スポンサーリンク

ab

2017年10月20日

【枠順確定】菊花賞(GI)追い切り評価最終版-2017年10月22日京都芝3000馬齢

1枠1番 ブレスジャーニー 牡3 57.0 柴田善【B】

栗東CW併せの外。ラチ側を深く入って直線は1馬身半差追走。ゴール前追ってアタマ差先着した。相手に並ぶと嫌がる素振りを見せてスピードが落ちる不思議な内容だが、最後は鞍上が手を動かすときちんと反応した。【1週前追い評価:B-】

1枠2番 ウインガナドル 牡3 57.0 津村【B+】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線へ。脚元の回転力に優れ、長くいい脚を使った。首も上手に使えており、活気ある内容。ただ、かなり発汗が目立つのは気がかり。A評価には足りない。【1週前映像なし】

2枠3番 スティッフェリオ 牡3 57.0 松若【B】

栗東坂路併せ。相手はダンビュライト。後脚は着地後外を回るが、リズムは良く、前膝から繋にかけてのやわらかさは十分。首も上手に使えている。半馬身先着した。【1週前映像なし】

【枠順確定】富士ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年10月21日東京芝1600別定

1枠1番 サトノアレス 牡3 54.0 大野【B-】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通り、直線は中を1馬身、外を1馬身半差追走。ゴール地点では中に1馬身遅れたが、ゴール後並ぶところまでやった。外は馬なりのソウルスターリングなので仕方ないのかもしれないが、頭は高く四肢の可動域もいまいち。

2枠2番 レッドアンシェル 牡3 54.0 福永【C】

栗東坂路併せ。1馬身先着したが、脚元はバタバタ。後脚をまっすぐに蹴り出せないため、推進力がきれいに前を向かない。

2枠3番 ブラックムーン 牡5 56.0 戸崎圭【C】

栗東CW3頭併せの外。馬場の真ん中外目を通り、並走して直線へ。左右から強い尻ステッキを入れたが反応は鈍く、2馬身遅れた。全体のタイムはまとめているが、評価は下げたい。

2017年10月18日

【水曜追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2017年10月22日京都芝3000馬齢

アダムバローズ 57.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。並んで折り合い、抜け出すと1馬身先着した。ゴール手前でゆるめ、きちんと仕上がった印象。タイムも良い。ただ、直線で手前を替えなかったことは割引。【1週前映像なし】

アドマイヤウイナー 57.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の内目から真ん中に持ち出して直線へ。タイムはかなり良いが通ったコースを考えると少し落として考えてもよさそう。トモの厚みがもの足りない。四肢の可動域も及第点レベル。【1週前映像なし】

アルアイン 57.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。促しながら半馬身先着した。反応の良さは感じられず、キレもないが、動きそのものは力強い。【1週前追い評価:B】

【水曜追い】富士ステークス(GIII)追い切り評価-2017年10月21日東京芝1600別定

イスラボニータ 58.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は並ぶ2頭を1馬身差追走。軽く促しながら駆けたが、中に突き放され2馬身遅れた。印象は良くないが、タイムもまずまず出ており四肢の可動域も広い。

エアスピネル 57.0 【B+】

栗東坂路単走。前半はゆったり入り、中盤から追い出し。最後までしっかりと駆けられた。反応の良さはすばらしく、活気十分。前膝は好調時に比べると少し硬いが、体幹はしっかりしておりしっかりと地面をつかめている。

ガリバルディ 56.0 【B】

栗東芝単走。可もなく不可もない内容で、追われて気分良さそうに駆けられている。

秋華賞の反省と全着順-2017年10月15日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
114ディアドラ牝3552:00.2B+3
27リスグラシュー牝3552:00.4A4
34モズカッチャン牝3552:00.4C5
42ラビットラン牝3552:00.9A6
58カワキタエンカ牝3552:00.9B+8
63ブラックオニキス牝3552:01.4B15
71アエロリット牝3552:01.4B-1
811ミリッサ牝3552:01.6B7
917ポールヴァンドル牝3552:01.8B+11
1013リカビトス牝3552:01.9B9
1115ヴゼットジョリー牝3552:02.1B+18
125ブラックスビーチ牝3552:02.4B+14
1316ファンディーナ牝3552:02.5A2
1412レーヌミノル牝3552:02.8B10
159ハローユニコーン牝3552:02.8B-16
166メイショウオワラ牝3552:02.9B12
1710タガノヴェローナ牝3552:03.5B-17
1818カリビアンゴールド牝3552:03.6B-13


総評
A評価3頭、B+評価4頭。1週前追いでは、B+評価ポールヴァンドルをA評価、モズカッカンをB+評価していた。2週連続Aはファンディーナだったが、結果は13着。A評価リスグラシューが2着に入り、B+→Aで決まったものの、3着が2週連続C評価のモズカッチャンという申し訳ない結果になってしまった。

アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスの反省と全着順-2017年10月14日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111クロコスミア牝4541:48.1B5
21ヴィブロス牝4561:48.1A1
37アドマイヤリード牝4561:48.3A2
44クイーンズリング牝5561:48.4D3
55トーセンビクトリー牝5541:48.4B-7
69キンショーユキヒメ牝4541:48.6-9
72ハッピーユニバンス牝5541:48.6-13
83デンコウアンジュ牝4541:48.6B8
96ゲッカコウ牝4541:48.7B12
1012ワンブレスアウェイ牝4541:48.7B4
1113アスカビレン牝5541:48.7B+10
1210クインズミラーグロ牝5541:48.8B6
138ロッカフラベイビー牝5541:48.9D14
1414バンゴール牝5541:49.5B11


総評
A評価2頭、B+評価1頭。A評価の両馬は馬券圏内に入ったのだが1,2番人気であり、参考になったかどうかはよくわからない。B+評価アスカビレンは沈んでしまった。

2017年10月15日

【1週前追い】菊花賞(GI)追い切り評価-2017年10月22日京都芝3000馬齢

アルアイン 57.0 【B】

栗東CW併せの内。相手はサトノクロニクル。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。追って並んだが、そこから差し返されアタマ差遅れた。前脚の動きに迫力は感じられる。

キセキ 57.0 【B-】

栗東CW単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。首はある程度使えているものの頭は高く、推進力も上に逃げる。1週前なので体をほぐす程度の内容。

サトノアーサー 57.0 【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線は2馬身差追走。軽く仕掛けて促しながら並ぶ間もなく交わし、1馬身先着した。四肢の可動域は十分で、頭を低く保ちながら伸びた。

2017年10月13日

【枠順確定】秋華賞(GI)追い切り評価最終版-2017年10月15日京都芝2000馬齢

1枠1番 アエロリット 牝3 55.0 横山 典弘【B-】

美浦坂路単走。カーブで馬場に脚を取られる完歩は見られたが、坂に入ればまっすぐに駆けられた。ただ、頭の高い走りで首は使えていてやわらかさは感じられるものの、脚元の力強さがもの足りない。【1週前追い評価:B】

1枠2番 ラビットラン 牝3 55.0 和田 竜二【A】

栗東坂路単走。後繋のやわらかさが目立ち、前膝から繋にかけてもやわらかい弾力性のある脚元。推進力は上に逃げるのだが、それを度外視してもいいほどの弾力で、まっすぐに坂を駆け上がってきた。【1週前追い評価:B+】

2枠3番 ブラックオニキス 牝3 55.0 大野 拓弥【B】

美浦W単走。馬場の真ん中内目から真ん中に持ち出して直線へ。軽い内容だが軽快なリズムで駆けられている。1週前良かったので、これで十分か。【1週前追い評価:B+】

【枠順確定】アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年10月14日東京芝1800別定

1枠1番 ヴィブロス 牝4 56.0 C.ルメール【A】

栗東坂路単走。最初から最後まで、リズムが全く変わらない。素軽い脚元で、極めて安定した走りをできている。

2枠2番 ハッピーユニバンス 牝5 54.0 津村 明秀【-】

映像なし

3枠3番 デンコウアンジュ 牝4 54.0 蛯名 正義【B】

栗東坂路単走。馬の多い時間帯にラチ側を進んだが、前に馬が居たため馬場の真ん中に持ち出してフィニッシュ。頭は高く、四肢の可動域は及第点レベルに及ばないが、リラックスした動きをできている。

2017年10月12日

【水曜追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2017年10月15日京都芝2000馬齢

アエロリット 55.0 【B-】

美浦坂路単走。カーブで馬場に脚を取られる完歩は見られたが、坂に入ればまっすぐに駆けられた。ただ、頭の高い走りで首は使えていてやわらかさは感じられるものの、脚元の力強さがもの足りない。【1週前追い評価:B】

ヴゼットジョリー 55.0 【B+】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。ゆったりと大きなフォームでリラックスした動き。タイムも良い。タイムほどの鋭さは感じられないのだが、毛ヅヤは良く体もすかっと仕上がっている。走りのリズムも良い。【1週前映像なし】

カリビアンゴールド 55.0 【B-】

美浦坂路単走。モヤで見づらい。脚元の力強さはそれほどなく、後脚をきれいに蹴り出せていない印象。前後のバランスは悪くないのだが。【1週前追い評価:B-】

【水曜追い】アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)追い切り評価-2017年10月14日東京芝1800別定

アスカビレン 54.0 【B+】

栗東坂路単走。顔はほんの少し右を向いているが体はまっすぐ。頭の高い走りながら首である程度リズムは刻めており、脚元の力強さもある。毛ヅヤも良い。

アドマイヤリード 56.0 【A】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた馬の後ろで中盤まで折り合い、すっとラチ側へ持ち出して差しきった。映像は途中で切れたが1馬身以上は先着していそう。タイムは良く、脚元もかっちりと地面を蹴れている。

ヴィブロス 56.0 【A】

栗東坂路単走。最初から最後まで、リズムが全く変わらない。素軽い脚元で、極めて安定した走りをできている。

2017年10月11日

京都大賞典の反省と全着順-2017年10月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
14スマートレイアー牝7542:23.0B4
28トーセンバジル牡5562:23.1A6
33シュヴァルグラン牡5572:23.1B1
45ミッキーロケット牡4572:23.3B+3
514レコンダイト牡7562:23.4B+14
610ラストインパクト牡7562:23.5-10
76ヒットザターゲット牡9562:23.6B-11
812カレンミロティックせん9562:23.6C9
915マキシマムドパリ牝5542:23.9C7
107フェイムゲームせん7572:23.9B-5
111プロレタリアト牝6542:24.2-13
129アクションスター牡7562:24.3C15
132サウンズオブアース牡6562:24.6B2
1411バロンドゥフォールせん7562:24.7B12
1513ハッピーモーメント牡7562:24.9B8


総評
A評価1頭、B+評価2頭。人気薄を含め、すべてが掲示板に載ったので個人的にはうれしい結果だったものの、馬券圏内に来たのはB→A→Bの順番だった。

毎日王冠の反省と全着順-2017年10月8日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18リアルスティール牡5571:45.6B-3
212サトノアラジン牡6581:45.6B+5
37グレーターロンドン牡5561:45.8B4
43ダイワキャグニー牡3541:45.8B7
59ヤングマンパワー牡5561:45.9B-8
62マカヒキ牡4571:45.9B2
710ワンアンドオンリー牡6571:46.0B+10
81ソウルスターリング牝3531:46.1B1
95ヒストリカル牡8561:46.1B-11
1011ウインブライト牡3551:46.2B+9
114アストラエンブレム牡4561:46.5B6
126マッチレスヒーロー牡6561:47.7C12


総評
A評価なし、B+評価3頭。有力どころは仕上がり途上という印象だった。高評価の中ではサトノアラジンだけが2着に来たのだが、リアルスティールはB-評価。この馬は1週前に猛時計を出してしまい、本追い切りはセーブしたと一部に報じられていたのだが、パドックでもそこまで良く見えなかった。

