スポンサーリンク

ab

2017年9月29日

【枠順確定】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価最終版-2017年10月1日中山芝1200定量

1枠1番 スノードラゴン 牡9 57.0 大野【B】

美浦坂路単走。力強さには欠けるが、弾力性のある脚元で気分良さそうに駆けられている。体幹も安定し、動きはスムース。【1週前追い評価:B】

1枠2番 レッツゴードンキ 牝5 55.0 岩田【B+】

栗東坂路単走。鞍上がステッキを抜くだけで反応する頭の良さを見せ、終いはしっかり。頭の位置が一切ぶれず、集中して駆けられている。ゆったり入った前半を度外視し、最後の動きだけで高評価したい。【1週前映像なし】

2枠3番 セイウンコウセイ 牡4 57.0 幸【B】

美浦W単走。タイムは良い。ただ、通ったコースは馬場の真ん中外目。手前を替えるのに手間取ったことは割引だが、かちっとした動きをできており、カーブから意欲的に最後までしっかり駆けられた。【1週前追い評価:B】

【枠順確定】シリウスステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月30日阪神ダ2000ハンデ

1枠1番 ブライトアイディア 牡7 54.0 鮫島良【B+】

栗東坂路併せ。相手と3頭分以上の間隔を開けていたため、実質単走。パワフルな脚元で終い伸び、3馬身以上先着した。

1枠2番 メイショウイチオシ 牡6 53.0 秋山【B-】

栗東坂路単走。前脚の着地ポイントが体の外側にあるため走りに美しさがなく見栄えしないのだが、ステッキを入れた後に少しピリッとしたことだけは評価したい。

2枠3番 モルトベーネ 牡5 57.5 Mデムーロ【B】

栗東坂路単走。毛ヅヤの良さは目立つ。中盤に少し促し始めるとまともに動き出し、後脚でパワフルに蹴れるようになった。動きの安定感はいまいちだが、適度な活気と見たい。

2017年9月27日

【水曜追い】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価-2017年10月1日中山芝1200定量

キングハート 57.0 【B+】

美浦W併せの外。カーブから意欲的な内容で、馬場の真ん中外目を通り直線はクビ差先行。一旦相手を待ってから追い出すとグイグイ伸びて3馬身以上先着した。【1週前映像なし】

シュウジ 57.0 【B】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた馬の後ろにつけ、植え込み側に持ち出すと、力強く伸びたて並び、そこで折り合ってアタマ差遅れ。タイムは出ており問題ないだろう。折り合えたことを評価できる。【1週前追い評価:B】

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。力強さには欠けるが、弾力性のある脚元で気分良さそうに駆けられている。体幹も安定し、動きはスムース。【1週前追い評価:B】

【水曜追い】シリウスステークス(GIII)追い切り評価-2017年9月30日阪神ダ2000ハンデ

スリータイタン 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。相手と馬体を合わせたのだが、相手に寄られて植え込み側に流れるなど、勝負根性はいまいち。ステッキを入れたが反応はそれほどでもなく、ハナ差遅れた。

タガノゴールド 54.0 【C】

栗東坂路単走。タイムは最悪。馬なりのリラックスした内容なのであればそれでもいいのだが、鞍上は若干促している。

タムロミラクル 56.0 【C】

栗東坂路単走。顔が右を向き、体も進行方向より若干右。右前肢が着地後内向し、バタバタした印象。活気はあるのだがこれでは。

産経賞オールカマーの反省と全着順-2017年9月24日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16ルージュバック牝5552:13.8B5
28ステファノス牡6562:13.9B1
39タンタアレグリア牡5572:13.9B-3
410マイネルミラノ牡7562:14.0B10
53ショウナンバッハ牡6562:14.0-13
67ディサイファ牡8562:14.1-14
72アルバート牡6572:14.3A4
812デニムアンドルビー牝7542:14.3B-8
914モンドインテロ牡5562:14.6B2
104ブラックバゴ牡5562:14.8B+7
111パリカラノテガミ牡6562:14.9C15
1216ツクバアズマオー牡6562:14.9B9
1315カフジプリンス牡4562:15.1B+6
1411マイネルサージュ牡5562:15.3-12
155グランアルマダ牡5562:15.6-11
1617トルークマクト牡7562:16.3C17
1713マイネルディーン牡8562:16.4-16


