スポンサーリンク

2017年4月28日

【枠順確定】テレビ東京杯青葉賞(GII)追い切り評価最終版-2017年4月29日東京芝2400馬齢

1枠1番 スズカロング 牡3 56.0 蛯名 正義【-】

映像なし

2枠2番 サーレンブラント 牡3 56.0 柴山 雄一【C】

美浦W併せの内。馬場の内側から真ん中へ持ち出し、直線は半馬身差追走。頭の高い走りで、手前を替えるのは下手。脚元はバタバタ。

3枠3番 アグネスウイン 牡3 56.0 川又 賢治【-】

映像なし

【枠順確定】天皇賞・春(GI)追い切り評価最終版-2017年4月30日京都芝3200定量

1枠1番 シャケトラ 牡4 58.0 田辺【A】

栗東CW3頭併せの内。馬場の外側を通り、3頭が馬体を合わせて深く入ると、並走して直線へ。持ったまま抜け出し、最後は軽く促しながら中を置き去りにし、外に1馬身先着した。タイムは十分。好仕上がりだ。【1週前追い評価:B】

1枠2番 ラブラドライト セ8 58.0 酒井【C】

栗東CW単走。ラチ側を深く入って直線へ。鞍上は肩ステッキを入れて追ったが、動きはそこまで変わらず。カーブではのんびり走っており、推進力もかなり上へ逃げた。【1週前映像なし】

2枠3番 キタサンブラック 牡5 58.0 武豊【B-】

栗東CW併せの外。馬場の外側を通って直線は1馬身差追走。鞍上は手綱を引っ張り気味に折り合わせ、終い解放して半馬身先着した。直線にはいてふわっとした完歩が数度あり、四肢の可動域は及第点に満たない。この馬はこんな感じでも走ってしまうのだが、状態はそこまで良く見えない。【1週前追い評価:B+】

2017年4月27日

【水曜追い】天皇賞・春(GI)追い切り評価-2017年4月30日京都芝3200定量

アドマイヤデウス 58.0 【B】

栗東坂路単走。鞍上が軽い合図をしてから、少し嫌がるような素振りを見せたことを除けば、好内容。後脚の蹴り出しが真後ろに出ており、推進力の高い動きをできている。【1週前追い評価:B】

アルバート 58.0 【B+】

美浦W単走。内容はそこまで強いものではないが、直線の動きが良い。首を上手に使って全身をやわらかに使い、弾力性の高い走りをできている。どこまでも伸びていきそうな印象を受ける。【1週前追い評価:B-】

キタサンブラック 58.0 【B-】

栗東CW併せの外。馬場の外側を通って直線は1馬身差追走。鞍上は手綱を引っ張り気味に折り合わせ、終い解放して半馬身先着した。直線にはいてふわっとした完歩が数度あり、四肢の可動域は及第点に満たない。この馬はこんな感じでも走ってしまうのだが、状態はそこまで良く見えない。【1週前追い評価:B+】

【水曜追い】テレビ東京杯青葉賞(GII)追い切り評価-2017年4月29日東京芝2400馬齢

アドマイヤウイナー 56.0 【B+】

栗東CW3頭併せの外。カーブでは先行し、ラチ側を深く入って直線は内の2頭を内から1馬身差ずつ追走。最内には半馬身及ばなかったが、中の相手を持ったまま交わし、1馬身先着した。首の角度は良く、脚元は伸びやか。馬体もすっきり仕上がっている。

アドミラブル 56.0 【A】

栗東坂路併せ。余裕を持たせた軽い内容だが、体が抜群にやわらかい。首をリズム良く動かして、脚元は一切流れない。リラックスしたいい動き。ここでは完全に仕上げていないようで、ダービーを見据えた仕上げだろう。

イブキ 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。軽く仕掛けて伸び、半馬身先着した。きっちり仕上げてきている。

2017年4月26日

読売マイラーズカップの反省と全着順-2017年4月23日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111イスラボニータ牡6571:32.2A2
24エアスピネル牡4561:32.3C1
36ヤングマンパワー牡5561:32.4B7
48ブラックスピネル牡4561:32.4B3
51サンライズメジャー牡8561:32.5C9
63フィエロ牡8561:32.7B+5
77プロディガルサン牡4561:32.8A4
85ダッシングブレイズ牡5561:33.0B+6
92アクションスター牡7561:33.1B-10
109クルーガー牡5571:33.1B8
1110シェルビー牡8561:33.6B-11


総評
A評価2頭、B+評価2頭。A評価イスラボニータが勝ったものの、2着に本調子でないと見たエアスピネルが入ってしまい、A→C→Bの決着。エアスピネルは安田記念に向けて、最良の結果を出したのかもしれない。  





パドック
良く見える馬の多いパドックだった。その中でも目立ったのがイスラボニータ。全身をリズム良く、かつ伸びやかに連動させて、大きく歩けていた。一方のA評価、プロディガルサンは気がかりな内容。暖かかったとはいえこの時期に汗をボタボタ落としている。舌をペロペロ出すシーンも見られた。2着エアスピネルは、菊花賞時のパドックが極めて良く、それより数段落ちる印象。3着ヤングマンパワーはゼッケン下発汗、4着ブラックスピネルは舌を出していてうるさい。良く見える馬の多い中、上位にそれほどでもない馬が多く入った。5着のサンライズメジャーはパドックでは離れた2番手評価。集中して前を向き、バランス良く歩けていた。

ポイント
アクションスターが少し出遅れ。エアスピネルが1完歩目を左に踏み出したため、その余波を受けてプロディガルサンがスタート直後左右に挟まれる不利。積極的に逃げる馬はおらず、横に広がった中から最内サンライズメジャーが先頭へ。ヤングマンパワーが半馬身差の2番手。内に控えてフィエロ、外のクルーガーまでが先団グループ。エアスピネルはそこから2馬身後ろの位置。イスラボニータはその後ろの内につけた。大外から向こう正面のうちに最内経済コースにつけるルメール騎手の好騎乗である。隊列は変わらず直線。逃げるサンライズメジャーにヤングマンパワーが並びかけ、交わしていく。フィエロは外に振ったため、クルーガーの進路を妨害。さらに、1頭分のスペースが生まれた。内からそこを突いたのはイスラボニータ。外から伸びるエアスピネルとイスラボニータに進路をなくし、フィエロは終了。最後はイスラボニータが久々に先頭でゴールを駆け抜けた。





分析
勝ち時計の1:32.2は、速い。2014年ワールドエースの1:31.4が異常値なだけで、32秒台前半が出ていれば十分だろう。勝ったイスラボニータは、ルメール騎手の好騎乗に導かれてのもの。向こう正面で内に入れ、直線では狭いスペースを見事に突いた。この騎乗でルメール騎手は戒告処分を受けたが、ここで動かなければ進路はなかった。最高の位置につけていたフィエロは、おとなしくヤングマンパワーと一緒に上がっていけば、イスラボニータの進路を防ぐことができ、さらにクルーガーの進路を妨害することもなかった。福永騎手はレース後に変なコメントを出して叩かれているが、これでは仕方がない。勝ったイスラボニータは、すべてが上手く運んでの結果。2着のエアスピネルは追い切りもパドックもいまいちだった。能力が高いのだろう。本番では逆転もありそうだ。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/MilersCup.html

   

サンケイスポーツ賞フローラステークスの反省と全着順-2017年4月23日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
11モズカッチャン牝3542:01.3B-12
27ヤマカツグレース牝3542:01.3B+10
314フローレスマジック牝3542:01.3B2
46タガノアスワド牝3542:01.6C3
516レッドコルディス牝3542:01.6B11
613アロンザモナ牝3542:01.8B-15
79アドマイヤローザ牝3542:01.9B4
85ホウオウパフューム牝3542:01.9B1
911ビルズトレジャー牝3542:01.9A9
1015ニシノアモーレ牝3542:02.0A13
112ザクイーン牝3542:02.0-5
123キャナルストリート牝3542:02.1B+8
138ドリームマジック牝3542:02.2B-14
1412ディーパワンサ牝3542:02.4B6
154レッドミラベル牝3542:02.5B7
1618ピスカデーラ牝3542:02.5B+17
1717ラユロット牝3542:02.7B-16
1810メイショウササユリ牝3542:03.4-18


総評
A評価2頭、B+評価3頭。B+評価のヤマカツグレースは2着に来たのだが、掲示板に載ったのはこの馬だけ。モズカッチャンは日刊ゲンダイの橘記者が◎。橘記者が◎を打っている大穴馬に、ほかの記者の△がポツポツついていれば、たまに来るというジンクスがあり、気にはなったのだが。大荒れのレースになった。

福島牝馬ステークスの反省と全着順-2017年4月22日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16ウキヨノカゼ牝7541:46.8B3
28フロンテアクイーン牝4541:46.8B-4
39クインズミラーグロ牝5541:46.9B1
43デンコウアンジュ牝4541:47.2B-8
515リーサルウェポン牝6541:47.3B16
61ギモーヴ牝4541:47.4B-10
713クロコスミア牝4541:47.4B2
87トウカイシェーン牝4541:47.5C13
910エテルナミノル牝4541:47.6B+7
1014ロッカフラベイビー牝5541:47.8B6
1111ブリガアルタ牝4541:47.8B9
122ハピネスダンサー牝6541:48.2B12
1316タマノブリュネット牝5541:48.3C14
145ウインファビラス牝4541:48.7-5
1512ペイシャフェリス牝6541:48.8B+11
164ウエスタンレベッカ牝7541:48.9-15


総評
A評価なし、B+評価2頭。低調な評価になったが、その上位評価2頭がそろって沈んでしまった。3番人気→4番人気→1番人気での決着。B評価の1,3着馬のうち、クインズミラーグロはポリトラック追い。ポリトラックでは馬が動くため、評価が辛めになってしまう。過去の映像を見直して精度を高めていかなければならない。

2017年4月23日

【1週前追い】天皇賞・春(GI)追い切り評価-2017年4月30日京都芝3200定量

アドマイヤデウス 58.0 【B】

栗東CW単走。馬場の外目をゆったりと。見た目以上にタイムは出ている。終いは軽く手を動かしながら追い、きれいにフィニッシュした。首の角度は良く、脚元の連動性も高い。

アルバート 58.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の外目を通って直線はクビ差追走。強めに追って併入。その後アタマ差~クビ差程度のリードを保ってしっかりと駆けさせた。頭が高いところは気になる。

カレンミロティック 58.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中を通り、並走して直線へ。持ったまま前へ出て、終いはしっかりと動かし3馬身以上先着した。動きの安定性が高く、体もかちっと仕上がっている。

2017年4月21日

【枠順確定】サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年4月23日東京芝2000馬齢

1枠1番 モズカッチャン 牝3 54.0 和田【B-】

栗東坂路単走。鞍上はずっと気合いをつけていたが、それほど伸びずずぶずぶと。体は前を向いており、脚元はある程度しっかりしている。

1枠2番 ザクイーン 牝3 54.0 池添【-】

映像なし

2枠3番 キャナルストリート 牝3 54.0 蛯名【B+】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は1馬身差先行。そのまま押し切り1馬身半差先着した。背中がもう少し安定してくればより良くなりそうだが、動きはダイナミック。鞍上は追っておらず、馬は元気そう。

【枠順確定】読売マイラーズカップ(GII)追い切り評価最終版-2017年4月23日京都芝1600別定

1枠1番 サンライズメジャー 牡8 56.0 松若【C】

栗東坂路単走。この馬は常に追い切り動かず、今回も同様。顔は右を向いており、脚元はスロー。今回は左前肢の前膝から管の角度がいまいちで、高評価はできない。

2枠2番 アクションスター 牡7 56.0 佐藤友【B-】

栗東坂路併せ。3馬身程度先着したが、相手が遅かっただけで終い脚色は鈍った。体は進行方向よりほんの少し右だが、推進力は前を向いている。

3枠3番 フィエロ 牡8 56.0 福永【B+】

栗東坂路併せ。馬なりに抜けて3馬身程度先着した。内容は軽いが、全体のタイムはまとめており、脚元もしっかり。首はほんの少し右に出ているが、体もまっすぐに向いている。毛ヅヤも良好で、馬体の張りもある。

【枠順確定】福島牝馬ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年4月22日福島芝1800別定

1枠1番 ギモーヴ 牝4 54.0 鮫島 克駿【B-】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。通ったコースにしては好タイム。ただ、後脚の可動域が狭く、動きにそれほどの躍動感を感じられないことは確か。

1枠2番 ハピネスダンサー 牝6 54.0 北村 友一【B】

栗東坂路単走。首を小刻みに使って、前脚をきれいに連動させられている。後脚の力強さには劣るものの、鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さは見られた。タイムは平凡だが軽い内容なのでそれほど問題ない。