サウジアラビアロイヤルカップの反省と全着順-2017年10月7日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12ダノンプレミアム牡2551:33.0B2
216ステルヴィオ牡2551:33.3B-1
313カーボナード牡2551:33.5B6
414テンクウ牡2551:33.5-3
53シュバルツボンバー牡2551:33.6B5
66ダブルシャープ牡2551:33.6-4
79コスモインザハート牡2551:33.6B-9
818ルッジェーロ牡2551:33.8B7
915ソイルトゥザソウル牡2551:33.9B-12
104ボウルズ牝2541:33.9C11
111エングローサー牡2551:34.1B13
1211マイネルサイルーン牡2551:34.2B+16
1310バイオレントブロー牡2551:34.8B-14
1412メイショウドウドウ牡2551:34.9B-15
155ハクサンフエロ牡2551:35.0C10
168メルムサール牡2551:35.0A17
1717スワーヴエドワード牡2551:35.4A8
187スターリバー牝2541:37.1B-18


総評
A評価2頭、B+評価1頭。合計3頭のプラス評価した馬たちはすべて下から数えた方が早い着順で、悲惨な結果になってしまった。

2017年10月8日

【1週前追い】秋華賞(GI)追い切り評価-2017年10月15日京都芝2000馬齢

アエロリット 55.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通って直線は1馬身半差追走。ほぼ馬なりできっちり併入した。相手の鞍上が振り返ったタイミングからゆったり差を詰められており、狙いどおりの内容だろう。気がかりなのは舌を出していることだけ。

カリビアンゴールド 55.0 【B-】

美浦坂路併せ。アタマ差先着した。後脚はしっかり前へ蹴れているのだが、前脚の動きがクッション性に欠ける。

サロニカ 55.0 【B】

栗東CW3頭併せの中。外はラビットラン。馬場の外側を深く入り、外と並んで内の相手を直線1馬身差追走。内外が並び、自身がクビ差遅れている状態から、狭いところをきっちり抜け出し、外と併入した。精神的に負荷のかかる内容だがそれをこなしたことは評価できる。

2017年10月7日

【枠順確定】京都大賞典(GII)追い切り評価最終版-2017年10月9日京都芝2400別定

1枠1番 プロレタリアト 牝6 54.0 杉原【-】

映像なし

2枠2番 サウンズオブアース 牡6 56.0 横山典【B】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目を通り、はるか前でラチ側を行く相手を追いかけ、間隔を取って直線は3馬身差追走。すっと並んで前へ出たが、そのままの差をキープして半馬身先着した。体は少し太いか。

2枠3番 シュヴァルグラン 牡5 57.0 Mデムーロ【B】

栗東坂路併せ。相手と間隔を開けているので実質単走。後脚が外を回ることは割引だが前膝はやわらかく、力強さもある。安定したリズムで駆けて半馬身先着した。

2017年10月6日

【追い切り短評】マイルCS南部杯(JpnI)―2017年10月9日盛岡ダ1600

ウインフルブルーム

【B】栗東坂路単走。後脚がほんの少し外を回るが体は進行方向を向いており脚元も力強い。ただ、動きのキレはそれほどなく、脚元はスロー。

【枠順確定】毎日王冠(GII)追い切り評価最終版-2017年10月8日東京芝1800別定

1枠1番 ソウルスターリング 牝3 53.0 ルメール【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通って直線は1馬身差追走。ゴール地点では半馬身遅れもその後並ぶところまでやった。折り合いはついており、頭を低く保ちながら折り合いもついて駆けられている。トモに適度な丸みがあり、飛節から繋にかけての動きがやわらかだ。

2枠2番 マカヒキ 牡4 57.0 内田博【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を馬なりに。見た目以上にタイムは出ている。ただ、四肢の可動域は及第点レベルで、余裕をかなり持たせた仕上げだろう。この状態でどこまでやれるか。

3枠3番 ダイワキャグニー 牡3 54.0 北村宏【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を伸びやかに駆けてきた。手前を決めてからの伸びは良く、四肢の可動域は十分で回転力もある。

【枠順確定】サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)追い切り評価最終版-2017年10月7日東京芝1600馬齢

1枠1番 エングローサー 牡2 55.0 三浦【B】

栗東坂路単走。左手前で走っているときは左前肢が体の中心寄りに着地するため全体のバランスがずれていたが、最後の数完歩は右手前で左右のバランスの取れた伸びやかな走り方になった。直線右手前になる左回りコースは合うはず。

1枠2番 ダノンプレミアム 牡2 55.0 川田【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、ほぼ目の前を行かせた馬を直線1馬身半差追走。軽く促したが一杯まで追わず、余力を残しながら好タイムを記録。アタマ差先着した。毛ヅヤも良い。

2枠3番 シュバルツボンバー 牡2 55.0 福永【B】

栗東CW3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、並ぶ2頭を直線1馬身差追走。楽な手ごたえで抜け出したが思ったほど伸びず、最後にステッキを入れたが伸びた外の馬に並ばれた。馬格のある馬で見栄えはする。推進力は若干上に逃げる。

【水・木曜追い】京都大賞典(GII)追い切り評価-2017年10月9日京都芝2400別定

アクションスター 56.0 【C】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干右で、首ではなく顎を使ってリズムを取る。追っても全く反応せずずるずる3馬身以上遅れた。

カレンミロティック 56.0 【C】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干左。前脚の着地ポイントが少し外寄りで、相手が馬体を合わせて来たときにラチ側に逃げたことは割引。そのまま伸びず4分の3馬身遅れた。

サウンズオブアース 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中外目を通り、はるか前でラチ側を行く相手を追いかけ、間隔を取って直線は3馬身差追走。すっと並んで前へ出たが、そのままの差をキープして半馬身先着した。体は少し太いか。

2017年10月5日

【水曜追い】毎日王冠(GII)追い切り評価-2017年10月8日東京芝1800別定

アストラエンブレム 56.0 【B】

美浦W3頭併せの中。内の馬はずっと遅れたままで実質2頭併せ。舌を出したまま走る外の相手と並走して直線に入り、じっと折り合いそのまま併入した。動きの見えにくい角度だが、まずまず動けてはいそう。後脚の蹴りは安定している。

ウインブライト 55.0 【B+】

美浦W併せの内。直線ですっと抜け出し1馬身半先着。四肢の可動域は十分にあり、やわらかに動けている。体は少し太く見えるが背中は安定している。

グレーターロンドン 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は半馬身差追走。軽く促して併入した。前脚の動きに硬さはあるが、まずまず安定して動けている。

【水曜追い】サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)追い切り評価-2017年10月7日東京芝1600馬齢

エングローサー 55.0 【B】

栗東坂路単走。左手前で走っているときは左前肢が体の中心寄りに着地するため全体のバランスがずれていたが、最後の数完歩は右手前で左右のバランスの取れた伸びやかな走り方になった。直線右手前になる左回りコースは合うはず。

カーボナード 55.0 【B】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、内と並走、外を2馬身差追走して直線へ。ゴール前で抜け出し内外に半馬身先着した。リズムは良く、勝負根性もありそう。

コスモインザハート 55.0 【B-】

栗東坂路併せ。追って1馬身先着した。前脚のバタバタ感はあるものの、ある程度力強くは駆けられている。、

2017年10月4日

スプリンターズステークスの反省と全着順-2017年10月1日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18レッドファルクス牡6571:07.6A1
22レッツゴードンキ牝5551:07.6B+5
36ワンスインナムーン牝4551:07.7A7
41スノードラゴン牡9571:07.7B16
512ブリザードせん6571:07.8B12
610ビッグアーサー牡6571:07.8C8
79メラグラーナ牝5551:07.9B2
816ダンスディレクター牡7571:07.9B+9
94フィドゥーシア牝5551:07.9B13
1015シュウジ牡4571:08.0B14
113セイウンコウセイ牡4571:08.1B3
1213ファインニードル牡4571:08.3B6
135ラインミーティア牡7571:08.3B10
1411モンドキャンノ牡3551:08.3B11
157ダイアナヘイロー牝4551:08.3B+4
1614ネロ牡6571:08.3A15


総評
A評価3頭、B+評価3頭。1週前A評価組は本追い切りでもA評価。B+3頭のうちレッドファルクスは本追い切りでA評価に。ラインミーティアとモンドキャンノがB評価になったが高評価したことは確かで、実質8頭を高評価したことになる。結果はA評価が1,3着。2着はB+評価で、人気薄A評価のワンスインナムーンが3着に来たのでまずまず参考になったのではないだろうか。

シリウスステークスの反省と全着順-2017年9月30日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
14メイショウスミトモ牡6552:03.9B-11
25ドラゴンバローズ牡5542:03.9B-5
313ピオネロ牡6562:04.0B3
415トップディーヴォ牡5562:04.3B-7
510スリータイタンせん8542:04.4B-10
67タムロミラクル牡5562:04.6C13
76マスクゾロ牡657.52:04.7A1
812ミツバ牡557.52:04.7B2
911マインシャッツ牡4552:04.7B-6
101ブライトアイディア牡7542:04.9B+9
113モルトベーネ牡557.52:05.1B4
128キクノソル牡7542:05.2-15
1314タガノゴールド牡6542:05.4C8
149トラキチシャチョウ牡6552:05.9-12
152メイショウイチオシ牡6532:06.0B-16
1616タイニーダンサー牝4532:06.7-14


総評
A評価1頭、B+評価1頭。しかしどちらも掲示板にすら載らず、マイナス評価が多かったとはいえ掲示板にマイナス評価の並ぶ悲惨な結果になってしまった。

2017年10月3日

【追い切り短評】レディスプレリュード(JpnII)―2017年10月5日大井ダ1800外

1枠1番 サルサディオーネ 岩田康(JRA)

【B+】栗東坂路単走。ラチ側をまっすぐに。体幹はしっかりしている。脚元の動きは前走時よりスローだが内容は軽めで問題なさそう。力は出せそうな仕上がり。

2017年10月2日

【追い切り短評】東京盃(JpnII)―2017年10月4日大井ダ1200外

1枠1番 ランドマーキュリー 本橋孝(船橋)

【B-】船橋単走。ゆったりとやわらかに動けているが、体はゆるめで脚元も非力さを感じる。

2017年9月29日

【枠順確定】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価最終版-2017年10月1日中山芝1200定量

1枠1番 スノードラゴン 牡9 57.0 大野【B】

美浦坂路単走。力強さには欠けるが、弾力性のある脚元で気分良さそうに駆けられている。体幹も安定し、動きはスムース。【1週前追い評価:B】

1枠2番 レッツゴードンキ 牝5 55.0 岩田【B+】

栗東坂路単走。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さを見せ、終いはしっかり。頭の位置が一切ぶれず、集中して駆けられている。ゆったり入った前半を度外視し、最後の動きだけで高評価したい。【1週前映像なし】

2枠3番 セイウンコウセイ 牡4 57.0 幸【B】

美浦W単走。タイムは良い。ただ、通ったコースは馬場の真ん中外目。手前を替えるのに手間取ったことは割引だが、かちっとした動きをできており、カーブから意欲的に最後までしっかり駆けられた。【1週前追い評価:B】

【枠順確定】シリウスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月30日阪神ダ2000ハンデ

1枠1番 ブライトアイディア 牡7 54.0 鮫島良【B+】

栗東坂路併せ。相手と3頭分以上の間隔を開けていたため、実質単走。パワフルな脚元で終い伸び、3馬身以上先着した。

1枠2番 メイショウイチオシ 牡6 53.0 秋山【B-】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが体の外側にあるため走りに美しさがなく見栄えしないのだが、ステッキを入れた後に少しピリッとしたことだけは評価したい。

2枠3番 モルトベーネ 牡5 57.5 Mデムーロ【B】

栗東坂路単走。毛ヅヤの良さは目立つ。中盤に少し促し始めるとまともに動き出し、後脚でパワフルに蹴れるようになった。動きの安定感はいまいちだが、適度な活気と見たい。

2017年9月27日

【水曜追い】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価-2017年10月1日中山芝1200定量

キングハート 57.0 【B+】

美浦W併せの外。カーブから意欲的な内容で、馬場の真ん中外目を通り直線はクビ差先行。一旦相手を待ってから追い出すとグイグイ伸びて3馬身以上先着した。【1週前映像なし】