総評
A評価1頭、B+評価2頭。ハイレベルなレースで実績のある3頭(B→B→B-)で決まった。

神戸新聞杯の反省と全着順-2017年9月24日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
18レイデオロ牡3562:24.6A1
25キセキ牡3562:24.9B2
32サトノアーサー牡3562:25.1B+3
43ダンビュライト牡3562:25.2B+4
514アドマイヤウイナー牡3562:25.3B8
64ベストアプローチ牡3562:25.4B5
79マイスタイル牡3562:25.4B7
81メイショウテンシャ牡3562:25.8-13
911カデナ牡3562:25.9B6
106アダムバローズ牡3562:26.4B9
1112エテレインミノル牡3562:26.7B-12
1210ホウオウドリーム牡3562:26.9C10
137タガノシャルドネ牡3562:27.0B11
1413タガノヤグラ牡3562:27.2B14


総評
A評価1頭、B+評価2頭。すべてが掲示板に載ったのでまずまずのように見えるのだが高評価した馬は1,3,4番人気。人気どおりの決着なので参考になったとしても自慢にはならない結果であった。

2017年9月24日

【1週前追い】スプリンターズステークス(GI)追い切り評価-2017年10月1日中山芝1200定量

シュウジ 57.0 【B】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた馬の後ろにつけ、大きく植え込み側に持ち出すと、力強い脚元で伸び、2馬身以上先着した。折り合いを欠いており、想定した内容ではないだろうが動きは良くマイナス評価はできない。

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。前半は頭の位置がぶれ、そのぶれ幅と同位置に前脚が着地するため脚元もぶれていたが、中盤からしっかり。首をきれいに上下に使い、まっすぐに走りきった。リラックスしたいい動きをできている。

セイウンコウセイ 57.0 【B】

美浦W単走。関係ない2頭が併せ馬をやっていたため、ラチ一杯を深く入って3頭併せで直線1馬身差追走するような位置取りに。直線でそれらを一瞬で交わすと突き抜け、ゴール後も尻ステッキを入れて十分に負荷をかけた。ゴール前あたりから四肢の可動域が少し狭くなったが、1週前としては十分な内容。

2017年9月22日

【枠順確定】産経賞オールカマー(GII)追い切り評価最終版-2017年9月24日中山芝2200別定

1枠1番 パリカラノテガミ 牡6 56.0 田中勝【C】

美浦W単走。鞍上は激しく手を動かして追ったが、その割に動きはついてきていない。四肢の可動域は及第点レベルで、発汗が目立つ。舌も出している。

1枠2番 アルバート 牡6 57.0 石橋脩【A】

美浦W単走。前脚の回転力がすばらしい。ある程度発汗は目立つものの、ここまで動ければ文句なしのA評価。

2枠3番 ショウナンバッハ 牡6 56.0 柴田善【-】

映像なし

【枠順確定】神戸新聞杯(GII)追い切り評価最終版-2017年9月24日阪神芝2400馬齢

1枠1番 メイショウテンシャ 牡3 56.0 藤岡佑【-】

映像なし

2枠2番 サトノアーサー 牡3 56.0 川田【B+】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、直線2馬身差追走。持ったまま余裕で3馬身以上先着した。伸びは良く、頭を低く保って最後まで集中できた。毛ヅヤも良い。

3枠3番 ダンビュライト 牡3 56.0 武豊【B+】

栗東坂路併せ。体は進行方向より若干右。前半から飛ばし、相手を全く気にせず伸びて終い若干キレがなくなったが鞍上が適切に促してしっかりと走りきった。

2017年9月20日

【水曜追い】神戸新聞杯(GII)追い切り評価-2017年9月24日阪神芝2400馬齢

ベストアプローチ 56.0 【B】

栗東CW併せの内。馬場の外目をショートカットし、ラチ一杯を進んだ相手と並走して直線へ。じっと折り合い、軽く仕掛けて突き放し、2馬身以上先着した。追ったのは最後だけで、それまではかなり軽い内容。動きは少し硬かった。とはいえ終いの脚は目立ち、動きもやわらかになったため評価は据え置く。体もすかっと見せている。

