スポンサーリンク

ab

2016年10月28日

【枠順確定】毎日放送賞スワンステークス(GII)追い切り評価最終版-2016年10月29日京都芝1400別定

1枠1番 エイシンブルズアイ 牡5 56.0 福永祐一【-】

映像なし

1枠2番 サトノルパン 牡5 56.0 和田竜二【B】

栗東CW単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。前を行く関係ない馬を並ぶ間もなく交わすと、気分の良さそうなフットワークでぐいぐいと脚を伸ばし、ゴール後もしっかり駆けられた。若干ふわふわしたところはあるが、状態は良さそう。

2枠3番 ミッキーラブソング 牡5 56.0 小牧太【B+】

栗東坂路併せ。相手はクラレント。よく食い下がったが半馬身遅れた。前脚と後脚のどちらも着地ポイントが近いのだが、左右のバランスは取れており、シンメトリーな動きができている。

2枠4番 メイショウナルト セ8 56.0 武幸四郎【B-】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。ある程度リラックスした動きはできているが、脚を伸ばすときに頭が高くなってしまうのは問題。四肢の可動域もいまいち。

3枠5番 ランドクイーン 牝6 54.0 下原理【-】

映像なし

3枠6番 ムーンクレスト 牡4 56.0 松田大作【B】

栗東CW単走。馬場の外目をある程度深く入って直線へ。後脚は均一に動けているのだが、前脚の動きが完歩ごとに異なる。そのため、首の上下動から始まるリズムが若干ずれるように見えてしまう。ただ、首の角度は良い。





4枠7番 バクシンテイオー 牡7 56.0 Rムーア【B】

美浦W併せの外。相手はモーリスで、クビ差遅れてその後引き離されたがよく食い下がったと言えるかもしれない。馬場の外目を通ってゴール手前まで並んで駆けることができた。脚元の回転力も十分。

4枠8番 フィエロ 牡7 56.0 戸崎圭太【B+】

栗東坂路併せ。頭を相手のいない右側に向けてはいるが、動きに活気を感じられる好内容。長く馬体を合せて駆け、アタマ差先着した。前脚と後脚は同一ライン上にあり、推進力はしっかりと前へ伝わっている。

5枠9番 ダンスディレクター 牡6 56.0 浜中俊【C】

栗東坂路単走。脚元がペタペタと着地する印象で、力強さに欠けている。追われてからの反応もいまいちで、四肢の可動域も及第点レベルに足りない。

5枠10番 ブラヴィッシモ 牡4 56.0 藤岡康太【B-】

栗東坂路併せ。離されかけたが最後再びやる気を見せて追い詰め、クビ差遅れ。頭は高めだがパワフルに動けてはいる。体は太いかもしれない。

6枠11番 サトノアラジン 牡5 57.0 川田将雅【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は4頭併せの外から2頭目のような位置取りで前に並ぶ3頭を1馬身半差追走。首を左右に動かしながら並びかけ、すぐに抜け出すと大きなストライドで伸び、2馬身以上先着した。動きは問題ないが、外回りとはいえ京都が合うのかどうか。馬体から、距離も長い方が向きそうな気がする。

6枠12番 サンライズメジャー 牡7 56.0 松山弘平【B】

栗東坂路単走。首が右に出て上下動をできていないのはいつもどおり。タイムが悪いのもいつもどおり。脚元はしっかりしており、前脚と後脚は同一ライン上で力強く動けている。評価はB以上つけられないが、これでも走ってしまうからこの馬はわからない。





7枠13番 エイシンスパルタン 牡5 56.0 岩田康誠【-】

映像なし

7枠14番 アルビアーノ 牝4 55.0 Aシュタル【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中内目を通って直線へ。直線に入ってから若干掛かる気配を見せたところで追い出しを開始。四肢の可動域は十分で、パワフルさとやわらかさを兼ね備えた動きを見せてくれた。発汗量は多め。

7枠15番 ペイシャフェリス 牝5 54.0 秋山真一郎【A】

美浦W単走。馬場の外目を通ったカーブのかけ方が美しい。顎を引いて気合い乗りの良さを伺わせ、最後まで集中して駆けられている。尾がきれいに流れないことは気がかりで発汗量も多いものの、それを補って余りある躍動感がある。

8枠16番 テイエムタイホー 牡7 56.0 幸英明【B】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。ラチさえ頼らなければ良い内容。前脚の回転力は目を引き、後脚の力強さには欠けるものの推進力が上に逃げない好状態。尾がきれいに流れないことは気になる。

8枠17番 ラインハート 牝5 54.0 松若風馬【-】

映像なし

8枠18番 ティーハーフ 牡6 56.0 国分優作【B-】

栗東坂路単走。前脚のやわらかさは良いのだが、着地ポイントが若干左右にぶれる。鞍上がステッキを入れて最後まできちんと脚を伸ばすことはできたが、頭を上げてアップアップしたシーンも見られた。


参考ステップレースの結果

高松宮記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/TakamatsunomiyaKinenR.html

京王杯SC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/KeioHaiSpringCupR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

セントウルS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/CentaurStakesR.html

スプリンターズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/SprintersStakesR.html

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/NHKMileCupR.html

ダービー卿CT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/LordDerbyChallengeTrophyR.html

北九州記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/KitakyushuKinenR.html

京成杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KeiseiHaiAutumnHandicapR.html

【枠順確定】アルテミスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2016年10月29日東京芝1600馬齢

1枠1番 トワイライトライフ 牝2 54.0 北村宏司【B-】

美浦坂路併せ。坂で1馬身差追走し、2馬身遅れ。体幹はしっかりしており、首も使えているが、脚元の動きはスロー。

1枠2番 トーホウアイレス 牝2 54.0 柴田善臣【B】

美浦坂路3頭併せの中。内外と間隔を開けて坂で1馬身半差追走し、外に馬体を合せに行きながらクビ差先着した。首の使い方が上手で、脚元の非力さを補えている。

2枠3番 ヴィーナスフローラ 牝2 54.0 横山典弘【-】

映像なし

2枠4番 パフォーム 牝2 54.0 柴田大知【B+】

美浦W併せの外。ラチ側を深く入って直線は1馬身差先行。ステッキを入れて追う相手を引き離し、ゴール前ゆるめたが2馬身以上先着した。脚元の回転力があり、動きにも活気がある。前脚の動きにぎこちなさは残るものの、好内容ではある。

3枠5番 ヒストリア 牝2 54.0 蛯名正義【B】

美浦坂路併せ。きっちりと馬体を合せて終いにかけて脚を伸ばし、併入した。左前肢が着地後内向する完歩が多いのだが、前脚と後脚の着地タイミングはリズム良く、しっかりと地面をつかめている印象もある。

3枠6番 シグルーン 牝2 54.0 Mデムーロ【C】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右で、頭も右へ出る。最後まで脚色は衰えなかったが、推進力が上へ逃げ、頭も高い。





4枠7番 ライジングリーズン 牝2 54.0 丸田恭介【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。スッと並んで折り合うと、軽い合図で抜け出し、1馬身先着した。古馬のような内容をこなせているが、動きは未完成。後脚の力強さは十分にある一方、前脚が前へ出てこない。トモの長さがあり、成長すれば走ってきそう。

4枠8番 ウインシトリン 牝2 54.0 松岡正海【B】

美浦W3頭併せの中。外と並走、内に半馬身差先行して直線へ。きれいに折り合って並走し、クビ差先着。ゴール後抜け出した。並んで駆けているときに、前へ出ようという意欲が伝わってくる内容で、勝負根性はありそう。

5枠9番 ツヅク 牝2 54.0 江田照男【B-】

美浦W併せの外。馬場の外目をカーブし、ショートカットしてきた相手と並んで直線へ。持ったまま1馬身先着したが、動きはいまいち。前脚が前へ出てこず、首の使い方が一完歩ごとに変わる。

5枠10番 アピールバイオ 牝2 54.0 内田博幸【C】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線はクビ差追走。ゴール地点ではアタマ差程度リードしており、その後抜いたり抜かれたり。四肢の可動域は不足しており、馬体も未完成。前走時も似たような内容で4着に来ているが。

6枠11番 コーラルプリンセス 牝2 54.0 柴山雄一【B+】

美浦W併せの外。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。ゴール地点では併入やや遅れ、その後は並んで長く駆けられた。馬体にボリューム感があり、四肢の可動域も広い。ストライド走法で一完歩ごとに差を縮めてくる内容には見ごたえがあった。

6枠12番 フローレスマジック 牝2 54.0 Cルメール【A】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中を通り、外から1馬身差ずつをつけて直線へ。軽く合図するときちんと反応して伸び、外に1馬身半、内に4分の3馬身先着した。後脚がまだパンとしてはいないものの、肩の出が良く前脚の可動域が広い。首も使えており、バネの効いた走りをできている。





7枠13番 メローブリーズ 牝2 54.0 古川吉洋【A】

美浦坂路単走。前を行く関係ない併せ馬を追いかける内容に。動きには躍動感があり、適度な荒々しさをもって駆けられている。体は進行方向より右を向いており、前脚の着地ポイントが体より右だが、前脚の回転力がすばらしい。

7枠14番 マルモレイナ 牝2 54.0 田中健【B】

栗東CW併せの外。ラチ一杯を深く入り、並走して直線へ。並んで折り合い、最後に肩ステッキを入れたが余力なくクビ差遅れた。通ったコースを考えればタイムは出ている。この時期の2歳馬にしては動きの完成度も高い。

7枠15番 サトノアリシア 牝2 54.0 池添謙一【B+】

栗東坂路単走。ラチ側から入ったが、徐々に真ん中へ流れた。首の上下動はできており、脚元もある程度しっかりしている。まだ成長途上なのだろうが、この馬は正しく成長すれば走りそう。

8枠16番 リスグラシュー 牝2 54.0 武豊【B+】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが、体よりわずかに外側。気になるのはそこだけで、後脚の推進力と繋の返りは良い。首も上手に使えている。まっすぐに坂を上り、終いにかけて脚を伸ばす内容にも好感。

8枠17番 ハートオブスワロー 牝2 54.0 吉田豊【B】

美浦ポリトラック併せの外。目の前を行かせた相手を直線1馬身半差追走し、持ったまま併入した。首の可動域は狭いものの、四肢の可動域は及第点レベルに達している。

8枠18番 クイントゥープル 牝2 54.0 嘉藤貴行【B】

美浦坂路3頭併せの中。内から1馬身ずつの差で坂に入り、きれいに内の馬を差しきった。鞍上が遅れた外の馬を気にする動きをしたことは気がかりで、線はまだ細く成長途上だが、体幹はしっかりしておりフットワークも良い。


参考ステップレースの結果

新潟2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/NiigataNisaiStakesR.html

函館2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/07/HakodateNisaiStakesR.html

小倉2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KokuraNisaiStakesR.html

【枠順確定】天皇賞・秋(GI)追い切り評価最終版-2016年10月30日東京芝2000定量

1枠1番 エイシンヒカリ 牡5 58.0 武豊【B-】

栗東CW単走。馬場の外目を深く入って直線へ。脚元はやわらかく使えているが、首の上下動と脚元の動きのバランスが若干ずれているようで、動きのスピード感もいまいち。尾もきれいに流れない。【1週前追い評価:B-】

2枠2番 クラレント 牡7 58.0 内田博幸【B+】

栗東坂路併せ。終いまできちんと動かし、まっすぐに坂を駆け上がって半馬身先着した。前脚の可動域が広く、左前肢をきれいに使えている。後脚の推進力も感じられ、首から前脚、後脚と全身がきれいに連動できている。適度な荒々しさもある。【1週前映像なし】

2枠3番 アンビシャス 牡4 58.0 横山典弘【B】

栗東坂路併せ。相手はヒストリカル。後脚が流れる悪癖は見られず、推進力はきちんと前を向いている。前脚の回転力も十分。最後に脚色が少々鈍ったものの、きちんとハナ差先着した。【1週前追い評価:B】

3枠4番 サトノクラウン 牡4 58.0 福永祐一【B-】

美浦W併せの外。馬場の外目でまくっていって、直線はクビ差先行。鞍上は手綱を引っ張り気味に、口向きの悪さを見せる相手と並走し、ゴールは併入、その後アタマ差程度前へ出た。内容は控えめなのでなんとも言えないが、2週連続でいまいちな動き。【1週前追い評価:C】

3枠5番 ロゴタイプ 牡6 58.0 田辺裕信【A】

美浦W単走。馬場の真ん中外目をリラックスして駆けてきて、ゴール後に本格的な追い出しを開始。鋭く伸びた。脚元の安定性があり、手前の替え方もスムース。気合い乗りも良く、好仕上がり。【1週前映像なし】





4枠6番 アドマイヤデウス 牡5 58.0 岩田康誠【B】

栗東CW単走。ラチ側をゆったりと入って直線へ。長手綱で中盤まで来て合図を送り、終いはしっかりと脚を伸ばせた。首の角度は良く、四肢の可動域も十分。ただ、前走時の方が動きのリズムは良かった。【1週前映像なし】

4枠7番 サトノノブレス 牡6 58.0 Aシュタル【B】

栗東CW単走。頭は高めで後脚の力強さはいまいちだが、前脚を大きく前へ投げ出してきっちりと地面をつかめている。前後のバランスは良く、馬体の丸みを帯びて好調そうではある。【1週前追い評価:B-】