シュウジ 57.0 【B】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた馬の後ろにつけ、植え込み側に持ち出すと、力強く伸びたて並び、そこで折り合ってアタマ差遅れ。タイムは出ており問題ないだろう。折り合えたことを評価できる。【1週前追い評価:B】

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。力強さには欠けるが、弾力性のある脚元で気分良さそうに駆けられている。体幹も安定し、動きはスムース。【1週前追い評価:B】

【水曜追い】シリウスステークス(GIII)追い切り評価-2017年9月30日阪神ダ2000ハンデ

スリータイタン 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。相手と馬体を合わせたのだが、相手に寄られて植え込み側に流れるなど、勝負根性はいまいち。ステッキを入れたが反応はそれほどでもなく、ハナ差遅れた。

タガノゴールド 54.0 【C】

栗東坂路単走。タイムは最悪。馬なりのリラックスした内容なのであればそれでもいいのだが、鞍上は若干促している。

タムロミラクル 56.0 【C】

栗東坂路単走。顔が右を向き、体も進行方向より若干右。右前肢が着地後内向し、バタバタした印象。活気はあるのだがこれでは。

産経賞オールカマーの反省と全着順-2017年9月24日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16ルージュバック牝5552:13.8B5
28ステファノス牡6562:13.9B1
39タンタアレグリア牡5572:13.9B-3
410マイネルミラノ牡7562:14.0B10
53ショウナンバッハ牡6562:14.0-13
67ディサイファ牡8562:14.1-14
72アルバート牡6572:14.3A4
812デニムアンドルビー牝7542:14.3B-8
914モンドインテロ牡5562:14.6B2
104ブラックバゴ牡5562:14.8B+7
111パリカラノテガミ牡6562:14.9C15
1216ツクバアズマオー牡6562:14.9B9
1315カフジプリンス牡4562:15.1B+6
1411マイネルサージュ牡5562:15.3-12
155グランアルマダ牡5562:15.6-11
1617トルークマクト牡7562:16.3C17
1713マイネルディーン牡8562:16.4-16


総評
A評価1頭、B+評価2頭。ハイレベルなレースで実績のある3頭(B→B→B-)で決まった。

神戸新聞杯の反省と全着順-2017年9月24日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18レイデオロ牡3562:24.6A1
25キセキ牡3562:24.9B2
32サトノアーサー牡3562:25.1B+3
43ダンビュライト牡3562:25.2B+4
514アドマイヤウイナー牡3562:25.3B8
64ベストアプローチ牡3562:25.4B5
79マイスタイル牡3562:25.4B7
81メイショウテンシャ牡3562:25.8-13
911カデナ牡3562:25.9B6
106アダムバローズ牡3562:26.4B9
1112エテレインミノル牡3562:26.7B-12
1210ホウオウドリーム牡3562:26.9C10
137タガノシャルドネ牡3562:27.0B11
1413タガノヤグラ牡3562:27.2B14


総評
A評価1頭、B+評価2頭。すべてが掲示板に載ったのでまずまずのように見えるのだが高評価した馬は1,3,4番人気。人気どおりの決着なので参考になったとしても自慢にはならない結果であった。

2017年9月24日

【1週前追い】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価-2017年10月1日中山芝1200定量

シュウジ 57.0 【B】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた馬の後ろにつけ、大きく植え込み側に持ち出すと、力強い脚元で伸び、2馬身以上先着した。折り合いを欠いており、想定した内容ではないだろうが動きは良くマイナス評価はできない。

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。前半は頭の位置がぶれ、そのぶれ幅と同位置に前脚が着地するため脚元もぶれていたが、中盤からしっかり。首をきれいに上下に使い、まっすぐに走りきった。リラックスしたいい動きをできている。

セイウンコウセイ 57.0 【B】

美浦W単走。関係ない2頭が併せ馬をやっていたため、ラチ一杯を深く入って3頭併せで直線1馬身差追走するような位置取りに。直線でそれらを一瞬で交わすと突き抜け、ゴール後も尻ステッキを入れて十分に負荷をかけた。ゴール前あたりから四肢の可動域が少し狭くなったが、1週前としては十分な内容。

2017年9月22日

【枠順確定】産経賞オールカマー(GII)追い切り評価最終版-2017年9月24日中山芝2200別定

1枠1番 パリカラノテガミ 牡6 56.0 田中勝【C】

美浦W単走。鞍上は激しく手を動かして追ったが、その割に動きはついてきていない。四肢の可動域は及第点レベルで、発汗が目立つ。舌も出している。

1枠2番 アルバート 牡6 57.0 石橋脩【A】

美浦W単走。前脚の回転力がすばらしい。ある程度発汗は目立つものの、ここまで動ければ文句なしのA評価。

2枠3番 ショウナンバッハ 牡6 56.0 柴田善【-】

映像なし

【枠順確定】神戸新聞杯(GII)追い切り評価最終版-2017年9月24日阪神芝2400馬齢

1枠1番 メイショウテンシャ 牡3 56.0 藤岡佑【-】

映像なし

2枠2番 サトノアーサー 牡3 56.0 川田【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線2馬身差追走。持ったまま余裕で3馬身以上先着した。伸びは良く、頭を低く保って最後まで集中できた。毛ヅヤも良い。

3枠3番 ダンビュライト 牡3 56.0 武豊【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干右。前半から飛ばし、相手を全く気にせず伸びて終い若干キレがなくなったが鞍上が適切に促してしっかりと走りきった。

2017年9月20日

【水曜追い】神戸新聞杯(GII)追い切り評価-2017年9月24日阪神芝2400馬齢

ベストアプローチ 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目をショートカットし、ラチ一杯を進んだ相手と並走して直線へ。じっと折り合い、軽く仕掛けて突き放し、2馬身以上先着した。追ったのは最後だけで、それまではかなり軽い内容。動きは少し硬かった。とはいえ終いの脚は目立ち、動きもやわらかになったため評価は据え置く。体もすかっと見せている。

【水曜追い】産経賞オールカマー(GII)追い切り評価-2017年9月24日中山芝2200別定

カフジプリンス 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。ゆったりと楽に駆けながらまずまずの時計。動きにぶれはなく、前脚と後脚は同一ライン上。頭は少し高いかもしれないが首は使えており、相手を全く気にせず駆けてアタマ差先着した。

朝日杯セントライト記念の反省と全着順-2017年9月18日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
15ミッキースワロー牡3562:12.7B2
27アルアイン牡3562:13.0A1
32サトノクロニクル牡3562:13.2B-3
415スティッフェリオ牡3562:13.3B6
59プラチナヴォイス牡3562:13.5B-8
610サンデームーティエ牡3562:13.7B7
76サーレンブラント牡3562:13.7B5
814クレッシェンドラヴ牡3562:13.7-10
94クリンチャー牡3562:13.8B+4
1013ストロングレヴィル牡3562:13.9B13
111サンシロウ牡3562:14.0C9
1212ローリングタワー牡3562:14.4B-12
1311インペリアルフィズ牡3562:14.4B-11
148ブラックギムレット牡3562:15.1C15
153ブラックロード牡3562:15.4-14


総評
A評価1頭、B+評価1頭。結果はミッキースワローが凄まじい末脚を繰り出し、B→A→B-の順。堅い決着になった。パドックで最も良く見えたのはスティッフェリオだったが、同馬は4着だった。

関西テレビ放送賞ローズステークスの反省と全着順-2017年9月17日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
114ラビットラン牝3541:45.5B8
216カワキタエンカ牝3541:45.7B-6
36リスグラシュー牝3541:45.8B3
45ミリッサ牝3541:45.8B5
511メイショウオワラ牝3541:45.9-12
617ファンディーナ牝3541:46.2B+1
72モズカッチャン牝3541:46.2A2
812ブライトムーン牝3541:46.2-17
910レーヌミノル牝3541:46.3A4
104ミスパンテール牝3541:46.3B13
113サトノアリシア牝3541:46.3-15
121クイーンマンボ牝3541:46.4B-7
137メイズオブオナー牝3541:46.4-11
1415カラクレナイ牝3541:46.5B9
159アロンザモナ牝3541:47.0B-18
168ブラックスビーチ牝3541:47.0B+10
1713ハローユニコーン牝3541:48.0B-14
1818ヤマカツグレース牝3541:48.6-16


総評
A評価2頭、B+評価2頭。しかしパドックで良く見える馬が多い中、ファンディーナはかなり入れ込んでおり、モズカッチャンもどうも気に入らない。レーヌミノルは距離が微妙。難しいメンバー構成になり、結果はB→B-→Bで決まってしまった。

2017年9月16日

【枠順確定】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価最終版-2017年9月18日中山芝2200馬齢

1枠1番 サンシロウ 牡3 56.0 柴田善【C】

美浦W単走。四肢の可動域は及第点レベルにあるが迫力不足。ゴール後軽めの尻ステッキを入れたがそれほど伸びなかった。

2枠2番 サトノクロニクル 牡3 56.0 Mデムーロ【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通って直線1馬身差追走し、相手が何度も振り返って待ってくれたものの持ったまま1馬身遅れた。ゴール後も追わず、差を広げられた。タイムはそこそこ出ているが印象は良くない。

2枠3番 ブラックロード 牡3 56.0 御神本【-】

映像なし

2017年9月15日

【早版】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価-2017年9月18日中山芝2200馬齢

アルアイン 56.0 【A】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、大きく前を行かせた馬を直線1馬身差追走。前脚をやわらかに使う走り方はそのままに、一夏超えてパワーもついてきた印象で、すっと抜け出し1馬身先着した。

インペリアルフィズ 56.0 【B-】

美浦坂路単走。馬場の内目から坂に入ったことを考えれば、タイムは平凡。脚元のバタバタしており、首を使えていない。

クリンチャー 56.0 【B+】

栗東CW単走。前脚を高く上げて叩きつけるようなフォーム。首も使えているため、背中の安定性に劣るように見えてしまうが気にしなくてよさそう。馬場の外目を通り、全体のタイムをまとめた。体は少しゆるめだが、最後に尻ステッキも入れており、これで絞れてきそう。

【枠順確定】関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年9月17日阪神芝1800馬齢

1枠1番 クイーンマンボ 牝3 54.0 ルメール【B-】

栗東坂路併せ。クビ差先着したが、動きはそれほど目立たない。左右の前肢の着地タイミングが近く、キレない印象。

1枠2番 モズカッチャン 牝3 54.0 Mデムーロ【A】

栗東坂路単走。軸がしっかりしている。自分のリズムで首をしっかり使って駆けられており、集中力も高い。

2枠3番 サトノアリシア 牝3 54.0 北村友【-】

映像なし

2017年9月14日

【水曜追い】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価-2017年9月18日中山芝2200馬齢

インペリアルフィズ 56.0 【B-】

美浦坂路単走。馬場の内目から坂に入ったことを考えれば、タイムは平凡。脚元のバタバタしており、首を使えていない。

【水曜追い】関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)追い切り評価-2017年9月17日阪神芝1800馬齢

アドマイヤミヤビ 54.0 【A】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。鞍上は仕掛けず手綱を短く持ったまま、クビ差先着した。タイムも良く、馬は走る気十分なのでA評価せざるをえないのだが、内容の割にタイムが出すぎているような気もする。

アロンザモナ 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。後半はましになったが、後脚が大きく外を回って着地する。チップは高く舞い上げていて見栄えはするのだが、動きがバタバタした印象。

カラクレナイ 54.0 【B】

栗東CW単走。軽やかに首を使って駆けられているのだが、首の上下動幅が一定でなく、ガクッと来るように見える完歩が5完歩に1度くらいある。スローで見ても脚を取られているようには見えないのだが、気になる動きだ。ラチ側を深く入っており、タイムはまずまず。体もすかっと見せているが春からの成長はそれほどないかもしれない。