【水曜追い】産経賞オールカマー(GII)追い切り評価-2017年9月24日中山芝2200別定

カフジプリンス 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。ゆったりと楽に駆けながらまずまずの時計。動きにぶれはなく、前脚と後脚は同一ライン上。頭は少し高いかもしれないが首は使えており、相手を全く気にせず駆けてアタマ差先着した。

朝日杯セントライト記念の反省と全着順-2017年9月18日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
15ミッキースワロー牡3562:12.7B2
27アルアイン牡3562:13.0A1
32サトノクロニクル牡3562:13.2B-3
415スティッフェリオ牡3562:13.3B6
59プラチナヴォイス牡3562:13.5B-8
610サンデームーティエ牡3562:13.7B7
76サーレンブラント牡3562:13.7B5
814クレッシェンドラヴ牡3562:13.7-10
94クリンチャー牡3562:13.8B+4
1013ストロングレヴィル牡3562:13.9B13
111サンシロウ牡3562:14.0C9
1212ローリングタワー牡3562:14.4B-12
1311インペリアルフィズ牡3562:14.4B-11
148ブラックギムレット牡3562:15.1C15
153ブラックロード牡3562:15.4-14


総評
A評価1頭、B+評価1頭。結果はミッキースワローが凄まじい末脚を繰り出し、B→A→B-の順。堅い決着になった。パドックで最も良く見えたのはスティッフェリオだったが、同馬は4着だった。

関西テレビ放送賞ローズステークスの反省と全着順-2017年9月17日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
114ラビットラン牝3541:45.5B8
216カワキタエンカ牝3541:45.7B-6
36リスグラシュー牝3541:45.8B3
45ミリッサ牝3541:45.8B5
511メイショウオワラ牝3541:45.9-12
617ファンディーナ牝3541:46.2B+1
72モズカッチャン牝3541:46.2A2
812ブライトムーン牝3541:46.2-17
910レーヌミノル牝3541:46.3A4
104ミスパンテール牝3541:46.3B13
113サトノアリシア牝3541:46.3-15
121クイーンマンボ牝3541:46.4B-7
137メイズオブオナー牝3541:46.4-11
1415カラクレナイ牝3541:46.5B9
159アロンザモナ牝3541:47.0B-18
168ブラックスビーチ牝3541:47.0B+10
1713ハローユニコーン牝3541:48.0B-14
1818ヤマカツグレース牝3541:48.6-16


総評
A評価2頭、B+評価2頭。しかしパドックで良く見える馬が多い中、ファンディーナはかなり入れ込んでおり、モズカッチャンもどうも気に入らない。レーヌミノルは距離が微妙。難しいメンバー構成になり、結果はB→B-→Bで決まってしまった。

2017年9月16日

【枠順確定】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価最終版-2017年9月18日中山芝2200馬齢

1枠1番 サンシロウ 牡3 56.0 柴田善【C】

美浦W単走。四肢の可動域は及第点レベルにあるが迫力不足。ゴール後軽めの尻ステッキを入れたがそれほど伸びなかった。

2枠2番 サトノクロニクル 牡3 56.0 Mデムーロ【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通って直線1馬身差追走し、相手が何度も振り返って待ってくれたものの持ったまま1馬身遅れた。ゴール後も追わず、差を広げられた。タイムはそこそこ出ているが印象は良くない。

2枠3番 ブラックロード 牡3 56.0 御神本【-】

映像なし

2017年9月15日

【早版】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価-2017年9月18日中山芝2200馬齢

アルアイン 56.0 【A】

栗東CW併せの内。馬場の外目を通り、大きく前を行かせた馬を直線1馬身差追走。前脚をやわらかに使う走り方はそのままに、一夏超えてパワーもついてきた印象で、すっと抜け出し1馬身先着した。