5枠8番 モーリス 牡5 58.0 Rムーア【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を通って並走して直線へ。馬体を合せて折り合い、ゴール手前で合図。すっと抜け出しゴール地点ではクビ差先着。その後ぐいぐいと引き離した。肩の出の良さが目立ち、前脚の可動域は十分。後脚も推進力を前に伝えられている。【1週前追い評価:B】

5枠9番 ルージュバック 牝4 56.0 戸崎圭太【A+】

美浦W3頭併せの内。すばらしい動き。いい頃の躍動感が戻っており、体幹も極めてしっかりしている。脚元は回転力が豊富でかつ四肢の可動域が広い。併せた馬は相手にならず。この馬しか目に入らなかった。馬体にも無駄なところが全くない。【1週前映像なし】

6枠10番 カムフィー 牡7 58.0 蛯名正義【C】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って直線は1馬身差追走。じっと折り合って併入したが、気配はそれほどない。さすがに厳しそう。【1週前追い評価:C】

6枠11番 ヒストリカル 牡7 58.0 田中勝春【B】

栗東坂路併せ。相手はアンビシャス。右後肢が流れるものの、前脚はしっかりと地面をつかめている。強力な相手に食い下がり、ハナ差遅れも併入はできた。道中に手前を替えたシーンがあったことはマイナスだが、まずまず仕上がっていそう。【1週前映像なし】





7枠12番 リアルスティール 牡4 58.0 Mデムーロ【B+】

栗東坂路単走。軽い合図にきちんと反応し、手前を替えてからの動きは見事。やわらかに全身を使い、適度な荒々しさをもって終いまできっちりと脚を伸ばした。後脚の可動域が少々もの足りないが、推進力は前を向いており、問題ない仕上がり。【1週前追い評価:B+】

7枠13番 ヤマカツエース 牡4 58.0 池添謙一【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し左。首の可動域は狭いが脚元は適度に荒々しく使えており、パワフルさは感じられる。後半はきれいに駆けられたが、前半着地ポイントのずれが大きかったことは気がかり。【1週前映像なし】

8枠14番 ステファノス 牡5 58.0 川田将雅【A】

栗東CW併せの内。3馬身ほど前を行かせた馬を、ラチ側を通って追走。直線は1馬身半差程度から並んで折り合い、軽い合図で抜け出すと楽々2馬身先着した。動きの躍動感がすばらしく、バネの効いた走りができている。【1週前追い評価:A】

8枠15番 ラブリーデイ 牡6 58.0 Cルメール【B-】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目でスムースにカーブし、直線は1馬身差追走。鞍上が軽く手を動かす程度で追い、1馬身先着した。気になるのは前脚の可動域の狭さで、タイムはそこそこ出ているものの、この馬にとって好状態とは言いがたい内容。【1週前追い評価:C】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/TennoShoAutumn1W.html

参考ステップレースの結果

京都大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KyotoDaishotenR.html

毎日王冠
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/MainichiOkanR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

宝塚記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/TakarazukaKinenR.html

オールカマー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/AllComersR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

2016年10月27日

【水曜追い】天皇賞・秋(GI)追い切り評価-2016年10月30日東京芝2000定量

アドマイヤデウス 58.0 【B】

栗東CW単走。ラチ側をゆったりと入って直線へ。長手綱で中盤まで来て合図を送り、終いはしっかりと脚を伸ばせた。首の角度は良く、四肢の可動域も十分。ただ、前走時の方が動きのリズムは良かった。【1週前映像なし】

アンビシャス 58.0 【B】

栗東坂路併せ。相手はヒストリカル。後脚が流れる悪癖は見られず、推進力はきちんと前を向いている。前脚の回転力も十分。最後に脚色が少々鈍ったものの、きちんとハナ差先着した。【1週前追い評価:B】

エイシンヒカリ 58.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の外目を深く入って直線へ。脚元はやわらかく使えているが、首の上下動と脚元の動きのバランスが若干ずれているようで、動きのスピード感もいまいち。尾もきれいに流れない。【1週前追い評価:B-】

カムフィー 58.0 【C】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って直線は1馬身差追走。じっと折り合って併入したが、気配はそれほどない。さすがに厳しそう。【1週前追い評価:C】

クラレント 58.0 【B+】

栗東坂路併せ。終いまできちんと動かし、まっすぐに坂を駆け上がって半馬身先着した。前脚の可動域が広く、左前肢をきれいに使えている。後脚の推進力も感じられ、首から前脚、後脚と全身がきれいに連動できている。適度な荒々しさもある。【1週前映像なし】






サトノノブレス 58.0 【B】

栗東CW単走。頭は高めで後脚の力強さはいまいちだが、前脚を大きく前へ投げ出してきっちりと地面をつかめている。前後のバランスは良く、馬体の丸みを帯びて好調そうではある。【1週前追い評価:B-】

ステファノス 58.0 【A】

栗東CW併せの内。3馬身ほど前を行かせた馬を、ラチ側を通って追走。直線は1馬身半差程度から並んで折り合い、軽い合図で抜け出すと楽々2馬身先着した。動きの躍動感がすばらしく、バネの効いた走りができている。【1週前追い評価:A】

ヒストリカル 58.0 【B】

栗東坂路併せ。相手はアンビシャス。右後肢が流れるものの、前脚はしっかりと地面をつかめている。強力な相手に食い下がり、ハナ差遅れも併入はできた。道中に手前を替えたシーンがあったことはマイナスだが、まずまず仕上がっていそう。【1週前映像なし】

モーリス 58.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を通って並走して直線へ。馬体を合せて折り合い、ゴール手前で合図。すっと抜け出しゴール地点ではクビ差先着。その後ぐいぐいと引き離した。肩の出の良さが目立ち、前脚の可動域は十分。後脚も推進力を前に伝えられている。【1週前追い評価:B】

ヤマカツエース 58.0 【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し左。首の可動域は狭いが脚元は適度に荒々しく使えており、パワフルさは感じられる。後半はきれいに駆けられたが、前半着地ポイントのずれが大きかったことは気がかり。【1週前映像なし】






ラブリーデイ 58.0 【B-】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目でスムースにカーブし、直線は1馬身差追走。鞍上が軽く手を動かす程度で追い、1馬身先着した。気になるのは前脚の可動域の狭さで、タイムはそこそこ出ているものの、この馬にとって好状態とは言いがたい内容。【1週前追い評価:C】

リアルスティール 58.0 【B+】

栗東坂路単走。軽い合図にきちんと反応し、手前を替えてからの動きは見事。やわらかに全身を使い、適度な荒々しさをもって終いまできっちりと脚を伸ばした。後脚の可動域が少々もの足りないが、推進力は前を向いており、問題ない仕上がり。【1週前追い評価:B+】

ロゴタイプ 58.0 【A】

美浦W単走。馬場の真ん中外目をリラックスして駆けてきて、ゴール後に本格的な追い出しを開始。鋭く伸びた。脚元の安定性があり、手前の替え方もスムース。気合い乗りも良く、好仕上がり。【1週前映像なし】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/TennoShoAutumn1W.html

参考ステップレースの結果

京都大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KyotoDaishotenR.html

毎日王冠
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/MainichiOkanR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

宝塚記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/TakarazukaKinenR.html

オールカマー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/AllComersR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html


注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】毎日放送賞スワンステークス(GII)追い切り評価-2016年10月29日京都芝1400別定

アルビアーノ 55.0 【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中内目を通って直線へ。直線に入ってから若干掛かる気配を見せたところで追い出しを開始。四肢の可動域は十分で、パワフルさとやわらかさを兼ね備えた動きを見せてくれた。発汗量は多め。

サトノアラジン 57.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は4頭併せの外から2頭目のような位置取りで前に並ぶ3頭を1馬身半差追走。首を左右に動かしながら並びかけ、すぐに抜け出すと大きなストライドで伸び、2馬身以上先着した。動きは問題ないが、外回りとはいえ京都が合うのかどうか。馬体から、距離も長い方が向きそうな気がする。

サトノルパン 56.0 【B】

栗東CW単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。前を行く関係ない馬を並ぶ間もなく交わすと、気分の良さそうなフットワークでぐいぐいと脚を伸ばし、ゴール後もしっかり駆けられた。若干ふわふわしたところはあるが、状態は良さそう。

サンライズメジャー 56.0 【B】

栗東坂路単走。首が右に出て上下動をできていないのはいつもどおり。タイムが悪いのもいつもどおり。脚元はしっかりしており、前脚と後脚は同一ライン上で力強く動けている。評価はB以上つけられないが、これでも走ってしまうからこの馬はわからない。

ダンスディレクター 56.0 【C】

栗東坂路単走。脚元がペタペタと着地する印象で、力強さに欠けている。追われてからの反応もいまいちで、四肢の可動域も及第点レベルに足りない。





テイエムタイホー 56.0 【B】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。ラチさえ頼らなければ良い内容。前脚の回転力は目を引き、後脚の力強さには欠けるものの推進力が上に逃げない好状態。尾がきれいに流れないことは気になる。

ティーハーフ 56.0 【B-】

栗東坂路単走。前脚のやわらかさは良いのだが、着地ポイントが若干左右にぶれる。鞍上がステッキを入れて最後まできちんと脚を伸ばすことはできたが、頭を上げてアップアップしたシーンも見られた。

バクシンテイオー 56.0 【B】

美浦W併せの外。相手はモーリスで、クビ差遅れてその後引き離されたがよく食い下がったと言えるかもしれない。馬場の外目を通ってゴール手前まで並んで駆けることができた。脚元の回転力も十分。

フィエロ 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。頭を相手のいない右側に向けてはいるが、動きに活気を感じられる好内容。長く馬体を合せて駆け、アタマ差先着した。前脚と後脚は同一ライン上にあり、推進力はしっかりと前へ伝わっている。

ブラヴィッシモ 56.0 【B-】

栗東坂路併せ。離されかけたが最後再びやる気を見せて追い詰め、クビ差遅れ。頭は高めだがパワフルに動けてはいる。体は太いかもしれない。





ペイシャフェリス 54.0 【A】

美浦W単走。馬場の外目を通ったカーブのかけ方が美しい。顎を引いて気合い乗りの良さを伺わせ、最後まで集中して駆けられている。尾がきれいに流れないことは気がかりで発汗量も多いものの、それを補って余りある躍動感がある。

ミッキーラブソング 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。相手はクラレント。よく食い下がったが半馬身遅れた。前脚と後脚のどちらも着地ポイントが近いのだが、左右のバランスは取れており、シンメトリーな動きができている。

ムーンクレスト 56.0 【B】

栗東CW単走。馬場の外目をある程度深く入って直線へ。後脚は均一に動けているのだが、前脚の動きが完歩ごとに異なる。そのため、首の上下動から始まるリズムが若干ずれるように見えてしまう。ただ、首の角度は良い。

メイショウナルト 56.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。ある程度リラックスした動きはできているが、脚を伸ばすときに頭が高くなってしまうのは問題。四肢の可動域もいまいち。

参考ステップレースの結果

高松宮記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/03/TakamatsunomiyaKinenR.html

京王杯SC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/KeioHaiSpringCupR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

セントウルS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/CentaurStakesR.html

スプリンターズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/SprintersStakesR.html

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/NHKMileCupR.html

ダービー卿CT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/LordDerbyChallengeTrophyR.html

北九州記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/KitakyushuKinenR.html

京成杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KeiseiHaiAutumnHandicapR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】アルテミスステークス(GIII)追い切り評価-2016年10月29日東京芝1600馬齢

アピールバイオ 54.0 【C】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線はクビ差追走。ゴール地点ではアタマ差程度リードしており、その後抜いたり抜かれたり。四肢の可動域は不足しており、馬体も未完成。前走時も似たような内容で4着に来ているが。

ウインシトリン 54.0 【B】

美浦W3頭併せの中。外と並走、内に半馬身差先行して直線へ。きれいに折り合って並走し、クビ差先着。ゴール後抜け出した。並んで駆けているときに、前へ出ようという意欲が伝わってくる内容で、勝負根性はありそう。

クイントゥープル 54.0 【B】

美浦坂路3頭併せの中。内から1馬身ずつの差で坂に入り、きれいに内の馬を差しきった。鞍上が遅れた外の馬を気にする動きをしたことは気がかりで、線はまだ細く成長途上だが、体幹はしっかりしておりフットワークも良い。

コーラルプリンセス 54.0 【B+】

美浦W併せの外。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。ゴール地点では併入やや遅れ、その後は並んで長く駆けられた。馬体にボリューム感があり、四肢の可動域も広い。ストライド走法で一完歩ごとに差を縮めてくる内容には見ごたえがあった。

サトノアリシア 54.0 【B+】

栗東坂路単走。ラチ側から入ったが、徐々に真ん中へ流れた。首の上下動はできており、脚元もある程度しっかりしている。まだ成長途上なのだろうが、この馬は正しく成長すれば走りそう。

シグルーン 54.0 【C】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右で、頭も右へ出る。最後まで脚色は衰えなかったが、推進力が上へ逃げ、頭も高い。






スズカゼ 54.0 【B】

美浦坂路併せ。坂で1馬身差追走し、鞍上が激しく手を動かして一杯に追い、クビ差遅れまで差を詰めた。前脚の動きの良さが目立ち、パワフルな着地と掻き込みを見せているが、まだ首を使えていない。

ツヅク 54.0 【B-】

美浦W併せの外。馬場の外目をカーブし、ショートカットしてきた相手と並んで直線へ。持ったまま1馬身先着したが、動きはいまいち。前脚が前へ出てこず、首の使い方が一完歩ごとに変わる。

