スポンサーリンク

2017年4月7日

【枠順確定】桜花賞(GI)追い切り評価最終版-2017年4月9日阪神芝1600定量

1枠1番 ミスエルテ 牝3 55.0 川田【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側で目の前を行く相手の後ろで折り合わせ、直線に入るとすぐに爆発。相手を置き去りにした。しかし評価は難しい。直線で鋭く伸びてはいるのだが、手前を何度も替えるなど、遊びの部分が大きい。フォームも完歩ごとに変わる。騎手が乗ってどう変わるか。【1週前映像なし】

1枠2番 ライジングリーズン 牝3 55.0 丸田【C】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は1馬身差追走。折り合ってアタマ差遅れ、その後ギリギリ並ぶところまでやれた。四肢の可動域は狭い。相手の鞍上がこちらを振り返ったことを考えると、もう少しやる予定だったのではないか。【1週前追い評価:B】

2枠3番 サロニカ 牝3 55.0 浜中【B】出走取消

栗東坂路併せ。馬なりにしっかり折り合い、併入した。特筆すべき長所はないのだが、操縦性の高そうなところは評価できる。右前肢と左前肢の着地タイミングが近いことは割引。【1週前映像なし】

2枠4番 ジューヌエコール 牝3 55.0 北村友【B】

栗東CW併せの後ろ。馬場の外側を通り、目の前を行かせた相手を直線2馬身差追走。鞍上は手綱を引っ張って行かせず、そのまま2馬身程度遅れた。折り合いをつけさせる内容で、負荷はかかっている。評価は据え置くが、四肢はやわらかに使えており、この2馬身遅れは悪くない。【1週前映像なし】

3枠5番 ベルカプリ 牝3 55.0 藤岡佑【B-】

栗東坂路単走。前脚と後脚は同一ライン上にあり、首もきちんと使えている。各ポイントは問題ないのだが、全体を見ると小さくまとまってしまっているような印象になってしまう。【1週前映像なし】

3枠6番 リスグラシュー 牝3 55.0 武豊【B+】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた馬を1馬身半差追走し、最後に3馬身ほど突き放す内容。脚元のバタバタ具合は1週前よりましになっている。特筆すべきは抜け出すときで、手前を決めると一気に伸びた。Aはつけられないが、最後だけでプラス評価したくなる動きだ。【1週前追い評価:B-】






4枠7番 ショーウェイ 牝3 55.0 松若【B】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、目の前を行かせた馬を直線2馬身差追走。すっと内に持ち出して並ぶと、そこで鞍上がステッキを抜き、見せムチを使ってアタマ差先着。その後並ばれた。動きのキレはいまいちだが、四肢の可動域は十分にある。【1週前映像なし】

4枠8番 カラクレナイ 牝3 55.0 田辺【B+】

栗東CW単走。ラチ一杯を深く入って直線へ。馬なりで好タイムをマークした。四肢の可動域は広く、パワフルに動けている。完歩ごとに首の上下動幅が異なることだけ割り引く。【1週前追い評価:B+】

5枠9番 ゴールドケープ 牝3 55.0 丸山【B-】

栗東ポリトラック単走。ラチ一杯をカーブし、終いにかけて脚を伸ばす内容は悪くない。ただ、四肢の可動域は及第点レベルに少し足りず、首の可動域も狭い。【1週前映像なし】

5枠10番 レーヌミノル 牝3 55.0 池添【B】

栗東CW単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。四肢の可動域は及第点レベルにあり、終いにかけてほぼ馬なりに脚を伸ばすことができた。活気は不足気味だが、馬体はすかっと見せており、能力は出せそう。【1週前映像なし】

6枠11番 アロンザモナ 牝3 55.0 幸【B】

栗東CW併せの外。馬場の外側を通って直線は2馬身差追走。馬なりに掛かり気味に追走し、併入した。後脚の流れる完歩があり、折り合い面が不安で操縦するのは難しそうだが、馬は元気そうだ。【1週前映像なし】

6枠12番 アエロリット 牝3 55.0 横山典【B】

美浦坂路単走。カーブはバタバタした動きだったが、坂に入って手前を決めると動きが安定した。脚元は若干スローだが、均等なリズムで、しっかりと地面をつかんで駆けられている。【1週前追い評価:B】






7枠13番 ヴゼットジョリー 牝3 55.0 福永【B-】

栗東坂路単走。前膝はやわらかでチップを高く舞い上げ見栄えはするのだが、脚元はスローで推進力も上に逃げる。【1週前映像なし】

7枠14番 ソウルスターリング 牝3 55.0 ルメール【B+】

美浦W3頭併せの内。馬場の外側を通り、直線は中の相手を2馬身差追走。持ったまま1馬身遅れも、その後加速して抜き去るところまでやった。評価はAまでつけられないが、能力を十分に出せそうな仕上がり。【1週前追い評価:B+】

7枠15番 アドマイヤミヤビ 牝3 55.0 Mデムー【A】

栗東坂路単走。手前の替え方はそれによるタイムロスがないほどスムース。脚元がしっかりしており、力強く地面をつかみ、前への推進力を得ている。好内容。【1週前追い評価:B】

8枠16番 ミスパンテール 牝3 55.0 四位【A】

栗東坂路単走。顔はずっと右側を向いているが、体はほぼまっすぐ。前脚と後脚は同一ライン上にあり、関節のやわらかさも感じられる。推進力も前を向いている。【1週前追い評価:B+】

8枠17番 ディアドラ 牝3 55.0 岩田【B】

栗東坂路単走。体は進行方向よりほんの少し右。軽い尻ステッキを入れて、最後まで脚色は衰えなかった。着地ポイントは、若干左右にぶれる。【1週前映像なし】

8枠18番 カワキタエンカ 牝3 55.0 和田【B】

栗東坂路単走。頭の位置は若干ぶれるが、体はまっすぐに向いており、四肢の可動域も十分。ただ、内容は軽く、動きはもっさりしている。体は太めに見えるので、当日の馬体重には注意したい。【1週前映像なし】

1週前追い切り評価へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/OkaSho1W.html


参考ステップレースの結果

フィリーズR
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/FilliesRevueR.html

チューリップ賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/TulipShoR.html

クイーンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/QueenCupR.html

阪神JF
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/12/HanshinJuvenileFilliesR.html

朝日杯FS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/12/AsahiHaiFuturityStakesR.html

アーリントンC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/ArlingtonCupR.html

フェアリーS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/01/FairyStakesR.html