スポンサーリンク

ab

2017年3月31日

【枠順確定】ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)追い切り評価最終版-2017年4月1日中山芝1600ハンデ

1枠1番 シェルビー 牡8 54.0 田辺【B-】

栗東坂路併せ。目の前を行かせた相手にすっと並び、追ってアタマ差程度先着した。とはいえ相手はジョッキー騎乗で馬なり。タイムもそこまで良いとは言えない。並んでから相手の居ない右側に首を曲げるなど、勝負根性を見せなかったことも割引。ただし、脚元はしっかりしている。

1枠2番 クラリティシチー 牡6 55.0 松岡【B】

美浦W併せの内。馬場の真ん中外目で若干ショートカットし、並走して直線へ。1馬身先着したゴール地点で尻ステッキを入れ、その後もしっかり駆けさせた。後脚の力強さには欠けるものの、首の雰囲気から気合い乗りの良さはわかる。

2枠3番 ロジチャリス 牡5 56.0 内田博【B】

美浦W3頭併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差追走。ずっと相手の方を見ており勝負根性は感じられるが、ゴール地点では中に1馬身遅れ、外と併入。ゴール後並ぶところまではやった。エンジンのかかりは遅い。体はかなり太く、ゆるい。これで絞れるのかどうか。ただ、活気はもちろんあり、四肢の可動域は十分。

2枠4番 ショウナンアデラ 牝5 53.0 蛯名【B】

美浦坂路併せ。持ったまま抜け出し3馬身程度先着した。後脚は推進力を前へと伝えられている。一方、前脚で地面を蹴った後、そのまままっすぐに前へ出て行かず、楕円を描くような軌道を取る。突き放したので見栄えは良いのだが、タイムはそこまで出ておらず、内容は微妙。ただ、後脚は良いので評価は据え置く。ハンデは魅力。

3枠5番 キャンベルジュニア 牡5 55.0 シュタルケ【-】

映像なし

3枠6番 コスモソーンパーク 牡9 54.0 丹内【C】

美浦坂路単走。前脚の使い方がフラフラしている。管も細く非力な印象。馬自身はまじめに走っていて好感は持てるのだが。






4枠7番 ガリバルディ 牡6 57.0 池添【B-】

栗東坂路単走。パワフルではあるのだが、バタバタした印象。後脚が流れる完歩が多く、前脚の着地ポイントも基本的に右側。舌をずっと出しているのも割引。体はある程度まっすぐ向いている。

4枠8番 グランシルク 牡5 55.0 戸崎圭【B+】

美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。前後のバランスが整っており、安定して均等なフォームでしっかり駆けられている。

5枠9番 シベリアンスパーブ 牡8 54.0 田中勝【C】

美浦坂路併せ。終い気合いをつけてほぼ併入した。首の可動域が狭く、脚元もパンとしてこない。発汗も多い。

5枠10番 ダイワリベラル 牡6 56.0 北村宏【B-】

美浦坂路併せ。体は進行方向より右で、ずっとラチを頼りながら走っている。鞍上は相手の方ばかり気にしており、相手のためにやった追い切りのようだ。ただ、四肢の可動域は十分にある。

6枠11番 マイネルアウラート 牡6 57.0 柴田大【B】

美浦W併せの外。馬場の真ん中を通り、直線は1馬身差追走。鞍上は手綱を引っ張っていたが掛かってすぐに前へ出ると、後は馬なりに脚を伸ばし、クビ差先着した。股間に発汗が見られ、気性面に課題も四肢の可動域は十分で、馬の活力は感じられる。

6枠12番 ロイカバード 牡4 55.0 横山典【B-】

栗東坂路併せ。相手を気にせず自分のコースをまっすぐに駆け上がり、安定したリズムで2馬身先着した。ただ、脚元がまだパンとしていない若駒のような駆け方で、前膝から繋、後脚の関節がきれいに連動していない。






7枠13番 ショウナンバッハ 牡6 54.0 柴山【B+】

美浦坂路単走。坂に入ったところで右へ行ったり左へよれたりしたが、追われてからはしっかり。首を使って躍動感を持って最後までしっかり駆けられた。尻ステッキを入れて十分負荷もかかっている。

7枠14番 サンライズメジャー 牡8 56.5 柴田善【B】

栗東坂路単走。この馬は追い切り動かないので、それを前提とすると、すばらしい内容。体がまっすぐに向いていて、中盤から後半にかけて脚元の回転力が増した。ただ、一般的な馬の評価に直すとB-が妥当。頭は常に右を向き、ラチ側へ流れて行った。この馬なのでせめてB+をつけたいのだが、そうすると今後も全体的な評価バランスが崩れるため、Bとしておく。ただ、状態はかなり良いと見ている。

8枠15番 ダンツプリウス 牡4 56.0 丸山【B】

栗東坂路併せ。相手を一切気にせず、まっすぐに自分のコースを駆けて3馬身以上先着した。頭の高い走りだが、フォームは安定し、前脚と後脚は同一ライン上にある。ただ、ステッキを入れても全く反応しなかったことは事実で、ロボットが走っているような印象。

8枠16番 クラレント 牡8 57.5 岩田【B-】

栗東坂路単走。頭は高めで前脚の着地ポイントがぶれる完歩は多い。気分良さそうに駆けられているが、活気が不足している方向にとらえてもよさそうで難しい。Bと迷ったがマイナス評価とする。


参考ステップレースの結果

京都記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/KyotoKinenR.html

マイルCS
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/11/MileChampionshipR.html

阪神C
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/12/HanshinCupR.html

小倉大賞典
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/KokuraDaishotenR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/TokyoShimbunHaiR.html

京都金杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/01/KyotoKimpaiR.html