない結果になった。



パドック。映像のなかった馬の中で最も注目していたショウナンライズは、落ち着きがなくいまいち。マディティも馬体は悪くないのだが小さく映る。1番人気アストラエンブレムは、カリカリしていてあまり好きな気合い乗りではない。最も良く映ったのはダンツプリウスで、前脚をやわらかく使えていて、全体的にゆったりと歩けていた。この馬は勝った。次点はサーブルオール。蹄から繋にかけて作りが大きく、パワフルさを感じられる馬で、踏み込みがしっかり。すぐ前のストーミーシーより外をぐいぐいと歩いていた。惨敗したが。

レース。きれいなスタートから、徐々に隊列が出来上がっていくきれいな序盤。ボールライトニングは挟まれて後退を余儀なくされる不利はあった。ボールライトニングが先行。半馬身差でキャプテンベリーが追う。前半4Fは47.3。3コーナーのカーブから、最後方待機のアストラエンブレムが動いていく。大きく広がって直線。キャプテンベリーが1馬身抜け出す。残り150メートルでダンツプリウスが悠々交わす。キャプテンベリーはここで終了。最後は内から迫るエクラミレネール、外を飛んできたストーミーシーをわずかに抑え、ダンツプリウスが先頭でゴールした。

勝ち時計の1:33.9は、平均レベル。2005年以降、34秒台以下になったのは4回(1度は稍重馬場)で、32秒台は1回。1:34.1でレインボーラインの勝ったアーリントンC(阪神芝1600)と0.2秒差だったと考えれば、能力どおりの時計で走れた馬が多かったということかもしれない。スタート後に加速して、2F目は11.0。その後5F目で12.1を記録したことを除くと11.7~11.8で均等なラップを刻んだレース。先行勢は総崩れになった。このレースを中団やや前で運び、4コーナーでは2列目まで押し上げて勝ったダンツプリウスは、着差はわずかであるとはいえ、能力面で高く評価できるだろう。

ストーミーシーは2着に入ったが、直線斜行で江田照男騎手は騎乗停止に。その内で伸びようとしていたハレルヤボーイは大きな不利、さらに内のアストラエンブレムも不利を受けた。脚色は違っており、裁決委員の判断に間違いはないだろう。ただ、不利を受けた馬の賞金は大きく変わってくるわけで、やはりなんともしっくりこないものがある。江田騎手は右に斜行している馬の左尻にステッキを入れ続けていた。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.com/2016/04/NewZealandTrophy.html

2016年4月8日

【枠順確定】ニュージーランドトロフィー(GII)追い切り評価最終版-2016年4月9日中山芝1600馬齢

1枠1番 マディディ 牡3 56.0 三浦皇成【-】

映像なし

1枠2番 レインボーライン 牡3 56.0 内田博幸【B-】

坂路単走。植え込み側をまっすぐに駆けられた。前脚後脚共に左右の着地ポイントが体の中心ラインに寄っているため、走りに力強さを感じられない。首の使い方も下手。

2枠3番 アストラエンブレム 牡3 56.0 田辺裕信【B+】

W3頭併せの内。ラチ一杯を深く入った相手を、馬場の外目から3馬身差追走。直線は馬なりに徐々に差を詰め、ゴール地点では遅れたが、その後もきれいに伸びて交わすところまでやった。躍動感にあふれる動きで、背中もある程度安定している。

2枠4番 エクラミレネール 牝3 54.0 北村宏司【C】

W併せ。馬場の真ん中あたりを通り、外目を深く入った相手に最後迫られたが半馬身差リードを保った。だが、動きには見るべきところが全くない。四肢の可動域も不足している。

3枠5番 ダンツプリウス 牡3 56.0 丸山元気【B】

坂路併せ。頭は高めだが馬格を生かした走りで、前脚と後脚が同一ライン上にあるきれいな動き。相手を全く気にせずまっすぐ駆け、1馬身先着した。

3枠6番 モンスターキング 牡3 56.0 石川裕紀人【-】

映像なし



4枠7番 キャプテンペリー 牡3 56.0 大野拓弥【A】

W3頭併せの内。馬場の真ん中あたりで軽く仕掛けると相手を置き去りに。ゴールを過ぎてからもぐいぐい伸びた。好調教。

4枠8番 ストーミーシー 牡3 56.0 江田照男【B-】

坂路併せ。相手に馬体を合わせに行く勝負根性は見せ、1馬身先着。だが、動きはいかにもスローで脚元の回転力に乏しい。内容も軽い。

5枠9番 サーブルオール 牡3 56.0 柴山雄一【B+】

W併せ。ラチ一杯を深く入った相手とぴったり馬体を合わせ、直線ではステッキを入れる相手を問題にせず、すぐ前へ。追いつけないと見るや追い出しを開始し、猛然と伸びた。前脚の可動域が狭いことを除くと、動きも内容も良い。