トワイライトライフ 54.0 【B-】

美浦坂路併せ。坂で1馬身差追走し、2馬身遅れ。体幹はしっかりしており、首も使えているが、脚元の動きはスロー。

トーホウアイレス 54.0 【B】

美浦坂路3頭併せの中。内外と間隔を開けて坂で1馬身半差追走し、外に馬体を合せに行きながらクビ差先着した。首の使い方が上手で、脚元の非力さを補えている。

パフォーム 54.0 【B+】

美浦W併せの外。ラチ側を深く入って直線は1馬身差先行。ステッキを入れて追う相手を引き離し、ゴール前ゆるめたが2馬身以上先着した。脚元の回転力があり、動きにも活気がある。前脚の動きにぎこちなさは残るものの、好内容ではある。

ハートオブスワロー 54.0 【B】

美浦ポリトラック併せの外。目の前を行かせた相手を直線1馬身半差追走し、持ったまま併入した。首の可動域は狭いものの、四肢の可動域は及第点レベルに達している。






ピアノイッチョウ 54.0 【C】

美浦坂路単走。鞍上の帽子が揺れている。推進力がかなり上に逃げているせいもあるのだろうが、鞍上はつかまっているだけで、この調教の意図が全く見えない。動きも重い。

ヒストリア 54.0 【B】

美浦坂路併せ。きっちりと馬体を合せて終いにかけて脚を伸ばし、併入した。左前肢が着地後内向する完歩が多いのだが、前脚と後脚の着地タイミングはリズム良く、しっかりと地面をつかめている印象もある。

フローレスマジック 54.0 【A】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中を通り、外から1馬身差ずつをつけて直線へ。軽く合図するときちんと反応して伸び、外に1馬身半、内に4分の3馬身先着した。後脚がまだパンとしてはいないものの、肩の出が良く前脚の可動域が広い。首も使えており、バネの効いた走りをできている。

マルモレイナ 54.0 【B】

栗東CW併せの外。ラチ一杯を深く入り、並走して直線へ。並んで折り合い、最後に肩ステッキを入れたが余力なくクビ差遅れた。通ったコースを考えればタイムは出ている。この時期の2歳馬にしては動きの完成度も高い。

メローブリーズ 54.0 【A】

美浦坂路単走。前を行く関係ない併せ馬を追いかける内容に。動きには躍動感があり、適度な荒々しさをもって駆けられている。体は進行方向より右を向いており、前脚の着地ポイントが体より右だが、前脚の回転力がすばらしい。

ライジングリーズン 54.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。スッと並んで折り合うと、軽い合図で抜け出し、1馬身先着した。古馬のような内容をこなせているが、動きは未完成。後脚の力強さは十分にある一方、前脚が前へ出てこない。トモの長さがあり、成長すれば走ってきそう。

リスグラシュー 54.0 【B+】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが、体よりわずかに外側。気になるのはそこだけで、後脚の推進力と繋の返りは良い。首も上手に使えている。まっすぐに坂を上り、終いにかけて脚を伸ばす内容にも好感。

参考ステップレースの結果

新潟2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/NiigataNisaiStakesR.html

函館2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/07/HakodateNisaiStakesR.html

小倉2歳S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KokuraNisaiStakesR.html


注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年10月26日

菊花賞の反省と全着順-2016年10月23日のレース

1着【A:1人気】3番 サトノダイヤモンド 3:03.3
2着【B-:9人気】11番 レインボーライン 3:03.7
3着【B+:6人気】13番 エアスピネル 3:03.7
4着【B:2人気】6番 ディーマジェスティ 3:03.8
5着【B+:4人気】8番 ミッキーロケット 3:04.0
6着【B:7人気】4番 シュペルミエール 3:04.0
7着【C:12人気】18番 マウントロブソン 3:04.2
8着【B:3人気】1番 カフジプリンス 3:04.2
9着【B-:5人気】7番 レッドエルディスト 3:04.3
10着【B-:8人気】17番 ジュンヴァルカン 3:04.6
11着【B:11人気】16番 プロディガルサン 3:04.6
12着【B-:10人気】10番 ウムブルフ 3:04.9
13着【B+:13人気】5番 ミライヘノツバサ 3:05.0
14着【B:18人気】14番 アグネスフォルテ 3:05.3
15着【B:14人気】2番 ジョルジュサンク 3:05.7
16着【C:15人気】12番 コスモジャーベ 3:06.0
17着【B-:17人気】9番 イモータル 3:07.4
18着【A:16人気】15番 サトノエトワール 3:08.1

A評価2頭、B+評価3頭。1週前のA評価はサトノダイヤモンドのみで、2週連続A評価の同馬が能力の違いを見せつけた。2着のレインボーラインは1週前C、本追い切りB-だが、追い切り動かない馬。3着のエアスピネルはB+評価していたので、まずまず参考にはなったかもしれない。





このレースは実際に馬を見て結論を出したかったので、パドックを見に行った。さすがの貫禄を見せていたのがサトノダイヤモンド。堂々と周回できており、四肢の可動域も十分。馬体にも隙がなく、完璧な仕上がりが伝わってくる。もう1頭目立っていたのがエアスピネル。踏み込みが力強く、落ち着きもある。これら2頭が抜けて良く見えた。馬体はシュペルミエールも良い。サトノダイヤモンドの後ろを歩いていて比較しやすく、遜色ない馬体だ。問題は少しうるさかったことで、後半落ち着いてきたとはいえ長距離では気がかりだった。ディーマジェスティは後脚が前に出てこないのが気に入らない。ただ、この馬はいつもこんな感じ、とも言える。期待していたミライヘノツバサやサトノエトワールなどの条件馬たちは、並べて見ると能力が落ちる印象。筋肉量や馬体の張りが上位陣とは全く違う。人気サイドでは、カフジプリンスは薄く、レッドエルディストはゆるい。川田騎手が乗るので買わなければならないマウントロブソンは、落ち着きだけはあった。2着のレインボーラインは落ち着きあり、馬仲間からは好評だったのだが、馬体の薄さが気になった。

レース。ジュンヴァルカンが大きく出遅れ。ジョルジュサンクがきれいに先行したところを、押してミライヘノツバサが交わしていく。さらに外からサトノエトワールが前をうかがう。最初の4コーナーでも先行争いは続き、ミライヘノツバサとサトノエトワールの隊列は、スタンド前でようやく固まった。エアスピネルは3番手、サトノダイヤモンドとディーマジェスティは中団、レインボーラインは後方の位置取り。1コーナーから2コーナーにかけて、隊列は先頭から最後方まで20馬身程度の縦長になった。向こう正面で有力どころが進出を開始。しかし、ミライヘノツバサは2馬身のリードを保つ。直線。逃げるミライヘノツバサはほどなく失速。外からサトノダイヤモンドが伸びる。連れて上がってきたディーマジェスティは一杯に。外からレインボーライン、内からエアスピネルが追い上げるが、脚色はサトノダイヤモンドに及ばない。サトノダイヤモンドが2馬身半差をつけて快勝した。





勝ち時計は3:03.3。長距離戦なのでなんとも言えないが、逃げ馬がきちんと逃げてよどみないペースをつくり、各馬が能力をきちんと示せるレースになった。前半1000メートルが59.9、2000メートルが2:04.4。先行争いと最後の3Fが11秒台というきれいなラップになった。勝ったサトノダイヤモンドは能力が抜けている印象。パドックでも極めて良く見えた。ただ、ここが最高の仕上げのように感じたことから、次走はデキ落ちをチェックしたい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KikukaSho.html

サトノダイヤモンドは堂々と落ち着いて周回できていた。
レインボーライン。個人的にはそこまで良く見えなかったが。
エアスピネル。後脚の踏み込みが力強く、かなり良く見えた。
おまけ。川田騎手とマウントロブソン。

富士ステークスの反省と全着順-2016年10月22日のレース

1着【B-:3人気】3番 ヤングマンパワー 1:34.0
2着【B:4人気】4番 イスラボニータ 1:34.1
3着【B+:2人気】2番 ダノンプラチナ 1:34.2
4着【C:11人気】6番 マイネルアウラート 1:34.3
5着【A:6人気】8番 ガリバルディ 1:34.3
6着【B:7人気】1番 ブラックムーン 1:34.4
7着【B-:8人気】10番 ブラックスピネル 1:34.4
8着【B:5人気】7番 フルーキー 1:34.4
9着【B:1人気】11番 ロードクエスト 1:34.5
10着【映像なし:10人気】5番 テイエムイナズマ 1:34.6
11着【B+:9人気】9番 ミュゼエイリアン 1:35.5

A評価1頭、B+評価2頭。B-→B→B+という結果になった。メンバーはそろったものの、追い切りを見た印象では仕上がり途上の馬も多く、レースは超スローの前残り。このようなレースを当てるのは難しい。





パドック。良く見えたのは3頭だけ。Twitterにコメントしたとおりで、ほかはそれほど目立たなかった。+10キロのダノンプラチナは、ここ数走体重が乱高下しているが、おそらく適度な馬体重は今回くらい。+16キロのフルーキーは、太いというより動きが重かった。

レース。マイネルアウラートがポンと出たが、そこからはだれもが逃げたくない展開に。ヤングマンパワーとテイエムイナズマが掛かりながら進出する。結局先頭に立ったのはテイエムイナズマで、鞍上はずっと手綱を引っ張っている。前半600メートルは36.3という超スロー。テイエムイナズマは抑えているのに1馬身のリード。4コーナーで馬群は一団になったが、さすがにこの展開では後ろから来る馬は厳しい。前目につけていたヤングマンパワーとイスラボニータが内から伸びて1、2着に入った。





勝ち時計の1:34.0は、平凡。上がり最速はガリバルディの33.4だが、後ろからでは5着が精一杯だった。着差は僅差で、流れがスムースなら着順に大きな変化があったかもしれない。道中中団より前につけていた馬で沈んだのは、フルーキー、テイエムイナズマ、ミュゼエイリアンの3頭。テイエムイナズマは掛かりっぱなしで消耗した結果。フルーキーは馬体重がこたえたか。このレースの上位馬は、次走疑ってかかりたい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/FujiStakes.html

2016年10月21日

【1週前追い】天皇賞・秋(GI)追い切り評価-2016年10月30日東京芝2000定量

アンビシャス 58.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右。極めて軽い内容で、脚元はそれほど流れず、均等なリズムでリラックスして動けている。本追い切りできっちりやるはず。

エイシンヒカリ 58.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の外目を通って意欲的にカーブしてきたが、直線は伸びず。鞍上が手を動かしていないので問題ないのかもしれないが、直線の動きはいただけない。

カムフィー 58.0 【C】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。終い軽く促してクビ差先着した。動きに硬さがあり、躍動感に乏しい。






サトノクラウン 58.0 【C】

美浦W併せの外。相手はモーリス。馬場の真ん中外目を通り、並走して直線へ。発汗はかなり多く、鞍上はある程度手を動かしたのだがクビ差遅れた。この鞍上は黒帽子なので助手のはず。直線の前半では押すときにも手綱が張っており、重心が後ろにかかる騎乗フォームで、馬が走りにくそうだ。

サトノノブレス 58.0 【B-】

栗東CW3頭併せの外。中はラブリーデイ。ラチ側をのんびり深く入って、直線は内と並んで中の相手を2馬身差追走。内はすっと伸びて置き去りにされ、中をとらえてギリギリ先着した。終いはある程度伸びたとはいえ、首の可動域が狭く頭も高め。

ステファノス 58.0 【A】

栗東CW単走。カーブからリズム良く、ラチ側を軽快に駆けてきた。鞍上は手を動かさなかったが自ら動いてきれいに伸び、やわらかさを感じさせる全身の連動を見せてくれた。体にもボリューム感がある。






モーリス 58.0 【B】

美浦W併せの内。外はサトノクラウン。馬場の真ん中で並走して直線を向き、並んで駆けてクビ差先着した。ゴール後はぐいぐい伸びて相手を引き離したが、気になるのは馬体。かなり太いのではないか。発汗も多い。

ラブリーデイ 58.0 【C】

栗東CW3頭併せの中。馬場の外目でのんびりとカーブし、直線は2馬身差先行。内に離され、外と併入もその後前へ出られた。動かしたのは終いだけとはいえ、厳しい内容。

リアルスティール 58.0 【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は3馬身ほど前を行く相手を追走。一切追わず待ってくれた相手を目標に、スムースに脚を伸ばして2馬身先着した。手前を替えるときに若干動きが乱れたが、それを除くとパワフルで躍動感のある動き。好内容だ。

参考ステップレースの結果

京都大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KyotoDaishotenR.html

毎日王冠
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/MainichiOkanR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

宝塚記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/TakarazukaKinenR.html

オールカマー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/AllComersR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

注意: 本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【枠順確定】富士ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2016年10月22日東京芝1600別定

1枠1番 ブラックムーン 牡4 56.0 川田将雅【B】

栗東CW3頭併せの外。馬場の外目を通って馬体を合せる前の2頭を直線2馬身差追走。押したが追いつけず、両馬に1馬身以上遅れた。タイムは出ているのだが、印象が良くない。

2枠2番 ダノンプラチナ 牡4 57.0 蛯名正義【B+】

美浦W単走。カーブから意欲的に駆け、馬場の外目を通って躍動感のある動き。最後のタイムは落としたが、見た目の動きに安定感はあり、問題なさそう。トモのボリューム感も十分。