2枠3番 デンコウアンジュ 牝4 54.0 秋山 真一郎【B-】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入って直線へ。馬なりに脚を伸ばし、タイムは良い。ただ、ピッチ走法とはいえ四肢の可動域はかなり狭く、前脚が窮屈。

2017年4月20日

【水曜追い】サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)追い切り評価-2017年4月23日東京芝2000馬齢

アドマイヤローザ 54.0 【B】

栗東坂路単走。隣に馬を置いていたので併せ馬のような形に。終いステッキを入れてアタマ差先着した。脚元はパワフル。一方、着地ポイントが左右にぶれる。

アロンザモナ 54.0 【B-】

栗東坂路単走。首はきれいに上下動できているのだが、後脚が大きく外を回るためバタバタ。ただ、最後の3完歩だけ動きがまともになった。内容は軽くD評価でいいのかもしれないが、前半の動きがひどかったのでマイナス評価しておく。

アンネリース 54.0 【B】

美浦W3頭併せの中。馬場の外側を通り、3頭が並んで直線へ。軽く追って内にクビ差先着し、外と並んで伸びた。ゴール後もしっかり負荷をかけている。四肢の可動域は及第点レベル。

【水曜追い】読売マイラーズカップ(GII)追い切り評価-2017年4月23日京都芝1600別定

アクションスター 56.0 【B-】

栗東坂路併せ。3馬身程度先着したが、相手が遅かっただけで終い脚色は鈍った。体は進行方向よりほんの少し右だが、推進力は前を向いている。

イスラボニータ 57.0 【A】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は3馬身差追走。持ったままゆったりと相手を追い、ゴール地点では1馬身遅れも、その後すぐに前へ出た。全身を伸びやかに動かせており、躍動感のある動き。十分に力を出せそうな仕上がり。

エアスピネル 56.0 【C】

栗東坂路併せ。坂で1馬身差追いかけ、ゴール地点できっちり並んで併入した。前脚が着地後内向するところはましになっているが、右前肢と左前肢の着地ポイントが近くなっている。後脚の力強さもこの馬にしてはもの足りない。

【水曜追い】福島牝馬ステークス(GIII)追い切り評価-2017年4月22日福島芝1800別定

ウインオリアート 54.0 【B+】

美浦W3頭併せの外。ラチ側を深く入り、直線は中にクビ差、内に1馬身差先行。鞍上は手綱を引っ張り気味に中に並ばせ、ゴール地点では併入も若干遅れ。その後軽いゴーサインを出して前へ出た。折り合いに難があるかもしれないが、活気は十分だ。

ウキヨノカゼ 54.0 【B】

美浦W併せの外。素軽い動きでリズミカルに駆け、クビ差先着。ゴール後は並んで長くいい脚を使えた。手前が決まり切らないのはマイナスだが、悪くない動き。

エテルナミノル 54.0 【B+】

栗東CW単走。ラチ側をある程度深く入って直線へ。トモの丸みは最高の状態。フォームの安定性は完璧ではないのだが、弾力性をもってリラックスして駆けられている。

2017年4月19日

皐月賞の反省と全着順-2017年4月16日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111アルアイン牡3571:57.8B+9
27ペルシアンナイト牡3571:57.8B-4
310ダンビュライト牡3571:57.9B12
416クリンチャー牡3571:58.1C-13
55レイデオロ牡3571:58.2B5
62スワーヴリチャード牡3571:58.2B-2
78ファンディーナ牝3551:58.3A1
817ウインブライト牡3571:58.3A6
94カデナ牡3571:58.3B3
109プラチナヴォイス牡3571:58.3B+10
1113サトノアレス牡3571:58.4B8
126アウトライアーズ牡3571:58.4B7
1318トラスト牡3571:58.6B-17
143コマノインパルス牡3571:58.6C16
1514キングズラッシュ牡3571:58.7B18
161マイスタイル牡3571:59.6B14
1715アダムバローズ牡3572:00.3B11
1812アメリカズカップ牡3572:00.5C15


総評
A評価2頭、B+評価2頭。1週前B+評価のスワーヴリチャードとコマノインパルスは本追い切りがマイナス評価。1週前A+、本追いAのファンディーナを1着固定で考えていたのだがパドックでファンディーナが入れ込んでおり、軸がわからなくなった。結果は、B+→B-→Bで決まり。ダンビュライトはパドックで拾えていたので、残念な結果になった。

アンタレスステークスの反省と全着順-2017年4月15日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
110モルトベーネ牡5561:49.9B3
24ロンドンタウン牡4571:50.2A6
35ロワジャルダン牡6561:50.2C8
411リーゼントロック牡6561:50.2B-13
513アスカノロマン牡6571:50.3B-4
68メイショウスミトモ牡6561:50.4C12
712タガノエスプレッソ牡5561:50.4B+10
815タムロミラクル牡5561:50.5B-9
96グレンツェント牡4581:50.5B-1
109マイネルクロップ牡7561:50.6B16
113ミツバ牡5561:50.6B+2
1214ピットボス牡4561:50.6B11
131マイネルバイカ牡8561:50.6-15
1416ナムラアラシ牡4561:50.7C7
157モンドクラッセ牡6561:51.5B5
162ショウナンアポロン牡7561:51.9B+14


総評
A評価1頭、B+評価3頭。C評価のロワジャルダンが3着に来てしまったが、唯一A評価の8番人気ロンドンタウンが2着。1着はB評価とはいえコメントでまずまず評価していたモルトベーネだったので、多少の参考にはなったかもしれない。

2017年4月18日

【追い切り短評】東京スプリント(JpnIII)―2017年4月19日大井ダ1200外

1枠1番 メジャーアスリート 高橋哲(浦和)

【映像なし】

2枠2番 ブライトライン 川田将(JRA)

【B】栗東坂路単走。リズム良く首を動かしてまっすぐに。リラックスして駆けられている。脚元のパワフルさには乏しいが、タイムはそろそこ出ており推進力も前を向いている。

3枠3番 サトノタイガー 左海誠(船橋)

【B+】浦和併せ。頭を低く保ち、伸びやかなフォームで長くいい脚をつかった。1馬身半先着。状態は良さそう。

2017年4月14日

【枠順確定】アンタレスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年4月15日阪神ダ1800別定

1枠1番 マイネルバイカ 牡8 56.0 松山【-】

映像なし

1枠2番 ショウナンアポロン 牡7 56.0 藤岡佑【B+】

美浦W単走。馬場の内側でカーブし、真ん中に持ち出して直線へ。促しながら、最後まで鋭く伸びた。四肢の可動域は広く、前脚が力強く伸びやか。後脚は少し非力に感じられるが、それほど問題なく、十分に動けている。

2枠3番 ミツバ 牡5 56.0 横山典【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。手綱を引っ張り気味の相手を目標に、終い追って4分の3馬身先着。その後も追って前へ出た。エンジンのかかりは遅いかもしれないが、力強い動きだ。

2017年4月13日

【枠順確定】皐月賞(GI)追い切り評価最終版-2017年4月16日中山芝2000定量

1枠1番 マイスタイル 牡3 57.0 横山典【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は1馬身差追走。持ったまま並んで折り合い、クビ差先着した。特筆すべき長所もないが、問題点もない。B評価のど真ん中。【1週前映像なし】

1枠2番 スワーヴリチャード 牡3 57.0 四位【B-】

栗東CW併せの内。目の前に馬を置いて馬場の外目を1馬身半差程度つけてカーブ。直線入り口ですっと内に持ち出し、クビ差先着した。並びかけるときに掛かったような動きを見せ、並んでからはずっと相手の方を向いて前に伸びず。勝負根性はいいとして、評価しづらい内容だ。前脚の可動域が狭いことも気がかり。【1週前追い評価:B+】

2枠3番 コマノインパルス 牡3 57.0 江田照【C】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通り、直線は前で並ぶ2頭を半馬身差追走。促したが追いつけずゴール地点では中に1馬身差遅れ、強く追ってゴール後ようやく並ぶところまでやった。1週前が良かったとはいえ、内容が悪すぎる。【1週前追い評価:B+】

【水曜追い】皐月賞(GI)追い切り評価-2017年4月16日中山芝2000定量

アウトライアーズ 57.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、ラチ側を行く2頭を直線2馬身差追走。実質単走の内容だったが、直線馬なりに一完歩ごとに差を詰め、ゴール地点で1馬身遅れ、その後前へ出るところまでやった。毛ヅヤはそこまで良くないが、体幹はしっかりしており、安定した動き。タイムも良い。【1週前追い評価:B】

アダムバローズ 57.0 【B】

栗東CW単走。ラチ沿いを深く入って直線へ。馬なりにリラックスして駆けられた。通ったコースと内容からするとタイムはまずまず。力を出せる仕上がりにはありそう。【1週前映像なし】

アメリカズカップ 57.0 【C】

栗東坂路併せ。相手はダンビュライト。左後肢がかなり外を回るため、バタバタした印象。1馬身遅れた。【1週前映像なし】

【水曜追い】アンタレスステークス(GIII)追い切り評価-2017年4月15日阪神ダ1800別定

アスカノロマン 57.0 【B-】

栗東CW単走。ラチ側を通って直線に入り、ゴールまで馬なりで自由に駆けてきた。鞍上は一切手を動かさず。前と後ろのバランスが悪く、推進力は上に逃げる。タイムも悪い。評価は高くつけられないが、馬が楽しんで走っている雰囲気があり、四肢のやわらかさも感じられる。

グレンツェント 58.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。そのまま並んで駆け、ハナ差からアタマ差遅れて併入した。体はある程度かちっと使えているが、あまり活気を感じられないことは気がかり。

ショウナンアポロン 56.0 【B+】

美浦W単走。馬場の内側でカーブし、真ん中に持ち出して直線へ。促しながら、最後まで鋭く伸びた。四肢の可動域は広く、前脚が力強く伸びやか。後脚が少し非力に感じられるが、それほど問題なく、十分に動けている。

2017年4月12日

桜花賞の反省と全着順-2017年4月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
110レーヌミノル牝3551:34.5B8
26リスグラシュー牝3551:34.6B+3
314ソウルスターリング牝3551:34.6B+1
48カラクレナイ牝3551:34.7B+7
512アエロリット牝3551:34.7B6
617ディアドラ牝3551:34.9B14
718カワキタエンカ牝3551:35.1B10
82ライジングリーズン牝3551:35.2C9
94ジューヌエコール牝3551:35.3B12
1013ヴゼットジョリー牝3551:35.3B-13
111ミスエルテ牝3551:35.4B5
1215アドマイヤミヤビ牝3551:35.5A2
139ゴールドケープ牝3551:35.7B-11
1411アロンザモナ牝3551:35.8B16
157ショーウェイ牝3551:35.8B15
1616ミスパンテール牝3551:36.8A4
175ベルカプリ牝3551:37.2B-17
取消3サロニカ牝3550:00.0B0


総評
A評価2頭、B+評価3頭。2週連続でプラス評価が3頭、リスグラシューはB-→B+とジャンプアップ。そのリスグラシューが2着で、2週連続B+評価の抜けた1番人気ソウルスターリングが3着。勝ったのはB評価レーヌミノルだった。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの反省と全着順-2017年4月8日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16ミッキークイーン牝5551:34.3A+1
216アドマイヤリード牝4541:34.6B+3
38ジュールポレール牝4541:34.6-4
44クロコスミア牝4541:35.1B7
513エテルナミノル牝4541:35.3B13
65トーセンビクトリー牝5541:35.4B-5
712デンコウアンジュ牝4541:35.4B10
811アットザシーサイド牝4541:35.6B8
910ヒルノマテーラ牝6541:35.6B14
1014ダンツキャンサー牝6541:35.6B+16
112クリノラホール牝4541:35.8B12
1215デニムアンドルビー牝7541:35.8A6
139タッチングスピーチ牝5541:36.0A9
147メイショウマンボ牝7551:36.1-11
153クイーンズリング牝5561:36.5B+2
161ウエスタンレベッカ牝7541:37.0-15


総評
A+評価1頭、A評価2頭、B+評価3頭。評価はインフレ気味になってしまったが、実績上位のミッキークイーンが追い切りでも他馬を寄せ付けず、きちんと勝った。しかしA評価2頭は沈没。2着はB+評価アドマイヤリードで、3着は映像なしのジュールポレール。ジュールポレールは追い切りタイムは良く、映像がなかったことが悔やまれる。

ニュージーランドトロフィーの反省と全着順-2017年4月8日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16ジョーストリクトリ牡3561:36.0B12
24メイソンジュニア牡3561:36.2A8
316ボンセルヴィーソ牡3561:36.2B5
47スズカゼ牝3541:36.3C9
515タイムトリップ牡3561:36.3B-6
612スズカメジャー牡3561:36.4-2
714タイセイスターリー牡3561:36.5B4
810クライムメジャー牡3561:36.6B+1
98ダイイチターミナル牡3561:36.8B-11
101ナイトバナレット牡3561:36.9-7
119カリビアンゴールド牝3541:36.9-10
1213イノバティブ牡3561:37.0B14
132ランガディア牡3561:37.2B3
1411ジャッキー牡3561:37.3-13
155マンカストラップ牡3561:37.8B+15
163セイカチトセ牡3561:38.4-16