5枠10番 ショウナンライズ 牡3 56.0 横山典弘【-】

映像なし

6枠11番 ハレルヤボーイ 牡3 56.0 吉田豊【B】

W併せ。馬場の真ん中外目で直線に入ってすぐ抜け出した。馬なりでそのままリードを保ち、1馬身先着。タイムも良い。ただ、ゴール後すぐにゆるめ、並ばれた。

6枠12番 カープストリーマー 牡3 56.0 岩田康誠【-】

映像なし



7枠13番 ジュンザワールド 牡3 56.0 田中勝春【B】

W単走。動きが一定で、リズム良し。タイムの割に尾が流れないことと、四肢の可動域がそこまで広くないことを除けば、十分な内容。

7枠14番 ボールライトニング 牡3 56.0 蛯名正義【A】

坂路単走。全身を大きく使う見事なフットワークで、まっすぐに坂を駆け上がることができた。関節をやわらかく使えており、前への推進力を感じられる。

8枠15番 マテラアリオン 牡3 56.0 松岡正海【-】

映像なし

8枠16番 ダノンスパーク 牡3 56.0 石橋脩【-】

映像なし


参考ステップレースの結果

ファルコンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/FalconStakesR.html

アーリントンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/ArlingtonCupR.html

シンザン記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/01/ShinzanKinenR.html

毎日杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/MainichiHaiR.html

【枠順確定】サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)追い切り評価最終版-2016年4月9日阪神芝1600別定

1枠1番 ダンツキャンサー 牝5 54.0 和田竜二【B】

坂路単走。左前肢が若干内向しているが、繋の返り方を含めて関節をやわらかく使えている。顔が右を向くきらいはあるが、首の使い方もまずまず。

2枠2番 ココロノアイ 牝4 54.0 武豊【B】

W単走。ラチ側をある程度深く入って馬なりに。弾むような動きは目を引く一方、四肢の可動域が内側に広いことと、左前肢の繋がゆるく感じたことは気がかり。

3枠3番 レッドリヴェール 牝5 54.0 菱田裕二【B+】

坂路3頭併せの中。馬体を合わせた2頭を1馬身半追走。じっと直後につけると、2頭が間隔を開ける。そこにすっと入れ、突き放して2馬身先着した。坂路では珍しいメニューだが、この内容は良い方に出そう。最後は若干脚色が鈍ったとはいえ、好内容だ。



4枠4番 アンドリエッテ 牝4 54.0 藤岡康太【A】

CW併せ。折り合い重視の好内容。馬場の外目でぴたりと馬体を合わせ、じっとがまん。その状態をゴールまで継続させ、アタマ差先着した。

4枠5番 アイライン 牝4 54.0 松山弘平【B+】

W併せ。馬場の真ん中外目を通り、ショートカットした相手を1馬身差追走。馬体はある程度離して自由に駆けさせ、2馬身先着した。伸びは鋭い。

5枠6番 ミッキークイーン 牝4 56.0 Cルメール【B-】

CW併せ。馬場の外目で内からぴたりと馬体を合わせて直線へ。半馬身ほど遅れたところで軽く合図をすると、ずぶずぶ伸びて同入。ある程度は動けているが、好調時には遠く及ばない。

5枠7番 スマートレイアー 牝6 54.0 Mデムーロ【B】

坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右。完歩によっては、脚元にふわふわしたところがあるものの、首の使い方は上手でテンポも良い。

6枠8番 カフェブリリアント 牝6 55.0 福永祐一【B-】

W単走。テンポの良い動きで四肢の可動域も十分だが、トモが寂しく後脚の動きに非力さを感じてしまう。ゴール後も長くいい脚を使えてはいるが。

6枠9番 ウインプリメーラ 牝6 54.0 川田将雅【B-】

坂路単走。動きに安定性はあるのだが、脚元の動きがスローで、全体としてもっさりした印象。毛ヅヤは良い。



7枠10番 ペルフィカ 牝4 54.0 藤岡佑介【-】

映像なし

7枠11番 メイショウマンボ 牝6 55.0 武幸四郎【-】

映像なし

8枠12番 ダンスアミーガ 牝5 54.0 池添謙一【-】

映像なし

8枠13番 ストレイトガール 牝7 56.0 戸崎圭太【A】

CW単走。ラチ側を深く入り、回転力の高い脚元でスムースに伸びた。動きに躍動感があり、全身を大きく使えている。馬体の張りも良好。


参考ステップレースの結果

京都牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyotoHimbaStakesR.html

秋華賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/ShukaShoR.html

スプリンターズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/10/SprintersStakesR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/TokyoShimbunHaiR.html

ジャパンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/JapanCupR.html

【1週前追い】皐月賞(GI)追い切り評価-2016年4月17日中山芝2000定量

アドマイヤダイオウ 57.0 【B+】

CW併せ。馬場の真ん中あたりを通り、直線ではすぐに前へ出た。そのまま引き離し、一人旅。最後は尻ステッキを一発入れて、伸びきってフィニッシュ。好内容だ。

アドマイヤモラール 57.0 【B+】

W併せ。ラチ一杯を深く入って、若干ショートカットした相手を直線3馬身差追走。じっと馬なりに伸びて並ぶ間もなく交わし、1馬身先着した。大きなストライドでリズム良く駆けられている。

エアスピネル 57.0 【B】

CW併せ。馬場の外目でぴたりと馬体を合わせて直線へ。鞍上がステッキを抜いてもそれほど反応はしなかったが、能力の違いを見せつけて一人旅。好タイムをマークした。ただし、四肢の可動域は不足している。

サトノダイヤモンド 57.0 【B】

CW併せ。馬場の真ん中を内から並んで直線へ。馬なりに抜け出し、最後は強く追って2馬身先着。ゴール後も鞍上は長く手を動かし、さらに伸びた。動きは若干重いが、1週前なのでこれくらいで十分。



ディーマジェスティ 57.0 【A】

W併せなのか3頭併せなのか。映像は短いが、内からスムースに抜け出してくる走りは美しい。背中が安定していることも、高く評価できる。

マウントロブソン 57.0 【C】

W単走。体が薄く、脚元の回転力に乏しいため、いかいも非力に映る。肩の可動域が狭く、前脚も出てこない。

マカヒキ 57.0 【A】

CW3頭併せの内。馬場の外目ではるか前を行かせた2頭を、真ん中外目から追いかけて直線は3馬身差追走。ほぼ持ったまま、ステッキもなでる程度にしか使わずに並ぶ間もなく交わし、3馬身以上先着した。タイムは破格で凄みのある内容。やりすぎだけが心配。

リオンディーズ 57.0 【B+】

CW併せ。直線はじっと相手の後ろで脚をため、終いだけ動かした。軽い合図にすぐ反応する頭の良さを見せて1馬身先着。そこまで負荷はかかっていないがタイムは良く、本追い切りに期待できる好内容。



リスペクトアース 57.0 【B】

W併せ。直線きれいに馬体を合わせ、最後に仕掛けて1馬身先着。頭の低い好フォームで、きれいに駆けられている。ただ、ゴール後も動かしたにもかかわらず、相手に並ばれたことは気がかり。

ロードクエスト 57.0 【B-】

W3頭併せの内。馬場の真ん中あたりで直線すぐに抜け出しかけたが、鞍上がブレーキをかけた。最後まで鞍上は手綱を引っ張って行かせず、中には半馬身先着も外に1馬身遅れた。全体のタイムは悪くなく、時計が出過ぎるのを嫌ったのかもしれない。今回は内容からプラス評価できないが、本追い切りでどのようなパフォーマンスを示してくれるのか、きちんとチェックしたい。


参考ステップレースの結果

スプリングS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/SpringStakesR.html

弥生賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/YayoiShoR.html

共同通信杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KyodoNewsServiceHaiR.html

きさらぎ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/KisaragiShoR.html


※本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年4月7日

【枠順確定】桜花賞(GI)追い切り評価最終版-2016年4月10日阪神芝1600定量

1枠1番 キャンディバローズ 牝3 55.0 菱田裕二【B-】

坂路単走。脚元の力強さはあるのだが、推進力がかなり上に逃げる走り。首の使い方が下手で、動きもスロー。関節のやわらかさは評価できるが。【1週前映像なし】

1枠2番 ブランボヌール 牝3 55.0 三浦皇成【A】

坂路単走。動きにシンメトリーさはないが、ダイナミックではある。滞空時間の長い走りで、着地時にはしっかりと地面をつかめている。肩の動きは良く、前脚の可動域は広い。【1週前映像なし】

2枠3番 メイショウスイヅキ 牝3 55.0 松山弘平【B】

CW単走。頭の高い走りで、首の可動域は狭い。動きそのものは軽快で、楽に駆けられている。タイムも良い。【1週前映像なし】

2枠4番 ソルヴェイグ 牝3 55.0 蛯名正義【B-】

坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右だが、まっすぐに走れていて軸もぶれない。ただ、頭が高く首の使い方もいまいち。推進力も弱い。【1週前追い評価:B-】