3枠3番 ヤングマンパワー 牡4 57.0 戸崎圭太【B-】

美浦坂路併せ。明らかにラチを頼った動きで、鞍上はラチのある右側から見せムチを振るうが改善されず。最後まで頭は右を向いたままだった。脚元の動きはある程度パワフルではあるのだが、全体の印象が良くない。





4枠4番 イスラボニータ 牡5 58.0 Cルメール【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通ってさらりと。直線で手前を替えて遊ぶところが見られた。体もゆるい。ただ、四肢の可動域は十分にあり、やわらかく体を使えている。

5枠5番 テイエムイナズマ 牡6 56.0 古川吉洋【-】

映像なし

6枠6番 マイネルアウラート 牡5 56.0 柴田大知【C】

美浦W単走。馬場の真ん中を通って軽めの追い切り。頭は高く四肢の可動域は狭い。内容を考えればタイムは悪くないのだが、高評価できるポイントが皆無。

6枠7番 フルーキー 牡6 57.0 Mデムーロ【B】

栗東CW3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通って、ラチ側を行く2頭と馬体を離して直線へ。内でじっと折り合い、最後はきれいに3頭が併入した。テンションを上げすぎない好内容だが、仕上がり具合は微妙。能力でどこまでやれるか。





7枠8番 ガリバルディ 牡5 57.0 福永祐一【A】

栗東坂路単走。前脚の動きが理想に近づいてきている。きれいに掻き込めており、後脚はそれほどパワフルではないものの、しっかりと地面をつかみ、力を前へと伝えられている。

7枠9番 ミュゼエイリアン 牡4 56.0 横山典弘【B+】

美浦坂路3頭併せの外。ラチ側で1馬身差追走し、軽く追って中の相手にクビ差遅れた。タイムも微妙。とはいえ、前膝をやわらかく使い、首の上下動にも活気がある。首から前膝、繋への連動もあり、動きそのものは良い。

8枠10番 ブラックスピネル 牡3 54.0 大野拓弥【B-】

栗東坂路併せ。相手はミッキーロケット(菊花賞)。格上相手に食い下がり、アタマ差遅れた。この馬なりに動けてはいるのだろうが、脚元はペタペタと着地し、力強さが不足している。

8枠11番 ロードクエスト 牡3 55.0 池添謙一【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中を通って馬体を合せる2頭を直線1馬身半差追走。鞍上は手綱を引っ張り気味で、ゴール地点でも1馬身程度遅れ。ゴール後に並ぶところまでやった。後脚の可動域がもの足りないが、馬自身に走る気はありそう。


参考ステップレースの結果

京王杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KeiseiHaiAutumnHandicapR.html

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SekiyaKinenR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

中京記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/07/CyukyoKinenR.html

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/NHKMileCupR.html

エプソムC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/EpsomCupR.html

2016年10月20日

【枠順確定】菊花賞(GI)追い切り評価最終版-2016年10月23日京都芝3000馬齢

1枠1番 カフジプリンス 牡3 57.0 岩田康誠【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、並走しして直線へ。相手を置き去りにすると、大きく振りかぶってムチを馬の視界に入れ、優しく尻ステッキを一発。終いまできっちり追った。動きはパワフルで四肢の可動域は十分。ただ、推進力は若干上に逃げる。【1週前追い評価:B】

1枠2番 ジョルジュサンク 牡3 57.0 幸英明【B】

栗東CW併せの外。馬場の外目を通って直線は半馬身差追走。持ったまま抜け出してから追い出し、2馬身先着した。脚元の動きはスローだが、頭は低く保てており、四肢の可動域も十分。【1週前映像なし】

2枠3番 サトノダイヤモンド 牡3 57.0 Cルメール【A】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って直線は4分の3馬身差追走。じっと折り合い、軽い合図で動くときっちり半馬身先着した。文句のない仕上がり。【1週前追い評価:A】

2枠4番 シュペルミエール 牡3 57.0 北村宏司【B】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中内目を通り、直線は半馬身差追走。ほぼ持ったまま抜け出すと、そこで追い出し。相手を置き去りにした。動きの安定性には欠けるものの、パワフルに動けている。体は若干太いかもしれない。【1週前映像なし】

3枠5番 ミライヘノツバサ 牡3 57.0 藤岡佑介【B+】

美浦W単走。尾に余計な力が入っており、トモも少しゆるめだが、この一追いできっちり仕上がりそうではある。後脚の使い方がパワフルで、ぶれずにまっすぐ前へと動けている。【1週前映像なし】

3枠6番 ディーマジェスティ 牡3 57.0 蛯名正義【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は2馬身差追走。持ったままとらえて1馬身先着した。先着は相手が動かなかったためで、この馬の動きはぱっとしない。発汗量も多い。ただ、1週前の動きは良かったのでこれで十分なのだろう。【1週前追い評価:B+】





4枠7番 レッドエルディスト 牡3 57.0 四位洋文【B-】

栗東坂路併せ。左半身は安定しているが、右前肢は着地後内に入り、右後肢は外へ流れる。前走時ほどの活気もないのは気がかり。タイムは及第点レベルにあり、クビ差先着したが。【1週前映像なし】

4枠8番 ミッキーロケット 牡3 57.0 和田竜二【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向よりほんの少し右で、舌も出しているのだが、体幹が整っており、地面もしっかりとつかめている印象。前への推進力もある。最後まで追い、アタマ差先着した。【1週前追い評価:B+】

5枠9番 イモータル 牡3 57.0 Fヴェロン【B-】

栗東CW3頭併せの外。かなり掛かりながらカーブを曲がり、馬場の外目を通って直線は2馬身差追走。すっと抜け出して2頭を置き去りに。最後は鞍上がたてがみや首を撫でながら馬を落ち着かせてゴール。なんとも微笑ましい光景なのだが、長距離戦の本追い切りでここまで掛かってしまうとつらい。【1週前映像なし】

5枠10番 ウムブルフ 牡3 57.0 浜中俊【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。手前の替え方はまずまずで、すっと伸びることができた。四肢の可動域は十分にあり首の動きは良いが、脚元の動きはスロー。発汗も目立つ。【1週前追い評価:B】

6枠11番 レインボーライン 牡3 57.0 福永祐一【B-】

栗東坂路単走。植え込み側をまっすぐに。首は上下でなく左右に使う。最後は顎を上げてしまったが、不思議と脚元は乱れない。馬体に幅がなく非力な印象はあり、タイムも最悪だがその安定性だけは評価したい。【1週前追い評価:C】

6枠12番 コスモジャーベ 牡3 57.0 丹内祐次【C】

美浦W併せの外。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。鞍上は行かせず、じっと折り合ったのか伸びなかったのか、引き離され2馬身以上遅れた。GI前にこれでは。【1週前映像なし】





7枠13番 エアスピネル 牡3 57.0 武豊【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向よりほんの少し左。前脚が着地後内側に入る傾向は、改善されつつある。前膝から下の動きが速く、状態は良さそう。回転力も十分にある。【1週前映像なし】

7枠14番 アグネスフォルテ 牡3 57.0 松山弘平【B】

栗東CW併せの外。ラチ側を深く入って直線は1馬身差追走。すぐに並びかけるとクビ差後ろ程度でしっかり折り合い、終い気合いをつけるとすっと伸びて2馬身以上先着した。トモのパワフルさはそれほど感じられないものの、前が厚くしっかりと駆けられている。仕上がりは良さそう。【1週前映像なし】

7枠15番 サトノエトワール 牡3 57.0 池添謙一【A】

栗東CW併せの外。馬場の真ん中を通り、並走して直線へ。軽く仕掛けて軽い肩ステッキを何度か入れ、半馬身先着した。首をリズミカルに動かせており、角度も良い。背中も安定している。【1週前映像なし】

8枠16番 プロディガルサン 牡3 57.0 田辺裕信【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通って直線は半馬身差追走。動きの躍動感には欠けるものの、頭を低く保ってやわらかく体を使い、半馬身先着した。肩の出の良さは目立つ。【1週前追い評価:B-】

8枠17番 ジュンヴァルカン 牡3 57.0 Mデムーロ【B-】

栗東ポリトラック併せの内。ラチ沿いを通って目の前を行かせた馬を追い、直線は1馬身差追走。手ごたえは良さそうに見えたが交わせずアタマ差遅れた。【1週前映像なし】

8枠18番 マウントロブソン 牡3 57.0 川田将雅【C】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目で並走して直線に入り、最後に少し前へ出てアタマ差先着した。体は締まってきたようだが、動きは重い。【1週前追い評価:B-】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KikukaSho1W.html

参考ステップレースの結果

神戸新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KobeShimbunHaiR.html

セントライト記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/StLiteKinenR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/DerbyR.html

皐月賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/SatsukiShoR.html

【水曜追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2016年10月23日京都芝3000馬齢

エアスピネル 57.0 【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向よりほんの少し左。前脚が着地後内側に入る傾向は、改善されつつある。前膝から下の動きが速く、状態は良さそう。回転力も十分にある。【1週前映像なし】

カフジプリンス 57.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、並走しして直線へ。相手を置き去りにすると、大きく振りかぶってムチを馬の視界に入れ、優しく尻ステッキを一発。終いまできっちり追った。動きはパワフルで四肢の可動域は十分。ただ、推進力は若干上に逃げる。【1週前追い評価:B】

コスモジャーベ 57.0 【C】

美浦W併せの外。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。鞍上は行かせず、じっと折り合ったのか伸びなかったのか、引き離され2馬身以上遅れた。GI前にこれでは。【1週前映像なし】

サトノエトワール 57.0 【A】

栗東CW併せの外。馬場の真ん中を通り、並走して直線へ。軽く仕掛けて軽い肩ステッキを何度か入れ、半馬身先着した。首をリズミカルに動かせており、角度も良い。背中も安定している。【1週前映像なし】

サトノダイヤモンド 57.0 【A】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って直線は4分の3馬身差追走。じっと折り合い、軽い合図で動くときっちり半馬身先着した。文句のない仕上がり。【1週前追い評価:A】

シュペルミエール 57.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中内目を通り、直線は半馬身差追走。ほぼ持ったまま抜け出すと、そこで追い出し。相手を置き去りにした。動きの安定性には欠けるものの、パワフルに動けている。体は若干太いかもしれない。【1週前映像なし】






ジュンヴァルカン 57.0 【B-】

栗東ポリトラック併せの内。ラチ沿いを通って目の前を行かせた馬を追い、直線は1馬身差追走。手ごたえは良さそうに見えたが交わせずアタマ差遅れた。【1週前映像なし】

ジョルジュサンク 57.0 【B】

栗東CW併せの外。馬場の外目を通って直線は半馬身差追走。持ったまま抜け出してから追い出し、2馬身先着した。脚元の動きはスローだが、頭は低く保てており、四肢の可動域も十分。【1週前映像なし】

ディーマジェスティ 57.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は2馬身差追走。持ったままとらえて1馬身先着した。先着は相手が動かなかったためで、この馬の動きはぱっとしない。発汗量も多い。ただ、1週前の動きは良かったのでこれで十分なのだろう。【1週前追い評価:B+】

ネイチャーレット 57.0 【C】

美浦ポリトラック併せの外。直線1馬身差追走し、1馬身先着した。ゼッケン下に発汗が見られ、脚元も非力な印象。このメンバー相手ではさすがに厳しそう。【1週前映像なし】

プロディガルサン 57.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通って直線は半馬身差追走。動きの躍動感には欠けるものの、頭を低く保ってやわらかく体を使い、半馬身先着した。肩の出の良さは目立つ。【1週前追い評価:B-】

マウントロブソン 57.0 【C】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目で並走して直線に入り、最後に少し前へ出てアタマ差先着した。体は締まってきたようだが、動きは重い。【1週前追い評価:B-】






ミッキーロケット 57.0 【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向よりほんの少し右で、舌も出しているのだが、体幹が整っており、地面もしっかりとつかめている印象。前への推進力もある。最後まで追い、アタマ差先着した。【1週前追い評価:B+】

ミライヘノツバサ 57.0 【B+】

美浦W単走。尾に余計な力が入っており、トモも少しゆるめだが、この一追いできっちり仕上がりそうではある。後脚の使い方がパワフルで、ぶれずにまっすぐ前へと動けている。【1週前映像なし】

レインボーライン 57.0 【B-】

栗東坂路単走。植え込み側をまっすぐに。首は上下でなく左右に使う。最後は顎を上げてしまったが、不思議と脚元は乱れない。馬体に幅がなく非力な印象はあり、タイムも最悪だがその安定性だけは評価したい。【1週前追い評価:C】

レッドエルディスト 57.0 【B-】

栗東坂路併せ。左半身は安定しているが、右前肢は着地後内に入り、右後肢は外へ流れる。前走時ほどの活気もないのは気がかり。タイムは及第点レベルにあり、クビ差先着したが。【1週前映像なし】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KikukaSho1W.html

参考ステップレースの結果

神戸新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KobeShimbunHaiR.html

セントライト記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/StLiteKinenR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/DerbyR.html

皐月賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/SatsukiShoR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年10月19日

【水曜追い】富士ステークス(GIII)追い切り評価-2016年10月22日東京芝1600別定

イスラボニータ 58.0 【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通ってさらりと。直線で手前を替えて遊ぶところが見られた。体もゆるい。ただ、四肢の可動域は十分にあり、やわらかく体を使えている。

ガリバルディ 57.0 【A】

栗東坂路単走。前脚の動きが理想に近づいてきている。きれいに掻き込めており、後脚はそれほどパワフルではないものの、しっかりと地面をつかみ、力を前へと伝えられている。

