スポンサーリンク

ab

2017年4月19日

皐月賞の反省と全着順-2017年4月16日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111アルアイン牡3571:57.8B+9
27ペルシアンナイト牡3571:57.8B-4
310ダンビュライト牡3571:57.9B12
416クリンチャー牡3571:58.1C-13
55レイデオロ牡3571:58.2B5
62スワーヴリチャード牡3571:58.2B-2
78ファンディーナ牝3551:58.3A1
817ウインブライト牡3571:58.3A6
94カデナ牡3571:58.3B3
109プラチナヴォイス牡3571:58.3B+10
1113サトノアレス牡3571:58.4B8
126アウトライアーズ牡3571:58.4B7
1318トラスト牡3571:58.6B-17
143コマノインパルス牡3571:58.6C16
1514キングズラッシュ牡3571:58.7B18
161マイスタイル牡3571:59.6B14
1715アダムバローズ牡3572:00.3B11
1812アメリカズカップ牡3572:00.5C15


総評
A評価2頭、B+評価2頭。1週前B+評価のスワーヴリチャードとコマノインパルスは本追い切りがマイナス評価。1週前A+、本追いAのファンディーナを1着固定で考えていたのだがパドックでファンディーナが入れ込んでおり、軸がわからなくなった。結果は、B+→B-→Bで決まり。ダンビュライトはパドックで拾えていたので、残念な結果になった。





パドック
ファンディーナのパドックはデビュー戦以来すべてチェックしているが、こんな彼女を見るのは初めてだった。休養を挟まずデビュー4戦。馬体重を-4キロずつ減らしてきた。初戦がゆるめだったとはいえ、馬体重発表の段階から心配だったのだが、このパドックを見た瞬間に、頭固定は危ないと認識した。ただ、まさかここまで負けるとは思わなかった。
ポイント
トラストが抜群のスタートを決め、ファンディーナも馬なりに出てくる。アダムバローズがそれらを交わして先頭へ。トラストが2番手。外からクリンチャーが上がり、アルアインが外目を4番手。その内にファンディーナがつけた。その後ろにダンビュライトとプラチナヴォイス。3コーナー手前で最内をカデナが上がる。しかしファンディーナの後ろまで。3~4コーナーの中間でアルアインが失速しかけたが、そこで松山騎手は手を動かしてポジションをキープ。4コーナー。ファンディーナは早くも抜け出すが、手ごたえはそこまでない。坂に入ってアルアインが抜け出し、内から迫るペルシアンナイト、外から伸びるダンビュライトを完封した。





分析
勝ち時計の1:57.8は、優秀。前年ディーマジェスティのレースレコードを0.1更新し、2015年中山金杯でラブリーデイが記録したコースレコードと肩を並べた。今年の牡馬は王道路線が軒並みタイム不振で弱いと見られていたが、毎日杯のタイムを考えれば驚くことはないのかもしれない。アルアインは走り方が美しい馬。そして、この日は速かった。松山騎手はきれいな騎乗をする騎手だが、この日は必死だったのだろう。アルアインは直線でまっすぐ走っていない。騎手も馬も若さを見せたが、これで一皮むけそうだ。次走注目したいのはスワーヴリチャード。フォトパドックを見ている人曰く、「この馬は写真でもわかるくらい左前脚が少し短い。右回りはパフォーマンスが落ちる上に内枠もマイナス」という評価。その危惧は的中し、レースでは直線で手前を替えず、ゴールまで右手前で走ってきた。それで6着に来たのだから能力は高いはず。ダービーでは狙ってみたい。

評価詳細へ
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/SatsukiSho.html