スポンサーリンク

ab

2017年9月6日

【水曜追い】京成杯オータムハンデキャップ(GIII)追い切り評価-2017年9月10日中山芝1600ハンデ

アスカビレン 54.0 【B】

栗東坂路単走。脚元の動きは若干スローだが、バランスは取れておりまずまずの動き。

ガリバルディ 57.0 【B-】

栗東CW併せの内。馬場の外側を通り、並走して直線へ。直線で手前を替えず、併入した。

グランシルク 56.0 【B-】

美浦W単走。馬場の真ん中外目で終始舌を出しながら、駆けてきた。四肢の可動域はそれなりにあるが、気合い乗りには乏しい。

ダイワリベラル 56.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、半馬身先行して直線に入ると、相手が追いつくまでゆるめ、相手が激しいアクションで追っても折り合いきっちり併入した。ここまでの内容は良かったのだが、ゴール後軽く仕掛けてもそこまで伸びなかった。

ダノンプラチナ 58.0 【B】

美浦坂路併せ。ハナ差遅れも動きはまずまずで、前脚と後脚は同一ライン上に着地する。後脚が少し外を回る完歩が見られた。





ダノンリバティ 56.0 【B+】

栗東坂路併せ。終い伸びて1馬身と少し先着した。顔が右を向く傾向にあり、前走時ほどではないかもしれないが、状態は悪くなさそう。体幹と脚元はしっかりしている。

トーセンデューク 55.0 【B-】

栗東CW単走。馬場の外目を通り、タイムは良い。ただ、後脚の推進力にもの足りなさはあり、四肢の可動域も及第点レベルに少し足りない。

ブラックスピネル 57.0 【B-】

栗東坂路単走。タイムは悪くないのだが内容は厳しい。1馬身遅れで見栄えが悪いだけでなく、前脚をやわらかに使えていない。

ボンセルヴィーソ 54.0 【B】

栗東坂路単走。前脚はやわらかに使えているのだが、後脚がパンとしていない印象。この馬は朝日杯以来追い切りの動きは常に良かったのだが、この後脚の動きは気になる。とはいえマイナス評価するほどでもない。

マイネルアウラート 57.0 【B-】

美浦W単走。馬場の内目から真ん中に持ち出したコース取りを考えなくてもタイムは平凡。ピッチ走法でまずまずの動きを見せているが、力強さはいまいち。発汗も多い。





マルターズアポジー 58.0 【B+】

美浦W3頭併せの外。ラチ沿いを深く入って直線は追い込んだが、すぐに中の馬をとらえると、軽く促しながら4馬身ほど前に居た内の馬もゴール手前で交わし、その後差を広げた。発汗は目立つものの前走も同様の状態でありそれほど気にしなくてよさそう。中山の坂と58キロの斤量を克服できるかどうか。状態は良さそう。

ミッキージョイ 55.0 【B+】

美浦W併せの内。馬場の外側を通って直線1馬身差先行し、そのまま押し切って2馬身以上先着した。頭を低く保ち、ゆったり動けている。馬体のシルエットは見栄えしないのだが、前脚も伸びやかで後脚の推進力も前を向いている。

ロサギガンティア 57.0 【B】

美浦W併せの内。馬場の外目で直線1馬身差追走し、ゴール地点では半馬身遅れもその後折り合いながら並び、交わした。毛ヅヤは良く、繋もきれいに返っている。

ロードクエスト 57.5 【A】

美浦W単走。極めてパワフルな動き。鞍上は手綱を引っ張り気味にしていたが、馬自身は元気で、しっかり地面をつかんで駆けられている。

参考ステップレースの結果

中京記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/07/ChukyoKinenR.html

ヴィクトリアマイル
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/VictoriaMileR.html

毎日王冠
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/10/MainichiOkanR.html

関屋記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/08/SekiyaKinenR.html

中山記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/NakayamaKinenR.html

ダービー卿CT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/LordDerbyChallengeTrophyR.html

NHKマイルC
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/05/NHKMileCupR.html

注意: 本記事は、水曜追い版です。木曜追いの馬は含まれておりません。枠順確定後に最新記事を配信しますので、トップページのブックマークをお願いします。
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/