ダノンプラチナ 57.0 【B+】

美浦W単走。カーブから意欲的に駆け、馬場の外目を通って躍動感のある動き。最後のタイムは落としたが、見た目の動きに安定感はあり、問題なさそう。トモのボリューム感も十分。

ダンツプリウス 56.0 【C】

栗東坂路併せ。体は進行方向より右。タイムはそこそこ出ているが、植え込み側のラチを頼っているような印象で、脚元もバタバタ。相手に馬体を合せに行くこともなく、併入した。






ブラックスピネル 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。相手はミッキーロケット(菊花賞)。格上相手に食い下がり、アタマ差遅れた。この馬なりに動けてはいるのだろうが、脚元はペタペタと着地し、力強さが不足している。

ブラックムーン 56.0 【B】

栗東CW3頭併せの外。馬場の外目を通って馬体を合せる前の2頭を直線2馬身差追走。押したが追いつけず、両馬に1馬身以上遅れた。タイムは出ているのだが、印象が良くない。

フルーキー 57.0 【B】

栗東CW3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通って、ラチ側を行く2頭と馬体を離して直線へ。内でじっと折り合い、最後はきれいに3頭が併入した。テンションを上げすぎない好内容だが、仕上がり具合は微妙。能力でどこまでやれるか。

マイネルアウラート 56.0 【C】

美浦W単走。馬場の真ん中を通って軽めの追い切り。頭は高く四肢の可動域は狭い。内容を考えればタイムは悪くないのだが、高評価できるポイントが皆無。






ミュゼエイリアン 56.0 【B+】

美浦坂路3頭併せの外。ラチ側で1馬身差追走し、軽く追って中の相手にクビ差遅れた。タイムも微妙。とはいえ、前膝をやわらかく使い、首の上下動にも活気がある。首から前膝、繋への連動もあり、動きそのものは良い。

ヤングマンパワー 57.0 【B-】

美浦坂路併せ。明らかにラチを頼った動きで、鞍上はラチのある右側から見せムチを振るうが改善されず。最後まで頭は右を向いたままだった。脚元の動きはある程度パワフルではあるのだが、全体の印象が良くない。

ロードクエスト 55.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中を通って馬体を合せる2頭を直線1馬身半差追走。鞍上は手綱を引っ張り気味で、ゴール地点でも1馬身程度遅れ。ゴール後に並ぶところまでやった。後脚の可動域がもの足りないが、馬自身に走る気はありそう。

参考ステップレースの結果

京王杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KeiseiHaiAutumnHandicapR.html

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SekiyaKinenR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

中京記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/07/CyukyoKinenR.html

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/NHKMileCupR.html

エプソムC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/EpsomCupR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

秋華賞の反省と全着順-2016年10月16日のレース

1着【B:3人気】7番 ヴィブロス 1:58.6
2着【B+:4人気】3番 パールコード 1:58.7
3着【B-:8人気】15番 カイザーバル 1:58.8
4着【B+:2人気】2番 ジュエラー 1:58.8
5着【B+:5人気】5番 レッドアヴァンセ 1:59.1
6着【B:10人気】9番 クロコスミア 1:59.2
7着【B+:9人気】4番 パーシーズベスト 1:59.2
8着【C:7人気】14番 ミエノサクシード 1:59.3
9着【B:6人気】8番 デンコウアンジュ 1:59.3
10着【A:1人気】10番 ビッシュ 1:59.4
11着【B:14人気】18番 キンショーユキヒメ 1:59.5
12着【A:15人気】12番 ウインファビラス 1:59.6
13着【B-:18人気】6番 ゲッカコウ 1:59.6
14着【B:12人気】11番 フロンテアクイーン 1:59.8
15着【B:13人気】16番 ダイワドレッサー 2:00.0
16着【B:11人気】1番 エンジェルフェイス 2:01.5
17着【A:17人気】17番 ネオヴェルザンディ 2:01.7
18着【B-:16人気】13番 ワンダーピルエット 2:01.9

A評価3頭、B+評価4頭。ただでさえインフレ評価の上に、1週前追いで高評価した馬も加わる。2週でどちらもB評価以下の馬は、18頭中5頭のみだったのだが、1週前B-、本追い切りBのヴィブロスが1着に来てしまった。2週連続A評価のビッシュは伸びず。輸送がこたえたのだろうか。原因はよくわからない。





パドック。カメラアングルが最悪。センターサークルの関係者が映り込み、馬がきちんと見える時間が少ない。最も良く見えたのはパールコードだった。気合い乗り良く、脚元はしっかり。トモにもボリューム感がある。ビッシュは少し入れ込み気味ではあるが、好気合いと取れる。期待していたネオヴェルザンディは踏み込みがやさしく、このメンバーではいまいち。勝ったヴィブロスは2人引きで頭が高く、良く見えなかった。穴人気していたミエノサクシードは飛節のクッションが効いておらず、歩様がいまいちと感じた。

レース。逃げたクロコスミアを巡る位置取り争い。ネオヴェルザンディが外から2番手へ。その内でウィンファビラスが3番手。先団の後ろにパールコード。ジュエラーは中団の内目。ビッシュは後方につけた。前半1000メートルは59.9。3コーナー手前あたりからビッシュが外を回して進出を開始するが、それほど伸びてこない。4コーナーを回って直線。クロコスミアが後続を引き離しにかかる。先行勢は一杯に。外からカイザーバルが迫る。さらに外からパールコード、内からジュエラー。最後に大外を回してヴィブロスが差し切った。





勝ち時計の1:58.6は、良くも悪くもない。昨年ミッキークイーンのマークした1:56.9は異常に速いが、このレースは前半1000メートルが57.4だった。今回は前半が遅く、本来は先行有利な流れ。クロコスミアは6着に粘ったが、同馬を含めて先行したのはすべて2桁人気であり、中団につけた能力上位馬に軍配が上がった。ビッシュは後ろから行ったとはいえ、不可解な敗戦。パールコードが直線で少し外へよれ、そのあおりを受けたヴィブロスが外へ逃げた際に、ビッシュの前をカットしたのは確かだが、前との距離は十分にあった。なお、ビッシュの上がり3Fは34.1と平凡だった。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/ShukaSho.html

府中牝馬ステークスの反省と全着順-2016年10月15日のレース

1着【B:3人気】13番 クイーンズリング 1:46.6
2着【B:2人気】1番 マジックタイム 1:46.8
3着【映像なし:1人気】6番 スマートレイアー 1:46.9
4着【B-:7人気】9番 アスカビレン 1:47.0
5着【B:5人気】10番 シュンドルボン 1:47.1
6着【B:6人気】5番 カフェブリリアント 1:47.1
7着【B-:8人気】2番 シングウィズジョイ 1:47.5
8着【映像なし:12人気】3番 リーサルウェポン 1:47.5
9着【B:11人気】11番 メイショウスザンナ 1:47.7
10着【A:4人気】12番 シャルール 1:47.8
11着【C:13人気】8番 カレンケカリーナ 1:47.8
12着【B:9人気】7番 ハピネスダンサー 1:48.0
13着【B:10人気】4番 メイショウマンボ 1:48.1

A評価1頭、B+評価なし。実績上位スマートレイアーの映像がなく、馬券選択に悩んだのだがA評価シャルールが謎の逃げを打ってさようなら。B→B→映像なしで決まった。クイーンズリングは実績のない左回。しかし、動きを見て走ると判断したとおり、きちんと直線伸びてくれた。というわけで馬券は外れたけれど、少しだけ喜びを得られたレースになった。





パドック。抜けて良く見える馬はいなかったが、スマートレイアーが集中して歩けていた。クイーンズリングは踏み込みがしっかりしており、左右のシンメトリーさを感じられる。A評価シャルールは少しちゃかついてはいたものの、問題なさそうではあった。2着に来たマジックタイムは舌を出しておりトモの雰囲気も目立たない。追い切り低評価だったアスカビレンは最後尾を歩く買いサインではあるものの、そこまで目立たず。シュンドルボンは+14キロ。太さは感じなかったが、動きの重さが気になった。期待していたメイショウマンボはパドックで見るとさすがに厳しいかなという感想。シングウィズジョイが集中力あり、穴として面白そうだった(レース前は、この馬が逃げると考えていた)。

レース。スタートはそろったが、メイショウスザンナが行き脚つかず。内からシングウィズジョイが前へ。ここまでは読みどおりだったのだが、2コーナーあたりでシャルールがハナへ行ってしまう。掛かっているようには見えなかったので作戦なのだろうか。後続を2馬身離して逃げていく。マジックタイムは3番手、クイーンズリングはその外、スマートレイアーは中団外目、シュンドルボンは後ろから2頭目の位置取り。前半1000メートルは1:00.6。直線。シャルールのリードは半馬身程度。ただ、並びかけてくるシングウィズジョイの手ごたえはそれほどない。坂で各馬追い出すと、内目からマジックタイム、真ん中でクイーンズリングが伸びてくる。シャルールは早々と失速。外からスマートレイアーも伸びたが、クイーンズリングが完全に抜け出し、1着でゴールした。





勝ち時計の1:46.6は、平均レベル。前半のラップは遅く、能力の高い先行馬が押し切った形だ。クイーンズリングの上がり3Fは33.5で2位タイ。トップは最後方から追い上げたシュンドルボンの33.3で、前目からこの脚を使われたら後続はとても追いつけない。シャルールは状態良さそうだったのだが、上がり3F35.1と失速。逃げたとはいえペースはスロー。能力の絶対値が足りないのかもしれない。クイーンズリングは強い勝ち方だった。左回りの方が合うはずなのだが、右回りでも実績はあり、次走も注目だ。シュンドルボンも次走面白そう。今回は仕上がり途上という印象だったが、最後方から追い上げ、きちんと掲示板を確保している。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/FuchuHimbaStakes.html

2016年10月15日

【1週前追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2016年10月23日京都芝3000馬齢

ウムブルフ 57.0 【B】

美浦W3頭併せの中。内はマウントロブソン。外は相手にならなかったので実質併せの外。直線から内と並んでアタマ差程度のリードを守り、ゴール後に追い出して長く馬体を合せてリードを保った。体は若干ゆるめ。

カフジプリンス 57.0 【B】

栗東CW併せの外。馬場の外目で並走して直線に入り、2馬身先着した。内容は極めて軽く、フォームを確かめる程度。鞍上は持ったままで合図もなし。この内容なので四肢の可動域や躍動感は全く感じられないのは仕方がない。D評価でもいいのだが、毛ヅヤの良さが目立ち、動きに安定感があり、馬体も丸みを帯びている。プラス評価はできないが「いい馬」さを感じさせてくれたのでBに。

サトノダイヤモンド 57.0 【A】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は半馬身差追走。軽い合図に反応すると、ぐいぐい伸びて相手を置き去りにした。役者が違う。





ディーマジェスティ 57.0 【B+】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中を通って中の馬を3馬身差追走。じっと我慢させて合図し、ゴール地点できっちりとらえ、その後抜け出した。体はすっきり見せており、すでに仕上がっているようだ。

プロディガルサン 57.0 【B-】

美浦W併せの内。ラチ側を深く入って直線は半馬身差追走。並んで折り合い、抜け出してクビ差先着した。ゴール前に鞍上が相手の方を見て、ゴール後は追う相手と並んで駆けた。四肢の可動域はまずまずあるものの、推進力が若干上に逃げる。相手のためにやったような内容もマイナス。

マウントロブソン 57.0 【B-】

美浦W3頭併せの内。中はヴンブルフ。外が相手にならなかったので実質併せの内。アタマ差程度追走して直線に入り、ある程度抑えた外に対して、直線に入ってからすぐに合図。鞍上が手を動かして追うも、脚色は変わらずアタマ差遅れ。ゴール後に相手がゆるめる手前でようやく前へ出られた。ただ、半腱半膜様筋の雰囲気は1週前としてはいい感じで、この一追いで変わりそう。本追い切りに注目。





ミッキーロケット 57.0 【B+】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右。終い少し甘くなったが、首を上下動させてリズムは良く、適度な荒々しさも感じられる。脚元の力強さも十分で、前脚の掻き込みを推進力アップに使えていることも好感。

レインボーライン 57.0 【C】

栗東坂路単走。前脚と後脚は同一ライン上にあるのだが、後脚の方が着地ポイントの幅が狭く、力強さを感じられない。頭は高く、首を左右に振るシーンも見られた。

参考ステップレースの結果

神戸新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KobeShimbunHaiR.html

セントライト記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/StLiteKinenR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

ダービー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/DerbyR.html

皐月賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/SatsukiShoR.html

注意: 本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

2016年10月14日

【枠順確定】秋華賞(GI)追い切り評価最終版-2016年10月16日京都芝2000馬齢

1枠1番 エンジェルフェイス 牝3 55.0 浜中俊【B】

栗東CW単走。ラチ側をゆったりと入って直線へ。馬なりの軽い内容だが、首の角度は良く、均等なリズムでスムースに駆けられた。推進力は若干上へ逃げる。【1週前追い評価:B-】

1枠2番 ジュエラー 牝3 55.0 Mデムーロ【B+】

栗東ポリトラック併せの内。6馬身ほど前でラチ側を行かせた馬を追いかけてカーブし、若干ショートカットして直線に入ってすぐに前へ出た。追う相手を全く視界に入れず、そのまま引き離して2馬身先着した。この馬はいつも最終追いがポリトラック。四肢の可動域は十分にあり、伸び脚は鋭い。【1週前追い評価:B】