2017年9月13日

京成杯オータムハンデキャップの反省と全着順-2017年9月10日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16グランシルク牡5561:31.6B-1
23ガリバルディ牡6571:31.9B-11
313ダノンリバティ牡5561:31.9B+6
45マルターズアポジー牡5581:32.2B+2
512トーセンデューク牡6551:32.3B-9
611アスカビレン牝5541:32.3B7
71ダイワリベラル牡6561:32.4B13
815ロサギガンティア牡6571:32.5B15
914ミッキージョイ牡5551:32.6B+8
104オールザゴー牡3531:32.7-14
112ボンセルヴィーソ牡3541:32.7B3
128ブラックスピネル牡4571:33.0B-4
137ウインフルブルーム牡6571:33.1B10
149ウキヨノカゼ牝7551:33.7-5
1516マイネルアウラート牡6571:33.7B-12
取消10ダノンプラチナ牡5580:00.0B0


総評
A評価なし、B+評価3頭。追い切りで抜けて良く見える馬はおらず、1着グランシルクは舌を出したまま。2着ガリバルディは手前を替えなかった。グランシルクは56キロとハンデに恵まれたが、ガリバルディは57キロ。フレッシュな状態の方が良いようで、これで休み明け3.1.1.2(着外はどちらも5着と掲示板はキープ)となった。

産経賞セントウルステークスの反省と全着順-2017年9月10日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
17ファインニードル牡4561:07.5B+1
26ラインミーティア牡7561:07.7B6
313ダンスディレクター牡7561:07.7B-4
42メラグラーナ牝5541:07.7B+3
51アドマイヤゴッド牡5561:07.7B8
63アルティマブラッド牝5541:07.8A5
79ミッキーラブソング牡6561:08.1B11
811スノードラゴン牡9571:08.1B7
914フィドゥーシア牝5541:08.2B2
1012ラヴァーズポイント牝7541:08.4-10
118ワキノブレイブ牡7561:08.4C14
124ツィンクルソード牡6561:08.4B-12
135プレイズエターナル牡7561:08.5B9
1410ワキノヒビキ牡5561:08.8C13


総評
A評価1頭、B+評価3頭。A評価アルティマブラッドは見せ場を作ったものの伸びず6着。勝ったファインニードルはB+評価とはいえ1番人気で、2着のラインミーティアはコメントで手前を替えなかったことを不安視していた。結果はB+→B→B-で、長期休養明けのB-評価ダンスディレクターは能力を示したことになる。

紫苑ステークスの反省と全着順-2017年9月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
116ディアドラ牝3541:59.8B1
211カリビアンゴールド牝3541:59.8B6
37ポールヴァンドル牝3541:59.8A4
42ブラックオニキス牝3542:00.1B13
53ライジングリーズン牝3542:00.1B-5
615ルヴォワール牝3542:00.2B-2
713ミッシングリンク牝3542:00.3A9
818サロニカ牝3542:00.3B-7
98ホウオウパフューム牝3542:00.5B3
109プリンセスルーラー牝3542:00.7-10
1117シーズララバイ牝3542:00.7B-12
1214ナムラムラサキ牝3542:00.8B8
1312マナローラ牝3542:01.0C11
141フレスコパスト牝3542:01.0B+17
155ワラッチャウヨネ牝3542:01.0B-18
166ジッパーレーン牝3542:01.2B-14
174ガジュマル牝3542:01.2-15
1810シンボリジュネス牝3542:01.4-16


総評
A評価2頭、B+評価1頭。A評価のポールヴァンドルは3着にがんばったが、4番人気と案外人気していた。結果はB→B→Aといまいちだったが、7頭居たマイナス評価が馬券圏内に入らなかっただけましかもしれない。

2017年9月8日

【枠順確定】京成杯オータムハンデキャップ(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月10日中山芝1600ハンデ

1枠1番 ダイワリベラル 牡6 56.0 津村【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、半馬身先行して直線に入ると、相手が追いつくまでゆるめ、相手が激しいアクションで追っても折り合いきっちり併入した。ここまでの内容は良かったのだが、ゴール後軽く仕掛けてもそこまで伸びなかった。

1枠2番 ボンセルヴィーソ 牡3 54.0 松山【B】

栗東坂路単走。前脚はやわらかに使えているのだが、後脚がパンとしていない印象。この馬は朝日杯以来追い切りの動きは常に良かったのだが、この後脚の動きは気になる。とはいえマイナス評価するほどでもない。

2枠3番 ガリバルディ 牡6 57.0 北村宏【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。直線で手前を替えず、併入した。

【枠順確定】産経賞セントウルステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年9月10日阪神芝1200別定

1枠1番 アドマイヤゴッド 牡5 56.0 北村友【B】

栗東坂路単走。終いにかけてペースアップする内容でしっかり駆けられた。体は進行方向より若干右だが、脚元の力強さはあり、まずまず動けている。

2枠2番 メラグラーナ 牝5 54.0 戸崎圭【B+】

栗東坂路単走。荒々しい走りで、着地は極めてパワフル。バランスや動きのぶれを度外視してA評価したくなるくらいだが、整合性を取るためにB+評価にとどめる。

3枠3番 アルティマブラッド 牝5 54.0 藤岡康【A】

栗東坂路併せ。馬体を合せて激しい追い比べ。最後は抜けて1馬身強先着した。後脚の管が細く非力な印象は受けるが、これだけ動けていればA評価以外はつけられない。

【枠順確定】紫苑ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月9日中山芝2000馬齢

1枠1番 フレスコパスト 牝3 54.0 武藤【B+】

美浦坂路併せ。前半はゆったりと入り、3馬身ほど前に居る相手を目標に脚を伸ばす内容。並びかけたところで相手も追い出したが、きっちり差してアタマ差先着した。追い出してからの動きが良い。

1枠2番 ブラックオニキス 牝3 54.0 大野【B】

美浦W単走。前脚は伸びやかに使えており、首の角度も良い。後脚は若干パワーに欠ける印象ではあるが動きのバランスは良い。馬場の真ん中外目を通ったにしては平凡なタイムだが、馬なりの内容なので気にしなくてよさそう。

2枠3番 ライジングリーズン 牝3 54.0 丸田【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。相手の鞍上が振り返って待ってくれたが反応は鈍く、ゴール後にようやく追いついた。首の角度は良く、シルエットもきれいなのだが。

2017年9月6日

【水曜追い】京成杯オータムハンデキャップ(GIII)追い切り評価-2017年9月10日中山芝1600ハンデ

アスカビレン 54.0 【B】

栗東坂路単走。脚元の動きは若干スローだが、バランスは取れておりまずまずの動き。

ガリバルディ 57.0 【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。直線で手前を替えず、併入した。

グランシルク 56.0 【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中外目で終始舌を出しながら、駆けてきた。四肢の可動域はそれなりにあるが、気合い乗りには乏しい。

【水曜追い】産経賞セントウルステークス(GII)追い切り評価-2017年9月10日阪神芝1200別定

アドマイヤゴッド 56.0 【B】

栗東坂路単走。終いにかけてペースアップする内容でしっかり駆けられた。体は進行方向より若干右だが、脚元の力強さはあり、まずまず動けている。

アルティマブラッド 54.0 【A】

栗東坂路併せ。馬体を合せて激しい追い比べ。最後は抜けて1馬身強先着した。後脚の管が細く非力な印象は受けるが、これだけ動けていればA評価以外はつけられない。

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。動きは少し重いが、体はやわらかに使えている。前脚の着地ポイントが若干ぶれる完歩はあるのだが、それほど気にしなくてもよさそう。

【水曜追い】紫苑ステークス(GIII)追い切り評価-2017年9月9日中山芝2000馬齢

カリビアンゴールド 54.0 【B】

美浦坂路単走。馬の多い時間帯に、終いにかけて脚を伸ばす内容。前半は後脚の流れる完歩が見られたが、後半は後脚の推進力がきれいに前に伝わっていた。

サロニカ 54.0 【B-】

栗東坂路単走。上体のバランスは良く、首の使い方も上手。ただ、脚元はまだパンとしていない印象で、前脚の着地ポイントがぶれる完歩が目立った。

ジッパーレーン 54.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通って並走して直線に入り、アタマ差先着した。ある程度促しながらの併せ馬であり、通ったコースを考えるとタイムは平凡。四肢の可動域は及第点レベルで、動きは少しスロー。

新潟記念の反省と全着順-2017年9月3日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
11タツゴウゲキ牡5551:57.9B6
211アストラエンブレム牡456.51:57.9B1
37カフジプリンス牡4551:57.9B-12
417ウインガナドル牡3521:58.0B10
58フルーキー牡7571:58.0-11
612マイネルフロスト牡6571:58.1C3
713トーセンバジル牡5561:58.1B+2
85ロイカバード牡4551:58.1B+5
96ハッピーモーメント牡7541:58.2-7
1015マイネルスフェーン牡3521:58.4B+15
1110ソールインパクト牡5531:58.5B+9
124ロッカフラベイビー牝5521:58.5A8
139スピリッツミノル牡5551:58.6B14
142ルミナスウォリアー牡6571:58.7C4
153シャドウウィザードせん7511:58.8B-17
1614ラストインパクト牡757.51:59.0A13
1716トルークマクト牡7531:59.5B16


総評
A評価2頭、B+評価4頭。6頭をプラス評価したのだが、1頭も掲示板にすら載らず。B→B→B-の結果になってしまった。

小倉2歳ステークスの反省と全着順-2017年9月3日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
117アサクサゲンキ牡2541:09.1B3
214アイアンクロー牡2541:09.3B5
310バーニングペスカ牡2541:09.3C7
49ヴァイザー牡2541:09.4B+2
52イイコトズクシ牡2541:09.4A12
67ペイシャルアス牝2541:09.4-4
711モズスーパーフレア牝2541:09.4B1
816スーサンドン牡2541:09.5-8
98タイセイソニック牡2541:09.6B10
105オーロスターキス牝2541:09.7B+13
1113ルリハリ牝2541:09.7B+11
121シトリカ牝2541:09.9C9
1312ナムラアッパレ牡2541:09.9B15
143テイエムスグレモン牡2541:10.1-16
1515ナムラバンザイ牡2541:10.1B17
1618ジュンドリーム牝2541:10.2B-14
176ニシノダンテ牡2541:10.3B+18
184フローラルシトラス牝2541:11.2B6


総評
A評価1頭、B+評価4頭。12番人気のA評価イイコトズクシは掲示板に載ったが馬券には絡まず。B→B→Cの決着になってしまった。

札幌2歳ステークスの反省と全着順-2017年9月2日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111ロックディスタウン牝2541:51.4B-1
214ファストアプローチ牡2541:51.4A4
37ダブルシャープ牡2541:51.4C7
41シスターフラッグ牝2541:51.7B5
56コスモインザハート牡2541:51.7B8
610クリノクーニング牡2541:51.7B2
73ミスマンマミーア牝2541:51.7B6
89ロードトレジャー牡2541:52.0B10
913マツカゼ牡2541:52.1B11
104カレンシリエージョ牝2541:52.3B3
118ディバインブリーズ牡2541:52.7B12
122ヴィオトポス牝2541:52.8A13
135ロジャージーニアス牡2541:53.6A9
1412サージュミノル牡2541:54.2C14


総評
A評価3頭、B+評価なし。うち1頭のファストアプローチが2着に来たものの、1、3着がマイナス評価という結果になってしまった。

2017年9月1日

【枠順確定】新潟記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月3日新潟芝2000ハンデ

1枠1番 タツゴウゲキ 牡5 55.0 秋山【B】

栗東CW単走。均等なリズムで馬場の外目を通り、終いにかけて徐々に脚を伸ばす内容。前脚の動きに若干の硬さが見られたものの、鶴首で気合い乗り十分。直線手前を替えたことは気になるが、悪くない仕上がり。

1枠2番 ルミナスウォリアー 牡6 57.0 石橋脩【C】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はクビ差追走。手綱を引っ張り気味の相手に対し、軽く促して併入止まり。後脚が若干流れることも気になる。