総評
A評価1頭、B+評価2頭。B→A→Bで決まったが、A評価のメイソンジュニアは8番人気で、うまく参考にしてくれた読者にとってはいい結果になったかもしれない。しかしこのレース、パドックで良く見える馬が多く、ジョーストリクトリも良かったのだが印が回らなかった。おとなしく複勝を買っておけばよかった。

2017年4月9日

【1週前追い】皐月賞(GI)追い切り評価-2017年4月16日中山芝2000定量

アウトライアーズ 57.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は2頭を半馬身差追走。じっと折り合い、ゴール手前から軽く促すと、じわりと始動。ゴール地点では遅れたが、その後前へ出た。動きはそこまで目立たないが、内容は良い。

ウインブライト 57.0 【A】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。一杯に追う相手に持ったまま並びかけ、半馬身ほど前に出たところでゴール。その後は相手に並ばせてぴたりと折り合った。申し分のない状態。

カデナ 57.0 【B】

栗東坂路併せ。相手と間隔を開けて、1馬身程度追走して坂へ。強めに追って迫ったが、馬体をそこまで合わせにいかず。追いつきかけたところで脚色が鈍り、終いは甘く併入した。前半は活気のある動きができており、1週前としては問題ない動き。この1週間でどれだけ仕上がるか。

2017年4月7日

【枠順確定】桜花賞(GI)追い切り評価最終版-2017年4月9日阪神芝1600定量

1枠1番 ミスエルテ 牝3 55.0 川田【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側で目の前を行く相手の後ろで折り合わせ、直線に入るとすぐに爆発。相手を置き去りにした。しかし評価は難しい。直線で鋭く伸びてはいるのだが、手前を何度も替えるなど、遊びの部分が大きい。フォームも完歩ごとに変わる。騎手が乗ってどう変わるか。【1週前映像なし】

1枠2番 ライジングリーズン 牝3 55.0 丸田【C】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は1馬身差追走。折り合ってアタマ差遅れ、その後ギリギリ並ぶところまでやれた。四肢の可動域は狭い。相手の鞍上がこちらを振り返ったことを考えると、もう少しやる予定だったのではないか。【1週前追い評価:B】

2枠3番 サロニカ 牝3 55.0 浜中【B】出走取消

栗東坂路併せ。馬なりにしっかり折り合い、併入した。特筆すべき長所はないのだが、操縦性の高そうなところは評価できる。右前肢と左前肢の着地タイミングが近いことは割引。【1週前映像なし】

【枠順確定】サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年4月8日阪神芝1600別定

1枠1番 ウエスタンレベッカ 牝7 54.0 高倉 稜【-】

映像なし

1枠2番 クリノラホール 牝4 54.0 北村 友一【B】

栗東坂路単走。体はまっすぐに向き、前脚と後脚は同一ライン上。最後少し疲れたが、そこで見せムチから尻ステッキを入れて、最後までしっかり駆けられた。脚元の力強さはそれほど感じないが、動きの安定性と内容は評価できる。

2枠3番 クイーンズリング 牝5 56.0 M.デムーロ【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干右。体の向きは相手の居ない方で、深いブリンカーを付けているが視界には入っているようで、相手と馬体を合わせに行く勝負根性を見せてアタマ差先着した。

【枠順確定】ニュージーランドトロフィー(GII)追い切り評価最終版-2017年4月8日阪神芝1600馬齢

1枠1番 ナイトバナレット 牡3 56.0 中谷 雄太【-】

映像なし

1枠2番 ランガディア 牡3 56.0 戸崎 圭太【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は半馬身差追走。軽く合図の後、手を動かし続けて併入。その後少し前へ出るところまでやった。動きは見えにくい角度だが、カーブの動きはいまいちで、手前を決めるまでに時間がかかる。直線の四肢の可動域は及第点レベルにある。

2枠3番 セイカチトセ 牡3 56.0 吉田 豊【-】

映像なし

2017年4月6日

【水曜追い】桜花賞(GI)追い切り評価-2017年4月9日阪神芝1600定量

アエロリット 55.0 【B】

美浦坂路単走。カーブはバタバタした動きだったが、坂に入って手前を決めると動きが安定した。脚元は若干スローだが、均等なリズムで、しっかりと地面をつかんで駆けられている。【1週前追い評価:B】

アドマイヤミヤビ 55.0 【A】

栗東坂路単走。手前の替え方はそれによるタイムロスがないほどスムース。脚元がしっかりしており、力強く地面をつかみ、前への推進力を得ている。好内容。【1週前追い評価:B】

アロンザモナ 55.0 【B】

栗東CW併せの外。馬場の外側を通って直線は2馬身差追走。馬なりに掛かり気味に追走し、併入した。後脚の流れる完歩があり、折り合い面が不安で操縦するのは難しそうだが、馬は元気そうだ。【1週前映像なし】

【水曜追い】サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)追い切り評価-2017年4月8日阪神芝1600別定

アットザシーサイド 54.0 【B】

栗東坂路併せ。体は進行方向より右だが相手の方を向いているのでそれほど問題はない。問題は内容で、前に併せ馬が居たため、相手が伸びず。この馬はラチ側で終いきれいに脚を伸ばしたのだが、予定どおりの内容だったかどうかは気がかり。評価は据え置く。

アドマイヤリード 54.0 【B+】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた相手の後ろで折り合い、すっとラチ側へ持ち出して1馬身先着した。相手と馬体を合わせるシーンはなかったが、内容は良い。頭の高い走法で、抜け出すときに脚元が多少ばたついたことは少々割引。

エテルナミノル 54.0 【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中を通って直線に入り、終い肩ステッキを軽く入れて均等なペースで駆けた。背中の安定性はいまいちだが、首の角度は良く、四肢の可動域は十分にある。

【水曜追い】ニュージーランドトロフィー(GII)追い切り評価-2017年4月8日阪神芝1600馬齢

イノバティブ 56.0 【B】

美浦W単走。ラチ側を通って直線へ。手前を決めるまで少々時間を要したが、決まってからはきれいに動いた。非力さを感じる完歩は見られたものの、四肢の可動域は及第点レベルにあり、まずまず伸びている。

クライムメジャー 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。ストライド走法で終いまで脚色衰えず、1馬身半先着した。走りはまだ完成していない印象を受けるが、脚元のパワフルさは目を引く。

サンアンカレッジ 56.0 【B-】

美浦坂路3頭併せの内。2頭を1馬身差追いかけ、そのまま馬なりに並ぶこともなくゴール。中の馬の鞍上が振り返ったことから、本来並ぶところまでやる予定だったのではないか。動きそのものは悪くないが。

2017年4月5日

大阪杯の反省と全着順-2017年4月2日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
15キタサンブラック牡5571:58.9B-1
24ステファノス牡6571:59.0B+7
313ヤマカツエース牡5571:59.1B4
414マカヒキ牡4571:59.3A2
512アンビシャス牡5571:59.3B-5
67サトノクラウン牡5571:59.3B+3
71ミッキーロケット牡4571:59.4B-6
810モンドインテロ牡5571:59.8B11
92アングライフェン牡5572:00.0B-14
109ディサイファ牡8572:00.1B13
113スズカデヴィアス牡6572:00.3C12
1211マルターズアポジー牡5572:00.4B8
136サクラアンプルール牡6572:00.9B+9
148ロードヴァンドール牡4572:01.4B+10


総評
A評価1頭、B+評価4頭。1週前追いが各馬良く見えず、サトノクラウンが2週連続B+評価。マカヒキは1週前B-からAへの上昇だった。しかし4着まで。キタサンブラックが能力の高さを見せつけたレースになった。

ダービー卿チャレンジトロフィーの反省と全着順-2017年4月1日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
13ロジチャリス牡5561:34.7B5
25キャンベルジュニア牡5551:34.8-1
38グランシルク牡5551:34.8B+2
411マイネルアウラート牡6571:34.8B3
510ダイワリベラル牡6561:34.9B-8
615ダンツプリウス牡4561:35.1B7
79シベリアンスパーブ牡8541:35.3C12
812ロイカバード牡4551:35.3B-4
97ガリバルディ牡6571:35.3B-6
1016クラレント牡857.51:35.4B-10
112クラリティシチー牡6551:35.4B15
1213ショウナンバッハ牡6541:35.5B+16
1314サンライズメジャー牡856.51:35.5B11
146コスモソーンパーク牡9541:35.6C13
151シェルビー牡8541:35.7B-14
164ショウナンアデラ牝5531:35.8B9


総評
A評価なし、B+評価2頭。ただ、1番人気キャンベルジュニアの映像だけがない。追い切りタイムは悪かったものの、パドックでは最も良かった。1着ロジチャリスはB評価で、3着にB+評価のグランシルク。ただこの馬は2番人気であり、人気薄の方のショウナンバッハは出遅れ。期待していたサンライズメジャーも沈んだ。

2017年4月2日

【1週前追い】桜花賞(GI)追い切り評価-2017年4月9日阪神芝1600定量

アエロリット 55.0 【B】

美浦W単走。馬場の外側を通って直線へ。脚元は若干スローだが、ストライド走法なのでそれほど気にしなくてよさそう。首の使い方はぎこちないものの、それ以外はリラックスした動きをできている。

アドマイヤミヤビ 55.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側からショートカットして、ラチ側を大きく逃げる相手を直線1馬身半差追走。すっと前へ出ると、そのまま大きく引き離した。後脚でしっかり地面をつかみ、前への推進力を生んでいる。ただ、首の使い方が完歩ごとに変わり、フォームは安定していない。

カラクレナイ 55.0 【B+】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。軽く促して伸びやかに駆けられている。四肢の可動域は十分で、関節のやわらかさも感じられる。軽い内容にしてはタイムも出ている。首をぐっと沈み込ませる完歩が続かないことだけ割引。

2017年3月31日

【枠順確定】大阪杯(GI)追い切り評価最終版-2017年4月2日阪神芝2000定量

1枠1番 ミッキーロケット 牡4 57.0 和田【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右。躓く完歩が見られ、相手を追い詰めたもののハナ差及ばなかった。迫力はあるのだが、体は進行方向より若干右で、伸びきれない印象。【1週前追い評価:B】

2枠2番 アングライフェン 牡5 57.0 岩田【B-】

栗東坂路単走。バランスが取れた走法で、気分は良さそう。前脚と後脚も同一ライン上にある。だが、脚元の動きはスローで、このメンバーでは能力が足りるかどうか。【1週前映像なし】

3枠3番 スズカデヴィアス 牡6 57.0 藤岡佑【C】

栗東CW単走。ラチ側を深く入り、終いにかけて脚を伸ばす内容。軽く仕掛けられてからふわふわしたところがある。このメンバーに入るとさすがに見劣る。【1週前映像なし】

【枠順確定】ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)追い切り評価最終版-2017年4月1日中山芝1600ハンデ

1枠1番 シェルビー 牡8 54.0 田辺【B-】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた相手にすっと並び、追ってアタマ差程度先着した。とはいえ相手はジョッキー騎乗で馬なり。タイムもそこまで良いとは言えない。並んでから相手の居ない右側に首を曲げるなど、勝負根性を見せなかったことも割引。ただし、脚元はしっかりしている。

1枠2番 クラリティシチー 牡6 55.0 松岡【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目で若干ショートカットし、並走して直線へ。1馬身先着したゴール地点で尻ステッキを入れ、その後もしっかり駆けさせた。後脚の力強さには欠けるものの、首の雰囲気から気合い乗りの良さはわかる。

2枠3番 ロジチャリス 牡5 56.0 内田博【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。ずっと相手の方を見ており勝負根性は感じられるが、ゴール地点では中に1馬身遅れ、外と併入。ゴール後並ぶところまではやった。エンジンのかかりは遅い。体はかなり太く、ゆるい。これで絞れるのかどうか。ただ、活気はもちろんあり、四肢の可動域は十分。

2017年3月30日

【水曜追い】大阪杯(GI)追い切り評価-2017年4月2日阪神芝2000定量

アングライフェン 57.0 【B-】

栗東坂路単走。バランスが取れた走法で、気分は良さそう。前脚と後脚も同一ライン上にある。だが、脚元の動きはスローで、このメンバーでは能力が足りるかどうか。【1週前映像なし】

アンビシャス 57.0 【B-】

栗東坂路併せ。荒々しさは十分だが、スピードが乗ってこない印象。坂で1馬身差追走し、追い詰めたがハナ差及ばなかった。【1週前追い評価:C】

キタサンブラック 57.0 【B-】

栗東CW併せの内。ラチ側を深く入って直線は2馬身差追走。じっと馬なりに並びかけたがゴール地点でアタマ差遅れ。その後すぐにゆるめた。タイムは出ているが、そこまでのスピードは感じられない。馬格を生かした走りはできており、不調ではなさそうだが疑問ではある。負荷もかかっておらず、余裕残しかもしれない。【1週前追い評価:B-】