2枠3番 パールコード 牝3 55.0 川田将雅【B+】

栗東芝単走。ラチ沿いをのんびりとカーブし、直線でも追われたのは最後だけ。マイナス要素の多い内容なのだが、合図の後の動きが極めて良い。四肢を大きく使って躍動感を感じさせる動き。首の角度は良く、前脚と後脚の連動するリズムが理想的だ。【1週前映像なし】

2枠4番 パーシーズベスト 牝3 55.0 Cルメール【B+】

栗東坂路併せ。馬の多い時間帯に相手ときっちり馬体を合わせ、最後抜け出して1馬身先着した。最後左に進路を取ったのは前の馬を避けるためなので問題ない。推進力は若干上に逃げるのだが、馬体のボリューム感は十分でしっかりと地面をつかめている。【1週前映像なし】

3枠5番 レッドアヴァンセ 牝3 55.0 武豊【B+】

栗東坂路併せ。きっちりと馬体を合せて折り合い、合図に素早く反応して加速すると、相手を置き去りにして2馬身先着した。頭は若干右を向いているが、適度な荒々しさも、馬体の丸みもある。この馬は坂路でいつも良く見せてくれる。レースに結びつくか。【1週前追い評価:B】

3枠6番 ゲッカコウ 牝3 55.0 和田竜二【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中をゆったりと。馬は走りたそうにしていたが、鞍上は手綱を引っ張り気味に抑えていた。外を菊花賞1週前のディーマジェスティが流していたためか、ゴール後に行きたがる素振りを見せていた。1週前にきっちりやったのでこれで十分かもしれないが。【1週前追い評価:B+】





4枠7番 ヴィブロス 牝3 55.0 福永祐一【B】

栗東坂路単走。前脚と後脚は同一ライン上にあり、脚元もかちっと動けている。最後脚色は鈍ったが、まずまずの動きは見せてくれた。【1週前追い評価:B-】

4枠8番 デンコウアンジュ 牝3 55.0 内田博幸【B】

栗東ポリトラック単走。四肢の可動域はいまいち。内容も軽い。とはいえ、首を小刻みに動かしながら集中して駆けられてはいる。1週前が良かったのでこれくらいで良いという判断だろうか。【1週前追い評価:B+】

5枠9番 クロコスミア 牝3 55.0 岩田康誠【B】

栗東坂路単走。着地ポイントがぶれるのだが、馬は元気良く駆けている印象。首もある程度使えており、リズムは良い。【1週前追い評価:B】

5枠10番 ビッシュ 牝3 55.0 戸崎圭太【A】

美浦W併せの内。カーブから意欲的に駆け、直線はクビ差追走。並んで折り合い、ハナ差先着した。ゴール後も集中して長く馬体を合せて駆けられている。最高の仕上がり。【1週前追い評価:A】

6枠11番 フロンテアクイーン 牝3 55.0 蛯名正義【B】

栗東CW3頭併せの中。ラチ側を深く入り、内外の2頭をアタマ差程度後ろに従えて直線へ。ステッキを入れて食らいつく内の相手を持ったまま完封し、半馬身先着した。四肢の可動域は及第点レベルで、この馬の動きとしてそれほどの強調材料はないのだが、早め先頭を意識した内容をきっちりとこなしたように感じられる。【1週前追い評価:B+】

6枠12番 ウインファビラス 牝3 55.0 松岡正海【A】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は前の両馬を1馬身半差追走。持ったままいい手ごたえで抜け出し、中に半馬身、外に1馬身先着した。ゴール後すぐにゆるめたが、気配は良く馬体も丸みがありながら締まってきた。後脚は一切流れず、しっかり前への推進力をもって駆けられている。【1週前追い評価:B】





7枠13番 ワンダーピルエット 牝3 55.0 小牧太【B-】

栗東坂路単走。頭は高く、脚元の動きはスロー。まっすぐに駆けられており、脚元は一切流れないのだが、力強さに欠ける。【1週前映像なし】

7枠14番 ミエノサクシード 牝3 55.0 川島信二【C】

栗東CW単走。ラチ側をトボトボとした脚取りで回ってきて直線へ。頭は低いのだが首が曲がっており、気配が感じられない。【1週前映像なし】

7枠15番 カイザーバル 牝3 55.0 四位洋文【B-】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。馬なりに伸びたが四肢の可動域は及第点レベル。肩の動きが硬く、前脚が出てこない。体も丸みなさそう。【1週前追い評価:B+】

8枠16番 ダイワドレッサー 牝3 55.0 川須栄彦【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を深く入って直線は半馬身差追走。きっちり折り合いクビ差遅れもゴール後前へ出るところまでやった。1週前が良かったのでこれで十分そう。【1週前追い評価:A】

8枠17番 ネオヴェルザンディ 牝3 55.0 松山弘平【A】

美浦坂路併せ。しっかりとした脚元で相手と並走。まっすぐに伸び、ハナ差先着した。ペースは均等で、前脚と後脚が同一ライン上にある優れた動き。能力が足りるかどうかはよくわからないが、動きだけを見れば十分に勝負になりそう。【1週前映像なし】

8枠18番 キンショーユキヒメ 牝3 55.0 松若風馬【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。首を曲げるなど走る気のなさそうな素振りを見せていたが、鞍上がステッキを抜くと反応し、まっすぐに走れた。頭は高く、脚さばきも軽すぎるのだが、ボリューム感のある好馬体。芦毛なのでわかりにくいが毛ヅヤも良さそう。【1週前映像なし】


1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/ShukaSho1W.html

参考ステップレースの結果

ローズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/RoseStakesR.html

紫苑S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/ShionStakesR.html

オークス
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/OaksR.html

桜花賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/OkaShoR.html

【枠順確定】府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価最終版-2016年10月15日東京芝1800別定

1枠1番 マジックタイム 牝5 54.0 Cルメール【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線は1馬身差追走。軽く仕掛けてゴール地点でクビ差遅れ。その後並ぶところまでやった。後脚の力強さにもの足りなさは残るが、動きに活気はある。

2枠2番 シングウィズジョイ 牝4 54.0 田辺裕信【B-】

栗東坂路単走。動きが悪いわけではないのだが、四肢の着地リズムがずれている。ペタペタと地面をつかみ、まじめに走っていないような印象も受ける。

3枠3番 リーサルウェポン 牝5 54.0 内田博幸【-】

映像なし





4枠4番 メイショウマンボ 牝6 55.0 武幸四郎【B】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。首を左右に振るなど気の悪さを見せたが、後半はスムースに延びた。四肢の可動域は狭いが、通ったコースを考えてもタイムは優秀。体もすかっと見せており、状態は良いのかもしれない。

4枠5番 カフェブリリアント 牝6 54.0 福永祐一【B】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中外目を通って直線は外を半馬身追走、内に半馬身先行。少し掛かったシーンが見られたものの、ゴール地点できっちり外にハナ差先着した。気性面で少し気がかりなシーンが散見されたものの、四肢の可動域は十分あり、動きそのものは悪くない。

5枠6番 スマートレイアー 牝6 55.0 武豊【-】

映像なし

5枠7番 ハピネスダンサー 牝5 54.0 石橋脩【B】

栗東坂路単走。頭は高いが脚元はしっかり。前脚の動きが良く、前膝をやわらかく使って回転させ、ピッチ走法でまっすぐに駆けられている。

6枠8番 カレンケカリーナ 牝6 54.0 大野拓弥【C】

栗東坂路単走。脚元の動きはスローで、前脚の動きがぎこちない。四肢の可動域は狭く、頭の位置もぶれる。

6枠9番 アスカビレン 牝4 54.0 松田大作【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向より右で、右側へ少しずつ流れる。前膝をやわらかく使い、前脚での掻き込みは良い。一方、後脚の力強さには欠ける。





7枠10番 シュンドルボン 牝5 54.0 吉田豊【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線は1馬身差追走。終い鋭く抜け出しクビ差先着した。後脚の可動域は及第点レベルだが、前脚を伸びやかに使えており、前の筋肉のやわらかさを感じられる。

7枠11番 メイショウスザンナ 牝7 54.0 蛯名正義【B】

栗東坂路単走。頭は高いが首はいちおう使えている。四肢を地面に上から叩きつけるようなフォームだが、その割に力強さはなく、このフォームの宿命として推進力が上に逃げる。首を振ったり左右に舌を出すシーンも見られた。ただ、前脚と後脚は同一ライン上で、フォームは乱れない。体幹はしっかりしている。

8枠12番 シャルール 牝4 54.0 横山典弘【A】

栗東坂路単走。最初から最後まで、フォームが全く崩れない。前脚と後脚は同一ライン上にあり、ペースも均等。首を上下動させてリズムを刻み、それと連動してやわらかい前膝から繋でしっかり地面をつかめている。

8枠13番 クイーンズリング 牝4 54.0 Mデムーロ【B】

栗東坂路単走。キャンターに毛の生えた程度の軽い内容。評価はDにしてもいいのだが、動きが面白い。右前肢を方向指示に使い、左前肢と左後肢だけで前への推進力を生むような動きをする。直線右手前になると考えれば、この馬は最も負担のかかる左前肢を軸にしやすいはずで、本質的に左回りが合いそうだ。というわけでB評価しておく。


参考ステップレースの結果

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SekiyaKinenR.html

ヴィクトリアマイル
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/VictoriaMileR.html

福島牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/FukushimaHimbaStakesR.html

京王杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KeiseiHaiAutumnHandicapR.html

クイーンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/QueenStakesR.html

マーメイドS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/MermaidStakesR.html

2016年10月12日

【水曜追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2016年10月16日京都芝2000馬齢

ウインファビラス 55.0 【A】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は前の両馬を1馬身半差追走。持ったままいい手ごたえで抜け出し、中に半馬身、外に1馬身先着した。ゴール後すぐにゆるめたが、気配は良く馬体も丸みがありながら締まってきた。後脚は一切流れず、しっかり前への推進力をもって駆けられている。【1週前追い評価:B】

ゲッカコウ 55.0 【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中をゆったりと。馬は走りたそうにしていたが、鞍上は手綱を引っ張り気味に抑えていた。外を菊花賞1週前のディーマジェスティが流していたためか、ゴール後に行きたがる素振りを見せていた。1週前にきっちりやったのでこれで十分かもしれないが。【1週前追い評価:B+】

ジュエラー 55.0 【B+】

栗東ポリトラック併せの内。6馬身ほど前でラチ側を行かせた馬を追いかけてカーブし、若干ショートカットして直線に入ってすぐに前へ出た。追う相手を全く視界に入れず、そのまま引き離して2馬身先着した。この馬はいつも最終追いがポリトラック。四肢の可動域は十分にあり、伸び脚は鋭い。【1週前追い評価:B】






ダイワドレッサー 55.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を深く入って直線は半馬身差追走。きっちり折り合いクビ差遅れもゴール後前へ出るところまでやった。1週前が良かったのでこれで十分そう。【1週前追い評価:A】

ネオヴェルザンディ 55.0 【A】

美浦坂路併せ。しっかりとした脚元で相手と並走。まっすぐに伸び、ハナ差先着した。ペースは均等で、前脚と後脚が同一ライン上にある優れた動き。能力が足りるかどうかはよくわからないが、動きだけを見れば十分に勝負になりそう。抽選に通ってほしい。【1週前映像なし】

ビッシュ 55.0 【A】

美浦W併せの内。カーブから意欲的に駆け、直線はクビ差追走。並んで折り合い、ハナ差先着した。ゴール後も集中して長く馬体を合せて駆けられている。最高の仕上がり。【1週前追い評価:A】






フロムマイハート 55.0 【C-】

栗東坂路単走。脚の動きがスロー。前脚はペタペタと着地し、後脚の力強さもない。馬体も薄く非力に映る。【1週前映像なし】


参考ステップレースの結果

ローズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/RoseStakesR.html

紫苑S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/ShionStakesR.html

オークス
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/OaksR.html

桜花賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/OkaShoR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【水曜追い】府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価-2016年10月15日東京芝1800別定

カフェブリリアント 54.0 【B】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中外目を通って直線は外を半馬身追走、内に半馬身先行。少し掛かったシーンが見られたものの、ゴール地点できっちり外にハナ差先着した。気性面で少し気がかりなシーンが散見されたものの、四肢の可動域は十分あり、動きそのものは悪くない。

シャルール 54.0 【A】

栗東坂路単走。最初から最後まで、フォームが全く崩れない。前脚と後脚は同一ライン上にあり、ペースも均等。首を上下動させてリズムを刻み、それと連動してやわらかい前膝から繋でしっかり地面をつかめている。

シュンドルボン 54.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線は1馬身差追走。終い鋭く抜け出しクビ差先着した。後脚の可動域は及第点レベルだが、前脚を伸びやかに使えており、前の筋肉のやわらかさを感じられる。






シングウィズジョイ 54.0 【B-】

栗東坂路単走。動きが悪いわけではないのだが、四肢の着地リズムがずれている。ペタペタと地面をつかみ、まじめに走っていないような印象も受ける。

ハピネスダンサー 54.0 【B】

栗東坂路単走。頭は高いが脚元はしっかり。前脚の動きが良く、前膝をやわらかく使って回転させ、ピッチ走法でまっすぐに駆けられている。

マジックタイム 54.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線は1馬身差追走。軽く仕掛けてゴール地点でクビ差遅れ。その後並ぶところまでやった。後脚の力強さにもの足りなさは残るが、動きに活気はある。