インペリアルフィズ 56.0 【B-】

美浦坂路単走。馬場の内目から坂に入ったことを考えれば、タイムは平凡。脚元のバタバタしており、首を使えていない。

クリンチャー 56.0 【B+】

栗東CW単走。前脚を高く上げて叩きつけるようなフォーム。首も使えているため、背中の安定性に劣るように見えてしまうが気にしなくてよさそう。馬場の外目を通り、全体のタイムをまとめた。体は少しゆるめだが、最後に尻ステッキも入れており、これで絞れてきそう。

【枠順確定】関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年9月17日阪神芝1800馬齢

1枠1番 クイーンマンボ 牝3 54.0 ルメール【B-】

栗東坂路併せ。クビ差先着したが、動きはそれほど目立たない。左右の前肢の着地タイミングが近く、キレない印象。

1枠2番 モズカッチャン 牝3 54.0 Mデムーロ【A】

栗東坂路単走。軸がしっかりしている。自分のリズムで首をしっかり使って駆けられており、集中力も高い。

2枠3番 サトノアリシア 牝3 54.0 北村友【-】

映像なし

2017年9月14日

【水曜追い】朝日杯セントライト記念(GII)追い切り評価-2017年9月18日中山芝2200馬齢

インペリアルフィズ 56.0 【B-】

美浦坂路単走。馬場の内目から坂に入ったことを考えれば、タイムは平凡。脚元のバタバタしており、首を使えていない。

【水曜追い】関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)追い切り評価-2017年9月17日阪神芝1800馬齢

アドマイヤミヤビ 54.0 【A】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。鞍上は仕掛けず手綱を短く持ったまま、クビ差先着した。タイムも良く、馬は走る気十分なのでA評価せざるをえないのだが、内容の割にタイムが出すぎているような気もする。

アロンザモナ 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。後半はましになったが、後脚が大きく外を回って着地する。チップは高く舞い上げていて見栄えはするのだが、動きがバタバタした印象。

カラクレナイ 54.0 【B】

栗東CW単走。軽やかに首を使って駆けられているのだが、首の上下動幅が一定でなく、ガクッと来るように見える完歩が5完歩に1度くらいある。スローで見ても脚を取られているようには見えないのだが、気になる動きだ。ラチ側を深く入っており、タイムはまずまず。体もすかっと見せているが春からの成長はそれほどないかもしれない。

2017年9月13日

京成杯オータムハンデキャップの反省と全着順-2017年9月10日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
16グランシルク牡5561:31.6B-1
23ガリバルディ牡6571:31.9B-11
313ダノンリバティ牡5561:31.9B+6
45マルターズアポジー牡5581:32.2B+2
512トーセンデューク牡6551:32.3B-9
611アスカビレン牝5541:32.3B7
71ダイワリベラル牡6561:32.4B13
815ロサギガンティア牡6571:32.5B15
914ミッキージョイ牡5551:32.6B+8
104オールザゴー牡3531:32.7-14
112ボンセルヴィーソ牡3541:32.7B3
128ブラックスピネル牡4571:33.0B-4
137ウインフルブルーム牡6571:33.1B10
149ウキヨノカゼ牝7551:33.7-5
1516マイネルアウラート牡6571:33.7B-12
取消10ダノンプラチナ牡5580:00.0B0


総評
A評価なし、B+評価3頭。追い切りで抜けて良く見える馬はおらず、1着グランシルクは舌を出したまま。2着ガリバルディは手前を替えなかった。グランシルクは56キロとハンデに恵まれたが、ガリバルディは57キロ。フレッシュな状態の方が良いようで、これで休み明け3.1.1.2(着外はどちらも5着と掲示板はキープ)となった。

産経賞セントウルステークスの反省と全着順-2017年9月10日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
17ファインニードル牡4561:07.5B+1
26ラインミーティア牡7561:07.7B6
313ダンスディレクター牡7561:07.7B-4
42メラグラーナ牝5541:07.7B+3
51アドマイヤゴッド牡5561:07.7B8
63アルティマブラッド牝5541:07.8A5
79ミッキーラブソング牡6561:08.1B11
811スノードラゴン牡9571:08.1B7
914フィドゥーシア牝5541:08.2B2
1012ラヴァーズポイント牝7541:08.4-10
118ワキノブレイブ牡7561:08.4C14
124ツィンクルソード牡6561:08.4B-12
135プレイズエターナル牡7561:08.5B9
1410ワキノヒビキ牡5561:08.8C13


