スポンサーリンク

ab

2017年4月6日

【水曜追い】サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)追い切り評価-2017年4月8日阪神芝1600別定

アットザシーサイド 54.0 【B】

栗東坂路併せ。体は進行方向より右だが相手の方を向いているのでそれほど問題はない。問題は内容で、前に併せ馬が居たため、相手が伸びず。この馬はラチ側で終いきれいに脚を伸ばしたのだが、予定どおりの内容だったかどうかは気がかり。評価は据え置く。

アドマイヤリード 54.0 【B+】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた相手の後ろで折り合い、すっとラチ側へ持ち出して1馬身先着した。相手と馬体を合わせるシーンはなかったが、内容は良い。頭の高い走法で、抜け出すときに脚元が多少ばたついたことは少々割引。

エテルナミノル 54.0 【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中を通って直線に入り、終い肩ステッキを軽く入れて均等なペースで駆けた。背中の安定性はいまいちだが、首の角度は良く、四肢の可動域は十分にある。

クイーンズリング 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干右。体の向きは相手の居ない方で、深いブリンカーを付けているが視界には入っているようで、相手と馬体を合わせに行く勝負根性を見せてアタマ差先着した。

クリノラホール 54.0 【B】

栗東坂路単走。体はまっすぐに向き、前脚と後脚は同一ライン上。最後少し疲れたが、そこで見せムチから尻ステッキを入れて、最後までしっかり駆けられた。脚元の力強さはそれほど感じないが、動きの安定性と内容は評価できる。





クロコスミア 54.0 【B】

栗東坂路単走。体は進行方向より若干左。かなり軽い内容で、最後に鞍上がステッキを抜くと、それだけできちんと反応することができた。内容の軽さをどう見るかだが、馬は問題なく動けそう。評価は据え置く。

タッチングスピーチ 54.0 【A】

栗東坂路併せ。植え込み側をパワフルに。相手を全く気にせず、自分のリズムで3馬身程度先着した。脚元はパワフルで、前後のバランスも良い。首も上手に使えている。

ダンツキャンサー 54.0 【B+】

栗東坂路単走。左前肢が着地後少し内向することを除けば、ピッチ走法で気分良さそうに駆けられている。終いにかけて脚を伸ばす好内容。

デニムアンドルビー 54.0 【A】

栗東坂路併せ。相手と馬体を合わせてきちんと折り合い、馬なりに躍動感のある動きを見せて併入した。手前の替え方もスムース。状態は良さそう。

デンコウアンジュ 54.0 【B】

栗東坂路単走。四肢の可動域は狭めで非力な印象を受けるが、全体として見るとバランスは取れており、動きは悪くない。首でリズムを刻み、それと前脚、後脚がきれいに連動している。





トーセンビクトリー 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。ラチ側から植え込み側へ流れ、アタマ差遅れたが、相手が馬体を寄せてきて進路を閉ざされたためでもあり、そこまで問題視しなくてよさそう。ただ、そのときにこちらから馬体を合わせに行かなかったのはどうなのか。終い脚色が鈍ったことも割引。

ヒルノマテーラ 54.0 【B】

栗東坂路単走。脚元の回転力が高く、最後までしっかり。活気は十分にある。ただ、馬体は実際の体重より小さく見え、脚元の非力さは感じられる。

ミッキークイーン 55.0 【A+】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、直線は半馬身差追走。持ったまま抜け出し1馬身先着した。馬体にボリューム感があり、動きはやわらか。弾むような動きをできている。


参考ステップレースの結果

中山牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/NakayamaHimbaStakesR.html

有馬記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/12/ArimaKinenR.html

エリザベス女王杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/11/QueenElizabethIICupR.html

京都牝馬S
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/KyotoHimbaStakesR.html

愛知杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/01/AichiHaiR.html

秋華賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/ShukaShoR.html

金鯱賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/KinkoShoR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/