メイショウスザンナ 54.0 【B】

栗東坂路単走。頭は高いが首はいちおう使えている。四肢を地面に上から叩きつけるようなフォームだが、その割に力強さはなく、このフォームの宿命として推進力が上に逃げる。首を振ったり左右に舌を出すシーンも見られた。ただ、前脚と後脚は同一ライン上で、フォームは乱れない。体幹はしっかりしている。

メイショウマンボ 55.0 【B】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。首を左右に振るなど気の悪さを見せたが、後半はスムースに延びた。四肢の可動域は狭いが、通ったコースを考えてもタイムは優秀。体もすかっと見せており、状態は良いのかもしれない。


参考ステップレースの結果

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SekiyaKinenR.html

ヴィクトリアマイル
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/VictoriaMileR.html

福島牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/FukushimaHimbaStakesR.html

京王杯AH
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/KeiseiHaiAutumnHandicapR.html

クイーンS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/QueenStakesR.html

マーメイドS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/MermaidStakesR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

京都大賞典の反省と全着順-2016年10月10日のレース

1着【B:1人気】1番 キタサンブラック 2:25.5
2着【B+:6人気】3番 アドマイヤデウス 2:25.5
3着【B-:2人気】10番 ラブリーデイ 2:25.6
4着【A:3人気】8番 サウンズオブアース 2:25.7
5着【C:7人気】9番 ヒットザターゲット 2:25.9
6着【B-:10人気】7番 アクションスター 2:25.9
7着【B:5人気】4番 ラストインパクト 2:26.1
8着【B:4人気】6番 ヤマカツライデン 2:26.3
9着【C:9人気】2番 ファタモルガーナ 2:26.3
10着【B-:8人気】5番 タマモベストプレイ 2:26.9

A評価1頭、B+評価1頭。A評価サウンズオブアースが4着に沈んだ。いまの高速京都馬場では苦しい位置取り。馬柱を見てキタサンブラックとの比較からも買える馬なのだが、残念ながら4着までだった。





パドック。キタサンブラックはトモが盛り上がっておらず、まだゆるい。ただ、しっかりと動けてはおり、能力でどこまで来られるかという印象だった。最も良く見えたのはラストインパクト。外をしっかりとした踏み込みで、力強く周回できていた。次点はラブリーデイ。ぐっと気合いを見せて動きがパワフルだ。ある程度人気した上がり馬ヤマカツライデンはうるさい。サウンズオブアースは尾を振っているのが気になったものの、それほど問題はない。妙に良いのがアクションスター。体幹がしっかりしており、半腱半膜様筋が盛り上がっている。仕上がり良さそうに見えた。

レース。ハナを主張する馬はおらず、ゆったりとヤマカツライデンが先手を奪う。キタサンブラックは2番手。馬群は固まり、2馬身後方にアクションスター。さらに離れてファタモルガーナという展開。1~2コーナーでキタサンブラックはヤマカツライデンの直後で最内を回らず、内に1頭分空けたコースを通った。前半1000メートルは1:02.0。向こう正面で馬群は一団に。3コーナーを過ぎたあたりから急速にペースが上がる。「淀の坂はゆったり下る」のが良いとされていたのは昔の話になってしまった。3コーナー手前でサウンズオブアースはまだ後ろから2頭目。前はキタサンブラックが並びかけ、外からラストインパクトがかぶせに行く。直線。キタサンブラックが抜け出す。ラストインパクトは食い下がったがここまで。ラブリーデイも早めにとらえに行ったが伸びない。内からアドマイヤデウスが差してくる。サウンズオブアースはタマモベストプレイを弾き飛ばして外から差してきたのだが、届かなかった。





勝ち時計の2:25.5は、長距離なのでなんとも言えないが、強調できるタイムではない。ただ、このレースは3コーナーまでゆったりと流れ、最後の600メートルが11.1-11.1-11.5という高速ラップ。前年のラブリーデイも似たようなラップで勝っており、最後に長くいい脚を使うことが求められた。この流れを直線早め先頭から逃げ切ったわけで、キタサンブラックの能力は相当に高いのだろう。アドマイヤデウスは追い切りも良かったが、内から抜けた岩田騎手の好騎乗。直線の走りを見ていると、ラブリーデイの駆け方が最もバランスが取れていた。天皇賞で逆転があるなら、そのラブリーデイと、位置取りが後ろすぎたサウンズオブアースだろうか。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/KyotoDaishoten.html

毎日王冠の反省と全着順-2016年10月9日のレース

1着【B-:1人気】10番 ルージュバック 1:46.6
2着【B-:3人気】7番 アンビシャス 1:46.6
3着【B-:11人気】1番 ヒストリカル 1:47.1
4着【C:12人気】4番 ロンギングダンサー 1:47.3
5着【A:2人気】2番 ステファノス 1:47.4
6着【A:4人気】5番 ディサイファ 1:47.5
7着【B:6人気】11番 ウインフルブルーム 1:47.6
8着【B+:5人気】9番 ロゴタイプ 1:47.6
9着【B:10人気】8番 ダノンシャーク 1:47.6
10着【B+:9人気】3番 クラレント 1:47.8
11着【B:7人気】6番 マイネルミラノ 1:47.9
12着【B+:8人気】12番 ロサギガンティア 1:47.9

A評価2頭、B+評価2頭。しかし1~3着にはB-評価が並び、4着もC評価ロンギングダンサー。ルージュバックとアンビシャスは能力が違うのだろう。どうしようもない結果になった。





パドック。最も良く見えたのはディサイファだった。踏み込みが力強く、活気のある動き。高評価組では、ステファノスが少しもっさりした動きだったがそれほど問題なし。ロゴタイプは頭を低く保って雰囲気良し。ロサギガンティアは毛ヅヤ良いのだが小さく見えた。小さく見えるのは感覚的な問題で、今回は生で見ていないので確かなことは言えないのだが、このクラスの馬と並ぶと少し落ちるのかもしれない。穴で面白そうだったのはダノンシャーク。気合い乗り十分だった。アンビシャスは好調時に尾をだらりと垂らし、股間に巻き込むようになるのだが、今回は巻き込んではいなかった。きれいに垂れていて集中力は感じさせてくれた。

レース。ディサイファがポンと前へ出たが、予定どおりマイネルミラノが交わして逃げを打つ。ウインフルブルームが2番手へ。外からロゴタイプも前へ出て、ディサイファはその隣に控えた。ステファノスはその後ろ。ロサギガンティアは掛かっている。アンビシャスは前後にスペースのあるいい位置につけ、ルージュバックは馬群の最後方。1頭遅れてヒストリカルという展開。前半1000メートルは1:00.3。マイネルミラノが2馬身差をつけて直線へ。外から伸びたルージュバックとアンビシャスが叩き合い、後続に3馬身差をつけた。内に閉じ込められていたステファノスは、何とかスペースを見つけて最後に伸びたが5着まで。





勝ち時計の1:46.6は、稍重馬場を考えてもそこまで強調できるものではない。先行勢総崩れの差し決着で、ルージュバックの上がり3Fは33.4。アンビシャスとヒストリカルが33.6で、その次がロンギングダンサーの34.3。この馬も後ろから行っている。これら4頭が上位を占めた。離した1,2着馬の能力は高そうだが、3,4着を見ると展開利もあったのかもしれない。ステファノスの上がり3Fは34.6。最後の伸びを見ると、閉じ込められていなければ3着はあったかもしれない。このレースが能力の決着なのか、それとも展開の決着なのかはよくわからないのだが、仮に展開利が大きかったとすれば、ステファノスの次走は楽しみになってくる。川田騎手は、内に閉じ込められてしまったが、ロスなくスペースに入れ、最後は脚を伸ばした。馬場が均等な状態であれば、芝コースは内の方が有利。今回は運が味方しなかっただけと考えて、これからもインから進めるレースをしてほしい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/MainichiOkan.html

サウジアラビアロイヤルカップの反省と全着順-2016年10月8日のレース

1着【B:3人気】6番 ブレスジャーニー 1:34.5
2着【B:2人気】7番 ダンビュライト 1:34.7
3着【A:1人気】3番 クライムメジャー 1:35.2
4着【B:6人気】4番 ウィンドライジズ 1:35.2
5着【C:5人気】2番 バリンジャー 1:35.3
6着【B+:8人気】8番 セイウングロリアス 1:35.5
7着【A:4人気】1番 ロジムーン 1:36.0
8着【映像なし:7人気】5番 サクセスムーン 1:36.6
9着【B+:9人気】9番 シャイニードライヴ 1:37.3

A評価2頭、B+評価1頭。A評価のクライムメジャーが3着に来たが、高評価2頭は沈んだ。とはいえ、ブレスジャーニーは勝負根性と活気をコメントでフォローできていて、馬券もここから買っていたのでまずまずの結果になった。





パドック。Twitterで挙げた4頭のうち3頭が1~3着。ロジムーンは良かったのだが、レースではパフォーマンスを発揮できなかった。後述する。

レース。シャイニードライブがポンと出たが、内からサクセスムーンがハナへ。クライムメジャーはすぐに控えて3番手につけた。ロジムーンはその後ろ。見るようにしてダンビュライトという展開。ブレスジャーニーは離れた後ろから3番手。前半1000メートルは1:00.1。3~4コーナーにかけて展開は動く。前を行くサクセスムーンにシャイニードライブとクライムメジャーが並びかけ、外からウィンドライジズがかぶせに行く。ロジムーンは並んだ4頭を壁に折り合って直線へ。外からダンビュライトとブレスジャーニーが伸びてくる。ロジムーンも進出。しかしここでダンビュライトが内側に斜行。ウインドライジズもロジムーン側を閉め、戸崎騎手が立ち上がる不利。以降戸崎騎手は追わず、ロジムーンのレースはここで終わった。最後は外から内へ切れ込みながらダンビュライトとの追い比べを制したブレスジャーニーが1馬身差でゴールを駆け抜けた。





勝ち時計の1:34.5は、稍重馬場を考えれば優秀。勝ったブレスジャーニーはさすがの勝負根性を見せ、ダンビュライトは馬場も味方したのかもしれないが、強さを見せた。ただ、この馬は斜行で平地調教注意が通達された。これは制裁ではなく、今後気をつけてね、というだけの内容らしいのだが、新馬戦ではラチを頼ることもなく馬場の真ん中を突き抜けたイメージがあったため、少し心配だ。ロジムーンは追い切りでコメントした通り、順調に行けば今後成長すると考えている。今回のレースが精神的なダメージにならなければいいのだが。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/SaudiArabiaRoyalCup.html

【追い切り短評】東京記念(SII)―2016年10月12日大井ダ2400

1枠1番 ドレミファドン 増田充(川崎)

【映像なし】

2枠2番 ミッキーヘネシー 畑中信(金沢)

【映像なし】

3枠3番 ケイアイレオーネ 的場文(大井)

【B】小林単走。まっすぐに走れているが推進力は上に逃げる。首を左に曲げて苦しそうにするシーンも見られた。ただ、馬体はボリューム感がありパワフル。






4枠4番 チャンピオンゴッド 真島大(大井)

【B】牧場の坂路で併せ。相手はユーロビート。四肢の可動域はいまいちだが、前膝をやわらかく使って安定したリズムで駆けられている。馬体もまとまっている。

5枠5番 ストゥディウム 石崎駿(船橋)

【映像なし】

6枠6番 ユーロビート 吉原寛(金沢)

【C】牧場の坂路で併せ。相手はチャンピオンゴッド。ステッキを何度入れても脚色は変わらず、引き離された。






7枠7番 ランブリングマン 本橋孝(船橋)

【C】大井単走。タイムはそこそこ出ているが頭が高く動きはバタバタ。いまいちな内容。

7枠8番 ミスアバンセ 石崎隆(船橋)

【映像なし】

8枠9番 スコペルタ 繁田健(浦和)

【映像なし】

8枠10番 ヴァーゲンザイル 秋元耕(浦和)

【映像なし】

2016年10月8日

【枠順確定】京都大賞典(GII)追い切り評価最終版-2016年10月10日京都芝2400別定

1枠1番 キタサンブラック 牡4 58.0 武豊【B】

栗東CW併せの外。ラチ側をゆったりと深く入って直線は2馬身差追走。首の可動域は狭いが、持ち前の馬格を生かした走りできれいに折り合い、併入。その後すぐにゆるめ、相手に前へ出られた。目標は先なのでこの程度の仕上げなのだろう。能力はある程度出せそう。

2枠2番 ファタモルガーナ セ8 56.0 浜中俊【C】

栗東坂路単走。前半、後脚が流れていたのだが、途中で強めの合図を送ると動きは変わり、後脚もしっかりと使えるようになった。とはいえ、推進力は上に逃げており、脚元の動きはスロー。タイムも平凡。

3枠3番 アドマイヤデウス 牡5 56.0 岩田康誠【B+】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。フォームが一定で、すべての完歩で同じ動きをできている。四肢の可動域は十分にあり、首の角度も良い。推進力も前を向いている。動きが少しもっさりしているのでAはつけないが、状態は良さそう。



4枠4番 ラストインパクト 牡6 56.0 川田将雅【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って直線を向いたときに、相手はすでに3馬身程度後方に居たため実質単走かなと見ていたら、直線はじっと相手を待つ。相手が伸びて並んできたところでほんのわずかな手先の動きで合図し、同じ脚色で伸びて併入した。折り合いはついており、リラックスして動けているのは確かだが、相手のためにやったような内容。