総評
A評価1頭、B+評価3頭。A評価アルティマブラッドは見せ場を作ったものの伸びず6着。勝ったファインニードルはB+評価とはいえ1番人気で、2着のラインミーティアはコメントで手前を替えなかったことを不安視していた。結果はB+→B→B-で、長期休養明けのB-評価ダンスディレクターは能力を示したことになる。

紫苑ステークスの反省と全着順-2017年9月9日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
116ディアドラ牝3541:59.8B1
211カリビアンゴールド牝3541:59.8B6
37ポールヴァンドル牝3541:59.8A4
42ブラックオニキス牝3542:00.1B13
53ライジングリーズン牝3542:00.1B-5
615ルヴォワール牝3542:00.2B-2
713ミッシングリンク牝3542:00.3A9
818サロニカ牝3542:00.3B-7
98ホウオウパフューム牝3542:00.5B3
109プリンセスルーラー牝3542:00.7-10
1117シーズララバイ牝3542:00.7B-12
1214ナムラムラサキ牝3542:00.8B8
1312マナローラ牝3542:01.0C11
141フレスコパスト牝3542:01.0B+17
155ワラッチャウヨネ牝3542:01.0B-18
166ジッパーレーン牝3542:01.2B-14
174ガジュマル牝3542:01.2-15
1810シンボリジュネス牝3542:01.4-16


総評
A評価2頭、B+評価1頭。A評価のポールヴァンドルは3着にがんばったが、4番人気と案外人気していた。結果はB→B→Aといまいちだったが、7頭居たマイナス評価が馬券圏内に入らなかっただけましかもしれない。

2017年9月8日

【枠順確定】京成杯オータムハンデキャップ(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月10日中山芝1600ハンデ

1枠1番 ダイワリベラル 牡6 56.0 津村【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、半馬身先行して直線に入ると、相手が追いつくまでゆるめ、相手が激しいアクションで追っても折り合いきっちり併入した。ここまでの内容は良かったのだが、ゴール後軽く仕掛けてもそこまで伸びなかった。

1枠2番 ボンセルヴィーソ 牡3 54.0 松山【B】

栗東坂路単走。前脚はやわらかに使えているのだが、後脚がパンとしていない印象。この馬は朝日杯以来追い切りの動きは常に良かったのだが、この後脚の動きは気になる。とはいえマイナス評価するほどでもない。

2枠3番 ガリバルディ 牡6 57.0 北村宏【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。直線で手前を替えず、併入した。

【枠順確定】産経賞セントウルステークス(GII)追い切り評価最終版-2017年9月10日阪神芝1200別定

1枠1番 アドマイヤゴッド 牡5 56.0 北村友【B】

栗東坂路単走。終いにかけてペースアップする内容でしっかり駆けられた。体は進行方向より若干右だが、脚元の力強さはあり、まずまず動けている。

2枠2番 メラグラーナ 牝5 54.0 戸崎圭【B+】

栗東坂路単走。荒々しい走りで、着地は極めてパワフル。バランスや動きのぶれを度外視してA評価したくなるくらいだが、整合性を取るためにB+評価にとどめる。

3枠3番 アルティマブラッド 牝5 54.0 藤岡康【A】

栗東坂路併せ。馬体を合せて激しい追い比べ。最後は抜けて1馬身強先着した。後脚の管が細く非力な印象は受けるが、これだけ動けていればA評価以外はつけられない。

【枠順確定】紫苑ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月9日中山芝2000馬齢

1枠1番 フレスコパスト 牝3 54.0 武藤【B+】

美浦坂路併せ。前半はゆったりと入り、3馬身ほど前に居る相手を目標に脚を伸ばす内容。並びかけたところで相手も追い出したが、きっちり差してアタマ差先着した。追い出してからの動きが良い。

1枠2番 ブラックオニキス 牝3 54.0 大野【B】

美浦W単走。前脚は伸びやかに使えており、首の角度も良い。後脚は若干パワーに欠ける印象ではあるが動きのバランスは良い。馬場の真ん中外目を通ったにしては平凡なタイムだが、馬なりの内容なので気にしなくてよさそう。

