スポンサーリンク

ab

2017年4月21日

【枠順確定】読売マイラーズカップ(GII)追い切り評価最終版-2017年4月23日京都芝1600別定

1枠1番 サンライズメジャー 牡8 56.0 松若【C】

栗東坂路単走。この馬は常に追い切り動かず、今回も同様。顔は右を向いており、脚元はスロー。今回は左前肢の前膝から管の角度がいまいちで、高評価はできない。

2枠2番 アクションスター 牡7 56.0 佐藤友【B-】

栗東坂路併せ。3馬身程度先着したが、相手が遅かっただけで終い脚色は鈍った。体は進行方向よりほんの少し右だが、推進力は前を向いている。

3枠3番 フィエロ 牡8 56.0 福永【B+】

栗東坂路併せ。馬なりに抜けて3馬身程度先着した。内容は軽いが、全体のタイムはまとめており、脚元もしっかり。首はほんの少し右に出ているが、体もまっすぐに向いている。毛ヅヤも良好で、馬体の張りもある。





4枠4番 エアスピネル 牡4 56.0 武豊【C】

栗東坂路併せ。坂で1馬身差追いかけ、ゴール地点できっちり並んで併入した。前脚が着地後内向するところはましになっているが、右前肢と左前肢の着地ポイントが近くなっている。後脚の力強さもこの馬にしてはもの足りない。

5枠5番 ダッシングブレイズ 牡5 56.0 浜中【B+】

栗東CW3頭併せの内。馬場の外側を通り、並ぶ2頭を直線1馬身半差追走。ほぼ持ったままで抜け出し外に1馬身先着した。伸びやかに動けているのだが、気になるのはずっと右手前で走っていること。その部分だけマイナスする。

6枠6番 ヤングマンパワー 牡5 56.0 松岡【B】

美浦坂路併せ。馬なりにクビ差遅れ。脚元だけを見ていれば良い動きなのだが、頭は最後まで高いまま。

6枠7番 プロディガルサン 牡4 56.0 川田【A】

美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は1馬身差先行。相手が迫ってきても馬なりに抜かせずクビ差先着し、ゴール後も並ばせなかった。馬体は重厚で迫力があり、首の角度は良い。四肢の可動域も十分。





7枠8番 ブラックスピネル 牡4 56.0 Mデムーロ【B】

栗東坂路併せ。相手と間隔を開けているので実質単走。ピッチ走法でリズミカルに駆け、アタマ差先着した。終い脚色が鈍りかけたところで尻ステッキを入れ、何とか走り切らせた。

7枠9番 クルーガー 牡5 57.0 松山【B】

栗東坂路単走。左後肢か右後肢のどちらかが流れる完歩が多く、両脚で前への推進力を生めたのは最後の数完歩だけ。使ってからかもしれないが、着地はやわらかで弾力性も感じられるため、評価は据え置く。

8枠10番 シェルビー 牡8 56.0 四位【B-】

栗東坂路併せ。終い脚色が鈍ってアタマ差遅れたが、自分のコースを自分のリズムで走れている。舌を出しているのはマイナス。

8枠11番 イスラボニータ 牡6 57.0 ルメール【A】

美浦W併せの内。馬場の真ん中を通り、直線は3馬身差追走。持ったままゆったりと相手を追い、ゴール地点では1馬身遅れも、その後すぐに前へ出た。全身を伸びやかに動かせており、躍動感のある動き。十分に力を出せそうな仕上がり。


参考ステップレースの結果

ダービー卿CT
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/04/LordDerbyChallengeTrophyR.html

東京新聞杯
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/TokyoShimbunHaiR.html

京都記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/02/KyotoKinenR.html

阪神C
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2016/12/HanshinCupR.html

高松宮記念
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/TakamatsunomiyaKinenR.html

金鯱賞
http://jp-horse-breaking.blogspot.jp/2017/03/KinkoShoR.html