2枠3番 シャドウウィザード セ7 51.0 木幡巧【B-】

美浦坂路単走。体はまっすぐに向いていることは評価。ただ、脚元は若干非力で、ステッキを入れて促したが反応はいまいち。ずっと舌を出している。

【枠順確定】小倉2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月3日小倉芝1200馬齢

1枠1番 シトリカ 牝2 54.0 小牧【C】

栗東坂路単走。体は進行方向をまっすぐに向いているが、管が細く非力な印象。

1枠2番 イイコトズクシ 牡2 54.0 荻野極【A】

栗東坂路併せ。均等なリズムで最後まで駆け、半馬身先着した。首は若干左に出るが、体はまっすぐ。飛節のクッションの効いた走りで、背中が安定している。首の角度も良い。

2枠3番 テイエムスグレモン 牡2 54.0 松山【-】

映像なし

【枠順確定】札幌2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月2日札幌芝1800馬齢

1枠1番 シスターフラッグ 牝2 54.0 岩田【B】

札幌ダート3頭併せの外。直線1馬身差追走し、すっと抜けて1馬身半先着した。並ぶまではバタバタした完歩も多かったが、すっと抜けてからはきれいに加速した。頭は少し高い。

2枠2番 ヴィオトポス 牝2 54.0 松岡【A】

札幌ダート併せの内。並んでハナ差遅れ、その後も交わせなかったが、カーブから大きく前を行く相手を追いかけてのもので度外視できる。毛ヅヤは良く、半腱半膜様筋がきれいについている。繋がやわらかで弾力性高くリズムの良い走り。高評価したい。

3枠3番 ミスマンマミーア 牝2 54.0 宮崎光【B】

門別坂路3頭併せ。がくっとくる完歩は見られたが、全体的に見るとパワフルに動けている。前後がきれいに連動しており、推進力は逃げない。

2017年8月30日

【水曜追い】新潟記念(GIII)追い切り評価-2017年9月3日新潟芝2000ハンデ

アストラエンブレム 56.5 【B】

美浦坂路併せ。まずまずパワフルな動きでハナ差先着した。発汗は目立ち、推進力も上に逃げるものの、脚元はしっかり地面をつかめている。

ウインガナドル 52.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中をゆったりとカーブし、大外を行く相手を直線3馬身差追走。直線だけ激しく追って併入し、その後前へ出た。相手は馬なりで、単なる目標だろう。尾に余計な力が入っているが、追っての反応は良い。

カフジプリンス 55.0 【B-】

栗東坂路併せ。頭は高く反応は鈍いが、追ってアタマ差先着。ある程度走れる状態にありそうだが、好調時に比べると馬体も薄く感じる。

【水曜追い】小倉2歳ステークス(GIII)追い切り評価-2017年9月3日小倉芝1200馬齢

アイアンクロー 54.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し左で、中盤左に少しよれた。ただ、その後はきちんと立て直し、最後までしっかり走りきれている。

アサクサゲンキ 54.0 【B】

栗東坂路併せ。後脚は非力だが、前膝をやわらかく使ってまっすぐに駆けられている。終い詰められ併入した。

イイコトズクシ 54.0 【A】

栗東坂路併せ。均等なリズムで最後まで駆け、半馬身先着した。首は若干左に出るが、体はまっすぐ。飛節のクッションの効いた走りで、背中が安定している。首の角度も良い。

【水曜追い】札幌2歳ステークス(GIII)追い切り評価-2017年9月2日札幌芝1800馬齢

ヴィオトポス 54.0 【A】

札幌ダート併せの内。並んでハナ差遅れ、その後も交わせなかったが、カーブから大きく前を行く相手を追いかけてのもので度外視できる。毛ヅヤは良く、半腱半膜様筋がきれいについている。繋がやわらかで弾力性の高いリズム良い走り。高評価したい。

カレンシリエージョ 54.0 【B】

札幌芝3頭併せの内。並走して直線に入り、中の相手と並んで折り合い併入。外には1馬身先着した。馬体は完成途上で筋肉が未発達だが、勝負根性のありそうな馬。将来性は高そう。

クリノクーニング 54.0 【B】

札幌芝併せの外。直線クビ差追走するとすぐに並びかけたが、しっかり折り合い、自分のペースで半馬身遅れ。映像は切れたがゴール後交わすところまでやっているようだ。四肢の可動域はまずまずあり、かちっとした走りをする。

新潟2歳ステークスの反省と全着順-2017年8月27日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18フロンティア牡2541:34.6B3
215コーディエライト牝2541:34.7B5
33テンクウ牡2541:34.7B+2
410エングローサー牡2541:35.4B11
512キボウノダイチ牡2541:35.4B14
65オーデットエール牡2541:35.5C6
76プレトリア牡2541:35.6B4
87マイネルサイルーン牡2541:35.7B+10
913シンデレラメイク牝2541:35.8B+7
109フィルハーモニー牝2541:35.9B+15
112トッカータ牡2541:36.3B12
121ムスコローソ牡2541:36.4A1
1314ダンツセイケイ牡2541:36.4B9
1411ラインギャラント牝2541:36.6A13
154グランデウィーク牡2541:38.6B-8


総評
A評価2頭、B+評価4頭。評価はインフレ気味だったが、B→B→B+の決着。パドックでは入れ込んでいる馬が多く、消化不良の結果になった。

キーンランドカップの反省と全着順-2017年8月27日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18エポワスせん9561:09.0B+12
211ソルヴェイグ牝4541:09.0B2
36ナックビーナス牝4541:09.1B5
47フミノムーン牡5561:09.2B+11
512ライトフェアリー牝5541:09.3C-13
69モンドキャンノ牡3531:09.4B1
713メイソンジュニア牡3531:09.6A4
83ネロ牡6571:09.7B-10
92イッテツ牡5561:10.0-6
105ノボバカラ牡5571:10.1C9
111ブランボヌール牝4551:10.5B7
124ヒルノデイバロー牡6561:10.6B-8
1310シュウジ牡4581:12.5B+3


総評
A評価1頭、B+評価3頭。B+評価のエポワスは来たのだが+20キロで買うのはさすがに難しかった。A評価メイソンジュニアはパドックも良かった。しかし本馬場入場時に大量の発汗が見られた。どこで入れ込んでしまったのだろう。

【追い切り短評】アフター5スター賞(SIII)―2017年8月30日大井ダ1200外

1枠1番 サブノジュニア 和田譲(大井)

【B+】小林併せの内。直線入り口で相手を振り切ると、そのまま一人旅。馬場の内目を通っているのでタイムはあてにならないとしても、力強い脚元で最後までしっかり駆けられた。

2枠2番 ジョーオリオン 笹川翼(大井)

【映像なし】

2枠3番 デュアルスウォード 小林拓(大井)

【C】大井単走。頭は高いまま、首をほとんど動かさず脚だけをちょこまか動かして走る変なフォーム。毛ヅヤも馬体の張りも良いのだが。

2017年8月25日

【枠順確定】新潟2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月27日新潟芝1600馬齢

1枠1番 ムスコローソ 牡2 54.0 大野【A】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は外から半馬身差ずつ追走。動きの力強さが目立ち、馬体も重厚。促しながら前に出て、内にクビ差、外に4分の3馬身先着した。ダートの方が合いそうな形だが、動きの良さを評価したい。

2枠2番 トッカータ 牡2 54.0 丸田【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線促しながら追い込むもクビ差及ばなかった。終いのタイムはそれほど出ておらず、前をとらえられなかったことも割引だがパワフルな動きをできている。首の角度も良く、体も適度なボリューム感を保ちながら引き締まっている。現時点での完成度は高そうだ。

2枠3番 テンクウ 牡2 54.0 北村宏【B+】

美浦W3頭併せの内。馬場の内目を通り、並走して直線へ。鞍上は手綱を引っ張っていたが、馬は走りたくてたまらない。最後にゆるめると鋭く伸び、中を置き去りにし、外にクビ差先着した。飛節のクッションを効かせたきれいな動きをする。

【枠順確定】キーンランドカップ(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月27日札幌芝1200別定

1枠1番 ブランボヌール 牝4 55.0 三浦【B】

札幌ダート併せの外。しっかり馬体を合わせて最後は折り合いをつけ、併入した。四肢の可動域、脚元の力強さなど、すべて及第点以上。本来プラス評価なのだが、気になるのは首の上下動が完全でなく、左右にぶれる点。カーブでの走りが掛かり気味だったことも気がかり。評価は据え置く。

2枠2番 イッテツ 牡5 56.0 藤岡佑【-】

映像なし

3枠3番 ネロ 牡6 57.0 中野省【B-】

札幌芝単走。首は使えているが、前脚の動きが少し窮屈な印象。四肢の可動域ももの足りない。発汗も目立つ。

2017年8月24日

【水曜追い】新潟2歳ステークス(GIII)追い切り評価-2017年8月27日新潟芝1600馬齢

エングローサー 54.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右。首の使い方はまだ荒削りな印象で頭が高い。ただ、脚元はしっかり動けており、力強さもある。毛ヅヤも良い。

オーデットエール 54.0 【C】

栗東坂路併せ。促しながら併入した。頭は低く保てているが脚を大きく上げて着地できておらず、トボトボと走る印象。前脚の着地ポイントもぶれる。

キボウノダイチ 54.0 【B】

栗東坂路単走。前半はふらついていたが、鞍上がステッキを抜くとピリッとし、躍動感が増した。怖がりなだけかもしれないが、前脚と後脚は同一ライン上にあり、まずまずの動きだ。

【水曜追い】キーンランドカップ(GIII)追い切り評価-2017年8月27日札幌芝1200別定

エポワス 56.0 【B+】

札幌芝3頭併せの外。目の前に馬を置き、その馬が前に並びかけたところで追い出し。持ったままきっちり脚を伸ばして併入した。体は適度な丸みを保ちながらムダなところがなく、順調に来ていそうだ。

ソルヴェイグ 54.0 【B】

札幌芝単走。リズム良く、素軽く駆けられている。気になるのは左前肢の動きで、右に比べると力強く地面をつかめていない。それを除けば悪くない動きだ。

ナックビーナス 54.0 【B】

函館W単走。安定した力強い走りをできている。左右のバランスに若干ぶれはあるものの、リズムは良く、まずまずの動き。

2017年8月23日

札幌記念の反省と全着順-2017年8月20日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
11サクラアンプルール牡6572:00.4B+6
22ナリタハリケーン牡8572:00.4B+12
33ヤマカツエース牡5572:00.6B+1
47サウンズオブアース牡6572:00.7B4
513エアスピネル牡4572:00.8B2
64ロードヴァンドール牡4572:00.8A5
76タマモベストプレイ牡7572:00.9C9
85マウントロブソン牡4572:00.9B+3
911アングライフェン牡5572:00.9B7
1010サングラス牡6572:01.2C13
118ツクバアズマオー牡6572:01.4B11
129ディサイファ牡8572:01.5B10
1312マイネルミラノ牡7572:01.8A8


総評
A評価2頭、B+評価4頭。出走13頭のほぼ半分がプラス評価とインフレ気味だが、人気薄B+評価のワンツーで、3着にもB+評価が入ったため、多少は参考になったかもしれない。中でもナリタハリケーンはパドックでもエアスピネルの次に良く見えた。

テレビ西日本賞北九州記念の反省と全着順-2017年8月20日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
19ダイアナヘイロー牝4531:07.5C3
212ナリタスターワン牡5551:07.6-14
318ラインスピリット牡6561:07.7B-15
413キングハート牡4561:07.7B2
58ファインニードル牡4551:07.7B1
67アルティマブラッド牝5531:07.8B5
72アクティブミノル牡5561:07.8C4
810ダイシンサンダー牡6551:07.8B-9
917プレイズエターナル牡7551:07.8B-10
101ラヴァーズポイント牝7521:07.9B12
114オウノミチ牡6541:07.9B16
126ナガラオリオン牡8561:08.0B17
135エイシンブルズアイ牡6561:08.0A6
1415ミッキーラブソング牡6561:08.0B+13
1514ツィンクルソード牡6541:08.1B11
163トウカイセンス牝6521:08.2B7
1716バクシンテイオー牡8561:08.4B8
1811ポメグラネイト牡6531:10.2A18


総評
A評価2頭、B+評価1頭。すべて沈んだ上に、1着からC→映像なし→B-という目も当てられない結果になった。パドックで良く見えた馬も来ず。申し訳ございませんでした。