【水曜追い】ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)追い切り評価-2017年4月1日中山芝1600ハンデ

ガリバルディ 57.0 【B-】

栗東坂路単走。パワフルではあるのだが、バタバタした印象。後脚が流れる完歩が多く、前脚の着地ポイントも基本的に右側。舌をずっと出しているのも割引。体はある程度まっすぐ向いている。

クラリティシチー 55.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目で若干ショートカットし、並走して直線へ。1馬身先着したゴール地点で尻ステッキを入れ、その後もしっかり駆けさせた。後脚の力強さには欠けるものの、首の雰囲気から気合い乗りの良さはわかる。

クラレント 57.5 【B-】

栗東坂路単走。頭は高めで前脚の着地ポイントがぶれる完歩は多い。気分良さそうに駆けられているが、活気が不足している方向にとらえてもよさそうで難しい。Bと迷ったがマイナス評価とする。

高松宮記念の反省と全着順-2017年3月26日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16セイウンコウセイ牡4571:08.7A5
23レッツゴードンキ牝5551:08.9B-2
37レッドファルクス牡6571:09.0A1
41ティーハーフ牡7571:09.3B16
52フィエロ牡8571:09.3B7
614トーキングドラム牡7571:09.4A10
711スノードラゴン牡9571:09.4B-11
817ナックビーナス牝4551:09.5B12
913ソルヴェイグ牝4551:09.5B-6
1012メラグラーナ牝5551:09.6B3
1115ヒルノデイバロー牡6571:09.7B+9
128バクシンテイオー牡8571:09.7B+17
134ラインスピリット牡6571:09.8C14
1410クリスマス牝6551:10.0B13
159シュウジ牡4571:10.1B+4
1618ワンスインナムーン牝4551:10.2B8
175レッドアリオン牡7571:10.3B18
1816トウショウピスト牡5571:11.0B15


総評
A評価3頭、B+評価3頭。A→B-→Aで決まったとはいえ、レッツゴードンキは1週前B+。まずまず参考になったかもしれない。1着のセイウンコウセイは1週前B-評価からの上昇馬。3着レッドファルクスは2週連続A評価だった。もう1頭の2週連続A評価トーキングドラムも人気薄で6着にがんばった。

マーチステークスの反省と全着順-2017年3月26日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
14インカンテーション牡757.51:52.0C10
215ディアデルレイ牡6551:52.1B+2
35アルタイル牡5541:52.2B-11
412ロンドンタウン牡4571:52.3B3
514アスカノロマン牡6581:52.3B-4
68リーゼントロック牡6551:52.4B+7
76メイショウスミトモ牡6561:52.5B5
810コクスイセン牡4541:52.6B+9
97ディアドムス牡5541:52.6C15
109マイネルクロップ牡7561:52.7B+12
1116ストロングサウザー牡6571:52.8B13
1211コスモカナディアン牡4561:52.9A1
132ショウナンアポロン牡7561:52.9B+8
141ハッピースプリント牡6561:53.2-14
1513シルクドリーマー牡8531:53.5B+16
163ピットボス牡4551:53.5-6


総評
A評価1頭、B+評価6頭。一方、4頭にマイナス評価をつけていて、映像なしが2頭。B+評価ディアデルレイが2着に来たとはいえ7頭のプラス評価組の1頭にすぎず、1,3着がマイナス評価。目も当てられない結果になった。

毎日杯の反省と全着順-2017年3月25日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
13アルアイン牡3561:46.5B+2
21サトノアーサー牡3561:46.6B+1
36キセキ牡3561:46.7B7
47プラチナムバレット牡3561:47.0A5
55トラスト牡3571:47.3B6
64クリアザトラック牡3561:47.3B+4
78ガンサリュート牡3561:47.6B3
82テイエムヒッタマゲ牡3571:51.7B-8


総評
A評価1頭、B+評価3頭。みなさん悪くなく、サトノアーサーの1強ムードではないなと考えていたが、さすがにサトノアーサーは2着に来た。とはいえA評価のプラチナムバレットは4着で馬券対象にならず、3着のキセキはB評価。B+→B+で決まったが配当はそれほどつかず、あまり参考にならなかったかもしれない。

日経賞の反省と全着順-2017年3月25日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
113シャケトラ牡4552:32.8B+4
211ミライヘノツバサ牡4552:32.9B+7
310アドマイヤデウス牡6562:32.9B6
49レインボーライン牡4552:33.1B2
512ゴールドアクター牡6572:33.2B1
66ディーマジェスティ牡4572:33.3B3
73ヤマカツライデン牡5562:33.5-10
87マイネルサージュ牡5562:33.6B12
98ジュンヴァルカン牡4552:33.6B5
105ナスノセイカン牡5562:33.8B-9
1114ツクバアズマオー牡6562:34.1B8
121フェルメッツァ牡6562:34.5A11
132レコンダイト牡7562:34.6B14
1415トーセンレーヴ牡9562:35.8-15
1516マイネルメダリスト牡9562:36.7-16
164プランスペスカ牡7562:41.5B13


総評
A評価1頭、B+評価2頭。A評価のフェルメッツァは沈んでしまったが、B+評価のワンツーで、まずまず参考になったかもしれない。ここのところいまいちな結果が続いていたが、個人的にも会心の馬連だった。

2017年3月26日

【1週前追い】大阪杯(GI)追い切り評価-2017年4月2日阪神芝2000定量

アンビシャス 57.0 【C】

栗東坂路併せ。相手はミッキーロケット。合図に反応せず、2馬身遅れ。脚元が軽すぎ、しっかり地面をつかめていない印象。

キタサンブラック 57.0 【B-】

栗東CW3頭併せの中。ラチ側で3頭分くらいの間隔を開けて先行する2頭を2馬身差追走。持ったまま直線ですっと並びかけ、外の相手と併入。その後すぐにゆるめた。タイムは出ているが、動きは重く見え、タイムほどには感じられない。

サクラアンプルール 57.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。持ったまま折り合い、併入した。馬体は小さく見えるが活気はあり、推進力も十分。

2017年3月24日

【枠順確定】高松宮記念(GI)追い切り評価最終版-2017年3月26日中京芝1200定量

1枠1番 ティーハーフ 牡7 57.0 国分優【B】

栗東坂路併せ。大きな馬を1馬身差で追い、並んで抜け出し1馬身先着した。相手に寄られてもひるまなかったことは評価。抜け出してから少し前脚の着地ポイントがぶれたが、最後までしっかり駆けられている。【1週前映像なし】

1枠2番 フィエロ 牡8 57.0 内田博【B】

栗東坂路単走。首の使い方を除けばいい動き。脚元の回転力は豊富で、前膝から繋にかけてのやわらかさ、およびそれと後脚の美しい連動が見られる。一方、首ではなく顎を使うようなリズムの取り方はいまいちで、体も進行方向よりほんの少し右を向いている。【1週前映像なし】

2枠3番 レッツゴードンキ 牝5 55.0 岩田【B-】

栗東坂路単走。植え込み側から坂に入り、徐々にラチ側へ流れた。左前肢が着地後内向する完歩が見られる。動きそのものはそこまで悪くはないのだが。【1週前追い評価:B+】

【枠順確定】マーチステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月26日中山ダ1800ハンデ

1枠1番 ハッピースプリント 牡6 56.0 蛯名【-】

映像なし

1枠2番 ショウナンアポロン 牡7 56.0 丸田【B+】

美浦ダート単走。カーブから活気のある動き。体もパワフルで、推進力は若干上に逃げるものの、しっかり伸びられている。手前の替え方は完璧で、そういう面からも状態は良いと考えてよさそう。

2枠3番 ピットボス 牡4 55.0 柴田善【-】

映像なし

【枠順確定】日経賞(GII)追い切り評価最終版-2017年3月25日中山芝2500別定

1枠1番 フェルメッツァ 牡6 56.0 戸崎圭【A】

栗東CW併せの内。ラチ側で馬体を合わせて直線に入ると、すぐに抜け出し一人旅。肩ステッキを入れるとすぐに反応し、その後も数度ステッキを使って伸びた。タイムは上々で、何より注目は鞍上。失礼ながら、けっこう重そうな方が騎乗しており、それでいてこれだけ動けているのは評価対象になる。

1枠2番 レコンダイト 牡7 56.0 石橋脩【B】

栗東坂路併せ。脚元は若干スローだが、合図できちんと反応し、1馬身先着した。首の使い方に少しぎこちないところは見られるが、前膝から繋、後脚への連動はきれいにできている。

2枠3番 ヤマカツライデン 牡5 56.0 津村【-】

映像なし

【枠順確定】毎日杯(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月25日阪神芝1800別定

1枠1番 サトノアーサー 牡3 56.0 川田【B+】

栗東CW併せの内。ラチ側を深く入り、3馬身ほど前を行かせた相手を直線2馬身差追走。持ったまま並びかけると一瞬で交わし、ゴール地点では大差。少しふわふわしたところはあるのだが、大きなストライドで伸びられている。

2枠2番 テイエムヒッタマゲ 牡3 57.0 田中健【B-】

栗東坂路単走。頭の高い走りで、左前肢の着地が少し甘い。活気はあり、ステッキを入れて十分に負荷はかけられている。

3枠3番 アルアイン 牡3 56.0 松山【B+】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入り、直線は長くいい脚を使って伸びた。手前の替え方はスムースで、前後のバランスは良く、体幹もしっかりしている。

2017年3月22日

【水曜追い】高松宮記念(GI)追い切り評価-2017年3月26日中京芝1200定量

クリスマス 55.0 【B】

美浦W単走。馬場の外側を通って、直線も弾力性のある動きができている。後脚の可動域とやわらかさは良い。首から前脚にかけては及第点レベル。【1週前映像なし】

スノードラゴン 57.0 【B-】

美浦坂路単走。馬なりにしては時計はそこそこ出ており、体もまっすぐ前を向いている。ただ、この馬の良いときは脚元がもっとかちっとしているのは確かで、今回は若干後脚の動きにぶれがある。【1週前追い評価:B】

セイウンコウセイ 57.0 【A】

美浦W単走。馬場の外目を通ってカーブから意欲的に駆け、そのままの勢いで直線も鋭く駆け抜けた。好仕上がり。【1週前追い評価:B-】

【水曜追い】マーチステークス(GIII)追い切り評価-2017年3月26日中山ダ1800ハンデ

インカンテーション 57.5 【C】

栗東坂路単走。脚元はスローで、頭が少し右を向く。体は進行方向をまっすぐに向いており、タイムもそこそこ出ているのだが、なんとも活気のない動き。

キクノソル 54.0 【C】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中で直線2馬身差程度追走し、押すもとらえらえず1馬身4分の1遅れた。ゴール前にゆるめたのもどうか。

コスモカナディアン 56.0 【A】

美浦W単走。ラチ側を深く入って直線へ。首を小刻みに上下動させながら、均等なリズムで脚を伸ばせた。脚の長い馬が四肢を大きく使えているので、見栄えは良く、鋭さも十分に感じられる。

【水曜追い】日経賞(GII)追い切り評価-2017年3月25日中山芝2500別定

アクションスター 56.0 【C】

栗東坂路併せ。前脚の繋がゆるく、後脚の推進力もいまいち。最後は離され1馬身遅れた。

アドマイヤデウス 56.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干右で、右前肢と左前肢の着地ポイントが近いいつもの動き。軽やかさがあり、気分良さそうに駆けられている。

ゴールドアクター 57.0 【B】

美浦W3頭併せの中。馬場の外目を通り、外を1馬身半、中を約3馬身追走する展開。ゴール地点では内に届かなかったが、ゴール後も追って両頭の前に出た。動きは少し重めだが、ダイナミックさはあり気にしなくていいレベル。ただ、馬体が太く見えるのは気がかり。これで絞れればいいのだが、当日の馬体重に注意したい。

【水曜追い】毎日杯(GIII)追い切り評価-2017年3月25日阪神芝1800別定

アルアイン 56.0 【B+】

栗東CW単走。馬場の外側を深く入り、直線は長くいい脚を使って伸びた。手前の替え方はスムースで、前後のバランスは良く、体幹もしっかりしている。

ガンサリュート 56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なりの内容で活気には乏しいものの、リズムが良い。1度手前を替えても動きは安定しており、しっかりと地面をつかんで駆けられている。体もぶれない。

サトノアーサー 56.0 【B+】

栗東CW併せの内。ラチ側を深く入り、3馬身ほど前を行かせた相手を直線2馬身差追走。持ったまま並びかけると一瞬で交わし、ゴール地点では大差。少しふわふわしたところはあるのだが、大きなストライドで伸びられている。