2枠3番 ライジングリーズン 牝3 54.0 丸田【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目を通り、直線は1馬身差追走。相手の鞍上が振り返って待ってくれたが反応は鈍く、ゴール後にようやく追いついた。首の角度は良く、シルエットもきれいなのだが。

2017年9月6日

【水曜追い】京成杯オータムハンデキャップ(GIII)追い切り評価-2017年9月10日中山芝1600ハンデ

アスカビレン 54.0 【B】

栗東坂路単走。脚元の動きは若干スローだが、バランスは取れておりまずまずの動き。

ガリバルディ 57.0 【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。直線で手前を替えず、併入した。

グランシルク 56.0 【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中外目で終始舌を出しながら、駆けてきた。四肢の可動域はそれなりにあるが、気合い乗りには乏しい。

【水曜追い】産経賞セントウルステークス(GII)追い切り評価-2017年9月10日阪神芝1200別定

アドマイヤゴッド 56.0 【B】

栗東坂路単走。終いにかけてペースアップする内容でしっかり駆けられた。体は進行方向より若干右だが、脚元の力強さはあり、まずまず動けている。

アルティマブラッド 54.0 【A】

栗東坂路併せ。馬体を合せて激しい追い比べ。最後は抜けて1馬身強先着した。後脚の管が細く非力な印象は受けるが、これだけ動けていればA評価以外はつけられない。

スノードラゴン 57.0 【B】

美浦坂路単走。動きは少し重いが、体はやわらかに使えている。前脚の着地ポイントが若干ぶれる完歩はあるのだが、それほど気にしなくてもよさそう。

【水曜追い】紫苑ステークス(GIII)追い切り評価-2017年9月9日中山芝2000馬齢

カリビアンゴールド 54.0 【B】

美浦坂路単走。馬の多い時間帯に、終いにかけて脚を伸ばす内容。前半は後脚の流れる完歩が見られたが、後半は後脚の推進力がきれいに前に伝わっていた。

サロニカ 54.0 【B-】

栗東坂路単走。上体のバランスは良く、首の使い方も上手。ただ、脚元はまだパンとしていない印象で、前脚の着地ポイントがぶれる完歩が目立った。

ジッパーレーン 54.0 【B-】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通って並走して直線に入り、アタマ差先着した。ある程度促しながらの併せ馬であり、通ったコースを考えるとタイムは平凡。四肢の可動域は及第点レベルで、動きは少しスロー。

新潟記念の反省と全着順-2017年9月3日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
11タツゴウゲキ牡5551:57.9B6
211アストラエンブレム牡456.51:57.9B1
37カフジプリンス牡4551:57.9B-12
417ウインガナドル牡3521:58.0B10
58フルーキー牡7571:58.0-11
612マイネルフロスト牡6571:58.1C3
713トーセンバジル牡5561:58.1B+2
85ロイカバード牡4551:58.1B+5
96ハッピーモーメント牡7541:58.2-7
1015マイネルスフェーン牡3521:58.4B+15
1110ソールインパクト牡5531:58.5B+9
124ロッカフラベイビー牝5521:58.5A8
139スピリッツミノル牡5551:58.6B14
142ルミナスウォリアー牡6571:58.7C4
153シャドウウィザードせん7511:58.8B-17
1614ラストインパクト牡757.51:59.0A13
1716トルークマクト牡7531:59.5B16


総評
A評価2頭、B+評価4頭。6頭をプラス評価したのだが、1頭も掲示板にすら載らず。B→B→B-の結果になってしまった。

小倉2歳ステークスの反省と全着順-2017年9月3日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
117アサクサゲンキ牡2541:09.1B3
214アイアンクロー牡2541:09.3B5
310バーニングペスカ牡2541:09.3C7
49ヴァイザー牡2541:09.4B+2
52イイコトズクシ牡2541:09.4A12
67ペイシャルアス牝2541:09.4-4
711モズスーパーフレア牝2541:09.4B1
816スーサンドン牡2541:09.5-8
98タイセイソニック牡2541:09.6B10
105オーロスターキス牝2541:09.7B+13
1113ルリハリ牝2541:09.7B+11
121シトリカ牝2541:09.9C9
1312ナムラアッパレ牡2541:09.9B15
143テイエムスグレモン牡2541:10.1-16
1515ナムラバンザイ牡2541:10.1B17
1618ジュンドリーム牝2541:10.2B-14
176ニシノダンテ牡2541:10.3B+18
184フローラルシトラス牝2541:11.2B6