2017年8月18日

【枠順確定】札幌記念(GII)追い切り評価最終版-2017年8月20日札幌芝2000定量

1枠1番 サクラアンプルール 牡6 57.0 蛯名【B+】

函館W併せの内。直線半馬身差追走し、持ったままで前へ出ると終い追って3馬身以上先着した。ゴーサインが出てから回転力が高まり、首もキビキビと使えるようになった。

2枠2番 ナリタハリケーン 牡8 57.0 藤岡康【B+】

札幌ダート単走。ゆったりとカーブし、直線尻ステッキ2発でびっしり追った。藤岡康太騎手のゴーサインに見事にこたえ、反応は極めて良い。映像は切れたがゴール後もしっかり負荷をかけている。

3枠3番 ヤマカツエース 牡5 57.0 池添【B+】

函館芝単走。内ラチ沿いを勢いよく駆けられた。四肢の可動域は十分にあり、脚元も力強い。ゴール付近で右手前に戻したことだけ割引も、仕上がりは良さそう。

【枠順確定】テレビ西日本賞北九州記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月20日小倉芝1200ハンデ

1枠1番 ラヴァーズポイント 牝7 52.0 川須【B】

栗東CW単走。カーブはキャンターレベル。馬場の真ん中外目を通って直線へ。鞍上の頭がフラフラしているため重心が安定していないように見えてしまうが、きちんと見ると馬の動きは安定している。終いにかけて自ら伸びたことは評価。鞍上の意図が不明で追い切り内容を評価できないため評価は据え置くが、体にも丸みがあり好調そう。

1枠2番 アクティブミノル 牡5 56.0 酒井【C】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。ずっと外ラチの方を見ながら駆けてきた。鞍上が促してもほとんど反応せず、脚元の動きはスローなままだった。内容もかなり軽い。

2枠3番 トウカイセンス 牝6 52.0 荻野極【B】

栗東坂路単走。後脚の運びに若干の非力さを感じてしまうが、前はパワフル。首の上下動も良く、動きに活気はある。軽ハンデを生かせれば。

2017年8月17日

【水曜追い】テレビ西日本賞北九州記念(GIII)追い切り評価-2017年8月20日小倉芝1200ハンデ

アクティブミノル 56.0 【C】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。ずっと外ラチの方を見ながら駆けてきた。鞍上が促してもほとんど反応せず、脚元の動きはスローなままだった。内容もかなり軽い。

アルティマブラッド 53.0 【B】

栗東坂路併せ。気合いをつけて尻ステッキも入れるとぐっと伸び、2馬身先着した。頭を低く保てているのも良い。脚元の力強さがもう少しあればプラス評価できる。軽ハンデを生かせれば。

エイシンブルズアイ 56.0 【A】

栗東坂路単走。前脚と後脚は同一ライン上にあり、脚元の力強さも十分。首を使ってリズム良く、まっすぐに坂を駆け上がってきた。

2017年8月16日

【水曜追い】札幌記念(GII)追い切り評価-2017年8月20日札幌芝2000定量

アングライフェン 57.0 【B】

札幌芝併せの外。口を割って掛かり気味に相手を追い、直線は1馬身差追走。見せムチから強い尻ステッキを数発入れて一杯に追った。十分に負荷をかけたがやりすぎかもしれない。動きはまずまず。

エアスピネル 57.0 【B】

函館W単走。首の角度は良く、馬も走る気を見せている。体はゆるめで前さばきが少し硬いものの、後脚は弾力性をもって蹴れており、背中も安定している。

サウンズオブアース 57.0 【B】

函館W併せの内。もう1頭内に関係ない馬が居たため、3頭併せの中のような形で直線に入ったが、内の馬はスルスルと逃げていってしまった。鞍上は手綱を引っ張って行かせないようにしていたが、馬が自ら進み、半馬身先着。前脚の着地が軽く、ペタペタと着地することは割引。

関屋記念の反省と全着順-2017年8月13日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
13マルターズアポジー牡5571:32.2B+7
215ウインガニオン牡5571:32.4B4
310ダノンリバティ牡5561:32.4A5
411ヤングマンパワー牡5571:32.5B-6
51ダノンプラチナ牡5561:32.5B+8
614ロードクエスト牡4561:32.5B-2
75ロサギガンティア牡6571:32.7C14
82レッドレイヴン牡7561:32.7B-15
97ショウナンバッハ牡6561:32.7-16
1016ウキヨノカゼ牝7551:32.7B11
114トーセンデューク牡6561:32.9-13
126メートルダール牡4561:33.3B1
138オールザゴー牡3531:33.3B-10
1413マイネルハニー牡4561:33.3A9
1512ブラックムーン牡5561:33.6B-3
169クラリティスカイ牡5561:33.7B-12


総評
追い切りA評価2頭、B+評価2頭。2着ウインガニオンはB評価だったが、A評価ダノンリバティが3着、勝ったのはB+評価マルターズアポジーであり、まずまず参考になったかもしれない。

エルムステークスの反省と全着順-2017年8月13日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12ロンドンタウン牡4571:40.9C4
24テイエムジンソク牡5561:41.0B+1
33ドリームキラリ牡5561:41.0B8
41コスモカナディアン牡4561:41.4B-6
514ショウナンアポロン牡7561:41.5B13
66リッカルドせん6571:41.5B-10
79ピオネロ牡6561:42.2B2
85オヤコダカ牡5561:42.3B+7
98ラインハート牝6541:42.4-12
1010モンドクラッセ牡6561:42.7B3
1113メイショウスミトモ牡6561:42.7-9
1211クリノスターオー牡7561:43.2D5
1312リーゼントロック牡6561:43.3B11
147タマモホルン牡6561:45.7-14


総評
A評価なし、B+評価2頭。うち1頭のテイエムジンソクは2着に来たものの1番人気。マイナス評価は3頭で、C評価のロンドンタウンが1着に入ってしまった。

2017年8月11日

【枠順確定】エルムステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月13日札幌ダ1700別定

1枠1番 コスモカナディアン 牡4 56.0 丹内【B-】

函館W併せの内。直線1馬身差追走し、2馬身遅れた。動きも重い。体は余分なところがなくシルエットはきれいなのだが、前の鞍上が振り返って待ってくれての遅れは印象が悪い。

2枠2番 ロンドンタウン 牡4 57.0 岩田【C】

函館W単走。染め分け帽の鞍上が大きく手を動かして追ったが、動きは全く変わらず。頭は高いままで、四肢の可動域も狭い。状態に疑問。

3枠3番 ドリームキラリ 牡5 56.0 三浦【B】

札幌ダート併せの外。カーブから前を行き、直線も1馬身差追走。並ばれても鞍上は一切手を動かさず、馬なりにアタマ差先着した。後脚の動きに少し硬さが見られるが、しっかり折り合いをつけて駆けられている。

【枠順確定】関屋記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月13日新潟芝1600別定

1枠1番 ダノンプラチナ 牡5 56.0 蛯名【B+】

美浦坂路併せ。前脚を大きく前へと伸ばし、躍動感のある動き。最後までしっかり伸びてクビ差先着した。

1枠2番 レッドレイヴン 牡7 56.0 北村宏【B-】

美浦芝単走。軽い内容である程度リラックスして動けてはいる。ただ、肩が硬く、前脚が伸びやかに前へ出てこない。

2枠3番 マルターズアポジー 牡5 57.0 武士沢【B+】

美浦W併せの外。ラチ側を深く入って直線2馬身差追走。1本調子で並ぶ間もなく交わし、ゴール地点でクビ差先着。その後完全に前に出た。発汗は目立つがかちっと動けている。

2017年8月10日

【追い切り短評】黒潮盃(SII)―2017年8月11日大井ダ1800外

1枠1番 ブラウンレガート 的場文(大井)

【B+】大井単走。シルエットの美しい馬で、首の使い方も良く、体は引き締まっている。手前を決めきれていないことだけ気がかりだが、状態は良さそう。

1枠2番 シェアハッピー 和田譲(大井)

【B】大井単走。頭は高めだが首は使えており、軽く促してきちんと伸びている。四肢の可動域も及第点レベル。体幹もまずまず。

2枠3番 ビエンコビアンコ 本橋孝(船橋)

【映像なし】

【水曜追い】関屋記念(GIII)追い切り評価-2017年8月13日新潟芝1600別定

ウインガニオン 57.0 【B】

栗東坂路単走。首の動かし方に活気は感じられる。前は左右が若干アンバランスではあるものの、気にしなくてもいいレベルで、さばけてはいる。一方、後脚の動きは硬い。

ウキヨノカゼ 55.0 【B】

美浦坂路併せ。相手と間隔を開けて坂に入り、相手が馬体を合わせてきたあたりですっと抜け出し、最後はゆるめて4分の3馬身先着した。発汗は目立つが脚元の回転力はあり、動ける仕上がり。

オールザゴー 53.0 【B-】

栗東CW3頭併せの中。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。前の2頭が左右に開いたところで軽く促し、内と同入、外に半馬身先着した。タイムはまずまず出ているが、仕掛けてからの反応はいまいち。ずぶずぶと伸びてはいるが。

【水曜追い】エルムステークス(GIII)追い切り評価-2017年8月13日札幌ダ1700別定

コスモカナディアン 56.0 【B-】

函館W併せの内。直線1馬身差追走し、2馬身遅れた。動きも重い。体は余分なところがなくシルエットはきれいなのだが、前の鞍上が振り返って待ってくれての遅れは印象が悪い。

サングラス 56.0 【C】

札幌ダート単走。首および四肢の可動域が狭い。弾けない印象。

テイエムジンソク 56.0 【B+】

札幌ダート単走。飛節を高く上げ、クッションの効いた走り。四肢の可動域も十分にある。気合い乗りも良く、仕上がりは良さそう。体は少し太いかもしれないが、この一追いで絞れそう。

2017年8月9日

レパードステークスの反省と全着順-2017年8月6日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12ローズプリンスダム牡3561:52.9B11
29サルサディオーネ牝3541:53.1A12
35エピカリス牡3561:53.2B+1
411ブライトンロック牡3561:53.3B+13
513ノーブルサターン牡3561:53.5B8
612ハルクンノテソーロ牡3561:53.6B4
714テンザワールド牡3561:53.9B-3
86スターストラック牡3561:54.0B9
91タガノグルナ牡3561:54.1B+5
104タガノカトレア牝3541:54.1-7
117トラネコ牡3561:54.2C10
1215タガノディグオ牡3561:54.2B2
138シゲルコング牡3561:54.6B15
143イブキ牡3561:54.8B-6
中止10テイエムアンムート牝3540:00.0B14


総評
A評価1頭、B+評価3頭。A評価の12番人気サルサディオーネが2着、B+評価の1番人気エピカリスが3着で、1着の11番人気ローズプリンスダムもマイナス評価しておらず、かなり参考になったのではないだろうか。B+評価の13番人気ブライトンロックも4着にがんばった。この結果は自画自賛します。

農林水産省賞典小倉記念の反省と全着順-2017年8月6日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12タツゴウゲキ牡5521:57.6B4
28サンマルティンせん5541:57.6B-2
35フェルメッツァ牡6551:58.1B+6
46ベルーフ牡5571:58.1B-8
54カフジプリンス牡4551:58.4B9
63ヴォージュ牡4551:58.5C5
77フェイマスエンド牡6541:58.5B-13
810ストロングタイタン牡4551:58.6B-1
91スピリッツミノル牡5551:58.8B-7
1012クランモンタナ牡8561:59.3B11
1113バンドワゴン牡6541:59.4B3
129シャドウパーティーせん8542:01.1-12
1311ケイティープライド牡7522:01.2B10


総評
A評価なし、B+評価1頭。2着サンマルティンはB-評価だったもののパドックで拾えており、唯一B+評価のフェルメッツァは6番人気で3着、1着タツゴウゲキはB評価で、「こういう気配の馬はたまに来る」ときちんと注意喚起できていたのでまずまず参考になったかもしれない。

2017年8月4日

【枠順確定】農林水産省賞典小倉記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月6日小倉芝2000ハンデ