フラワーカップの反省と全着順-2017年3月20日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
112ファンディーナ牝3541:48.7B1
26シーズララバイ牝3541:49.5B-8
38ドロウアカード牝3541:49.5C7
413エバープリンセス牝3541:49.6B+12
510ハナレイムーン牝3541:49.7A4
61ディーパワンサ牝3541:49.7B-3
74サンティール牝3541:49.9C5
87トーホウアイレス牝3541:50.0B-10
93モリトシラユリ牝3541:50.0B6
109サクレエクスプレス牝3541:50.1B11
115デアレガーロ牝3541:50.4B2
122ブライトムーン牝3541:50.4-9
1311ヴィーナスアロー牝3541:51.6-13


総評
追い切りA評価1頭、B+評価1頭。しかしここはファンディーナで鉄板と見ていた。追い切りでは気性面だけ気がかりだったが迫力は十分。1週前に坂路で50秒台をマークしたこともあり、能力には疑いようがない。そのとおり、ファンディーナの圧勝。B+評価の人気薄エバープリンセスは惜しくも4着に敗れた。

阪神大賞典の反省と全着順-2017年3月19日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
19サトノダイヤモンド牡4573:02.6B+1
23シュヴァルグラン牡5573:02.8B2
34トーセンバジル牡5563:03.2B5
48タマモベストプレイ牡7563:03.4B6
51スピリッツミノル牡5563:03.4B-8
610マドリードカフェ牡6563:04.6-9
77ワンアンドオンリー牡6573:05.0B-3
85トウシンモンステラ牡7563:05.1B10
96レーヴミストラル牡5563:05.3B4
102ウインスペクトル牡5563:07.2B7


総評
追い切りA評価なし、B+評価はサトノダイヤモンドのみ。能力の高い馬が追い切り良く、パドックでも良く見えたのだから逆らえない。着差は大きくなかったが、能力の違いを見せつける結果になった。

フジテレビ賞スプリングステークスの反省と全着順-2017年3月19日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
110ウインブライト牡3561:48.4B5
28アウトライアーズ牡3561:48.5B+2
37プラチナヴォイス牡3561:48.6B6
49サトノアレス牡3561:48.7B-1
511トリコロールブルー牡3561:48.7B-3
65エトルディーニュ牡3561:49.0B8
73オールザゴー牡3561:49.4B-7
84ストロングレヴィル牡3561:50.6A9
91ダノンケンリュウ牡3561:50.6-10
106モンドキャンノ牡3561:50.7A4
112サウンドテーブル牡3561:51.8-11


総評
追い切りA評価2頭、B+評価1頭。うちB+評価のアウトライアーズが2着に入った。1番人気サトノアレスはB-評価。パドックでも暴れていて、切れるレース。これで4着に来たのだから、自力は上位なのだろう。

中日スポーツ賞ファルコンステークスの反省と全着順-2017年3月18日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
19コウソクストレート牡3561:21.1B+3
210ボンセルヴィーソ牡3561:21.1C2
35メイソンジュニア牡3561:21.2C6
411ダイイチターミナル牡3561:21.3B-12
58デスティニーソング牝3541:21.5B+10
64ジョーストリクトリ牡3561:21.5B-4
716エントリーチケット牝3541:21.7B8
814メイショウオワラ牝3541:21.7-14
91ラニカイサンデー牡3561:21.7-9
1013マイネルバールマン牡3561:21.8B7
1112ナイトバナレット牡3561:22.0B+1
123ジャッキー牡3561:22.0B5
1315ライズスクリュー牝3541:22.1B-11
147マンカストラップ牡3561:22.6B13
156レジーナフォルテ牝3541:22.8B15
162ラニカイシチー牡3561:22.9C16


総評
追い切りA評価なし、B+評価3頭。うち1頭のコウソクストレートが勝った。悩ましかったのはボンセルヴィーソの扱いで、この馬は朝日杯FSで人気薄のところをA評価。3着にがんばったのだが今回の坂路はいまいち。結局能力を見せて2着に粘った。

2017年3月21日

【追い切り短評】京浜盃(SII)―2017年3月22日大井ダ1700外

1枠1番 ブラウンレガート 矢野貴(大井)

【B+】大井単走。推進力は若干上に逃げているが、首を小刻みにリズム良く使い、リラックスしたいい動き。負荷もかけており、体にはボリューム感がある。

2枠2番 カンムル 吉原寛(金沢)

【B】浦和単走。直線に入ってすぐに促し、尻ステッキを連発して一杯に追った。馬もそれにこたえて駆けられている。脚元は少しスロー。

3枠3番 バンドオンザラン 真島大(大井)

【映像なし】

2017年3月18日

【1週前追い】高松宮記念(GI)追い切り評価-2017年3月26日中京芝1200定量

シュウジ 57.0 【B+】

栗東坂路併せ。パワフルさが目を引く。相手の真後ろにつけて坂に入り、並ぶ間もなく抜き去ると、そのまま3馬身以上先着した。頭は高めだが首はきちんと使えており、ステッキを使わず押して十分な負荷をかけた。

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。楽に流しただけの内容。それでも首をゆったりと使って四肢をやわらかに使う動きで、状態の良さは伝わってくる。評価はDでもいいのだが、Bをつけておく。

セイウンコウセイ 57.0 【B-】

美浦W単走。馬場の外目を通って直線に入り、軽く促して脚を伸ばした。気になるのは手前。ずっと左手前で走っており、直線で右手前に替えようとしてが、2完歩だけ右手前で走ってすぐに左手前に戻した。左回りの府中で実績はあるが、本質的に右回りの方が合うのではないか。

【枠順確定】フラワーカップ(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月20日中山芝1800別定

1枠1番 ディーパワンサ 牝3 54.0 内田博【B-】

栗東CW3頭併せの外。ラチ沿いを深く入り、直線は内から1馬身差ずつ追走。持ったまま並ぶと、最後は押してズブズブ伸び、中に2馬身先着した。ただ、相手が動かなかっただけで、この馬の動きは重く、四肢の可動域も及第点レベル。

2枠2番 ブライトムーン 牝3 54.0 田辺【-】

映像なし

3枠3番 モリトシラユリ 牝3 54.0 江田照【B】

馬場の内側から真ん中へ持ち出して、直線は2馬身差追走。ゴール地点ではクビ差遅れも、ゴール後前に出るところまではやった。脚の長い馬で、四肢の可動域がそれほどないため見栄えはしないが、反応はできている。

2017年3月17日

【枠順確定】阪神大賞典(GII)追い切り評価最終版-2017年3月19日阪神芝3000別定

1枠1番 スピリッツミノル 牡5 56.0 幸 英明【B-】

栗東CW併せの外。馬場の外側を深く入り、直線は半馬身差追走。すぐに並ぶと持ったまま折り合う。ここまでは良かったのだが、合図から押しても動きのいまいちな相手にアタマ差遅れた。

2枠2番 ウインスペクトル 牡5 56.0 丹内 祐次【B】

美浦坂路併せ。相手は後方なので実質単走。途中落鉄したが、鞍上はしっかり押して力強く駆けられている。

3枠3番 シュヴァルグラン 牡5 57.0 福永 祐一【B】

栗東坂路併せ。相手と間隔を取って駆け、2馬身先着した。活気はあるのだが、首を上下動させず回すように動かし、右後肢が流れる完歩が見られる。推進力はきれいに前を向いている。

【枠順確定】フジテレビ賞スプリングステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年3月19日中山芝1800馬齢

1枠1番 ダノンケンリュウ 牡3 56.0 松若 風馬【-】

映像なし

2枠2番 サウンドテーブル 牡3 56.0 水口 優也【-】

映像なし

3枠3番 オールザゴー 牡3 56.0 内田 博幸【B-】

栗東坂路併せ。頭は高く位置がぶれ、脚元もバタバタ。坂で1馬身追走してアタマ差先着したように、力強さはあるのだが、まだ脚元がパンとしていない印象。

【枠順確定】中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月18日中京芝1400別定

1枠1番 ラニカイサンデー 牡3 56.0 北村 友一【-】

映像なし

1枠2番 ラニカイシチー 牡3 56.0 小崎 綾也【C】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが近く、脚元の動きはスロー。もっさりとした動きで、評価できるポイントが見つからない。

2枠3番 ジャッキー 牡3 56.0 内田 博幸【B】

美浦坂路併せ。暴れ馬ほどではないが、活気十分な走りでアタマ差先着した。ただ、フォームは未完成。頭は高く、首の使い方がかなり下手。とはいえ低評価したくないレベルの活気ではある。

2017年3月16日

【水曜追い】フラワーカップ(GIII)追い切り評価-2017年3月20日中山芝1800別定

サンティール 54.0 【C】

美浦芝併せの内。並んで駆けて併入したが、かなり非力。脚元がしっかりしておらず、管も細い。レースを使うのが心配になってくる。

ディーパワンサ 54.0 【B-】

栗東CW3頭併せの外。ラチ沿いを深く入り、直線は内から1馬身差ずつ追走。持ったまま並ぶと、最後は押してズブズブ伸び、中に2馬身先着した。ただ、相手が動かなかっただけで、この馬の動きは重く、四肢の可動域も及第点レベル。

ドロウアカード 54.0 【C】

栗東坂路単走。体はまっすぐ向いているのだが、脚元は非力。左前肢が着地後少し内向する。着地ポイントも少しぶれる。

【水曜追い】阪神大賞典(GII)追い切り評価-2017年3月19日阪神芝3000別定

ウインスペクトル 56.0 【B】

美浦坂路併せ。相手は後方なので実質単走。途中落鉄したが、鞍上はしっかり押して力強く駆けられている。

サトノダイヤモンド 57.0 【B+】

栗東CW併せの内。馬場の真ん中を通って並走して直線へ。持ったままゆったり1馬身先着し、ゴール後軽く動かした。体は少しゆるいかもしれないが、動きは弾力性がありパワフルだ。

シュヴァルグラン 57.0 【B】

栗東坂路併せ。相手と間隔を取って駆け、2馬身先着した。活気はあるのだが、首を上下動させず回すように動かし、右後肢が流れる完歩が見られる。推進力はきれいに前を向いている。

【水曜追い】フジテレビ賞スプリングステークス(GII)追い切り評価-2017年3月19日中山芝1800馬齢

アウトライアーズ 56.0 【B+】

美浦W3頭併せの内。ラチ側を逃げる2頭を馬場の外側を通って直線2馬身差追走。じっと並びかけて半馬身差遅れ、その後も並んで駆けた。始動からトップスピードにかけて四肢を徐々に大きく使えるようになってくる。操縦性も高そうだ。

ウインブライト 56.0 【B】

美浦W併せの外。馬場の真ん中を通って直線は2馬身差追走。力強さには欠けるものの、弾力性のある動きでスムースに伸びられている。

エトルディーニュ 56.0 【B】

美浦W併せの外。ラチ沿いを通って直線はアタマ差先行。鞍上は一切手を動かさず、1馬身先着した。動きは素軽く、走れる状態にはありそうだがトライアル仕上げ。能力でどこまでやれるか。

【水曜追い】中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)追い切り評価-2017年3月18日中京芝1400別定

エントリーチケット 54.0 【B】

栗東坂路単走。首を右下から左上に小刻みに動かしていたが、後半にかけてしっかり。すっと姿勢を正したようになってからは、かちっとしたいい動きになった。

コウソクストレート 56.0 【B+】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中外目を通って直線は内に半馬身、外に1馬身半差先行。両頭を従えたまま1馬身差でゴール。ゴール地点で鞍上がステッキを抜き、さらに伸びて差を広げた。頭を低く保ったフォームは良い。体は少し太いかもしれない。

ジャッキー 56.0 【B】

美浦坂路併せ。暴れ馬ほどではないが、活気十分な走りでアタマ差先着した。ただ、フォームは未完成。頭は高く、首の使い方がかなり下手。とはいえ低評価したくないレベルの活気ではある。

2017年3月15日

報知杯フィリーズレビューの反省と全着順-2017年3月12日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
116カラクレナイ牝3541:21.0B+2
215レーヌミノル牝3541:21.1B+1
313ゴールドケープ牝3541:21.3B6
46ジューヌエコール牝3541:21.6A3
511ヤマカツグレース牝3541:21.8-11
64フラウティスタ牝3541:21.9B8
75クインズサリナ牝3541:21.9B13
814ビーカーリー牝3541:22.1B12
93ステラルージュ牝3541:22.1B-9
101スリーミスヨハネス牝3541:22.2-18
1117アカカ牝3541:22.2B-16
1210ラーナアズーラ牝3541:22.2B-14
1318アンジュデジール牝3541:22.3A15
147タガノカトレア牝3541:22.3B+4
152アズールムーン牝3541:22.6B-5
169ベルカプリ牝3541:22.7B+7
1712シグルーン牝3541:23.1B10
188アルミューテン牝3541:23.2B-17