3枠5番 メジャーエンブレム 牝3 55.0 Cルメール【B+】

W3頭併せの内。馬場の真ん中内目を通り、悠々と抜け出した。2週続けての好タイムだが、内容はそこまで強いものではなく、馬は自分のペースで走っている印象。【1週前追い評価:B+】

3枠6番 ビービーバーレル 牝3 55.0 石橋脩【B+】

W併せ。1週前にハードに追ったため、今週はさらりと。頭を低く保った好フォームで、最後は軽く仕掛けてきれいに抜け出し、1馬身先着した。【1週前追い評価:A】



4枠7番 デンコウアンジュ 牝3 55.0 川田将雅【B+】

CW単走。毛ヅヤはピカピカでいかにも好調そう。タイムも良い。四肢の可動域は不足しているが、首で上手にリズムを刻み、テンポ良く駆けられている。【1週前映像なし】

4枠8番 アッラサルーテ 牝3 55.0 和田竜二【B】

坂路単走。馬なりで軽快。首を上手に使ってリズムも良い。ただ、内容は軽く、タイムも平凡。体のバランスは良く、スムースな動きをしていることは評価。【1週前追い評価:B】

5枠9番 ジープルメリア 牝3 55.0 松田大作【B-】

坂路単走。左後肢が流れる。頭の位置は安定し、首も上手に使えているが、四肢の可動域は不足しており、体も進行方向より若干右。力強さに欠ける印象。【1週前映像なし】

5枠10番 アットザシーサイド 牝3 55.0 福永祐一【B-】

坂路単走。植え込み側を走ったことでもわかるとおり、GI前としては異常なほど軽い内容。まともに走ったのは最後だけで、その最後はまずまずの動きを見せてくれたが、さすがに厳しい。【1週前映像なし】

6枠11番 レッドアヴァンセ 牝3 55.0 武豊【A】

坂路併せ。前脚と後脚が同一ライン上にあり、前膝をやわらかく使って駆けられている。かなり動きのいい相手に対し、軽い合図だけで抜け出し、1馬身半先着した。【1週前映像なし】

6枠12番 シンハライト 牝3 55.0 池添謙一【B+】

坂路併せ。終い伸びて1馬身先着。前脚は体の中心ライン、後脚は体より外目で地面を蹴る。一見バタバタした印象なのだが、きちんと見るとシンメトリーに動けている。首の使い方は良い一方、頭がぶれるため、適度な荒々しさはある。内容は悪くないが、まだ完成していない印象で、A評価の一歩手前。【1週前追い評価:B】



7枠13番 ジュエラー 牝3 55.0 Mデムーロ【B-】

ポリトラック併せ。ラチ沿いを深く入る相手に内から馬体を合わせ、半馬身後ろから直線へ。ぐいぐい伸び、3馬身程度先着した。ポリトラックは割引で、肩の出がいまいちなため、前脚を大きく使えていない。【1週前追い評価:B】

7枠14番 カトルラポール 牝3 55.0 秋山真一郎【B+】

坂路単走。馬体の見栄えはしないが、動きのバランスが極めて良い。集中力を持って走れているように感じられ、しっかり前を向いてまっすぐに坂を駆け上がることができている。【1週前追い評価:B】

7枠15番 ラベンダーヴァレイ 牝3 55.0 戸崎圭太【B+】

CW併せ。馬場の真ん中外目を通り、直線半馬身差追走。さっと並びかけると、軽い合図で馬なりに突き放し、3馬身以上先着した。通ったコースを考えても、タイムは極めて優秀。【1週前追い評価:C】

8枠16番 ウインファビラス 牝3 55.0 松岡正海【B+】

W単走。馬場の外目をきれいに回り、躍動感のある動き。馬体の張りは上々で、はるか前を行く関係ない併せ馬をゴール後とらえるところまでやった。【1週前追い評価:B+】

8枠17番 アドマイヤリード 牝3 55.0 藤岡康太【B】

CW3頭併せの中。馬場の真ん中外目でぴたりと馬体を合わせる2頭を2馬身差追走。直線で前をあけてもらい、馬なりに抜け出して2馬身先着した。四肢の可動域はもの足りないが、内容は悪くない。【1週前映像なし】

8枠18番 メイショウバーズ 牝3 55.0 古川吉洋【B】

坂路単走。体は進行方向より右。動きには適度な荒々しさがあり、脚元もしっかりしている。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/OkaSho1W.html


参考ステップレースの結果

フィリーズレビュー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/FilliesRevueR.html

チューリップ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/TulipShoR.html

阪神JF
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2015/12/HanshinJuvenileFilliesR.html

クイーンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/02/QueenCupR.html