1枠1番 スピリッツミノル 牡5 55.0 幸【B-】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。リズムは良いのだが四肢の可動域は狭く、好調時には及ばない。状態面は強調できない。

2枠2番 タツゴウゲキ 牡5 52.0 Mデムーロ【B】

栗東CW単走。馬場の外目を通って直線へ。集中力が高く、ぐっと気合いを秘めた走りを最後まで継続した。動きそのものは見栄えしないため評価は据え置くが、こういう気配の馬はたまに来るので注意が必要。

3枠3番 ヴォージュ 牡4 55.0 松若【C】

栗東坂路併せ。首をほとんど使わない走り。追っても反応せず、1馬身遅れた。

【枠順確定】レパードステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年8月6日新潟ダ1800馬齢

1枠1番 タガノグルナ 牡3 56.0 江田照【B+】

栗東坂路単走。キビキビとした脚さばきで、まっすぐに坂を駆け上がってきた。リズムは一切狂わず、最後まで均等なフォーム。まじめな馬なのだろう。好感の持てる内容。

2枠2番 ローズプリンスダム 牡3 56.0 木幡巧【B】

美浦坂路単走。鞍上は見せムチから一度だけ強めのステッキを肩に入れて、均等なリズムで駆けさせた。小さくまとまったような動きではあるが、状態は悪くなさそう。

2枠3番 イブキ 牡3 56.0 北村宏【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中内目を通り、直線は1馬身差追走。軽く促しながらクビ差送れ。その後並んで駆けさせた。カーブから直線にかけてしか動きは見られなかったが、脚元がバタバタした走りで高くは評価できない。

2017年8月2日

【水曜追い】農林水産省賞典小倉記念(GIII)追い切り評価-2017年8月6日小倉芝2000ハンデ

ヴォージュ 55.0 【C】

栗東坂路併せ。首をほとんど使わない走り。追っても反応せず、1馬身遅れた。

カフジプリンス 55.0 【B】

栗東坂路併せ。前脚と後脚は同一ライン上にあり、脚元はパワフル。1馬身追いかけた馬を終いしっかりとらえて半馬身先着した。若干重さはあるが、まずまず動けている。

クランモンタナ 56.0 【B】

栗東坂路併せ。強い尻ステッキを2度使い、びっしり追ってアタマ差先着した。脚元のかっちり感に若干乏しいのは気がかりではあるが、動きはパワフルで、活気もある。

【水曜追い】レパードステークス(GIII)追い切り評価-2017年8月6日新潟ダ1800馬齢

アディラート 56.0 【B】

栗東坂路単走。シルエットの美しい馬だが、まだ脚元がパンとしていない。きっちり地面をつかんで蹴れていない印象。とはいえ、タイムはそこそこ出ており、首を使ってリズム良く駆けられている。

イブキ 56.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中内目を通り、直線は1馬身差追走。軽く促しながらクビ差送れ。その後並んで駆けさせた。カーブから直線にかけてしか動きは見られなかったが、脚元がバタバタした走りで高くは評価できない。

エピカリス 56.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差先行。そのままスピードの違いを見せつけ、相手を置き去りにした。体は少し細く見えるが四肢の可動域は十分にあり、やわらかでダイナミックなフォーム。ここでは力上位だろう。

アイビスサマーダッシュの反省と全着順-2017年7月30日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
115ラインミーティア牡7560:54.2B+8
210フィドゥーシア牝5540:54.2C1
314レジーナフォルテ牝3510:54.4B-4
416アクティブミノル牡5560:54.5B2
55アースエンジェル牝5540:54.5B14
64ラインスピリット牡6560:54.6B-6
72ブライトチェリー牝7540:54.7A16
83プレイズエターナル牡7560:54.8B7
91ナリタスターワン牡5560:54.9B12
109ネロ牡6580:55.0B3
1112レッドラウダ牡4560:55.4A5
1213キープレイヤー牝6540:55.6B-15
138ダンシングワンダー牝5540:55.7B+9
1411レヴァンテライオン牡3530:55.7C11
157シンボリディスコ牡7560:56.0B10
166イオラニせん6560:56.2B+13


総評
A評価2頭、B+評価3頭。人気薄のB+評価ラインミーティアは来たのだが、2,3着はマイナス評価で高評価組は沈没。なんとも言えない結果になってしまった。

北海道新聞杯クイーンステークスの反省と全着順-2017年7月30日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12アエロリット牝3521:45.7B+2
21トーセンビクトリー牝5551:46.1B-6
34クインズミラーグロ牝5551:46.3B8
48クロコスミア牝4551:46.5B5
513エテルナミノル牝4551:46.6B+10
612アドマイヤリード牝4551:46.6A1
76マキシマムドパリ牝5551:46.8B3
85ハツガツオ牝6551:46.9C12
97ヤマカツグレース牝3511:47.1A7
1010パールコード牝4551:47.4B+4
119ラインハート牝6551:48.1-13
1211ノットフォーマル牝5551:48.2B-11
133シャルール牝5551:48.2B-9


総評
A評価2頭、B+評価3頭。勝ったアエロリットはB+評価だが、2着トーセンビクトリーはマイナス評価。この馬はパドックで拾えたのだが、高評価組はほぼ人気以上に走らなかった。

2017年7月28日

【枠順確定】アイビスサマーダッシュ(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月30日新潟芝・直1000別定

1枠1番 ナリタスターワン 牡5 56.0 柴田善【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。びっしり追い、最後は尻ステッキを一発入れた。四肢の可動域は及第点レベルで、追ったほど伸びない印象だが、全体のタイムはまとめており、体もすかっと見せている。

1枠2番 ブライトチェリー 牝7 54.0 柴田大【A】

美浦坂路単走。弾力性の高いすばらしい走り。前脚と後脚は同一ライン上にあり、前膝を高く上げてやわからに地面をつかめている。好状態。

2枠3番 プレイズエターナル 牡7 56.0 北村友【B】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右。軽めの尻ステッキを2発入れ、しっかり動かした。後脚は少し流れるが、まずまず動けている。

【枠順確定】北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月30日札幌芝1800別定

1枠1番 トーセンビクトリー 牝5 55.0 福永【B-】

函館W併せの内。並走して直線に入り、軽く促して折り合い、アタマ差先着した。折り合いはついているのだが、頭は高めで、前脚が伸びやかに出てこない。

2枠2番 アエロリット 牝3 52.0 横山典【B+】

札幌ダート単走。軽快に駆け、四肢の可動域は十分。滞空時間も長く、ゆったりとした好印象。ただ、少し太いかもしれないことは気がかり。馬体重には注意したい。

3枠3番 シャルール 牝5 55.0 四位【B-】

函館W単走。馬は首を使って動こうとしているのだが、前さばきが硬く伸びきれない印象。ある程度の力強さは感じられるのだが。

2017年7月26日

【水曜追い】北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)追い切り評価-2017年7月30日札幌芝1800別定

アエロリット 52.0 【B+】

札幌ダート単走。軽快に駆け、四肢の可動域は十分。滞空時間も長く、ゆったりとした好印象。ただ、少し太いかもしれないことは気がかり。馬体重には注意したい。

アドマイヤリード 55.0 【A】

札幌芝4頭併せの外。目の前に並ぶ3頭の後ろで折り合い、直線は1馬身半差追走。すっと外へ持ち出して伸び、きっちり差しきった。好内容。

エテルナミノル 55.0 【B+】

札幌ダート単走。カーブから活気を見せており、首をリズム良く上下動させて駆けられている。四肢の可動域も広く、回転力も高い。手前を決めるのに手間取ったことは割引だが、状態は良さそう。

【水曜追い】アイビスサマーダッシュ(GIII)追い切り評価-2017年7月30日新潟芝・直1000別定

アクティブミノル 56.0 【B】

栗東坂路単走。タイムは良い。ただ、四肢をペタペタと着地させるような印象があり、着地ポイントに若干のぶれもある。素直に高評価できない動きだ。

アースエンジェル 54.0 【B】

美浦坂路単走。脚元の回転力は高く、リズム良く駆けられている。頭は高めだが、ある程度首を使えている。

イオラニ 56.0 【B+】

美浦坂路単走。雨で馬場が悪く、脚を取られる完歩も見られたが、それを除けば悪くない。前脚と後脚は同一ライン上にあり、前後左右のバランスは良く、しっかりと動けている。

トヨタ賞中京記念の反省と全着順-2017年7月23日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
13ウインガニオン牡5571:33.2B-5
26グランシルク牡5561:33.6B2
315ブラックムーン牡5571:33.6B+1
48アスカビレン牝5541:33.9A4
510ダノンリバティ牡5561:34.0A3
613ムーンクレスト牡5551:34.1-16
79スーサンジョイ牡5571:34.1-14
81レッドレイヴン牡7571:34.2B15
916サンライズメジャー牡8571:34.3B11
107ワンアンドオンリー牡6581:34.3B7
1112トウショウピスト牡5541:34.4B-13
1214グァンチャーレ牡5551:34.4B+8
132ケントオー牡5561:34.4B-10
144ピンポン牡7531:34.5-12
155ピークトラム牡6561:34.6B9
1611マイネルアウラート牡6571:34.7B-6


総評
A評価2頭、B+評価2頭。高評価馬はグァンチャーレを除き、すべて掲示板には載ったのだが、すべて人気と同じかそれ以下の着順。あまり喜べない結果になった。

函館2歳ステークスの反省と全着順-2017年7月23日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111カシアス牡2541:10.0B+1
28ウインジェルベーラ牝2541:10.0B-12
37アリア牝2541:10.1B4
43デルマキセキ牝2541:10.2B+8
54パッセ牝2541:10.3B+5
62ナンヨープランタン牡2541:10.5B+2
712リンガラポップス牡2541:10.6A7
813スズカマンサク牝2541:10.8B10
910ダンツクレイオー牝2541:10.8C6
1016ジェッシージェニー牝2541:10.9A9
116ガウラミディ牝2541:11.0B-14
125ベイビーキャズ牡2541:11.2B-3
139ヤマノファイト牡2541:12.0-13
141サンダベンポート牝2541:12.0-15
1515キタノユウキ牡2541:12.5B+11
取消14モルトアレグロ牝2540:00.0B0


総評
A評価2頭、B+評価5頭。インフレ評価になってしまったが、高評価組で馬券対象になったのはカシアスのみ。2着にはB-評価のウインフェルベーラが逃げ粘った。

2017年7月25日

【追い切り短評】サンタアニタトロフィー(SIII)―2017年7月26日大井ダ1600内

1枠1番 ゴーディー 的場文(大井)

【B】大井単走。頭は高めでステッキへの反応はいまいちだが、馬体はふっくら見せておりゆったりと駆けられている。

2枠2番 キスミープリンス 中野省(船橋)

【B】浦和単走。脚元の回転力はあり、弾力性も高い。全体的に非力さを感じることは確かではあるが、リラックスして駆けられている。

2枠3番 コンドルダンス 柏木健(大井)

【映像なし】

2017年7月21日

【枠順確定】トヨタ賞中京記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月23日中京芝1600ハンデ

1枠1番 レッドレイヴン 牡7 57.0 ホワイト【B】

美浦芝併せの内。ほぼ馬なりに並走し、そのまま併入した。芝追いなのは気になるが、毛ヅヤは良く、動きも鋭い。体は少し太いかもしれないので当日の馬体重に注意。

1枠2番 ケントオー 牡5 56.0 太宰【B-】

栗東坂路単走。馬なりの軽い内容から、終い軽く促して脚を伸ばした。軽やかな走りはできているが、尾がきれいに流れない。

2枠3番 ウインガニオン 牡5 57.0 津村【B-】

栗東坂路単走。顔が右を向き、左前肢を着地後外へ蹴り出すため、バタバタした印象をうける。タイムはそこそこ出ており、素軽さは感じられるが全体の印象は良くない。

【枠順確定】函館2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月23日函館芝1200馬齢

1枠1番 サンダベンポート 牝2 54.0 中井【-】

映像なし

1枠2番 ナンヨープランタン 牡2 54.0 岩田【B+】

函館W単走。頭を低く保ちながら首で上手にリズムを刻み、終いまでしっかり脚を伸ばせた。前脚の動きは良く、現時点での完成度は高い。後脚をもう少し力強く使えていればA評価できた。