総評
追い切りA評価2頭、B+評価4頭。パドックで良く見えたB+評価の人気2頭がワンツーを決め、3着はこれまたパドック良かったゴールドケープ。レーヌミノルの斜行で大きな不利を受けたA評価ジューヌエコールが4着に入った。人気薄A評価のアンジュデジールはパドックも良かったのだが、残念な結果になった。

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスの反省と全着順-2017年3月12日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
14トーセンビクトリー牝5531:49.4C5
213マジックタイム牝6561:49.4B1
31クインズミラーグロ牝5521:49.5C7
416パールコード牝4551:49.6B2
59デニムアンドルビー牝755.51:49.6B6
610ウキヨノカゼ牝7551:49.6B10
711サンソヴール牝6521:49.7B-11
814フロンテアクイーン牝4531:49.7B+4
95シャルール牝5541:49.8B+8
103ビッシュ牝4551:49.9A3
1112ヒルノマテーラ牝6541:50.0A12
127プリメラアスール牝5511:50.2B9
132ハピネスダンサー牝6521:50.2B+14
148メイショウマンボ牝7541:50.4C-13
1515リーサルウェポン牝6491:50.5B16
166ウインリバティ牝6501:50.5-15


総評
A評価2頭、B+評価3頭。しかしすべてが掲示板に載らず、C評価が1,3着という目も当てられない結果になった。謝ります。すみませんでした。

金鯱賞の反省と全着順-2017年3月11日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16ヤマカツエース牡5571:59.2B+1
215ロードヴァンドール牡4561:59.4-7
38スズカデヴィアス牡6561:59.4-13
43ナスノセイカン牡5561:59.5B-11
54ルミナスウォリアー牡6561:59.5B9
69ステファノス牡6561:59.5A3
72プロディガルサン牡4561:59.5B2
81ルージュバック牝5551:59.6B+4
95タッチングスピーチ牝5541:59.6B+10
1013ヌーヴォレコルト牝6541:59.7B+6
1110サトノノブレス牡7561:59.7B+5
127アングライフェン牡5561:59.7B-15
1311ヒットザターゲット牡9561:59.7C16
1414ヒストリカル牡8561:59.7B12
1516フルーキー牡7561:59.9-14
1612パドルウィール牡6562:00.3B-8


総評
A評価1頭、B+評価5頭。映像なしが3頭。2,3着に映像なしの馬が来るという決着になってしまい、A評価ステファノスは6着。勝ったのはB+評価ヤマカツエース。開催時期が変わりこの時期になった金鯱賞だが、昨年12月からの変則連続勝利となった。

2017年3月10日

【枠順確定】ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月12日中山芝1800ハンデ

1枠1番 クインズミラーグロ 牝5 52.0 蛯名【C】

美浦ポリトラック単走。四肢を力強く使えていない。肩はある程度やわらかで、前脚は前に出てくるのだが方向指示程度。後脚は可動域が狭く、いかにもパワー不足な印象。

1枠2番 ハピネスダンサー 牝6 52.0 内田博【B+】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干左。ただ、フォームが一切乱れない。すべての完歩で同じフォーム。リズムも均等で、ぶれずに坂を駆け上がってきた。軽ハンデを生かせるか。

2枠3番 ビッシュ 牝4 55.0 戸崎圭【A】

美浦W併せの外。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。持ったまま並んで折り合い、共に脚を伸ばして同入。その後も並んで駆けた。活気は十分にあり、きちんと折り合えた気性面にも高評価したい。

【枠順確定】報知杯フィリーズレビュー(GII)追い切り評価最終版-2017年3月12日阪神芝1400馬齢

1枠1番 スリーミスヨハネス 牝3 54.0 川島【-】

映像なし

1枠2番 アズールムーン 牝3 54.0 石橋脩【B-】

美浦坂路併せ。相手の方へ寄っていこうとする勝負根性は見せたが、脚元は非力で動きもスロー。終い強く追ったがクビ差遅れた。

2枠3番 ステラルージュ 牝3 54.0 高倉【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向より少し左。馬は一生懸命走っているようで好感は持てるためC評価はしないが、後脚が流れており、まだまだ非力な印象。

【枠順確定】金鯱賞(GII)追い切り評価最終版-2017年3月11日中京芝2000別定

1枠1番 ルージュバック 牝5 55.0 戸崎圭【B+】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、並走して直線へ。鋭く伸びて1馬身先着した。可動域と弾力性を兼ね備えた動きで、この馬はいつもすばらしいのだが、今回は後脚の可動域がいつもより落ちる。それでも十分にすばらしいのだが。

1枠2番 プロディガルサン 牡4 56.0 田辺【B】

美浦W単走。馬場の真ん中を通って直線へ。道中手前を何度か替えるなど、遊びながら走っている面はある。脚の長い特徴的な馬体で、リラックスして動けている。体は前走時より細く見えるが、締まったと見てよさそう。

2枠3番 ナスノセイカン 牡5 56.0 丸山【B-】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、並走して直線へ。並走して同入したが、頭の高いフォームで弾けない印象。

2017年3月9日

【水曜追い】ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)追い切り評価-2017年3月12日中山芝1800ハンデ

ウインファビラス 53.0 【B】

美浦W単走。ラチ沿いを深く入って馬なりに。四肢の可動域は及第点レベルにあり、リラックスして動けている。一方、活気はいつもより劣る。

ウキヨノカゼ 55.0 【B】

美浦W単走。タイムは出ていないが、四肢の可動域は十分にある。よくわからないのが首の使い方のぎこちなさ。気合いが入っていると見てもいいのかもしれないが、走ることを楽しんでいないようにも見えてくる。

クインズミラーグロ 52.0 【C】

美浦ポリトラック単走。四肢を力強く使えていない。肩はある程度やわらかで、前脚は前に出てくるのだが方向指示程度。後脚は可動域が狭く、いかにもパワー不足な印象。

【水曜追い】報知杯フィリーズレビュー(GII)追い切り評価-2017年3月12日阪神芝1400馬齢

アカカ 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。頭の位置がぶれ、首の可動域の狭い走り。前脚の使い方もぎこちない。ただ、それでいて推進力は前に向いている。もう少しやわらかさが出てくれば良くなりそう。

アズールムーン 54.0 【B-】

美浦坂路併せ。相手の方へ寄っていこうとする勝負根性は見せたが、脚元は非力で動きもスロー。終い強く追ったがクビ差遅れた。

アルミューテン 54.0 【B-】

美浦坂路単走。馬場の内目から坂に入ったのでタイムは並。馬はまじめに走っているのだが、鞍上が見せムチから強烈すぎる尻ステッキを何度も入れ、強すぎる負荷をかけた。ここまでやる必要があるのかどうか。ずっと追っているのだが、その割に反応はいまいち。

【水曜追い】金鯱賞(GII)追い切り評価-2017年3月11日中京芝2000別定

アングライフェン 56.0 【B-】

栗東坂路単走。体はまっすぐに向いているのだが、首の可動域が狭く活気に乏しい。脚先だけで駆けているような印象。

サトノノブレス 56.0 【B+】

栗東CW3頭併せの内。映像は最後だけで、外を1馬身追走し、中に1馬身、外に半馬身先着した。首の角度は良く、肩がやわらかで前脚を大きく使えている。

ステファノス 56.0 【A】

栗東CW単走。馬場の真ん中を通って直線へ。タイムは抜群。カーブから意欲的に駆け、そのままのリズムで長くいい脚を使った。雄大なフォームで駆けられている。

2017年3月8日

【追い切り短評】フジノウェーブ記念(SIII)―2017年3月8日大井ダ1400外

1枠1番 オウマタイム 左海誠(船橋)

【映像なし】

1枠2番 ミヤジマッキー 瀧川寿(川崎)

【B-】小林単走。やわらかに駆けられてはいるが、後脚が流れる完歩が見られ、体も少しゆるい。

2枠3番 ゴーディー 坂井英(大井)

【B-】大井単走。体幹はしっかりしており、動きのぶれが少ないところは長所。ただ、後脚の可動域はかなり狭く、窮屈な動きだ。

2017年3月7日

報知杯弥生賞の反省と全着順-2017年3月5日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111カデナ牡3562:03.2B+1
210マイスタイル牡3562:03.3B8
34ダンビュライト牡3562:03.5B5
41ベストアプローチ牡3562:03.5B-7
55サトノマックス牡3562:03.5A6
67コマノインパルス牡3562:03.6B3
72テーオーフォルテ牡3562:03.6-9
83グローブシアター牡3562:03.6B4
99ダイワキャグニー牡3562:03.8B2
1012ディアシューター牡3562:04.2A10
118スマートエレメンツ牡3562:04.5B-11
126キャッスルクラウン牡3562:05.3-12


総評
追い切りA評価2頭、B+評価1頭。追い切り映像のなかったテーオーフォルテが追い切りタイム良く、人気もないのでパドックで注目。悪くなかったのだが、レースでは案外だった。結果はB+→B→B。大して参考にならない追い切り評価になってしまった。

チューリップ賞の反省と全着順-2017年3月4日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
110ソウルスターリング牝3541:33.2A1
27ミスパンテール牝3541:33.5B7
33リスグラシュー牝3541:33.6B-2
41ミリッサ牝3541:33.7B+3
52カワキタエンカ牝3541:33.8B-8
66ダノンディーヴァ牝3541:33.9C-4
75アロンザモナ牝3541:34.0B+5
89レッドリボン牝3541:34.2-10
98ビップキャッツアイ牝3541:34.7-12
104エントリーチケット牝3541:34.9C6
1111ワールドフォーラブ牝3541:35.3A9
1212アンバーミニー牝3541:38.8B+11


総評
A評価2頭、B+評価3頭。ソウルスターリングが動き良く、問題ないだろうと考えていたが、問題は相手。リスグラシューが実績・能力ともに上位なのだが追い切りはだめ。パドックでもいまいちで、相手が難しいレースになった。

夕刊フジ賞オーシャンステークスの反省と全着順-2017年3月4日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
19メラグラーナ牝5541:08.3B-1
22ナックビーナス牝4541:08.4B3
34クリスマス牝6541:08.4B-4
43ブレイブスマッシュ牡4561:08.4A2
514ブラヴィッシモ牡5561:08.6-5
65バクシンテイオー牡8561:08.7B10
711コスモドーム牡6561:08.7B9
810スノードラゴン牡9571:08.7C6
91ペイシャフェリス牝6541:08.8B+13
916アースソニック牡8561:08.8B12
117トウショウピスト牡5561:08.8B11
128レッドアリオン牡7561:09.0B-8
1312ラインハート牝6541:09.2B-14
146ウインムート牡4561:09.6B+7
1515ブレイズアトレイル牡8561:10.0-15
1613フレイムヘイローせん9561:11.5B16


総評
A評価1頭、B+評価2頭。ブラヴィッシモは大きな不利を受けた阪急杯からの連闘で注目していたが届かず。1番人気のメラグラーナは追い切りいまいちだったが、パドックではさすがに良く見えた。メラグラーナが着差以上に余裕の勝利で、B-→B→B-で決まる申し訳ない結果に。A評価ブレイブスマッシュは惜しくも4着に敗れた。

2017年3月3日

【枠順確定】報知杯弥生賞(GII)追い切り評価最終版-2017年3月5日中山芝2000馬齢

1枠1番 ベストアプローチ 牡3 56.0 戸崎圭【B-】

栗東CW併せの内。ラチ一杯を逃げる相手を追い、若干ショートカットして直線は半馬身差追走。持ったまま抜け出してクビ差先着した。タイムは出ているが、動きにメリハリがなく、鈍重な印象。カーブでも背中の安定性に欠けた。

2枠2番 テーオーフォルテ 牡3 56.0 城戸【-】

映像なし

3枠3番 グローブシアター 牡3 56.0 川田【B】

栗東CW3頭併せの中。馬場の外側を通り、3頭が並走して直線へ。手ごたえも気配も良く、きれいに伸びて外にアタマ差遅れ、内に半馬身先着。後脚より前脚をパワフルに使う動き。頭が高く首の可動域は狭く、四肢の可動域は及第点レベルで、個別に見るといまいちなのだが、全体で見るとマイナスをつけるほどではなく、馬に走る気が豊富な点をプラス評価したい。

【枠順確定】チューリップ賞(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月4日阪神芝1600馬齢

1枠1番 ミリッサ 牝3 54.0 福永【B+】

栗東坂路併せ。馬なりに1馬身先着した。相手を交わす前に相手の居ない右側へよれたが、実際に交わすときにはきちんと馬体を合わせようとし、相手の方がひるんだ。終いは軽い合図でぐっと伸びた。その動きがかなり良い。

2枠2番 カワキタエンカ 牝3 54.0 和田【B-】

栗東坂路単走。体は進行方向より右で、前脚は体のラインより右側に着地する。途中でつまづくシーンが見られ、右前肢と左前肢の着地タイミングが近すぎるのもどうか。関節はある程度やわらかに使えている。