5枠5番 タマモベストプレイ 牡6 56.0 藤岡康太【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向に対してまっすぐで、前脚と後脚は同一ライン上。首の角度も良い。とはいえ、前脚はペタペタと着地する印象で、飛節のクッションもいまいち。バランス良く動けてはいるが。

6枠6番 ヤマカツライデン 牡4 56.0 池添謙一【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。四肢の可動域は及第点レベルで動きはスローなのだが、体を大きく使っているように見えるストライド走法。着地の際にガクンとするクセが見られる完歩が何度かあるのだが、全体としてみると動きは悪くない。馬体にもボリューム感はある。



7枠7番 アクションスター 牡6 56.0 北村友一【B-】

栗東坂路併せ。体は進行方向より右。首から上も相手の居ない右側を向き、少し流れながら走ったので実質単走。全体のタイムはそこそこまとめたが、首でなく顎を使ってリズムを取っており、頭は高く脚元の安定性もいまいち。

7枠8番 サウンズオブアース 牡5 56.0 Mデムーロ【A】

栗東CW併せの内。相手ははるか前でとぼとぼ走っており、単なる目標。実質単走と考えてよい。馬場の外目をある程度深く入って直線へ。5~6馬身前の目標を視界に、軽く仕掛けると馬なりに加速し、1馬身先着した。伸び脚は鋭く、ゴール後も脚が光る。

8枠9番 ヒットザターゲット 牡8 56.0 小牧太【C】

栗東坂路単走。いつものことだが後脚が大きく外を回るため、平泳ぎをしているよう。首の発汗も多い。後半は苦しそうな素振りを見せ、そこで軽くムチを見せながら肩へのステッキを入れると、より苦しそうになった。

8枠10番 ラブリーデイ 牡6 58.0 Cルメール【B-】

栗東CW併せの内。ラチ側を行く相手を目標に、馬場の外目をある程度深く入りながらショートカットして直線は半馬身差追走。鞍上はそれなりに手を動かしているのだが、かなり手を動かした相手に食らいつかず、最後は相手の脚色が勝り、半馬身遅れた。本調子にない。


参考ステップレースの結果

宝塚記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/TakarazukaKinenR.html

天皇賞・春
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/TennoShoSR.html

オールカマー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/AllComersR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

2016年10月7日

【1週前追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2016年10月16日京都芝2000馬齢

ヴィブロス 55.0 【B-】

栗東坂路併せ。坂に入ってすぐに追い始め、均等なペースで駆けられているが、相手に全く追いつけず。ずぶずぶと1馬身半遅れた。フォームの安定性はある。

ウインファビラス 55.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通ってラチ側を行く2頭を追いかけ、直線は1馬身差追走。直線ステッキを入れて追い、ゴール地点では外に1馬身、中に2馬身遅れも、ゴール後にとらえた。馬体に少し余裕はあるようだが、1週前追いとしては良い内容。

エンジェルフェイス 55.0 【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って並走して直線へ。前膝を高く上げる走法で食い下がるが、半馬身遅れた。荒々しくはあるのだが、走りのバランスが整っていない印象。(グリーンチャンネルのみ)

カイザーバル 55.0 【B+】

栗東坂路単走。体が少し右に傾いている点だけが気になるが、その他はすべて良い。前脚と後脚が同一ライン上で動き、まっすぐにリラックスして駆けられている。(グリーンチャンネルのみ)






クロコスミア 55.0 【B】

栗東坂路併せ。鞍上は追わず、フォームを確かめて調整するような内容。前脚と後脚は同一ライン上にあり、リラックスして動けている。体は薄く非力に映るが、脚元はしっかりしている。

ゲッカコウ 55.0 【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中を通ってスムースな伸びを見せた。体幹が整ってきているようで、馬体のぶれが少ない。脚元の回転力はいまいちだが、ストライド走法できれいに駆けられている。

ジュエラー 55.0 【B】

栗東坂路併せ。坂に入ってすぐ気合いをつけると右へよれたが、そこから自ら左に動き、相手に馬体を合せに行く。体は進行方向より右で、荒々しいフォームでずぶずぶ伸び、4分の3馬身先着した。勝負根性は見られたが、フォームがバタバタした印象。

ダイワドレッサー 55.0 【A】

美浦W3頭併せの外。ラチ側を深く入り、ショートカットした2頭を直線すぐにとらえる。中の馬を競り落とし、ぐんと加速すると内の馬も抜き去ってそこで手綱をゆるめた。ゴール地点では楽に1馬身先着。トモは少しゆるいが、四肢の可動域は広く弾むような手ごたえ。ラスト1Fのタイムは出ていないがゆるめているので問題ない。好内容。






デンコウアンジュ 55.0 【B+】

栗東CW併せの外。ラチ側を深く入って直線は2馬身差追走。そこからいい手ごたえで並びかけ、ふわっと前に出ると力強い脚元でぐいぐい伸びた。最後は引き離して3馬身程度ちぎったか。好内容。(グリーンチャンネルのみ)

ビッシュ 55.0 【A】

美浦W併せの外。馬場の外目を通って直線は半馬身差追走。じっと折り合ってクビ差遅れ、ゴール後にきっちり並んだ。体は仕上がっているようで、筋肉が盛り上がっている。首の角度は良く、上下動から全身を連動さえられている。

フロンテアクイーン 55.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。すっと前へ出たがそこでがまんし、鞍上の軽い合図で最後は馬なりに加速。4分の3馬身先着した。四肢を伸びやかに使えている。

レッドアヴァンセ 55.0 【B】

栗東坂路併せ。この馬の坂路はいつも良く見せてくれる。前脚と後脚が同一ライン上にあり、まっすぐに坂を駆け上がってきた。今回は舌を出していたのが気がかりだが、1週前らしくリラックスして動けている。最後は抜けて1馬身先着した。(グリーンチャンネルのみ)

参考ステップレースの結果

ローズS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/RoseStakesR.html

紫苑S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/ShionStakesR.html

オークス
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/OaksR.html

桜花賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/04/OkaShoR.html

注意: 本記事は、1週前追い切り評価です。本追い切りの評価は、レース週の金曜夕方までに更新しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【早版】京都大賞典(GII)追い切り評価-2016年10月10日京都芝2400別定

アクションスター 56.0 【B-】

栗東坂路併せ。体は進行方向より右。首から上も相手の居ない右側を向き、少し流れながら走ったので実質単走。全体のタイムはそこそこまとめたが、首でなく顎を使ってリズムを取っており、頭は高く脚元の安定性もいまいち。

アドマイヤデウス 56.0 【B+】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。フォームが一定で、すべての完歩で同じ動きをできている。四肢の可動域は十分にあり、首の角度も良い。推進力も前を向いている。動きが少しもっさりしているのでAはつけないが、状態は良さそう。

キタサンブラック 58.0 【B】

栗東CW併せの外。ラチ側をゆったりと深く入って直線は2馬身差追走。首の可動域は狭いが、持ち前の馬格を生かした走りできれいに折り合い、併入。その後すぐにゆるめ、相手に前へ出られた。目標は先なのでこの程度の仕上げなのだろう。能力はある程度出せそう。

サウンズオブアース 56.0 【A】

栗東CW併せの内。相手ははるか前でとぼとぼ走っており、単なる目標。実質単走と考えてよい。馬場の外目をある程度深く入って直線へ。5~6馬身前の目標を視界に、軽く仕掛けると馬なりに加速し、1馬身先着した。伸び脚は鋭く、ゴール後も脚が光る。



タマモベストプレイ 56.0 【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向に対してまっすぐで、前脚と後脚は同一ライン上。首の角度も良い。とはいえ、前脚はペタペタと着地する印象で、飛節のクッションもいまいち。バランス良く動けてはいるが。

ヒットザターゲット 56.0 【C】

栗東坂路単走。いつものことだが後脚が大きく外を回るため、平泳ぎをしているよう。首の発汗も多い。後半は苦しそうな素振りを見せ、そこで軽くムチを見せながら肩へのステッキを入れると、より苦しそうになった。

ファタモルガーナ 56.0 【C】

栗東坂路単走。前半、後脚が流れていたのだが、途中で強めの合図を送ると動きは変わり、後脚もしっかりと使えるようになった。とはいえ、推進力は上に逃げており、脚元の動きはスロー。タイムも平凡。

ヤマカツライデン 56.0 【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。四肢の可動域は及第点レベルで動きはスローなのだが、体を大きく使っているように見えるストライド走法。着地の際にガクンとするクセが見られる完歩が何度かあるのだが、全体としてみると動きは悪くない。馬体にもボリューム感はある。



ラストインパクト 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通って直線を向いたときに、相手はすでに3馬身程度後方に居たため実質単走かなと見ていたら、直線はじっと相手を待つ。相手が伸びて並んできたところでほんのわずかな手先の動きで合図し、同じ脚色で伸びて併入した。折り合いはついており、リラックスして動けているのは確かだが、相手のためにやったような内容。

ラブリーデイ 58.0 【B-】

栗東CW併せの内。ラチ側を行く相手を目標に、馬場の外目をある程度深く入りながらショートカットして直線は半馬身差追走。鞍上はそれなりに手を動かしているのだが、かなり手を動かした相手に食らいつかず、最後は相手の脚色が勝り、半馬身遅れた。本調子にない。


参考ステップレースの結果

宝塚記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/TakarazukaKinenR.html

天皇賞・春
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/05/TennoShoSR.html

オールカマー
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/AllComersR.html

札幌記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SapporoKinenR.html

注意: 本記事は、速報版です。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/

【枠順確定】毎日王冠(GII)追い切り評価最終版-2016年10月9日東京芝1800別定

1枠1番 ヒストリカル 牡7 56.0 横山典弘【B-】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干左。首も左に出ている。ピッチ走法でちょこまかと駆けたが、最後は抜かれてクビ差遅れ。後脚が外を回るためパワフルさにも欠ける。

2枠2番 ステファノス 牡5 56.0 川田将雅【A】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目を通って直線は1馬身差追走。すっと並んで折り合い、鞍上はほぼ持ったまま抜け出して半馬身先着した。前脚と後脚が流れるように連動できている。毛ヅヤも良好。少し太いかもしれないが、馬体の張りの良さととらえたい。

3枠3番 クラレント 牡7 56.0 小牧太【B+】

栗東坂路単走。首を上手に使って動きはかちっとまっすぐ。最後少し左右にぶれそうになったが、それはおそらく前を行く馬を気にしたためで、それほど気にしなくてよさそうだ。気配は良い。



4枠4番 ロンギングダンサー 牡7 56.0 吉田豊【C】

美浦ポリトラック併せの内。四肢の可動域はいまいちで、股間の発汗量も多い。内容は軽く、外からあおられて併入した。

5枠5番 ディサイファ 牡7 57.0 武豊【A】

美浦坂路単走。カーブから意欲的に駆け、坂に入ってからすぐに追い出し。極めてリズム良く、しっかりとしたバランスの良い脚元で坂を駆け上がってきた。

5枠6番 マイネルミラノ 牡6 56.0 丹内祐次【B】

美浦W単走。ラチ側を深く入って直線へ。手前の替え方はスムースで、スピード感のある動き。しっかり地面をつかめていない印象を受けるが、四肢の可動域はそれなりにあり、やわらかく動けてはいる。

6枠7番 アンビシャス 牡4 57.0 Cルメール【B-】

栗東坂路併せ。右前肢と左前肢の着地ポイントは近いのだが、後脚はいつもほど流れず、ある程度パワフルに動けている。前半は迫力満点。しかし後半動きがスローになり、明らかに脚色が鈍った。最後は併入もハナ差以上遅れている。

6枠8番 ダノンシャーク 牡8 57.0 柴田善臣【B】

栗東坂路併せ。首をダイナミックに上下動させ、勢いよく交わして2馬身先着した。きれいな動きではないのだが、活気は十分。脚元の回転力も豊富。抜け出してから前脚の掻き込みがゆるんだことだけが気がかり。



7枠9番 ロゴタイプ 牡6 58.0 田辺裕信【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を楽にカーブし、直線で本格的に追い出し。軽く合図を送ると鋭く反応し、きれいな首の角度で鋭く伸びた。四肢の可動域は十分。体は少々ゆるめだが、ゴール後も迫力のある伸びやかな動きを見せてくれた。

7枠10番 ルージュバック 牝4 54.0 戸崎圭太【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、ほぼ前を行かせた馬にカーブで並びかけ、直線はクビ差追走。軽く合図して折り合い、クビ差先着した。前脚の着地の力強さがなく、ポンポンと地面を叩くよう。首に発汗も見られる。タイムは出ているが、全盛期の追い切りとは比べものにならない。

8枠11番 ウインフルブルーム 牡5 56.0 柴田大知【B】

栗東坂路単走。鞍上はそれほど促しておらずタイムも出ていない。四肢の可動域は狭い。ただ、脚元はやわらかで、シンメトリーにリズム良く動けている。さすがに内容が軽すぎて高い評価はしづらいが、状態の良さは伝わってくる。

8枠12番 ロサギガンティア 牡5 57.0 北村宏司【B+】

美浦W併せの内。馬場の外目を深く入り、目の前を行かせた馬の後ろできっちり折り合って直線は1馬身差追走。鞍上は手綱を引っ張り気味ながら、直線もある程度がまんでき、併入した。ゴール後も長く馬体を合せて走れている。繋はきれいに返っており、動きは良い。


参考ステップレースの結果

宝塚記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/TakarazukaKinenR.html

エプソムC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/EpsomCupR.html

安田記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/06/YasudaKinenR.html

新潟記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/09/NiigataKinenR.html

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/08/SekiyaKinenR.html