総評
A評価1頭、B+評価4頭。12番人気のA評価イイコトズクシは掲示板に載ったが馬券には絡まず。B→B→Cの決着になってしまった。

札幌2歳ステークスの反省と全着順-2017年9月2日のレース

着順馬番馬名性齢斤量タイム評価人気
111ロックディスタウン牝2541:51.4B-1
214ファストアプローチ牡2541:51.4A4
37ダブルシャープ牡2541:51.4C7
41シスターフラッグ牝2541:51.7B5
56コスモインザハート牡2541:51.7B8
610クリノクーニング牡2541:51.7B2
73ミスマンマミーア牝2541:51.7B6
89ロードトレジャー牡2541:52.0B10
913マツカゼ牡2541:52.1B11
104カレンシリエージョ牝2541:52.3B3
118ディバインブリーズ牡2541:52.7B12
122ヴィオトポス牝2541:52.8A13
135ロジャージーニアス牡2541:53.6A9
1412サージュミノル牡2541:54.2C14


総評
A評価3頭、B+評価なし。うち1頭のファストアプローチが2着に来たものの、1、3着がマイナス評価という結果になってしまった。

2017年9月1日

【枠順確定】新潟記念(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月3日新潟芝2000ハンデ

1枠1番 タツゴウゲキ 牡5 55.0 秋山【B】

栗東CW単走。均等なリズムで馬場の外目を通り、終いにかけて徐々に脚を伸ばす内容。前脚の動きに若干の硬さが見られたものの、鶴首で気合い乗り十分。直線手前を替えたことは気になるが、悪くない仕上がり。

1枠2番 ルミナスウォリアー 牡6 57.0 石橋脩【C】

美浦W併せの内。馬場の外側を通り、直線はクビ差追走。手綱を引っ張り気味の相手に対し、軽く促して併入止まり。後脚が若干流れることも気になる。

2枠3番 シャドウウィザード セ7 51.0 木幡巧【B-】

美浦坂路単走。体はまっすぐに向いていることは評価。ただ、脚元は若干非力で、ステッキを入れて促したが反応はいまいち。ずっと舌を出している。

【枠順確定】小倉2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月3日小倉芝1200馬齢

1枠1番 シトリカ 牝2 54.0 小牧【C】

栗東坂路単走。体は進行方向をまっすぐに向いているが、管が細く非力な印象。

1枠2番 イイコトズクシ 牡2 54.0 荻野極【A】

栗東坂路併せ。均等なリズムで最後まで駆け、半馬身先着した。首は若干左に出るが、体はまっすぐ。飛節のクッションの効いた走りで、背中が安定している。首の角度も良い。

2枠3番 テイエムスグレモン 牡2 54.0 松山【-】

映像なし

【枠順確定】札幌2歳ステークス(GIII)追い切り評価最終版-2017年9月2日札幌芝1800馬齢

1枠1番 シスターフラッグ 牝2 54.0 岩田【B】

札幌ダート3頭併せの外。直線1馬身差追走し、すっと抜けて1馬身半先着した。並ぶまではバタバタした完歩も多かったが、すっと抜けてからはきれいに加速した。頭は少し高い。

2枠2番 ヴィオトポス 牝2 54.0 松岡【A】

札幌ダート併せの内。並んでハナ差遅れ、その後も交わせなかったが、カーブから大きく前を行く相手を追いかけてのもので度外視できる。毛ヅヤは良く、半腱半膜様筋がきれいについている。繋がやわらかで弾力性高くリズムの良い走り。高評価したい。

3枠3番 ミスマンマミーア 牝2 54.0 宮崎光【B】

門別坂路3頭併せ。がくっとくる完歩は見られたが、全体的に見るとパワフルに動けている。前後がきれいに連動しており、推進力は逃げない。