3枠3番 リスグラシュー 牝3 54.0 武豊【B-】

栗東坂路単走。頭は高く着地ポイントはぶれる。推進力も前へ向いていない。体を大きく見せて堂々としているのだが、体幹が整っていない印象で、前走時よりかなり落ちる。

【枠順確定】夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年3月4日中山芝1200別定

1枠1番 ペイシャフェリス 牝6 54.0 内田博【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中を通って直線へ。終いタイムは落ちたが動きのやわらかさがあり、問題ない。外に関係ない併せ馬が居て、2頭を前にすると勝負根性を見せて併入したことも評価したい。

1枠2番 ナックビーナス 牝4 54.0 石川【B】

美浦W併せの外。内ラチ側を逃げる相手を追いかけ、直線はクビ差追走。鞍上は折り合わせようとしていたが、馬が勝手に伸びてゴール地点ではアタマ差先着。その後差を広げた。頭は高いが鞍上が手綱を引っ張っていたため気にしなくてよい。活気は十分。あとはこの調教内容がレースに結びつくかどうか。

2枠3番 ブレイブスマッシュ 牡4 56.0 横山典【A】

美浦W単走。カーブから意欲的な走りで馬場の外側を通って直線へ。すっと手前を替えるとパワフルな走りで伸びた。体は少し太いかもしれないが、首の角度は良く四肢の可動域は十分。

2017年3月2日

【水曜追い】報知杯弥生賞(GII)追い切り評価-2017年3月5日中山芝2000馬齢

カデナ 56.0 【B+】

栗東坂路単走。何度か手前を替えてふわっとするところは見せるのだが、脚元のパワフルさと背中の安定性は良い。前後左右のバランスも整っている。

グローブシアター 56.0 【B】

栗東CW3頭併せの中。馬場の外側を通り、3頭が並走して直線へ。手ごたえも気配も良く、きれいに伸びて外にアタマ差遅れ、内に半馬身先着。後脚より前脚をパワフルに使う動き。頭が高く首の可動域は狭く、四肢の可動域は及第点レベルで、個別に見るといまいちなのだが、全体で見るとマイナスをつけるほどではなく、馬に走る気が豊富な点をプラス評価したい。

コマノインパルス 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は1馬身差追走。持ったまま並びかけてきれいに折り合い、ゴール地点では若干遅れもその後前へ出た。関節をやわらかく使う動き。ただ、通ったコースを考えるとタイムはもの足りない。

【水曜追い】夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)追い切り評価-2017年3月4日中山芝1200別定

アースソニック 56.0 【B】

栗東坂路単走。終い少しバテたが、荒々しさを感じる動き。しっかりと地面をつかんで前への推進力を生んでいる。

ウインムート 56.0 【B+】

栗東CW併せの外。ラチ沿いをある程度深く入って直線は1馬身差先行。前半は動きのキレがいまいちだったが、相手が迫ってきたところで軽く仕掛けるとすっと伸び、突き放して3馬身程度先着した。

クリスマス 54.0 【B-】

美浦W単走。馬場の外側を通って直線は軽く仕掛けた程度でゴール地点で肩ステッキ。しっかり負荷をかけた。通ったコースにしては優秀なタイム。とはいえ、フォームの安定感はいまいち。前脚が前へ出てこず、脚先だけで駆けている印象。頭の位置も安定しない。

【水曜追い】チューリップ賞(GIII)追い切り評価-2017年3月4日阪神芝1600馬齢

アロンザモナ 54.0 【B+】

栗東坂路単走。均等なリズムで終い脚を伸ばして1馬身先着した。前半は後脚がかなり流れていたが、後半はしっかり。推進力をきっちりと前へ向けた良い動きになった。

アンバーミニー 54.0 【B+】

栗東坂路併せ。重厚でパワフルさを感じさせる馬体。前脚と後脚は同一ライン上にあり、推進力も前へ向いている。馬なりに伸びてクビ差先着した。頭の高い走りだが、高評価したい。

エントリーチケット 54.0 【C】

栗東坂路単走。馬場の真ん中を最後までのんびりと。線は細く非力さを感じ、頭の位置も安定しない。流した内容なのでD評価でもいいのかもしれないが、さすがに1週前にこの内容ではC評価が妥当か。

2017年3月1日

中山記念の反省と全着順-2017年2月26日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
11ネオリアリズム牡6571:47.6B3
25サクラアンプルール牡6561:47.7C8
39ロゴタイプ牡7581:47.8A7
47アンビシャス牡5571:47.8B+1
53ヴィブロス牝4541:47.9C4
68ツクバアズマオー牡6561:48.1B-5
710ヌーヴォレコルト牝6541:48.1B+6
84リアルスティール牡5581:48.3B2
92マイネルミラノ牡7561:48.6C-9
106ヒラボクディープ牡7561:48.6B11
1111クリールカイザー牡8561:48.8B10


総評
追い切りA評価1頭、B+評価2頭。追加して、B評価のネオリアリズム。この馬は以前と動きが大きく変わっており、脚元のパワフルさが増した印象を受けた。そのネオリアリズムが1着に来のだが、パドックではそれほど良く見えなかった。2着のサクラアンプルールは全くの無印。A評価ロゴタイプは1着に来たのだが、どうもうまくいかないものだ。

阪急杯の反省と全着順-2017年2月26日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
12トーキングドラム牡7561:21.4B-7
24ヒルノデイバロー牡6561:21.4B+4
312ナガラオリオン牡8561:21.7-12
43ブラヴィッシモ牡5561:21.7B-3
59メドウラーク牡6561:21.9-11
68ミッキーラブソング牡6561:22.3A5
711ダイシンサンダー牡6561:22.4B-9
87シュウジ牡4571:22.5A1
95ロサギガンティア牡6561:22.7B2
101カオスモス牡7561:22.9B6
116ムーンクレスト牡5561:23.0B-8
1210テイエムタイホー牡8561:23.2B-10


総評
追い切りA評価2頭、B+評価1頭。B+評価ヒルノデイバローが2着に来たのは良かったのだがA評価がどちらも沈没。1着はマイナス評価のトーキングドラム、3着に映像のなかった初芝のナガラオリオンが入った。ナガラオリオンは、追い切りタイム良く、映像がなかったことが悔やまれる

アーリントンカップの反省と全着順-2017年2月25日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18ペルシアンナイト牡3561:34.1B1
212レッドアンシェル牡3561:34.6B6
32ディバインコード牡3561:34.8B-3
411ヴゼットジョリー牝3551:35.0C5
55ジョーストリクトリ牡3561:35.2B8
67ナンヨーマーズ牡3561:35.4B7
73キョウヘイ牡3571:35.5B-4
89ミラアイトーン牡3561:35.7A2
96リンクスゼロ牡3561:35.9-11
1010スーパーモリオン牡3561:36.4B-12
111カロス牡3561:37.1B+10
124レヴァンテライオン牡3571:38.6A9


総評
A評価2頭、B+評価1頭。すべて人気薄だろうなと見ていたら武幸四郎騎手の引退バブルでミラアイトーンのオッズがぐいぐい上がる。結局はB→B→B-の決着になってしまった。動き良かったのだが遅れたために評価を下げた2頭が1、2着に来た。

2017年2月24日

【枠順確定】中山記念(GII)追い切り評価最終版-2017年2月26日中山芝1800別定

1枠1番 ネオリアリズム 牡6 57.0 M.デムーロ【B】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。頭は高めで首の可動域は狭く、尾に余計な力が入るシーンもあるのだが、脚元の回転力は豊富。長くいい脚を使えた。脚元の力強さが増したなという印象。

2枠2番 マイネルミラノ 牡7 56.0 柴田 大知【C-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、外側を行く相手と馬体の間隔を開け、直線は2馬身差追走。この馬は追い、相手は待ってくれていたが、追いつけず1馬身半遅れた。動きも重く、内容からも厳しい。

3枠3番 ヴィブロス 牝4 54.0 内田 博幸【C】

栗東坂路併せ。軽く終われたが左右にぶれながらの動きで、前へ出たシーンもあったがアタマ差遅れた。口を開けながら動いており、頭は高く脚元もしっかりしていない印象。

【枠順確定】阪急杯(GIII)追い切り評価最終版-2017年2月26日阪神芝1400別定

1枠1番 カオスモス 牡7 56.0 武 幸四郎【B】

栗東坂路併せ。ラチ側をまっすぐに。軽い肩ステッキ2発で1馬身半先着した。右前肢は着地後内向し、四肢の可動域は及第点レベル。一方、全体のタイムは良く、素軽さは感じられる。

2枠2番 トーキングドラム 牡7 56.0 幸 英明【B-】

美浦W3頭併せの中。馬場の真ん中を通って直線は外を1馬身差追走、内に1馬身差先行。じっと折り合い3頭が併入し、ゴール後内の馬が前へ出た。鞍上はほとんど追わず。手前の替え方はかなり下手。動きもスロー。

3枠3番 ブラヴィッシモ 牡5 56.0 武 豊【B-】

栗東坂路併せ。体はまっすぐに向いているのだが、頭は高く、左前肢が着地後外へ出る。全体のタイムは出ているが、終い伸びず2馬身遅れた。

【枠順確定】アーリントンカップ(GIII)追い切り評価最終版-2017年2月25日阪神芝1600別定

1枠1番 カロス 牡3 56.0 池添 謙一【B+】

栗東坂路単走。徐々にラチ側へ流れて行ったものの、体は前へ向いており、首の上下動から前脚、後脚が連動する完成度の高い動きを見せてくれた。

2枠2番 ディバインコード 牡3 56.0 柴田 善臣【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は1馬身差追走。半馬身先着したが、もっさりとした動き。手前を決めてからはすっと伸びたが、手前を替えるのに手間取った。

3枠3番 キョウヘイ 牡3 57.0 高倉 稜【B-】

栗東坂路単走。ラチ側をまっすぐに。顔は右を向いているが、ラチと反対側なので悪くはない。ただ、鞍上はラチ側から見せムチを使っており、それを避けようとしているのであれば問題はあるため、なんとも言えない。脚元の力強さには乏しいが、四肢の可動域は及第点レベルにある。

2017年2月22日

【水曜追い】中山記念(GII)追い切り評価-2017年2月26日中山芝1800別定

アンビシャス 57.0 【B+】

栗東坂路併せ。追ってクビ差先着した。前半は後肢が流れていたが、終われてからはしっかり。脚元の動きは好調時ほどのスムースな回転ではないものの、伸びやかではあり、推進力も力強く前へ向いている。

ヴィブロス 54.0 【C】

栗東坂路併せ。軽く終われたが左右にぶれながらの動きで、前へ出たシーンもあったがアタマ差遅れた。口を開けながら動いており、頭は高く脚元もしっかりしていない印象。

クリールカイザー 56.0 【B】

美浦坂路単走。ラチ側を活気ある動きで伸びてきた。適度な荒々しさがあるのも良い。ただ、前走時に比べると動きが若干スローなのは気がかり。

【水曜追い】阪急杯(GIII)追い切り評価-2017年2月26日阪神芝1400別定

ヴァイサーリッター 56.0 【B】

美浦W併せの外。ラチ一杯を通って直線は半馬身差先行。その後は相手を待って半馬身遅れた。しかし、ゴール後に促して前へ出るところまでやった。ゴールまでは相手のためにやったような内容だが、この馬の状態は悪くなさそう。

シュウジ 57.0 【A】

栗東坂路単走。中盤から頭が完全に前へ向き、首の上下動から前脚、後脚が一直線に並ぶ完璧な動きを見せた。体はボリューム感満点。肩ステッキを軽く入れ続け、馬がそれを合図ととらえてきっちり走れた点も良い。

ダイシンサンダー 56.0 【B-】

栗東坂路単走。タイムは出ており、前に居た関係ない馬を交わしたのは良いのだが、どうも動きが安定しない。前脚は体の中心線より右で着地し、着地ポイントも安定しない。

【水曜追い】アーリントンカップ(GIII)追い切り評価-2017年2月25日阪神芝1600別定

ヴゼットジョリー 55.0 【C】

栗東CW3頭併せの内。馬場の外側から真ん中外目に入れ、直線は2頭を1馬身半差追走。中に2馬身、外に1馬身遅れた。ある程度伸びてはいるが、脚元がまだパンとしていない印象。

カロス 56.0 【B+】

栗東坂路単走。徐々にラチ側へ流れて行ったものの、体は前へ向いており、首の上下動から前脚、後脚が連動する完成度の高い動きを見せてくれた。

キョウヘイ 57.0 【B-】

栗東坂路単走。ラチ側をまっすぐに。顔は右を向いているが、ラチと反対側なので悪くはない。ただ、鞍上はラチ側から見せムチを使っており、それを避けようとしているのであれば問題はあるため、なんとも言えない。脚元の力強さには乏しいが、四肢の可動域は及第点レベルにある。