2枠3番 デルマキセキ 牝2 54.0 藤岡康【B+】

函館W併せの内。直線1馬身差追走し、終い軽めの尻ステッキを入れて4分の3馬身先着した。操縦性の高そうな馬で、しっかり折り合い、反応は良好。トモは未完成な印象ではあるが、シルエットは美しく、首の角度も良い。

2017年7月19日

【水曜追い】トヨタ賞中京記念(GIII)追い切り評価-2017年7月23日中京芝1600ハンデ

アスカビレン 54.0 【A】

栗東坂路単走。前脚と後脚が同一ライン上にある。前脚を大きく使って前膝から繋をきれいに連動させ、しっかりと地面を蹴れている。推進力は前へ。発汗は目立つが度外視してA評価する。

ウインガニオン 57.0 【B-】

栗東坂路単走。顔が右を向き、左前肢を着地後外へ蹴り出すため、バタバタした印象をうける。タイムはそこそこ出ており、素軽さは感じられるが全体の印象は良くない。

グァンチャーレ 55.0 【B+】

栗東坂路単走。ラチ沿いを気分良さそうに駆け、見た目以上にタイムを出してきた。リズムは良く、安定感もある。

【水曜追い】函館2歳ステークス(GIII)追い切り評価-2017年7月23日函館芝1200馬齢

アリア 54.0 【B】

函館W併せの内。並走して直線に入り、そのまま併入した。目立つ馬体の馬ではないのだが、並んで抜かせまいとする勝負根性は感じられ、体幹もしっかりしている。

ウインジェルベーラ 54.0 【B-】

函館W単走。カーブの動きは良かったが、直線に入ってすぐに失速したのは気がかり。そこから持ち直して終いはしっかり走れた。体はゆるい。

ガウラミディ 54.0 【B-】

函館W併せの内。相手と馬体を離していたため実質単走。馬場の内側から真ん中に持ち出して、外を行った相手に2馬身以上先着した。動きのやわらかさに乏しい。

函館記念の反省と全着順-2017年7月16日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
112ルミナスウォリアー牡6552:01.2B5
214タマモベストプレイ牡756.52:01.4B14
315ヤマカツライデン牡5552:01.4B+7
46アングライフェン牡5552:01.4B-3
54ケイティープライド牡7522:01.4B11
61サトノアレス牡3542:01.6B1
73ナリタハリケーン牡8542:01.6B+12
85レッドソロモン牡5562:01.9-9
916サクラアンプルール牡6562:02.0B8
1011ツクバアズマオー牡6572:02.2B+6
117マイネルミラノ牡7582:02.3A4
128カムフィー牡8542:02.3B+16
1313パリカラノテガミ牡6532:02.5A15
142ダンツプリウス牡4562:02.6B10
1510ステイインシアトル牡6572:03.3B+2
169スーパームーン牡8552:03.5B13


総評
A評価2頭、B+評価5頭。良く見える馬が多い追い切りだった。しかし、プラス評価で来たのは3着のヤマカツライデンのみ。B→B→B+というどうにもしまらない結果になった。パリカラノテガミが前に行ったのは不可解だった。

2017年7月14日

【枠順確定】函館記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月16日函館芝2000ハンデ

1枠1番 サトノアレス 牡3 54.0 ルメール【B】

函館芝併せの外。相手はスーパームーン。じっと相手の後ろで折り合い、直線は1馬身差追走。馬なりに併入した。内容が軽いので仕方ないのだが、四肢の可動域は狭く、頭も高め。最後にきっちりとらえたことは評価。

1枠2番 ダンツプリウス 牡4 56.0 丸山【B】

函館W併せの外。カーブから相手は着いて来られず。相手がショートカットしても追いつけないスピードを見せ、直線は半馬身差先行。終いはバタバタになったがそこで気合いをつけ、尻ステッキも入れて1馬身先着した。内容は悪くないのだが、終いのバタバタ具合は疑問で、相手の鞍上が終いゆるめたことは確か。カーブの動きは良かったのだが、評価は据え置く。

2枠3番 ナリタハリケーン 牡8 54.0 藤岡康【B+】

函館W単走。カーブは内を通って楽走。直線は馬なりに脚を伸ばした。前脚は方向指示程度にしか使わず、後脚の推進力が強い。内容は軽いが、トモに丸みがある好状態で、リラックスした動きをできている。

2017年7月12日

【水曜追い】函館記念(GIII)追い切り評価-2017年7月16日函館芝2000ハンデ

アングライフェン 55.0 【B-】

函館芝併せの外。カーブはキャンター。直線は1馬身差追走し、そのまま流して併入した。リラックスした動きはできているのだが、トモがゆるい割には内容が軽すぎる。

カムフィー 54.0 【B+】

函館W併せの内。カーブは持ったままながら意欲的な動きで、並走して直線へ。並んで折り合わせ、最後に仕掛けて1馬身先着した。動きは少し重いかもしれないが、内容は良く走れる状態。

ケイティープライド 52.0 【B】

函館W単走。カーブは良い動きを見せており、直線は少しバタバタしていたが、手前を決めるとすっと伸びた。状態は良さそうなのだが、気がかりなのは直線を向く手前で左前肢がガクっと来たこと。故障がなければいいのだが。そこを割り引いて評価は据え置く。

七夕賞の反省と全着順-2017年7月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18ゼーヴィント牡4571:58.2B-1
211マイネルフロスト牡6571:58.3B5
312ソールインパクト牡5531:58.5B7
42スズカデヴィアス牡6561:58.6B4
53フェルメッツァ牡6551:58.6B8
67タツゴウゲキ牡5521:58.6B-6
710ウインインスパイア牡6521:58.6B+12
81パドルウィール牡6541:58.6B+9
96ヴォージュ牡4551:58.9C3
105バーディーイーグル牡7531:59.2C10
119マルターズアポジー牡557.52:00.2B+2
124フェイマスエンド牡6542:04.0B11


総評
A評価なし、B+評価3頭。B-→B→Bの決着になった。B+組はすべて掲示板にすら載れなかったが、パドルウィールは包まれて追い出しが遅れ、乗り替わりの影響があったのかもしれない。ゼーヴィントは追い切り良く見えず、パドックでもうるさかった。このメンバーでは能力が高いのだろう。

プロキオンステークスの反省と全着順-2017年7月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
112キングズガード牡6561:22.9B5
28カフジテイク牡5571:23.2B+1
314ブライトライン牡8561:23.4A6
43ゴーインググレート牡7561:23.6-12
51メイショウウタゲ牡6561:24.0C7
615キクノストーム牡8561:24.1-15
75トウケイタイガー牡6571:24.4-9
813イーデンホール牡5561:24.7B3
911ウォータールルド牡9561:25.0B14
109ナンチンノン牡6561:25.0-11
117マヤノオントロジー牡8561:25.3-13
124アキトクレッセント牡5561:25.3B-2
1310レヴァンテライオン牡3531:25.4B+10
142ベストマッチョ牡4561:25.5B4
156チャーリーブレイヴせん7561:25.6A8


総評
A評価2頭、B+評価2頭。パドックでも最も良く見えたチャーリーブレイヴは最下位に沈んでしまったが、B→B+→Aで決まったのでまずまず参考になったかもしれない。

2017年7月11日

【追い切り短評】ジャパンダートダービー(JpnI)―2017年7月12日大井ダ2000外

1枠1番 サヴァアルジャン 町田直(川崎)

【映像なし】

2枠2番 ローズプリンスダム 大野拓(JRA)

【B】美浦W単走。頭は高めだが首はある程度使えており、体幹のしっかりした動き。ゴール地点で手前を替えたのは気がかりだが、毛ヅヤは良く体もすっきり見せている。

3枠3番 タガノディグオ 川島信(JRA)

【B】栗東坂路単走。終い追ってタイムは出したが、見た目は速さを感じない。ただ、後脚を蹴り出す角度は完璧で、繋もやわらかに使えている。マイナス評価はしづらい。

2017年7月7日

【枠順確定】七夕賞(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月9日福島芝2000ハンデ

1枠1番 パドルウィール 牡6 54.0 石橋脩【B+】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。リズム良く軽快に駆け、最後まで脚を伸ばした。活気を表に出さないが、首の角度は良く、集中して走れている。

2枠2番 スズカデヴィアス 牡6 56.0 横山典【B】

栗東坂路単走。首はある程度使えていて四肢の可動域は広く、バランスも問題ない。前脚の着地ポイントは近いものの、ぶれは少ない。最後に頭が右を向くなど、集中して駆けられていない完歩は見られたが、まずまずの状態で出てこられそう。

3枠3番 フェルメッツァ 牡6 55.0 秋山【B】

栗東坂路併せ。動きは硬いが、一定のリズムで駆けられている。最後は強めに追い、4分の3馬身先着した。

【枠順確定】プロキオンステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年7月9日中京ダ1400別定

1枠1番 メイショウウタゲ 牡6 56.0 松山【C】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右で、四肢のすべてが着地後流れる。終いもふわふわして脚色が鈍った。

2枠2番 ベストマッチョ 牡4 56.0 幸【B】

美浦W併せの外。ラチ側を深く入って直線は1馬身差先行。そのまま突き放して2馬身程度先着した。ただ、ゴール手前から相手が追いだし、ゴール後に交わされたことと、カーブからラチをずっと見ていたことは割引。四肢の可動域は及第点レベルにあり、体は引き締まっている。

2枠3番 ゴーインググレート 牡7 56.0 和田【-】

映像なし

2017年7月5日

【水曜追い】七夕賞(GIII)追い切り評価-2017年7月9日福島芝2000ハンデ

ウインインスパイア 52.0 【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。終いまでしっかり伸びて好タイムをマークした。馬体は前駆だけを見れば立派。対して、トモが薄く力強さに欠ける後駆はいまいち。とはいえ状態はかなり良さそう。瞬発力のありそうな体型で、この斤量を生かせば一発あってもおかしくはない。

ヴォージュ 55.0 【C】

栗東坂路単走。ある程度やわらかな動きをできているものの、推進力が前を向かない。すべての完歩で上に跳んでいる。

サトノスティング 52.0 【A】

美浦W併せの外。ラチ側を深く入り、並走して直線へ。何度もステッキを入れて激しく追う相手に対し、こちらの鞍上は一切手を動かさない。そのまま並走して同入した。馬格の割に管は細いが、体幹はしっかりしており脚元はぶれない。好状態。

【水曜追い】プロキオンステークス(GIII)追い切り評価-2017年7月9日中京ダ1400別定

アキトクレッセント 56.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の真ん中から外目に持ち出して直線へ。カーブはまずまず動いたが、直線促したほど伸びなかった。体も細い印象。

イーデンホール 56.0 【B】

栗東坂路単走。頭の位置は安定せず、動きも若干ゴトゴトしているが、前膝のやわらかさは良い。前脚と後脚が同一ライン上にあることは評価できる。

エイシンバッケン 56.0 【B-】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが近く、着地後内向するために走りの安定性に欠ける。左右のぶれも見られた。全体の時計はまずまずまとめたが、終い伸びなかったことも割引。

ラジオNIKKEI賞の反省と全着順-2017年7月2日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111セダブリランテス牡3541:46.6A2
27ウインガナドル牡3531:46.6B+8
31ロードリベラル牡3531:46.7B+9
412クリアザトラック牡3561:47.1B3
54マイネルスフェーン牡3561:47.3B-6
66サトノクロニクル牡3571:47.3B1
79バルベーラ牝3511:47.4B10
88ビービーガウディ牡3531:47.6B-7
92グランドボヌール牡3501:47.8-12
1010マイブルーヘブン牡3511:47.8-11
115ライジングリーズン牝3551:48.0B5
123ニシノアップルパイ牡3541:48.2B+4


総評
A評価1頭、B+評価3頭。A→B+→B+で決まり、3連単は15万6510円もついた。というわけで、ニシノアップルパイが最下位だったことは置いておき、自画自賛します。たまにはこんなこともあります。