フェブラリーステークスの反省と全着順-2017年2月19日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
13ゴールドドリーム牡4571:35.1A2
29ベストウォーリア牡7571:35.1B+5
310カフジテイク牡5571:35.2B+1
413エイシンバッケン牡5571:35.4B-8
512ニシケンモノノフ牡6571:35.6B-14
615ケイティブレイブ牡4571:35.6B11
711ノンコノユメせん5571:35.7B+4
81サウンドトゥルーせん7571:35.7B+7
92ホワイトフーガ牝5551:35.9C10
107ブライトライン牡8571:36.0B16
1114キングズガード牡6571:36.0B13
126モーニン牡5571:36.1A3
1316インカンテーション牡7571:36.5B-15
144コパノリッキー牡7571:36.5B+6
155アスカノロマン牡6571:36.6B9
168デニムアンドルビー牝7551:36.7B12


総評
A評価2頭、B+評価5頭。A評価のモーニンはパドックで全く良く見えず、一方のゴールドドリームはいつもどおり。平行線のゴールドドリームが勝ち、2,3着にB+評価が入ったのでまずまずの結果かもしれない。

小倉大賞典の反省と全着順-2017年2月19日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
17マルターズアポジー牡5561:45.8-4
214ヒストリカル牡8571:46.1B-8
311クラリティスカイ牡557.51:46.2B5
416ロードヴァンドール牡4541:46.2C11
52ストロングタイタン牡4541:46.3B1
612フルーキー牡757.51:46.3C6
71レッドソロモン牡5561:46.6B-12
813スピリッツミノル牡5551:46.7B13
94コスモソーンパーク牡9551:47.0C16
1015ダコール牡9581:47.0B14
113ダノンメジャー牡5551:47.0B+10
128ベルーフ牡5571:47.0B+2
135クランモンタナ牡8561:47.1B15
1410ケイティープライド牡7521:47.7B+9
159パドルウィール牡6551:47.8A7
166マイネルハニー牡4561:47.9-3


総評
A評価1頭、B+評価3頭。上位人気が予想されるマイネルハニーとマルターズアポジーの映像がなく、プラス評価した4頭がそろって10着以下に大敗という申し訳のない結果になってしまった。

ダイヤモンドステークスの反省と全着順-2017年2月18日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
112アルバート牡6583:35.2B1
24ラブラドライトせん8513:35.4C6
38カフジプリンス牡4543:35.6B2
415トウシンモンステラ牡7533:35.8-14
511プレストウィック牡6543:35.9B5
67フェイムゲームせん7583:35.9B-3
71ファタモルガーナせん9563:35.9B-4
82ムスカテール牡9563:36.1B12
93トーセンレーヴ牡9573:36.1-11
109フェスティヴイェル牡6533:36.2B15
1114プロレタリアト牝6513:36.2C10
126ジャングルクルーズせん8563:36.5B-8
135キングルアウ牡5513:37.8-9
1413サイモントルナーレ牡11483:38.0C13
中止10サムソンズプライド牡7540:00.0C-7


総評
追い切りで良く見える馬がおらず、かなり悩んだ。B評価は5頭で、映像なしが3頭。残りはすべてマイナス評価。パドックでのんびり歩けている軽ハンデが居ればよかったのだが、良く見えたのはトップハンデの2頭だった。

京都牝馬ステークスの反省と全着順-2017年2月18日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
110レッツゴードンキ牝5551:22.5A1
215ワンスインナムーン牝4541:22.8B7
36スナッチマインド牝6541:22.8B5
412エスティタート牝4531:22.8B-9
58ムーンエクスプレス牝5541:23.0A13
618ウインファビラス牝4541:23.0B+6
713ナックビーナス牝4551:23.1B4
82アットザシーサイド牝4541:23.2B2
99ペイシャフェリス牝6541:23.2B17
1016ラインハート牝6541:23.4-18
1111トウカイセンス牝6541:23.4B+16
1214ウリウリ牝7571:23.4B10
131トータルヒート牝6541:23.5B+14
147ダンツキャンサー牝6541:23.5B+15
155エテルナミノル牝4541:23.5B+8
163ベルルミエール牝6541:23.8B+12
174アルビアーノ牝5551:23.8B+3
1817フィドゥーシア牝5541:24.0-11


総評
追い切りA評価2頭、B+評価6頭。マイナス評価は1頭のみで、映像なしの2頭もタイムは優秀。難解なレースになったが、A評価レッツゴードンキが1着。もう1頭のA評価、13番人気のムーンエクスプレスも逃げて5着にがんばった。

2017年2月17日

【枠順確定】フェブラリーステークス(GI)追い切り評価最終版-2017年2月19日東京ダ1600定量

1枠1番 サウンドトゥルー セ7 57.0 柴田 善臣【B+】

美浦坂路単走。ラチ側をカーブしてきたが、大きく左に跳ぶ完歩があったことは気がかりだが、それを除くと力強い脚元でまっすぐに駆けられている。脚元の回転力も十分で、しっかりと地面をつかめている。【1週前映像なし】

1枠2番 ホワイトフーガ 牝5 55.0 蛯名 正義【C】

美浦坂路単走。馬なりの軽い内容。体は進行方向より右で、脚元の動きはスロー。強調材料はない。【1週前映像なし】

2枠3番 ゴールドドリーム 牡4 57.0 M.デムーロ【A】

栗東CW併せの外。ラチ側を深く入って直線は2馬身差追走。持ったまま並んで折り合い、鞍上が軽く合図を送るとすっと前へ出て1馬身先着した。操縦性は高そうで、四肢の可動域も十分。ダイナミックな動きだ。【1週前映像なし】

【枠順確定】小倉大賞典(GIII)追い切り評価最終版-2017年2月19日小倉芝1800ハンデ

1枠1番 レッドソロモン 牡5 56.0 加藤 祥太【B-】

栗東坂路併せ。前の馬を交わす際に、相手に寄られると必要以上に逃げる勝負根性のなさを見せた。終い追ったが脚色は一緒になりハナ差遅れ。脚元の回転力は高く、前膝はやわらかに使えているのだが、前脚をペタペタと着地させる印象もある。

1枠2番 ストロングタイタン 牡4 54.0 北村 友一【B】

栗東坂路併せ。適度な荒々しさは感じられるが、脚元の動きはスロー。推進力も若干上に逃げる。だが、タイムはまずまず出ており、クビ差先着した。

2枠3番 ダノンメジャー 牡5 55.0 小牧 太【B+】

栗東CW併せの外。馬場の外側を通り、直線は1馬身半差追走。持ったまま交わして2馬身先着した。前半は少しふらふらしたものの、最後の数完歩は、安定した首の上下動から前脚、後脚がきれいに連動したいい動きになった。

【枠順確定】ダイヤモンドステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年2月18日東京芝3400ハンデ

1枠1番 ファタモルガーナ セ9 56.0 蛯名 正義【B-】

栗東坂路単走。どうも動きに迫力がなく、終いにかけて脚元の回転力が落ちていった。体が進行方向をまっすぐ向いているのは良いのだが、年齢的な衰えはあるのかもしれない。

2枠2番 ムスカテール 牡9 56.0 中谷 雄太【B】

栗東坂路単走。前脚の着地タイミングが近く、リズムに乗りきれないような動き。一方、長距離馬らしい形をしており、適度な素軽さがあることは評価したい。

2枠3番 トーセンレーヴ 牡9 57.0 S.フォーリー【-】

映像なし

【枠順確定】京都牝馬ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年2月18日京都芝1400別定

1枠1番 トータルヒート 牝6 54.0 岡田 祥嗣【B+】

栗東坂路単走。活気のあるいい動き。肩ステッキを一発入れて、最後まで脚色は衰えなかった。首の可動域が狭いことを除けば十分な動きで、状態は良さそう。

1枠2番 アットザシーサイド 牝4 54.0 M.デムーロ【B】

栗東坂路単走。馬場の真ん中より植え込み側寄りをまっすぐに。極めて軽い内容ながら、体は進行方向をまっすぐに向いており、脚元もやわから。評価はDでもいいのだが、Bとしておく。

2枠3番 ベルルミエール 牝6 54.0 川島 信二【B+】

栗東CW単走。ラチ側を通って直線へ。頭は高く見えるが鞍上が手綱を引っ張り気味に持っているため気にしなくて良い。通ったコースを考えればタイムは良く、馬の走る気は高そう。前脚を伸びやかに使えていることも評価。

2017年2月16日

【水曜追い】小倉大賞典(GIII)追い切り評価-2017年2月19日小倉芝1800ハンデ

クラリティスカイ 57.5 【B】

小倉ダート併せの内。力強く抜け出し、1馬身先着した。力強く活気のある動きをできている。一方、体は太く見えるので馬体重に注意したい。

クランモンタナ 56.0 【B】

栗東坂路併せ。ステッキは使わなかったもののある程度追って4分の3馬身遅れ。いつも追い切り動かない馬なのだが、今回は特段の矯正をすることなくまっすぐに駆けられている。一方、気迫はそれほど感じられない。

ケイティープライド 52.0 【B+】

栗東坂路単走。首ではなく顎でリズムを取る動きだが、毛ヅヤは良く脚元もしっかり。弾力性のあるフットワークで駆けられている。

【水曜追い】フェブラリーステークス(GI)追い切り評価-2017年2月19日東京ダ1600定量

アスカノロマン 57.0 【B】

栗東CW単走。カーブはゆったりとやわらかみのあるいい動き。ただ、直線に入ってから鞍上は一切追わず、馬も自ら駆けることをしなかった。1週前にびっしりやっているのでこの程度で十分か。動きがやわらかで、脚元も乱れていない。【1週前追い評価:B-】

インカンテーション 57.0 【B-】

栗東坂路併せ。じんわり抜け出し1馬身先着した。右前肢が着地後外に流れる完歩がいくつか見られ、前脚の着地ポイントの安定性はいまいち。後脚の可動域も狭め。【1週前映像なし】

エイシンバッケン 57.0 【B-】

栗東坂路単走。頭が高く、視線が右前を向いている。一度大きく右によれる完歩が見られた。終い尻ステッキを一発入れたが、そこまで反応しなかった。【1週前映像なし】

【水曜追い】京都牝馬ステークス(GIII)追い切り評価-2017年2月18日京都芝1400別定

アットザシーサイド 54.0 【B】

栗東坂路単走。馬場の真ん中より植え込み側寄りをまっすぐに。極めて軽い内容ながら、体は進行方向をまっすぐに向いており、脚元もやわから。評価はDでもいいのだが、Bとしておく。

アルビアーノ 55.0 【B+】

美浦W併せの外。馬場の真ん中を通り、直線は中の相手に1馬身先行。ゴール地点まで鞍上は手を動かさず、半馬身差まで詰められたが、ゴール後に解放。3頭が馬体を合わせて長くいい脚で伸びた。体は少し太いかもしれないが、脚元の回転力は十分。

ウインファビラス 54.0 【B+】

美浦W併せの外。馬場の外側を通り、直線は2馬身差追走。持ったまま1馬身先着した。頭は高めで四肢の可動域も及第点レベルだが、やわらかな筋肉がついており、体幹もしっかりしている。

【水曜追い】ダイヤモンドステークス(GIII)追い切り評価-2017年2月18日東京芝3400ハンデ

アルバート 58.0 【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の真ん中外目で中の馬と並走して直線に入り、終い少し合図をした程度でハナ差遅れ。その後アタマ差程度前へ出るところまでやった。相手が追っているので内容はまずまず。ただ、タイムは出ておらず尾がきれいに流れない点も気がかり。

カフジプリンス 54.0 【B】

栗東坂路併せ。折り合って駆けさせ、最後に軽い肩ステッキで合図。すっと伸びてクビ差先着した。首の可動域は狭めで脚元の動きはスローだが、さばきはやわらか。

サイモントルナーレ 48.0 【C】

美浦ダート単走。トボトボとした脚元。線も細く非力さを感じる。軽ハンデとはいえ厳しそう。直線に入ってから脚元の回転力だけはましになった。

共同通信杯の反省と全着順-2017年2月12日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
11スワーヴリチャード牡3561:47.5B2
28エトルディーニュ牡3561:47.9C6
34ムーヴザワールド牡3561:47.9A1
43タイセイスターリー牡3561:47.9B4
52ディアシューター牡3561:47.9B+9
65エアウィンザー牡3561:48.1A3
77ビルズトレジャー牝3541:48.2B-8
89チャロネグロ牡3561:48.4B5
910アサギリジョー牡3561:48.4B-7
106エテレインミノル牡3561:48.9C-10
1111サイバーエレキング牡3561:50.1-11


総評
追い切りA評価2頭、B+評価1頭。C評価のエトルディーニュが2着に来てしまい、A評価の一角エアウィンザーは6着に沈んだ。